Javaで理解しやすい無名関数の10のステップ – JPSM

Javaで理解しやすい無名関数の10のステップ

Javaの無名関数を視覚的に理解するためのイラストJava

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Javaの無名関数の世界へようこそ!

無名関数はプログラミングの途中で一度しか使わない関数や簡単な関数を作成する際に非常に便利な機能です。

この記事では、初心者目線でJavaの無名関数の基本から応用までを徹底解説します。

わかりやすい言葉で説明することで、初心者でも無名関数の利用が簡単にできるようになります。

●Javaとは

Javaは広く使われているプログラム言語の一つであり、オブジェクト指向プログラム言語として知られています。

独特の文法と多くのライブラリが特徴で、企業のシステム開発やWebアプリケーションの作成など多岐にわたる用途で利用されています。

さて、ここでは特にJavaでの無名関数の役割に焦点を当てて解説します。

○プログラム言語としての特性

Javaは、クロスプラットフォーム対応が可能な言語として広く認識されています。

これは、異なる種類のコンピューターシステムで同じプログラムが動作することを意味します。

Javaで記述されたプログラムは、Java仮想マシン(JVM)上で実行されるため、異なる環境でも一貫した動作が期待できます。

また、オブジェクト指向プログラム言語としての特性を持ち、コードの再利用や拡張が容易です。

○無名関数の役割

無名関数(またはラムダ式)はJava8から導入されました。

これは一度きりの使用や簡単な関数を素早く記述するためのもので、コードの簡潔化や可読性の向上が図れます。

無名関数は、特に関数型インターフェイスの実装やコレクションの操作などに使用され、プログラムの処理を簡潔かつ効率的に行うことができます。

無名関数の役割を理解するため、まずは関数型インターフェイスとは何か、そして無名関数がどのように関数型インターフェイスと関連しているかについて説明します。

関数型インターフェイスは、単一の抽象メソッドを持つインターフェイスを指します。

無名関数はこの抽象メソッドの実装として使用されます。

Javaの無名関数は主に次のような場面で利用されます。

  1. コレクションライブラリ(リストやセットなど)での要素の操作。例えば、リストの各要素に対して何らかの処理を行う際などに使われます。
  2. イベントリスナーとして。GUIアプリケーションでボタンクリックなどのイベントを処理する際に無名関数が用いられることがあります。

無名関数の使用はコードの簡潔化や読みやすさの向上に貢献します。

しかし、無名関数はその性質上、多くのロジックや複雑な処理を含むような場合には向いていません。

そのような場合には、通常のメソッドを定義して使用する方が良いでしょう。

●無名関数の基本

○無名関数の定義

Javaのプログラムを書く際に、短い機能や処理を行うための方法として無名関数が存在します。

無名関数は、名前が付けられていない関数であり、一度限りの使用や短いコードを書く際に非常に有用です。

無名関数はLambda関数とも呼ばれ、コードを簡潔にし、読みやすさと保守性を高めます。

○基本的な構文

無名関数は以下のような基本的な構文で表現されます。

Java言語での無名関数は、パラメータとそのパラメータを利用した表現の二部分から構成されます。

(parameters) -> { statements; }

この構文では、”parameters”には関数が受け取るパラメータを指定し、”statements”にはそのパラメータを利用した処理を記述します。

この構文を使うことで、必要な処理を簡潔に表現することができます。

○実行時の特性

無名関数の特性として、実行時の動作が特筆されます。

無名関数はインスタンス化される時点で実行されます。

また、無名関数は一度だけしか使用できないため、再利用を考慮する必要はありません。

また、無名関数のスコープ内で外部の変数を利用する場合は、その変数はfinalか事実上finalである必要があります。

これは、無名関数の実行時に変数が変更されると予期せぬエラーが発生するためです。

さらに、無名関数はインターフェースの実装としても利用できる特性があります。

これはJavaの関数型インターフェースという機能を利用したもので、インターフェースに一つだけ抽象メソッドが存在する場合、そのメソッドの実装として無名関数を利用することができます。

たとえば、Runnableインターフェースの場合、次のようなコードを書くことができます。

Runnable myRunnable = () -> { System.out.println("Runnable running"); };
myRunnable.run();

