Kotlin初心者必見!絶対値の取得を完璧に理解する20以上のサンプルコード – JPSM

Kotlin初心者必見!絶対値の取得を完璧に理解する20以上のサンプルコード

Kotlinでの絶対値取得を学ぶイラストKotlin

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を手にしたあなたは、Kotlinでの絶対値取得に関して学びたいと考えていることでしょう。心配しないでください。

この記事では、Kotlinでの絶対値取得を完璧にマスターするためのステップバイステップのガイドを紹介します。

様々なシチュエーションに対応できるよう、多角的なアプローチと詳細なサンプルコードを通じて、絶対値の取得方法を理解し、自分のコードに取り入れることができるようになるでしょう。

●Kotlinの絶対値とは

絶対値とは、数値の大きさだけを示すもので、正か負かの情報を除いたものを指します。たとえば、-5の絶対値は5となります。

Kotlinでは、この絶対値を簡単に取得することができますが、その前に絶対値の基本概念を確認してみましょう。

○絶対値の基本概念

数学において、絶対値は数直線上での原点からの距離として表されます。この概念は、プログラミングにおいても同じです。

Kotlinにおける絶対値は、数値が正であればそのままの値、負であればその逆の符号の値として取得されます。

例えば、3の絶対値は3、-3の絶対値は3となります。

●Kotlinでの絶対値の取得方法

Kotlin言語はJavaと似ており、Javaの標準ライブラリに似た多くの関数と機能を持っています。その中の一つが絶対値取得関数です。

Kotlinでは、組み込み関数として絶対値を取得するためのいくつかの方法が提供されています。

○サンプルコード1:基本的な絶対値の取得

Kotlinのkotlin.math.abs関数を使用すると、数値の絶対値を簡単に取得できます。

fun main() {
    val number = -5
    val absoluteValue = kotlin.math.abs(number)
    println("絶対値: $absoluteValue")  // 絶対値: 5
}

このコードでは、kotlin.math.abs関数を使って、変数numberの絶対値を取得しています。

実行すると、絶対値: 5と表示されます。

○サンプルコード2:条件分岐を使用した絶対値の取得

条件分岐を使用しても絶対値を取得できます。

これは、絶対値取得関数が利用できない特定の状況やカスタマイズが必要な場合に役立ちます。

fun main() {
    val number = -5
    val absoluteValue = if (number < 0) -number else number
    println("絶対値: $absoluteValue")  // 絶対値: 5
}

このコードでは、if文を使用して数値が負の場合は符号を反転させ、そうでない場合はそのままの値を使用して絶対値を取得しています。

結果として、絶対値: 5と表示されます。

○サンプルコード3:関数を用いた絶対値の取得

Kotlinでは、自分自身で絶対値を取得する関数を作成することも可能です。

これは特定のロジックやカスタマイズが必要な場合に有用です。

ここでは、シンプルな関数を使用して数値の絶対値を取得する方法を紹介します。

fun getAbsoluteValue(num: Int): Int {
    return if (num < 0) -num else num
}

fun main() {
    val number = -7
    val absoluteValue = getAbsoluteValue(number)
    println("絶対値: $absoluteValue")  // 絶対値: 7
}

このコードでは、getAbsoluteValueという関数を定義して、引数として与えられた数値の絶対値を返すようにしています。

実行すると、絶対値: 7と表示されることが確認できます。

○サンプルコード4:リストの要素の絶対値を取得

Kotlinでリストの各要素の絶対値を取得する際も、組み込み関数やカスタム関数を利用して簡単に実現できます。

fun main() {
    val numbers = listOf(-5, 2, -8, 7, -3)
    val absoluteValues = numbers.map { kotlin.math.abs(it) }
    println(absoluteValues)  // [5, 2, 8, 7, 3]
}

