Java引数の10選の使い方!初心者もマスター可能な徹底解説

Javaの引数に関する詳しい解説とサンプルコードの画像Java
この記事は約18分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Java言語を学ぶ際に必ず遭遇するのが「引数」という項目です。

この言葉を初めて見た初心者の方々が少しでもストレスフリーに学べるよう、ここでは引数の基本的な概念や役割について徹底的に解説いたします。

Javaはプログラム言語の一つであり、多くの企業やプロジェクトで使用されています。

これからJava言語を学び始める方々や基礎を再確認したいと思っている方々へ、基本的なコンセプトや使い方についての知識を提供いたします。

●Javaとは

Javaは、1990年代にSun Microsystemsによって開発されたプログラミング言語であります。

その特性から、多くの企業やオープンソースプロジェクトで広く利用されています。

Javaはオブジェクト指向プログラミングを基本としており、コードの再利用や拡張が容易であるというメリットがあります。

また、Javaはプラットフォームに依存しない特性を持っているため、様々な環境で動作させることが可能です。

このような特徴が、Javaが多くの開発者から支持される理由の一つとなっています。

●引数とは

プログラミングの世界における「引数」とは、メソッドや関数を呼び出す際に、そのメソッドや関数に渡すデータのことを指します。

Javaでも、引数は非常に重要な役割を担っております。

引数を理解することは、プログラムを効率的に、そして適切に構築するための基本的なスキルと言えます。

○基本的な引数の役割

Javaにおける基本的な引数の役割は、メソッドや関数が特定の操作を行う際に必要なデータを渡すことです。

引数はメソッドの括弧内に記述され、メソッドが実行されるときにその値がメソッド内で使用されます。

また、引数は型を持っており、整数型や文字列型など、さまざまなデータ型の引数をメソッドに渡すことができます。

この引数が効果的に利用されることで、プログラムの柔軟性や再利用性が向上し、プログラム全体の効率が大きく改善されます。

また、引数を利用することでコードの可読性も向上し、他の開発者がそのコードを理解しやすくなります。

●Javaの引数の詳細な使い方

Javaの引数の使い方を深堀りしていく部分です。

Javaを利用する際に、メソッドにデータを渡すために使われる引数について、その使い方や実装方法を詳しく解説していきます。

引数は、メソッドを呼び出す際にそのメソッドに渡すデータのことです。

これはメソッドの内部で利用され、様々な操作や計算が行われます。

引数のデータ型や変数名はメソッド定義時に指定され、それに従って引数をメソッドに渡す必要があります。

○サンプルコード1:基本的な引数の使い方

この部分では、Javaでの基本的な引数の使い方について解説します。

サンプルコードとともに、そのコードがどのような動作をするのか、また、それによってどのような結果が得られるのかを解説します。

まずは簡単な例から始めましょう。

次のコードは、引数として渡された整数値を2倍にして返すメソッド「doubleValue」を表しています。

public static int doubleValue(int number) {
    return number * 2;
}

このコードにおいて、メソッド「doubleValue」は整数型の引数「number」を受け取り、その2倍の値を返します。

たとえば、このメソッドを次のように呼び出すと、

public static void main(String[] args) {
    int result = doubleValue(5);
    System.out.println("結果は " + result + " です");
}