このコードは、Runnableインターフェースのrunメソッドの実装として無名関数を指定し、その後runメソッドを呼び出しています。

このコードを実行すると、コンソールに”Runnable running”と表示されます。

●無名関数の作成

無名関数は、その名の通り名前を持たない関数です。

Javaにおける無名関数は、主にラムダ式として表現されます。

ここでは、Javaでの無名関数の基本的な作成方法と、それに続くサンプルコード1までの詳細な解説を行います。

○サンプルコード1:基本形の作成

無名関数の基本形は、いわゆるラムダ式として知られています。

ラムダ式はパラメータと本体から構成され、次のような形式で表現されます。

(parameter) -> { statements; }

こちらが無名関数の基本的な形です。

それでは、この基本形を用いて具体的なコードを見ていきましょう。

Runnable noName = () -> { System.out.println("これは無名関数です"); };

このコードの解説を行います。

こちらのコードはRunnableインターフェイスを利用して無名関数を作成しています。

ラムダ式の部分() -> { System.out.println("これは無名関数です"); }は、名前のない関数を定義しています。

()はパラメータのないことを表し、{ System.out.println("これは無名関数です"); }は関数の本体で、コンソールに文字列を出力します。

それでは、このコードを実行した際の結果を確認しましょう。

実行結果として、コンソールに「これは無名関数です」と表示されます。

この例から、無名関数がどのように作成され、実行されるかが理解できました。

○サンプルコード2:引数の利用

Javaの無名関数の基本を把握したところで、引数の利用に焦点を当てていきます。

引数とは、関数やメソッドが動作する際に、それに渡されるデータのことです。

無名関数でも引数を受け取り、それに基づいた処理を行うことが可能です。

下記のサンプルコードは、一つの引数を受け取る無名関数の例を表しています。

このサンプルコードではInteger型の引数を受け取り、その値を2倍にして返す簡単な処理を行っています。

(Function<Integer, Integer>) number -> {
    return number * 2;
};

このサンプルコードは非常にシンプルですが、引数の利用方法を理解するのに適した一例です。

ここでは、「number」という名前のInteger型の引数を受け取り、その値を2倍にした結果を返しています。

Lambda演算子(->)を用いて、引数と処理内容を明示しています。

このサンプルコードを実行すると、引数に与えられた数値が2倍された結果が得られます。

たとえば、この無名関数に5を渡せば、結果として10が返ってくることになります。

このように、無名関数を利用するとコードが簡潔になり、見やすくなる効果があります。

また、無名関数はその場で定義して使用するため、引数の利用が直感的で理解しやすくなっています。

実際のプログラムでは、様々なデータ処理を引数を用いて行うことが多いので、この知識は非常に役立ちます。

さらに、引数のデータ型を変えることで、異なるタイプのデータを受け取り処理する無名関数も作成することができます。

例えば、String型のデータを受け取り、その文字列を大文字に変換する無名関数は次のように記述できます。

(Function<String, String>) text -> {
    return text.toUpperCase();
};

この無名関数は、文字列を引数として受け取り、その文字列を大文字に変換して返します。

Javaの無名関数では、データ型を明示して引数を受け取る形になるので、初心者にもわかりやすい記述が可能です。

○サンプルコード3:複数行の処理

Javaの無名関数、またはラムダ式はシングルラインのコードだけでなく、複数行のコードブロックを含むことも可能です。

これにより複雑な処理を行うことができます。

ここでは、複数行のコードを含む無名関数の作成と利用方法を詳しく説明します。

まず最初に、無名関数がどのようなものか、基本的な知識から始めます。

無名関数は、名前のない関数です。Javaでは、ラムダ式としても知られています。

ラムダ式は、パラメータと本体を持つため、シングルラインだけでなく、複数行のコードを持つことが可能です。

次に、複数行のコードを含む無名関数の作り方に移ります。

基本的な形は次のようになります。

(parameters) -> {
    statement1;
    statement2;
    //...
    statementN;
}

このコードブロックは、複数のステートメントを含むラムダ式を表しています。

ステートメント1からステートメントNまでの各ステートメントが、ラムダ式の本体内で実行されます。

さらに詳しく解説するために、具体的なサンプルコードを紹介します。

下記のサンプルコードは、リストの各要素に対して複数の処理を行うラムダ式を表しています。

List<String> list = Arrays.asList("Apple", "Banana", "Cherry");
list.forEach(item -> {
    String upperCase = item.toUpperCase();
    System.out.println("Original: " + item);
    System.out.println("UpperCase: " + upperCase);
});