このコードでは、map関数と組み込みのabs関数を組み合わせて、リストの各要素の絶対値を取得して新しいリストに変換しています。

この方法を使用すると、リスト内のすべての数値の絶対値を効率的に取得できます。

○サンプルコード5:マップのキー・バリューの絶対値を取得

マップを扱う際にも絶対値を取得するシーンは少なくありません。

例えば、負の数値をキーまたはバリューとして持つマップがある場合、その絶対値を新しいマップに変換したいことが考えられます。

下記のサンプルコードは、マップのキーとバリューの絶対値を取得する一例を表しています。

fun main() {
    val mapWithNegativeValues = mapOf(-3 to -5, 2 to 8, -6 to 7)
    val absoluteMap = mapWithNegativeValues.mapKeys { kotlin.math.abs(it.key) }
                                             .mapValues { kotlin.math.abs(it.value) }
    println(absoluteMap)  // 出力結果は {3=5, 2=8, 6=7}
}

このコードで利用しているmapKeysmapValuesは、それぞれマップのキーとバリューを変換するための関数です。

組み込みのabs関数を使用して、キーとバリューの絶対値を新しいマップに変換しています。

結果として、負の数値はその絶対値に変換された新しいマップが出力されます。

○サンプルコード6:配列の要素の絶対値を取得

配列の要素にも絶対値を適用する場面は多いです。

配列内のすべての要素の絶対値を取得するには、map関数を使用するのが効果的です。

fun main() {
    val numbersArray = arrayOf(-4, 5, -9, 6, -2)
    val absoluteValuesArray = numbersArray.map { kotlin.math.abs(it) }.toTypedArray()
    println(absoluteValuesArray.joinToString(", "))  // 出力結果は 4, 5, 9, 6, 2
}

このサンプルでは、map関数と組み込みのabs関数を組み合わせて、配列の各要素の絶対値を取得して新しい配列を生成しています。

生成された新しい配列の要素はすべて正の数値となっています。

○サンプルコード7:カスタム関数での絶対値取得

Kotlinには絶対値を取得する組み込み関数が用意されていますが、特定の状況や要件に合わせてカスタム関数を作成することも可能です。

ここでは、Kotlinでカスタム関数を作成し、その関数を用いて絶対値を取得する方法をご紹介します。

fun customAbs(value: Int): Int {
    return if (value < 0) -value else value
}

fun main() {
    val negativeValue = -10
    val result = customAbs(negativeValue)
    println("カスタム関数を使用した絶対値: $result")
}

このコードでは、customAbsという名前のカスタム関数を定義しています。

関数内部では、引数として受け取った値が0より小さい場合には、その値の符号を反転させて返します。

そうでない場合は、そのままの値を返します。

この関数を利用することで、独自の絶対値取得ロジックを実装することができます。

サンプルコードを実行すると、カスタム関数を使用した絶対値: 10という結果が得られます。

○サンプルコード8:ラムダ式と絶対値の組み合わせ

Kotlinでは、ラムダ式という強力な機能が提供されています。

この機能を用いることで、シンプルかつ柔軟に絶対値の取得やその他の操作を行うことができます。

val lambdaAbs: (Int) -> Int = { if (it < 0) -it else it }

fun main() {
    val negativeValue = -15
    val result = lambdaAbs(negativeValue)
    println("ラムダ式を使用した絶対値: $result")
}

上記のコードにおいて、lambdaAbsはラムダ式を用いて定義された絶対値取得の関数となります。

このラムダ式は引数の値が0より小さい場合にその符号を反転させ、そうでない場合にはそのままの値を返します。

このコードを実行すると、ラムダ式を使用した絶対値: 15という結果が得られるでしょう。

○サンプルコード9:拡張関数としての絶対値取得

Kotlinでは、既存のクラスや型に新しい関数を追加する方法として「拡張関数」の機能が提供されています。

拡張関数を利用することで、既存の型に独自の機能を付加することができます。

ここでは、Int型に絶対値を取得する拡張関数を追加する方法を紹介します。

fun Int.myAbs(): Int {
    return if (this < 0) -this else this
}

fun main() {
    val negativeValue = -25
    val result = negativeValue.myAbs()
    println("拡張関数を使用した絶対値: $result")
}