コンソールには「結果は 10 です」と表示されます。

このように、引数を利用することでメソッドはより柔軟かつ再利用可能なコードを書くことが可能となります。

○サンプルコード2:複数の引数を使う方法

Javaでのプログラム作成時に、メソッドを利用する際、時として複数の引数を受け取る必要が出てきます。

複数の引数を受け取る場合、それらの引数は通常カンマで区切られます。

ここでは、複数の引数を使用して機能を実装する方法を超絶詳細に解説いたします。

まず最初に、基本的な複数引数の使用法から始め、その後に具体的なサンプルコードを提供いたします。

最後には、そのサンプルコードの実行結果についても言及いたします。

それでは、開始いたしましょう。

まず、基本的な構造を理解いたしましょう。

Javaにおいて、メソッドは次のような形で複数の引数を受け取ることができます。

public void メソッド名(データ型 引数1, データ型 引数2, ... , データ型 引数n) {
    // メソッドの本体
}

さらに詳細に説明いたしますと、それぞれの引数は特定のデータ型を持つものとし、メソッド内で利用されます。

このようにして、メソッドは異なる種類のデータを受け取り、そのデータを用いて一連の処理を行います。

さらに、引数が増えることで、メソッドの柔軟性と機能性が向上します。

続いて、具体的なサンプルコードを提供いたしましょう。

int型とString型の2つの異なるデータ型の引数を受け取り、それらの引数を利用して処理を行う簡単なメソッドのサンプルコードを紹介します。

public class SampleClass {
    public void greetPerson(String name, int age) {
        System.out.println("こんにちは、" + name + "さん。あなたは" + age + "歳ですね。");
    }
}

このサンプルコードでは、greetPersonという名前のメソッドを定義しています。

このメソッドは、String型のname引数とint型のage引数を受け取ります。

そして、それらの引数を使用して一連のメッセージを出力します。

続いて、このサンプルコードの実行結果についてもご説明いたします。

上記のサンプルコードを含むプログラムを実行すると、次のような結果が得られます。

SampleClass sample = new SampleClass();
sample.greetPerson("山田", 25);

実行結果は次のように表示されます。

こんにちは、山田さん。あなたは25歳ですね。

○サンプルコード3:変数を引数として使う方法

Javaのプログラム作成において変数を引数として用いる方法は、プログラムの柔軟性と再利用性を高めることができます。

今回はその方法をステップバイステップで解説します。

初めに、基本的なメソッドの作成方法から始めましょう。

Javaでの変数を引数として使う基本的なコードは次のようになります。

まず、メソッドを定義する際に、そのメソッドが受け取る引数を指定します。

引数は変数として定義され、メソッド内で利用されます。

public static void greet(String name) {
    System.out.println("Hello, " + name);
}

このサンプルコードでは、greetという名前のメソッドを定義しています。

このメソッドはString型の引数nameを受け取り、その引数を使って挨拶のメッセージを構築し、コンソールに出力します。

このコードを実行した場合、次のような出力が得られます。

greet("World");
// 出力:Hello, World

このように、メソッドに引数として変数を渡すことで、メソッド内の処理を動的に変更できるのです。

さらに、このメソッドを利用して、さまざまな名前で挨拶を行うプログラムを作成することができます。

例えば、次のようにして、異なる引数を持つ複数の呼び出しを行うことができます。

greet("Alice");
greet("Bob");

これにより、それぞれの名前に対する個別の挨拶がコンソールに表示されます。

出力:Hello, Alice
出力:Hello, Bob

このサンプルコードを利用することで、プログラムの機能を拡張しやすくなることが確認できます。

引数を用いることで、メソッドの動作を柔軟に制御できるため、コードの再利用性が向上します。

○サンプルコード4:戻り値として引数を使う方法

Javaのプログラミングにおいて、メソッドの戻り値として引数を利用するというテクニックは非常に重要です。

このテクニックを使えば、メソッドが計算や処理した結果を呼び出し元に返すことができます。

この部分では戻り値として引数を用いた方法を、サンプルコードと共に丁寧に解説いたします。

初心者の方でも理解しやすいように、逐一、コメントを交えて説明します。

まず最初に基本的なコードを見ていきましょう。

このサンプルコードでは、引数として受け取った値をそのまま返すシンプルなメソッドを作成します。

コードは次の通りです。

// 戻り値として引数を利用するサンプルコード
public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int result = multiplyByTwo(5);
        System.out.println("結果は" + result + "です。");
    }

    // 引数xを受け取り、xの2倍の値を返すメソッド
    public static int multiplyByTwo(int x) {
        return x * 2;
    }
}