このサンプルコードは、リストの各要素(”Apple”, “Banana”, “Cherry”)に対して、次の処理を行います。

  1. 要素を大文字に変換し、新しい変数upperCaseに代入します。
  2. 元の要素と変換後の要素をコンソールに出力します。

このような形で、複数行のコードを含むラムダ式を作成することができます。

実行すると、次のような出力が得られるでしょう。

Original: Apple
UpperCase: APPLE
Original: Banana
UpperCase: BANANA
Original: Cherry
UpperCase: CHERRY

●無名関数の詳細な使い方

無名関数は、名前を持たない関数のことで、主に一度限りの関数や簡単な関数を記述する際に利用されます。

無名関数は、JavaではLambda式としても知られております。Lambda式はJava 8から導入されました。

ここでは無名関数の詳細な使い方を解説いたします。

下記の見出しとサンプルコードを通じて、無名関数の詳細な使い方を解説します。

○サンプルコード4:条件式との組み合わせ

条件式と無名関数を組み合わせることで、より複雑なロジックを簡潔に表現することが可能です。

下記サンプルコードは、条件式を含む無名関数の一例です。

(list, value) -> {
    if(list.contains(value)) {
        return "リストに値が存在します";
    } else {
        return "リストに値が存在しません";
    }
};

上記のサンプルコードは、リスト(list)に特定の値(value)が含まれているかを確認する無名関数を表しています。

コードを実行すると、条件に応じて異なる文字列が返されます。

このように無名関数と条件式を組み合わせることで、簡潔かつ読みやすいコードを実現できます。

次に、このコードの実行結果について解説いたします。

このコードをリストと検証したい値を引数として呼び出すと、リストに値が含まれているかどうかに応じたメッセージが返されます。

たとえばリストが[1, 2, 3]で、値が2の場合、”リストに値が存在します”という文字列が返されます。

○サンプルコード5:ループ内での使用

Javaにおける無名関数を使うことで、コードをより簡潔かつ読みやすくできます。

特にループ内での利用は、コードの見通しを良くすると同時に、処理の効率化にも貢献します。

下記のサンプルコードは、Javaでのループ内での無名関数の使用例を表しています。

まず最初に、Javaでリストの各要素に対する操作をループ内で行う基本的な例を挙げます。

その後に、そのコードがどのような結果をもたらすか、サンプルコードと共に詳細に解説します。

List<String> names = Arrays.asList("Alice", "Bob", "Charlie");
names.forEach(name -> System.out.println(name));

上記のサンプルコードでは、名前のリスト(Alice, Bob, Charlie)を生成しています。

無名関数を使ったforEachループを用いて、リストの各要素をコンソールに印刷します。

無名関数はname -> System.out.println(name)という形で表現されます。

ここで、「->」は無名関数のラムダ演算子と呼ばれます。

このコードを実行すると、コンソールにはリストの各要素が順番に表示されます。

具体的には、次のような出力が得られます。

Alice
Bob
Charlie

さて、次に無名関数の利点を活かした応用例を見てみましょう。

下記のサンプルコードは、リストの各要素に特定の操作(この場合は文字列の長さを取得する操作)を適用し、その結果を新しいリストに収集するものです。

List<String> names = Arrays.asList("Alice", "Bob", "Charlie");
List<Integer> lengths = names.stream().map(name -> name.length()).collect(Collectors.toList());
lengths.forEach(length -> System.out.println(length));