このコードでは、myAbsという名前の拡張関数をInt型に追加しています。

関数内部では、thisキーワードを利用してその数値の絶対値を取得します。

この関数を利用することで、任意のInt型の値に対して直接絶対値を求めることができます。

このコードを実行すると、拡張関数を使用した絶対値: 25という結果が表示されます。

拡張関数は、独自の関数を既存の型に追加する際に非常に有効です。

特に頻繁に使用する処理や機能を簡単に追加することができるので、コードの再利用性や可読性を高めることができます。

○サンプルコード10:null許容型の変数の絶対値取得

Kotlinでは、変数がnullを取ることが許される場合、それをnull許容型として定義します。

null許容型の変数に対して絶対値を求める際には、nullの可能性を考慮する必要があります。

ここでは、null許容型の変数の絶対値を安全に取得する方法を紹介します。

fun Int?.safeAbs(): Int? {
    return this?.let { if (it < 0) -it else it }
}

fun main() {
    val nullableValue: Int? = -35
    val result = nullableValue.safeAbs()
    println("null許容型変数の絶対値: ${result ?: "変数はnullです"}")
}

このコードでは、safeAbsという拡張関数をnull許容型のInt型、すなわちInt?に追加しています。

関数内部では、this?.letを使用することで、変数がnullでない場合のみ絶対値を求めるロジックを適用しています。

この関数を利用することで、null許容型の変数に対して安全に絶対値を求めることができます。

コードを実行すると、null許容型変数の絶対値: 35という結果が得られます。

○サンプルコード11:高階関数と絶対値の利用

Kotlinは関数型プログラミングの概念をサポートしており、高階関数を使用してコードを柔軟に記述することができます。

高階関数とは、関数を引数として受け取ったり、関数を返り値として返す関数のことを指します。

ここでは、高階関数と絶対値を組み合わせた実例を通じて、その利用方法を学びます。

fun processList(nums: List<Int>, operation: (Int) -> Int): List<Int> {
    return nums.map(operation)
}

fun main() {
    val numbers = listOf(-5, 3, -7, 8, -2)
    val absoluteNumbers = processList(numbers) { if (it < 0) -it else it }
    println(absoluteNumbers)  // 絶対値を求めたリストが出力される
}

このコードでは、processListという高階関数を使用して、リスト内の各要素に対して特定の操作を適用しています。

具体的には、リスト内の数値を絶対値に変換する処理をLambda式で記述しています。

Lambda式は{ if (it < 0) -it else it }の部分で、リスト内の各数値を取り出し、その数値が負であれば正に変換し、正であればそのままの値を返すという処理を行います。

このコードを実行すると、[5, 3, 7, 8, 2]という結果が得られ、リスト内の全ての数値が正の絶対値に変換されています。

高階関数は処理を抽象化し、共通のロジックを一箇所にまとめることができます。

その結果、コードの再利用性や保守性が向上し、開発効率が向上する可能性があります。

特に、一般的な処理を高階関数として定義しておくことで、具体的なロジックはLambda式で柔軟に定義することができ、非常に強力なツールとして利用できます。

○サンプルコード12:コレクション内の最大絶対値を探す

時々、コレクション内の要素から最大の絶対値を見つける必要があります。

Kotlinのコレクション関数を使用すると、このようなタスクも簡単に実現できます。

fun main() {
    val numbers = listOf(-50, 30, -70, 80, -25)
    val maxAbsoluteValue = numbers.maxByOrNull { it.absoluteValue }
    println("コレクション内の最大絶対値は: $maxAbsoluteValue です")
}

このコードでは、maxByOrNull関数を使用して、リスト内の最大絶対値を取得しています。

この関数は、指定した条件に基づいてリスト内の最大値を返します。

この場合、it.absoluteValueを条件として指定しており、絶対値が最大の数値を取得します。

このコードを実行すると、コレクション内の最大絶対値は: -70 ですという結果が得られます。

○サンプルコード13:特定の範囲の絶対値を取得

数値のリストから特定の範囲の絶対値だけを抽出する場合、Kotlinの標準ライブラリを活用してシンプルに実現することができます。

fun main() {
    val numbers = listOf(-30, 45, -55, 20, -10, 5, 70)
    val range = 10..50

    val filteredAbsoluteNumbers = numbers.filter { it.absoluteValue in range }
    println(filteredAbsoluteNumbers)
}

