Javaで完全に理解するXOR演算子の10選

JavaのXOR演算子を使ったコーディングテクニックJava
この記事は約20分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングの世界には、多くの言語や演算子が存在します。

中でも、Javaを学ぶ多くの人が一度は触れる「XOR演算子」は、初心者にとっては少し難解に感じるかもしれません。

しかし、この記事を読むことで、XOR演算子の使い方や魅力を10の方法で深く理解することができるようになります。

さらに、それぞれの方法をサンプルコードとともに紹介するので、XORの使い方を実際に手を動かしながら学べます。

●JavaとXOR演算子の基本

○XOR演算子とは?

XOR演算子は、ビット単位の演算を行う際に使用される演算子の一つです。

英語で「Exclusive OR」の略であり、2つのビットが異なるときに1を返し、同じときに0を返します。

この特性を利用することで、さまざまな計算やデータ処理が効率的に行えます。

例えば、次のビット同士のXOR計算を考えてみましょう。

  1010
^ 1100
________
  0110

このコードでは10進数の10と12のビット列をXOR計算しています。

実行すると、6という結果が得られます。

○JavaにおけるXORの基本文法

JavaでのXOR演算は、^記号を使用して行います。

2つの数値や変数をこの記号で結びつけることで、XOR演算が適用されます。

例を見てみましょう。

public class XORDemo {
    public static void main(String[] args) {
        int a = 5; // 2進数で101
        int b = 3; // 2進数で011

        int result = a ^ b; // XOR演算の結果

        System.out.println("XORの結果は " + result + " です。");
    }
}

このコードでは、変数aと変数bのXOR演算の結果をresultに代入しています。

このコードを実行すると、XORの結果が表示されます。

このコードを実行すると、”XORの結果は 6 です。”という出力が得られます。

理由は、5と3のビット表現をXOR計算すると、6という結果が得られるからです。

●XOR演算子の具体的な使い方

さて、XOR演算子の基本については理解していただけたと思います。

それでは次に、この便利な演算子をどのように具体的に使うのか、いくつかの具体的な例とともに解説していきます。

○サンプルコード1:XORを用いたビット反転

最初に紹介するのは、XOR演算子を使ったビット反転の方法です。

ビット反転とは、1を0に、0を1に変更する処理を指します。

public class BitInversion {
    public static void main(String[] args) {
        int a = 5; // 2進数で0101
        int b = 0xFFFF; // 全ビットが1

        // XORを用いてビット反転
        int result = a ^ b;

        System.out.println("ビット反転後の数値は " + result + " です。");
    }
}

このコードでは、abのビットをXOR演算して、その結果をresultに格納しています。

そしてそのresultを出力しています。

このコードを実行すると、「ビット反転後の数値は 65530 です。」という出力が得られます。

これは、5(2進数で0101)をビット反転した結果が65530(2進数で1111111111111010)であるからです。

○サンプルコード2:2つの数値のスワップ

次に紹介するのは、XORを使って2つの数値をスワップ(入れ替え)する方法です。

この方法の利点は、追加の変数を使わずに数値の交換が可能である点です。

public class SwapNumbers {
    public static void main(String[] args) {
        int x = 10;
        int y = 20;

        System.out.println("スワップ前:x = " + x + ", y = " + y);

        // XORを用いた数値のスワップ
        x = x ^ y;
        y = x ^ y;
        x = x ^ y;

        System.out.println("スワップ後:x = " + x + ", y = " + y);
    }
}

このコードでは、xyの数値をXOR演算を用いて交換しています。

具体的には、最初にxyをXORした結果をxに保存し、その後xyを再度XORしてyに保存、最後にxyを再度XORしてxに保存しています。

このコードを実行すると、最初に「スワップ前:x = 10, y = 20」と表示され、次に「スワップ後:x = 20, y = 10」と表示されます。

このように、XORを使った数値のスワップが成功しています。

○サンプルコード3:特定のビットを取得

XOR演算子を使って特定のビットを取得する手法もあります。

ビットマスクを用いて、ある数値の特定のビットだけを取り出すことができるのです。

この技術は、特に通信やセキュリティの分野で非常に役立ちます。

public class ExtractBit {
    public static void main(String[] args) {
        int num = 29; // 2進数で11101
        int pos = 3; // 3番目のビットを取得したい

        // ビットマスクを作成(3番目のビットだけが1で、他が0)
        int mask = 1 << (pos - 1);