このサンプルコードでは、無名関数name -> name.length()を使用して、リストnamesの各要素(名前)の長さを取得しています。

その後、無名関数length -> System.out.println(length)を使って、取得した長さをコンソールに印刷します。

このコードを実行すると、コンソールには各名前の文字数が順番に表示されます。

具体的には、次のような出力が得られます。

5
3
7

●無名関数の詳細な対処法

無名関数の利用時にしばしば遭遇する問題やエラーがありますが、ここではそれらを上手く対処する方法を詳細に解説していきます。

注意深く読み進めていくことで、無名関数をより効果的に利用できる技術を習得できるでしょう。

○サンプルコード6:エラーハンドリング

Javaにおける無名関数の使用時には、エラーハンドリングが不可欠となります。

まず初めに、エラーが発生する可能性がある基本的なサンプルコードをご覧ください。

List<String> list = Arrays.asList("a", "b", "c");
list.forEach(item -> {
    if (item.equals("b")) {
        throw new RuntimeException("An error occurred");
    }
    System.out.println(item);
});

上記のサンプルコードは、List内の要素が”b”の時にRuntimeExceptionを発生させるものです。

ここで発生した例外を捕捉して適切に処理する方法を見ていきましょう。

次に、このサンプルコードの実行結果を見ていきます。”a”は問題なく出力されますが、”b”で例外が発生し、プログラムは停止します。

これを防ぐために、try-catchブロックを用いて例外を捕捉する方法を探求します。

list.forEach(item -> {
    try {
        if (item.equals("b")) {
            throw new RuntimeException("An error occurred");
        }
        System.out.println(item);
    } catch (RuntimeException e) {
        System.err.println(e.getMessage());
    }
});

上記の修正後のコードでは、”b”の時に例外が発生してもcatchブロックで捕捉し、エラーメッセージが出力されます。

“c”も正常に出力されるので、プログラムは途中で停止せずに最後まで実行されます。

○サンプルコード7:外部リソースの利用

Javaの無名関数を使用する際には、外部リソースの利用が避けられない場面も多くあります。

ここでは、外部リソースをうまく活用しながら無名関数を設計する方法をご紹介します。

サンプルコードとその詳細な説明を交えて、逐一解説いたします。

実行後のコードも交えながら、その実行結果についても触れていきます。

さらに、外部リソースを利用した無名関数の作成とその実行結果を見ていきましょう。

まずは、下記のサンプルコードをご覧ください。

このコードは、外部のファイルリソースを読み込んで、その内容を一行ずつ出力する無名関数を作成しています。

import java.nio.file.*;
import java.io.IOException;

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        try {
            Files.lines(Paths.get("path/to/your/file.txt")).forEach(line -> {
                System.out.println(line);
            });
        } catch (IOException e) {
            e.printStackTrace();
        }
    }
}

このサンプルコードの詳細な説明をします。

まず、java.nio.file.*java.io.IOException をインポートしています。

次に、main メソッド内で、Files.lines(Paths.get("path/to/your/file.txt")) を用いて、特定のパスにあるテキストファイルの内容を読み込んでいます。

そして、forEach メソッドを使い、読み込んだ各行に対して、その行をコンソールに出力する無名関数を適用しています。

このコードを実行すると、指定したテキストファイルの各行がコンソールに出力される結果が得られます。

そして、何らかの理由でファイルの読み込みが失敗した場合は、IOException が捕捉され、そのスタックトレースが出力されます。

●無名関数の詳細な注意点

Javaのプログラム作成における無名関数の使用は非常に広範であり、その複雑性と多様性があるため、その使用にはいくつかの注意点があります。

ここでは無名関数の使い方に関連するいくつかの詳細な注意点と、その対処方法を超詳細に解説します。

○サンプルコード8:スコープに関する注意

スコープはプログラミングにおいて重要な概念ですが、無名関数内でのスコープには特別な注意が必要です。

下記のサンプルコードと共に、スコープに関する注意点を見ていきましょう。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int x = 10;
        Runnable r = () -> {
            int x = 20; // エラー: 変数xはすでにこのスコープで定義されています
            System.out.println(x);
        };
        r.run();
    }
}

このコードを実行するとエラーが発生します。

無名関数(ラムダ式)内で外部のローカル変数と同名の変数を宣言すると、コンパイルエラーが発生します。

変数のスコープを適切に管理することは、コードの整理と読み易さを保つために不可欠です。

ここでは、無名関数内で外部スコープの変数と同名の変数を宣言しないよう注意してください。

また、Javaの無名関数は外部のローカル変数にアクセスできますが、その変数は事実上final(つまり、再代入不可)である必要があります。

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        int x = 10;
        Runnable r = () -> {
            // x = 20; // エラー: 変数xは事実上finalである必要があります
            System.out.println(x);
        };
        r.run();
    }
}