このコードでは、数値のリストnumbersから10以上50以下の絶対値を持つ数値を抽出するために、filter関数を使用しています。

絶対値の計算には、Kotlinの拡張プロパティであるabsoluteValueを使用しています。

結果として、指定した範囲内の絶対値を持つ数値のみが新しいリストfilteredAbsoluteNumbersに格納されます。

上記のコードを実行すると、[-30, 45, 20, -10, 5]というリストが出力されます。

これは、指定された範囲内の絶対値を持つ数値のみを抽出した結果です。

○サンプルコード14:絶対値の差を計算する

2つの数値の間の絶対値の差を計算する場合も、Kotlinの標準ライブラリを利用して簡単に計算できます。

下記のサンプルコードでは、2つの数値の絶対値の差を計算する方法を表しています。

fun absoluteDifference(a: Int, b: Int): Int {
    return (a.absoluteValue - b.absoluteValue).absoluteValue
}

fun main() {
    val num1 = -10
    val num2 = 15
    val result = absoluteDifference(num1, num2)
    println("数値 $num1 と $num2 の絶対値の差は $result です。")
}

absoluteDifference関数は、2つの引数の絶対値の差を返します。

この関数内で、まず各引数の絶対値を計算し、その差の絶対値を返すようにしています。

このコードを実行すると、”数値 -10 と 15 の絶対値の差は 5 です。”という結果が得られます。

これは、数値の絶対値の差を計算する処理の実例です。

○サンプルコード15:カスタムクラス内の値の絶対値を取得

Kotlinを使用すると、カスタムクラスを定義し、その中の属性値の絶対値を取得することができます。

これは、例えば、物理的なベクトルや座標系における位置を扱う際に便利です。

ここでは、2Dの点を表すクラスを定義し、その点のX座標とY座標の絶対値を取得する方法を紹介します。

class Point(val x: Int, val y: Int) {
    val absoluteX: Int
        get() = x.absoluteValue
    val absoluteY: Int
        get() = y.absoluteValue
}

fun main() {
    val p = Point(-5, 8)
    println("点のX座標の絶対値は ${p.absoluteX} です。")
    println("点のY座標の絶対値は ${p.absoluteY} です。")
}

上記のコードでは、Pointというクラスを定義しています。

このクラスは、xyという2つの整数属性を持っており、それぞれの属性値の絶対値はabsoluteXabsoluteYというプロパティを用いて取得できます。

このコードを実行すると、”点のX座標の絶対値は 5 です。”、”点のY座標の絶対値は 8 です。”という出力が得られます。

●Kotlinでの絶対値の応用例

Kotlinでの絶対値は基本操作だけでなく、実際のコーディングやデータ処理での応用例も多く存在します。

絶対値の取得がもたらす利点を最大限に活かすために、ここではKotlinにおける絶対値の応用方法について幾つかのサンプルコードを交えて説明します。

○サンプルコード16:絶対値を用いたソート

リスト内の要素を絶対値の大きさに基づいてソートする場面は非常に多いです。

ここでは、Kotlinでの絶対値を基準としたソートの方法を表すサンプルコードを紹介します。

fun main() {
    val numbers = listOf(-3, 4, -1, 5, -9, 2)
    val sortedByAbsoluteValue = numbers.sortedBy { it.absoluteValue }

    println(sortedByAbsoluteValue) // 結果: [-1, 2, -3, 4, 5, -9]
}

このコードでは、リスト内の数値をsortedBy関数を使用し、it.absoluteValueをソートキーとして指定することで、絶対値の昇順にソートしています。

結果、-1, 2, -3, 4, 5, -9という絶対値の昇順に並べられたリストが得られます。

○サンプルコード17:絶対値を用いたフィルタリング

ある閾値より大きい絶対値を持つ要素だけをリストから取り出す場面もよくあります。

下記のサンプルコードは、絶対値が4以上の要素だけを取り出す方法を表しています。

fun main() {
    val numbers = listOf(-3, 4, -1, 5, -9, 2)
    val filteredByAbsoluteValue = numbers.filter { it.absoluteValue >= 4 }