        // XOR演算子で特定のビットを取得
        int bit = (num & mask) >> (pos - 1);

        System.out.println(pos + "番目のビットは " + bit + " です。");
    }
}

このサンプルコードでは、変数numに格納されている数値(29、2進数で11101)の3番目のビットを取得します。

そのために、maskという変数を用いてビットマスクを作成しています。

ビットマスクは、取得したいビットだけが1で、他が全て0の数値です。

そして、このビットマスクを用いてAND演算を行い、その後に右シフト演算を使って目的のビットを取得しています。

実行すると、3番目のビットは 1 です。という出力が得られます。

この結果は、numの3番目のビットが1であるためです。

○サンプルコード4:XORを使ったエンコードとデコード

XOR演算子はシンプルな暗号化(エンコード)と復号化(デコード)にも使えます。

XORは自己反転性がありますので、同じキーでエンコードとデコードが可能です。

public class SimpleEncryption {
    public static void main(String[] args) {
        char original = 'A'; // 元の文字
        char key = 'K'; // キー

        // エンコード
        char encrypted = (char) (original ^ key);

        // デコード
        char decrypted = (char) (encrypted ^ key);

        System.out.println("エンコード後の文字:" + encrypted);
        System.out.println("デコード後の文字:" + decrypted);
    }
}

このコードでは、元の文字originalとキーkeyをXOR演算子でエンコードしています。

その結果をencryptedに格納しています。

その後、再び同じキーkeyを使ってencryptedをデコードし、decryptedに格納しています。

実行すると、「エンコード後の文字:U」と「デコード後の文字:A」という出力が得られます。

エンコードした文字が「U」で、それを再びデコードした結果、元の文字「A」に戻っていることが確認できます。

○サンプルコード5:配列内の一意な数値を探す

XOR演算子の特性を利用して、配列内の一意な(唯一の)数値を効率よく探す方法について解説します。

この手法は、データ解析やアルゴリズムの問題解決にも応用されます。

まずは、Javaでのサンプルコードを見てみましょう。

public class FindUniqueNumber {
    public static void main(String[] args) {
        // 配列には2つずつ同じ数値と、一つだけ異なる数値が含まれている
        int[] numbers = {1, 1, 2, 2, 3, 3, 4, 5, 5};

        // 初期値として0を設定
        int uniqueNumber = 0;

        // 配列の要素を一つずつXOR演算
        for (int num : numbers) {
            uniqueNumber ^= num;
        }

        // 一意な数値の出力
        System.out.println("配列内の一意な数値は " + uniqueNumber + " です。");
    }
}

このサンプルコードでは、numbersという配列があります。

この配列には、ほとんどの数値がペアで存在していますが、一つだけ一意な数値が含まれています。

今回の目的は、この一意な数値を見つけることです。

コードの核心は、uniqueNumber ^= num;という部分です。

XOR演算は、同じ数値同士のXORが0になるという性質を利用しています。

そのため、配列内の数値を順にXORしていくと、ペアになっている数値は相殺され、最終的に一意な数値だけが残ります。

このコードを実行すると、出力結果は「配列内の一意な数値は 4 です。」と表示されます。

つまり、配列内で一意な数値「4」が効率よく見つかったわけです。

この方法のメリットは、追加のメモリを必要とせず、計算時間もO(n)であるため非常に高速である点です。

●XOR演算子の応用例

XOR演算子はその基本的な機能から多くの応用例を持っています。

ここでは、XOR演算子を用いた暗号化アルゴリズムとデータ圧縮について詳しく解説します。

○サンプルコード6:暗号化アルゴリズムの基本

XOR演算子はシンプルな暗号化アルゴリズムにも利用されます。

ここでは、文字列をXOR演算で暗号化、復号する一例をJavaで実装してみましょう。

public class SimpleEncryption {
    public static void main(String[] args) {
        String text = "Hello, World!";
        char key = 'X';

        // 暗号化
        char[] encrypted = encrypt(text, key);
        System.out.println("暗号化後: " + new String(encrypted));

        // 復号
        char[] decrypted = encrypt(encrypted, key);  // XORは可逆的なので、同じ関数を使用
        System.out.println("復号後: " + new String(decrypted));
    }

    public static char[] encrypt(char[] input, char key) {
        char[] output = new char[input.length];
        for (int i = 0; i < input.length; i++) {
            output[i] = (char) (input[i] ^ key);
        }
        return output;
    }

    public static char[] encrypt(String input, char key) {
        return encrypt(input.toCharArray(), key);
    }
}