このコードでは、無名関数内から外部スコープの変数xにアクセスしていますが、xの値を変更しようとするとコンパイルエラーが発生します。

このように、無名関数内から外部スコープの変数にアクセスする際には、その変数が事実上finalであることを確認する必要があります。

○サンプルコード9:パフォーマンスへの影響

Javaの無名関数(ラムダ式)はコンパクトな記述が可能である一方で、そのパフォーマンスへの影響に注意が必要です。

特に大規模なアプリケーションや高いパフォーマンスが要求される場合には、その影響を考慮することが重要です。

まず初めに、基本的な無名関数の作成方法を見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、リストの各要素に対する操作を行っています。

List<String> list = Arrays.asList("apple", "banana", "cherry");
list.forEach(item -> System.out.println(item));

このサンプルコードは、リストの各要素をコンソールに出力します。

しかし、大量のデータを処理する場合には、無名関数の実行によってオーバーヘッドが発生する可能性があります。

ここでの重要なポイントは、無名関数が多くの短いタスクで呼び出されると、そのオーバーヘッドが累積し、パフォーマンスの低下を引き起こす可能性があります。

次に、無名関数のパフォーマンスへの影響を測定する一例として、実行時間を計測する方法を見ていきましょう。

long start = System.currentTimeMillis();
list.forEach(item -> {
    // 何らかの処理...
    try {
        Thread.sleep(100);
    } catch (InterruptedException e) {
        e.printStackTrace();
    }
});
long end = System.currentTimeMillis();
System.out.println("実行時間: " + (end - start) + " ms");

このコードでは、リストの各要素に対して100ミリ秒のスリープを行っており、無名関数の実行時間を計測します。

このような実行時間の計測は、パフォーマンスの影響を確認する上で非常に有用です。

この例ではスリープを入れているため、実際の処理時間が長くなっていますが、これはパフォーマンスの影響を示す一例としてください。

実際の開発では、様々な処理を行った後に、無名関数の実行時間を計測することが一般的です。

●無名関数の詳細なカスタマイズ

Javaの無名関数は非常に強力なツールであり、その使いこなし方によっては、さまざまなカスタマイズが可能となります。

特に、Javaでの拡張性を持った無名関数の作成は、繰り返しの処理や特定の条件下での操作を簡単に行うことができるため、多くのJava開発者にとって重要なテクニックとなっています。

ここでは、その拡張性のある無名関数の作成方法について、サンプルコードとともに詳しく解説していきます。

○サンプルコード10:拡張性のある無名関数の作成

Javaの無名関数を使用する際、関数の中で何らかのカスタマイズを行いたい場合があります。

例えば、特定の条件下での処理を追加したり、変数の値に応じて動的に処理を変更したりするような場面が考えられます。

Javaの無名関数を使用して、引数に応じて動的に処理を変更するサンプルコードを紹介します。

// 引数に応じてメッセージを変更する無名関数
Function<String, String> dynamicFunction = message -> {
    if ("hello".equals(message)) {
        return "こんにちは";
    } else if ("goodbye".equals(message)) {
        return "さようなら";
    } else {
        return "不明なメッセージ";
    }
};

// 無名関数を実行
String result1 = dynamicFunction.apply("hello"); // "こんにちは" と返る
String result2 = dynamicFunction.apply("goodbye"); // "さようなら" と返る
String result3 = dynamicFunction.apply("hola"); // "不明なメッセージ" と返る

上記のサンプルコードでは、引数として渡されたメッセージに応じて、異なる返答をする無名関数を作成しています。

このようにJavaの無名関数を使用することで、動的に処理をカスタマイズすることができます。

実行結果を見てみると、メッセージが”hello”の場合は”こんにちは”、”goodbye”の場合は”さようなら”、それ以外の場合は”不明なメッセージ”という結果が得られます。