    println(filteredByAbsoluteValue) // 結果: [4, 5, -9]
}

上記のコードでは、リスト内の各要素の絶対値が4以上であるかどうかをチェックし、その条件を満たす要素だけを新しいリストとして取り出しています。

このようにして、4, 5, -9という絶対値が4以上の要素のみを持つリストが得られます。

○サンプルコード18:絶対値を用いた算術計算

Kotlinでは、絶対値を用いて様々な算術計算を行うことができます。

特にデータ処理や統計処理の際に、絶対値を用いた算術計算は頻繁に使用されます。

例えば、2つの数の絶対値の差を求める場面を想像してみましょう。

下記のサンプルコードでは、2つの数abの絶対値の差を計算しています。

fun main() {
    val a = -5
    val b = 3
    val differenceOfAbsoluteValues = (a.absoluteValue - b.absoluteValue).absoluteValue

    println(differenceOfAbsoluteValues) // 結果: 2
}

このコードでは、abの絶対値を取得し、その後その差の絶対値を計算しています。

具体的には、-5の絶対値と3の絶対値の差を求めて、その結果が2として出力されます。

○サンプルコード19:絶対値の比較を行う

2つの数の絶対値を比較し、どちらの数の絶対値が大きいかを判断することもよく行われる操作です。

下記のサンプルコードでは、2つの数cdの絶対値を比較して、大きい方の数を出力しています。

fun main() {
    val c = -8
    val d = 5
    val largerAbsoluteValue = if (c.absoluteValue > d.absoluteValue) c else d

    println(largerAbsoluteValue) // 結果: -8
}

このコードでは、cdの絶対値を比較し、cの絶対値が大きければcを、そうでなければdlargerAbsoluteValueに代入しています。

結果として、-8という絶対値が大きい数が出力されます。

○サンプルコード20:絶対値と条件式の組み合わせ

絶対値を活用する場面として、条件式と組み合わせることで複雑な判定や計算を行うシーンが考えられます。

Kotlinでは、条件式と絶対値の組み合わせにより、より高度な処理を簡潔に実装することが可能です。

例えば、2つの数値の絶対値が一定の値を超えているかどうかを判定するケースを考えます。

この場合、以下のように条件式と絶対値を組み合わせて判定を行うことができます。

fun main() {
    val e = -10
    val f = 15
    val threshold = 12

    val isBothAboveThreshold = e.absoluteValue > threshold && f.absoluteValue > threshold

    println(isBothAboveThreshold) // 結果: true
}

このコードで行われていることは、eおよびfの絶対値がそれぞれthresholdを超えているかを確認しています。

その結果、両方とも12より大きいため、trueが出力されます。

●絶対値取得時の注意点と対処法

Kotlinで絶対値を取得する際には、いくつかの注意点が存在します。

これらの注意点を理解し、適切な対処法を知ることで、プログラムのバグや誤動作を避けることができます。

○数値の範囲に関する注意点

Kotlinでは、数値型にはさまざまな種類が存在します。

例えば、Int型、Long型、Double型などがあります。

これらの数値型ごとに取り扱える数値の範囲が異なるため、絶対値を取得する際に範囲を超えるような数値を指定しないように注意が必要です。

対処法としては、数値型の選択を適切に行い、必要に応じて型変換を行うことで、範囲を超えるリスクを低減することができます。

○浮動小数点数と絶対値取得の注意点

Kotlinで浮動小数点数の絶対値を取得する際、非常に小さな値や非常に大きな値を扱うと、精度の問題が生じる可能性があります。

例えば、次のコードを見てみましょう。

fun main() {
    val value = 0.1 + 0.1 + 0.1
    println(value.absoluteValue == 0.3) // 出力: false
}

このコードを実行すると、想定した結果とは異なる値が出力されることがわかります。

これは、浮動小数点数の内部的な表現に起因する問題です。

対処法としては、絶対値を取得する前に、一定の範囲内での丸めを行うことで、このような誤差を緩和することができます。

○オーバーフローと絶対値の取り扱い

絶対値を取得する際、オーバーフローによって不正確な結果が返されることがあります。

例えば、Int型の最小値を取る場合、絶対値を取得しようとするとオーバーフローが発生します。

fun main() {
    val minValue = Int.MIN_VALUE
    println(minValue.absoluteValue) // 出力: -2147483648
}