このサンプルコードでは、encrypt関数を用いて文字列を暗号化しています。

XOR演算は可逆的であるため、暗号化と復号化は同じ関数で行えます。

キーとなる文字(この場合は’X’)と元の文字をXOR演算することで暗号化が行われます。

このコードを実行すると、「暗号化後:」と「復号後:」にそれぞれ暗号化と復号化されたテキストが出力されます。

特に、「復号後:」の部分で元のテキスト”Hello, World!”が正確に復元されていることが確認できます。

○サンプルコード7:XORを利用したデータ圧縮

XOR演算子はデータ圧縮にも用いられます。

例えば、Run-Length Encoding(RLE)というシンプルな圧縮アルゴリズムがあります。

RLEとXORを組み合わせたデータ圧縮のJavaでの実装例を紹介します。

public class XORCompression {
    public static void main(String[] args) {
        String data = "AAAABBBCCDAA";
        String compressed = compress(data);
        System.out.println("圧縮後: " + compressed);
    }

    public static String compress(String input) {
        StringBuilder output = new StringBuilder();
        int count = 1;

        for (int i = 0; i < input.length() - 1; i++) {
            if (input.charAt(i) == input.charAt(i + 1)) {
                count++;
            } else {
                output.append((char) (count ^ '0'));
                output.append(input.charAt(i));
                count = 1;
            }
        }
        output.append((char) (count ^ '0'));
        output.append(input.charAt(input.length() - 1));

        return output.toString();
    }
}

このコードでは、連続する同じ文字とその回数をXOR演算で圧縮しています。

このようにして、文字列”AAAABBBCCDAA”は圧縮され、「圧縮後:」にその結果が表示されます。

○サンプルコード8:XORゲートのシミュレーション

XOR演算子は、デジタル回路や論理ゲートのシミュレーションにも応用可能です。

ここでは、Javaを使用してXORゲートのシミュレーションを行う簡単なプログラムを作成してみます。

public class XORGateSimulation {
    public static void main(String[] args) {
        // 真理値表を出力
        System.out.println("A\tB\t出力");
        for (int A = 0; A <= 1; A++) {
            for (int B = 0; B <= 1; B++) {
                int output = A ^ B;
                System.out.println(A + "\t" + B + "\t" + output);
            }
        }
    }
}

このプログラムでは、XORゲートの真理値表を出力しています。

forループを二つ用いて、変数AとBが取る値(0または1)ごとにXOR演算の結果(出力)を計算し、それをタブ区切りで表示します。

このコードを実行すると、真理値表がコンソール上に出力されます。

具体的には、変数AとBの値が0または1である全ての組み合わせに対して、XOR演算の結果が次のように表示されます。

A    B   出力
0    0   0
0    1   1
1    0   1
1    1   0

○サンプルコード9:エラー検出の基本ロジック

エラー検出においても、XOR演算が活用されています。

Javaでパリティビットを用いた簡単なエラー検出の例を紹介します。

public class ErrorDetection {
    public static void main(String[] args) {
        int[] data = {0, 1, 1, 0, 1};
        int parityBit = calculateParityBit(data);

        System.out.println("パリティビット: " + parityBit);
    }

    public static int calculateParityBit(int[] data) {
        int parity = 0;
        for (int bit : data) {
            parity ^= bit;
        }
        return parity;
    }
}

このプログラムでは、calculateParityBit関数が配列data内の全ての要素に対してXOR演算を行い、パリティビットを計算します。

主な目的は、データが途中で何らかの理由で変更された場合にそれを検出することです。

コードを実行すると、「パリティビット:」というテキストの後に計算されたパリティビットが表示されます。

この例では、パリティビットは1となります。

○サンプルコード10:条件なしでの数値の最大値の検出

XOR演算子を使用して、if文や比較演算子を使わずに二つの数値から最大値を見つける方法もあります。

このような処理をJavaで行うサンプルコードを紹介します。

public class FindMaxValue {
    public static void main(String[] args) {
        int x = 5;
        int y = 9;

        // 最大値を計算
        int max = y ^ ((x ^ y) & -(x < y ? 1 : 0));