このコードは非常に簡潔ですが、その動作原理を理解することは大切です。

まずmainメソッド内でmultiplyByTwoメソッドを呼び出しており、その際に引数5を渡しています。

そしてmultiplyByTwoメソッドでは、渡された引数xを2倍にして返しています。

次に、このコードを実行するとどうなるかを解説します。

コードを実行すると、multiplyByTwoメソッドが呼び出され、引数5の2倍、すなわち10を計算します。

そして計算された値10が戻り値としてmainメソッドに返され、result変数に格納されます。

最後に、result変数の値がコンソールに出力されます。

実行結果は「結果は10です。」と表示されます。

○サンプルコード5:メソッドオーバーロードと引数

Javaにおけるメソッドオーバーロードは、同じ名前のメソッドを異なる引数で複数作成する技術であります。

これにより、異なる引数を受け取って処理を行う異なるメソッドを、同じ名前で定義できます。

ここでは、メソッドオーバーロードとその引数に関して詳しく解説します。

まず、基本的なメソッドオーバーロードの実装を見ていきましょう。

ここでは、addという名前のメソッドを複数定義し、それぞれのメソッドが異なる型の引数を受け取る例を表します。

public class OverloadExample {
    // 整数の加算を行うメソッド
    public int add(int a, int b) {
        return a + b;
    }

    // 小数の加算を行うメソッド
    public double add(double a, double b) {
        return a + b;
    }

    // 文字列の結合を行うメソッド
    public String add(String a, String b) {
        return a + b;
    }
}

このサンプルコードにおいて、addメソッドは3つの異なる形で定義されています。

それぞれのメソッドは、引数の型が異なります。

それぞれのメソッドは整数、小数、文字列の加算や結合を行い、適切な型の値を返します。

次に、これらのメソッドを利用する例を見ていきます。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        OverloadExample oe = new OverloadExample();

        // 整数の加算
        int intResult = oe.add(1, 2);
        System.out.println("整数の加算結果:" + intResult);

        // 小数の加算
        double doubleResult = oe.add(1.5, 2.5);
        System.out.println("小数の加算結果:" + doubleResult);

        // 文字列の結合
        String strResult = oe.add("Java", " Programming");
        System.out.println("文字列の結合結果:" + strResult);
    }
}

このコードを実行すると、次の出力が得られます。

整数の加算結果:3
小数の加算結果:4.0
文字列の結合結果:Java Programming

ここでは、OverloadExampleクラスのインスタンスを作成し、異なる型の引数を用いてaddメソッドを呼び出しています。

そして、それぞれの呼び出しは、対応するメソッドを実行し、適切な型の計算結果を返します。

メソッドオーバーロードは、コードの可読性を向上させ、同様の操作を行うメソッドが異なる型の引数で動作する場合に役立つ技術となります。

●引数の詳細な対処法

引数とは、メソッドや関数に与える情報であり、これを利用することでより柔軟なプログラムの作成が可能となります。

ここでは、Javaでの引数の詳細な対処法を深く掘り下げて説明します。

ここではサンプルコードを通じて、初心者でも理解できるよう、適切なコメントと日本語を使った説明を心掛けます。

○サンプルコード6:不正な引数を検出する方法

Javaでの不正な引数の検出方法について説明します。

不正な引数とは、メソッドや関数に期待される範囲外の値が渡されることを指します。

これを防ぐためには、適切な検証処理を導入する必要があります。

下記のサンプルコードは、整数の引数が正の数であることを検証する方法を表しています。

public static void main(String[] args) {
    try {
        int result = getPositiveNumber(-5);
        System.out.println("結果: " + result);
    } catch (IllegalArgumentException e) {
        System.out.println("エラーメッセージ: " + e.getMessage());
    }
}

public static int getPositiveNumber(int number) {
    if (number <= 0) {
        throw new IllegalArgumentException("引数は正の数である必要があります。");
    }
    return number;
}

このサンプルコードの解説を行います。

まず、getPositiveNumberメソッドは、整数を引数として受け取ります。

このメソッド内で引数が正の数かどうかを検証します。

正の数でない場合は、IllegalArgumentExceptionをスローします。

これにより、メソッドが不正な引数を受け取ったことが明示されます。

mainメソッドではこのgetPositiveNumberメソッドを呼び出し、結果を表示します。

もし不正な引数が渡された場合は、エラーメッセージが表示されます。

このサンプルコードを実行すると、エラーメッセージ “引数は正の数である必要があります。”が表示されます。

このように、不正な引数を検出する処理を実装することで、バグや予期せぬエラーを防ぐことが可能となります。

●引数の詳細な注意点

Javaでのプログラミングにおいて、引数の使い方を理解することは、効率的なコードの実装に向けた基本的なステップと言えます。

引数は、メソッド呼び出し時にメソッドに渡される値のことを指し、これには様々な注意点があります。

ここでは、Javaの引数に関する詳細な注意点を順を追って超絶詳細に解説いたします。

○サンプルコード7:引数の順番と注意点

引数の順番は、特定のメソッドが正確に動作するために非常に重要です。

引数の順番が異なると、期待した動作が得られなくなることがあります。

引数の順番とそれに関連する注意点についてのサンプルコードを紹介します。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        greet("こんにちは", "山田さん");
        greet("山田さん", "こんにちは");
    }

    public static void greet(String greeting, String name) {
        System.out.println(greeting + "、" + name);
    }
}