このコードでは、絶対値取得時にオーバーフローが発生しているため、期待した正の値ではなく、負の値が出力されます。

対処法としては、数値型の範囲を考慮してプログラムを設計するか、オーバーフローを検出するロジックを実装することで、このような問題を避けることができます。

○NaNやInfinityと絶対値取得の関連性

浮動小数点数では、NaN(Not a Number)やInfinityという特殊な値が存在します。

これらの値に対して絶対値を取得しようとすると、どのような結果が返されるのでしょうか?

fun main() {
    val nanValue = Double.NaN
    val infinityValue = Double.POSITIVE_INFINITY

    println(nanValue.absoluteValue) // 出力: NaN
    println(infinityValue.absoluteValue) // 出力: Infinity
}

このコードを実行すると、NaNに対する絶対値はNaNとして、Infinityに対する絶対値はInfinityとして出力されることがわかります。

対処法としては、NaNやInfinityを直接扱わず、これらの値を適切に処理するロジックを実装することで、予期しない動作を回避することが推奨されます。

●カスタマイズ方法

Kotlinの絶対値取得機能は非常に強力で汎用性が高いですが、特定のニーズや状況に合わせてカスタマイズすることで、より効率的に使用することができます。

○絶対値取得関数のカスタマイズ例

標準ライブラリの絶対値関数を使う場合、基本的な取得方法が提供されています。

しかし、独自のロジックを追加することで、特定の条件下での絶対値取得を実現することができます。

例として、10を超える数値の絶対値を取得したい場合、次のようにカスタム関数を定義することができます。

fun customAbsoluteValue(num: Int): Int {
    return if (num > 10 || num < -10) {
        num.absoluteValue
    } else {
        num
    }
}

fun main() {
    println(customAbsoluteValue(-15))  // 15
    println(customAbsoluteValue(5))    // 5
}

このコードでは、customAbsoluteValue関数を使って、10を超える数値のみ絶対値を取得しています。

そのため、-15の絶対値は15として出力され、5は変更されずにそのまま出力されます。

○拡張関数を利用したカスタマイズ

Kotlinの拡張関数は、既存のクラスに新しい関数を追加する機能を提供します。

これを利用することで、絶対値の取得方法を独自に拡張することができます。

例えば、特定の条件を満たす場合のみ絶対値を取得する拡張関数を作成することができます。

fun Int.conditionalAbsolute(): Int {
    return if (this % 2 == 0) {
        this.absoluteValue
    } else {
        this
    }
}

fun main() {
    println((-4).conditionalAbsolute())  // 4
    println(3.conditionalAbsolute())     // 3
}

このコードでは、conditionalAbsolute拡張関数を使って、偶数のみ絶対値を取得しています。

そのため、-4の絶対値は4として出力され、3は変更されずにそのまま出力されます。

○絶対値のビジュアル表現のカスタマイズ

絶対値の取得結果をビジュアルで表現する際のカスタマイズも考えられます。

例えば、特定の範囲の絶対値を取得した際に、色や形で表現することで、結果を一目で理解することができます。

具体的なコード例や実装方法は、利用するフレームワークやライブラリに依存しますが、絶対値の取得結果に応じてビジュアルを変更することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を図ることができます。

まとめ

Kotlinにおける絶対値の取得方法とそのカスタマイズについて深く探求しました。

絶対値はシンプルな概念である一方、実際の利用シーンやカスタマイズ方法を考慮すると、その応用範囲は非常に広いことがわかります。

標準ライブラリの関数を活用するだけでなく、独自のロジックを組み込むことで、特定のニーズに合わせた絶対値取得が実現可能です。

今回の記事を通じて、初心者から中級者までのKotlinユーザーが、絶対値の取得方法とその活用の幅を広げるヒントを得られたことを期待しています。

絶対値を取得・利用する際の基本から応用、さらにカスタマイズの方法までを網羅的に学べたことを確認し、今後のKotlin活用の一助としてください。