        System.out.println("最大値: " + max);
    }
}

このコードでは、変数xyを使ってXOR演算子とビットAND演算子、ビットNOT演算子を組み合わせて最大値を計算しています。

-(x < y ? 1 : 0)x < ytrueの場合、-1を返し、falseの場合は0を返します。

その値とx ^ yをAND演算し、その結果をyにXOR演算することで、最大値が求まります。

このコードを実行すると、コンソールに「最大値: 9」と表示されます。

つまり、変数xyの中で最大値は9であると正確に計算できています。

●XOR演算子を使用する際の注意点と対処法

XOR演算子は多くの場面で非常に便利ですが、使用する際には注意が必要な場合もあります。

ここでは、そのようなケースとその対処法について詳しく説明していきます。

○XORの罠とその回避方法

XOR演算は総合的にはシンプルでありますが、場合によっては予期せぬ結果をもたらす可能性があります。

特に、型の不一致や符号付きと符号なしの数値を混在させる場面で注意が必要です。

例として、Javaで符号付き整数と符号なし整数をXOR演算するケースを考えてみましょう。

public class XorTrap {
    public static void main(String[] args) {
        int signed = -10;
        int unsigned = 10;

        // 符号付きと符号なしの数値でXOR演算
        int result = signed ^ unsigned;

        // 結果を出力
        System.out.println("XOR結果: " + result);
    }
}

このコードを実行すると、コンソールには「XOR結果: -20」と表示されます。

符号付きと符号なしの整数をXOR演算した場合、その結果が何になるか明確に理解していないと、予期せぬ動作が発生する可能性があります。

このような状況を避けるためには、型や符号をしっかりと意識してコーディングすることが重要です。

○ビット演算のベストプラクティス

XOR演算子を用いる際には、いくつかのベストプラクティスがあります。

それでは、具体的なサンプルコードと共に紹介します。

符号なし整数を使用する場合は、Java 8以上で提供されるjava.lang.IntegerクラスのcompareUnsignedメソッドを活用する方法があります。

public class BestPractice {
    public static void main(String[] args) {
        int x = 10;
        int y = -10;

        // 符号なしで比較
        int compareResult = Integer.compareUnsigned(x ^ y, 0);

        System.out.println("比較結果: " + (compareResult == 0 ? "等しい" : "等しくない"));
    }
}

このコードを実行すると、「比較結果: 等しくない」と出力されます。

compareUnsignedメソッドを使うことで、符号なし整数として安全に比較が行えます。

●XOR演算子のカスタマイズ方法

XOR演算子は、その特性を利用して多くのプログラミングタスクを効率的に行えますが、更にカスタマイズして特定の用途に適用する方法もあります。

それでは、その具体的な手法について説明していきます。

○カスタムビットマスクの作成

ビットマスクは、特定のビットを操作するための二進数のパターンです。

XOR演算子と組み合わせることで、特定のビットを効率的に操作することができます。

public class CustomBitMask {
    public static void main(String[] args) {
        int num = 29;  // 二進数で 11101
        int mask = 6;  // 二進数で   110

        // XORでカスタムビットマスク適用
        int result = num ^ mask;

        System.out.println("適用後の数値: " + result);
    }
}

このコードを実行すると、”適用後の数値: 27″ と出力されます。

ビットマスク6(二進数で110)が29(二進数で11101)に適用され、特定のビットが反転して27(二進数で11011)になりました。

○XORの拡張操作

XOR演算子の特性を用いて、標準的な機能を拡張することもあります。

例えば、多数の数値を高速に処理するための独自の集合演算などが考えられます。

public class XorExtension {
    public static void main(String[] args) {
        int[] numbers = {1, 2, 3, 4, 5};
        int xorResult = 0;

        // XOR演算で集合に含まれる全ての数値を処理
        for (int num : numbers) {
            xorResult ^= num;
        }

        // 最終結果を出力
        System.out.println("XOR結果の集合: " + xorResult);
    }
}

このコードを実行すると、”XOR結果の集合: 1″ と出力されます。

配列に含まれる数値(1, 2, 3, 4, 5)がXOR演算で処理され、最終的なXOR結果が1になりました。

まとめ

この記事を通して、Javaで使用するXOR演算子に関する多角的な側面を詳しく解説しました。

JavaでのXOR演算子の可能性は非常に広く、この記事ではその一端を紹介したに過ぎませんが、基本から応用、さらにはカスタマイズまで幅広く学べたことと思います。

これからもJavaプログラミングの世界で、XOR演算子を活用してさまざまな問題を解決していくための手引きとなれば幸いです。