このコードは、greetというメソッドを定義し、2つの文字列引数を取ります。

最初の呼び出しでは、「こんにちは、山田さん」と出力されますが、引数の順番を変えると、「山田さん、こんにちは」と出力されます。

このように、引数の順序が異なると結果も異なることを注意しなければなりません。

○サンプルコード8:引数のデータ型とその振る舞い

Javaにおける引数のデータ型は、その引数がどのような種類のデータを保持できるかを定義します。

異なるデータ型の引数は、異なる振る舞いを表すことがあります。

次のサンプルコードでは、異なるデータ型の引数とその振る舞いについて説明します。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        displayInfo(30, "山田");
    }

    public static void displayInfo(int age, String name) {
        System.out.println("名前: " + name + "、年齢: " + age + "歳");
    }
}

このサンプルコードでは、displayInfoというメソッドが2つの引数を受け取ります:一つはint型で年齢を表し、もう一つはString型で名前を表します。

これにより、出力は「名前: 山田、年齢: 30歳」となります。

このように、異なるデータ型の引数は異なる振る舞いを表すことがありますので、引数のデータ型とその振る舞いに注意が必要です。

●引数の詳細なカスタマイズ

引数を使う際にカスタマイズを行うことで、プログラムが柔軟かつ効率的に動作するようになります。

特定の要件に適合させたり、コードの可読性を向上させたりすることができます。

ここでは、カスタマイズした引数の使い方について、複数の観点から細かく説明していきます。

○サンプルコード9:カスタマイズした引数の振る舞い

まず最初に、カスタマイズした引数の振る舞いについて説明します。

下記のサンプルコードは、引数のデフォルト値を設定する方法を表しています。

public static void greet(String name, int age, String city) {
    if (name == null) {
        name = "ゲスト";
    }
    if (city == null) {
        city = "未設定";
    }
    System.out.println("名前:" + name + ", 年齢:" + age + ", 城市:" + city);
}

public static void main(String[] args) {
    greet("山田", 25, "東京");
    greet(null, 30, null);
}

このサンプルコードでは、greet メソッドに3つの引数を取るよう設計されていますが、namecity が null の場合にはデフォルト値を割り当てるようにしています。

メソッドを呼び出す際に、nullを指定することでデフォルト値が使用されるのがわかります。

○サンプルコード10:APIやライブラリを利用した引数の活用例

次に、APIやライブラリを利用して引数をカスタマイズする方法について説明します。

下記のサンプルコードでは、JavaのListインターフェイスを使用して、引数にリストを受け取り、その要素を表示しています。

import java.util.List;

public static void displayList(List<String> items) {
    for(String item : items) {
        System.out.println("アイテム:" + item);
    }
}

public static void main(String[] args) {
    List<String> items = List.of("アイテム1", "アイテム2", "アイテム3");
    displayList(items);
}

このサンプルコードでは、displayListメソッドにListインターフェイスのインスタンスを引数として渡す方法を表しています。

引数としてリストを受け取ることで、メソッドがより汎用的に使用されることが可能となります。

ご依頼いただいた通り、指定された部分から記事を送信いたします。

まとめ

Java言語を使用してプログラムを作成する際には、引数という概念が非常に重要となります。

この記事では、初心者でも簡単に理解できるよう、Javaの引数の使い方やその詳細な解説を行いました。

また、サンプルコードを交えながら、その使い方や注意点、カスタマイズ方法についても詳しく説明いたしました。

引数はJavaプログラミングの基本中の基本であり、この記事を読んだあなたは、Javaの引数を効果的に使いこなせるレベルに達したことでしょう。

今後のプログラミング作業が、この記事を読んで学んだ知識を活かして、よりスムーズかつ効果的に進めることを心から願っています。