このように、無名関数内での条件分岐を利用することで、簡潔に動的な処理を記述することができます。

●無名関数の応用例

無名関数はプログラミングにおける強力なツールとなりますが、その応用例は数多く存在します。

ここでは、Javaでの無名関数の応用例を詳細に解説し、サンプルコードを用いて具体的な実装方法を紹介しいたします。

サンプルコードの解説には日本語を用いて、そのコードの意図や動作について詳しく説明いたしますので、初心者の方でも安心して学べる内容となっています。

それでは、無名関数の応用例に関する深い探求を始めましょう。

○サンプルコード11:イベントハンドリング

イベントハンドリングは無名関数の応用例として非常にポピュラーです。

JavaのGUIアプリケーションでよく用いられるイベントハンドリングの方法を解説します。

まず、次のサンプルコードをご覧ください。

import java.awt.event.ActionEvent;
import java.awt.event.ActionListener;
import javax.swing.JButton;
import javax.swing.JFrame;

public class EventHandlingExample {
    public static void main(String[] args) {
        JFrame frame = new JFrame("イベントハンドリング例");
        JButton button = new JButton("クリックしてください");

        button.addActionListener(new ActionListener() {
            @Override
            public void actionPerformed(ActionEvent e) {
                System.out.println("ボタンがクリックされました");
            }
        });

        frame.add(button);
        frame.setSize(200, 200);
        frame.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);
        frame.setVisible(true);
    }
}

このコードでは、JFrameというウィンドウフレームを作成し、その中にボタンを配置しています。

そして、ボタンにアクションリスナーを追加し、無名関数を用いてクリックイベントをハンドリングしています。

無名関数はActionListenerインターフェイスを実装しており、「actionPerformed」メソッド内に具体的なイベント処理を記述しています。

このコードを実行すると、ボタンをクリックするとコンソールに「ボタンがクリックされました」と表示されることになります。

これは、無名関数内のSystem.out.printlnメソッドが呼び出されることで実現されます。

○サンプルコード12:データ処理

Java言語における無名関数は、データ処理タスクを行う際に非常に有用です。

無名関数を使用することで、コードが簡潔で読みやすくなり、また再利用も容易になります。

ここでは、データ処理の一環として無名関数の使用法を詳細に解説します。

そして、サンプルコードを用いてその実行結果を明示し、説明します。

まず初めに、無名関数の概念について簡単に復習しておきましょう。

無名関数、別名ラムダ式とは、名前のない関数のことです。

Java言語での無名関数の利用は、Java 8以降で可能となりました。

次に、データ処理における無名関数の具体的な使用例に移りましょう。

下記のサンプルコードは、リスト内の各要素に対して特定の操作を行う無名関数の一例です。

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class AnonymousFunctionExample {
    public static void main(String[] args) {
        List<String> list = new ArrayList<>();
        list.add("apple");
        list.add("banana");
        list.add("cherry");

        list.stream().forEach(element -> {
            System.out.println(element.toUpperCase());
        });
    }
}

このサンプルコードの詳細な説明を行います。

コードの冒頭部ではjava.util.ArrayListjava.util.Listをインポートしています。

次いで、AnonymousFunctionExampleという名前のクラスを定義し、その中にmainメソッドを設置しています。

このmainメソッド内で、String型のArrayListを作成し、いくつかのフルーツの名前を追加しています。

無名関数の部分は、list.stream().forEachメソッドを使っています。

ここでstream()メソッドは、リストをストリーム化します。

そして、forEachメソッドは、ストリームの各要素に対してラムダ式(無名関数)element -> { System.out.println(element.toUpperCase()); }を適用します。

このラムダ式は、リスト内の各要素を取得し、それを大文字に変換してコンソールに出力します。

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

APPLE
BANANA
CHERRY

まとめ

無名関数は、プログラミング言語Javaにおいて非常に有用な機能であり、コードをより簡潔かつ効率的に記述することができます。

この記事では、さまざまなサンプルコードを通じて、無名関数の基本的な作成方法から応用技術までを解説しました。

この記事が読者の皆様にとってJavaの無名関数の世界への有益なガイドとなり、無名関数の作成と利用が簡単にできるようになることを願っております。

今後のプログラミング活動において、無名関数がさらなる効率化と拡張性の向上をもたらす一助となることを心より願っております。