Swiftで理解しやすい!シングルトンの実装方法10選

Swiftのロゴとシングルトンの実装のイメージ図Swift
この記事は約14分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Swiftでアプリを開発している方で、データや設定情報などをアプリ全体で一貫して管理したいと思ったことはありませんか?

そんなときに役立つのが「シングルトン」デザインパターンです。

この記事を読めばシングルトンの実装がマスターできるようになります。

初心者から中級者まで、シングルトンの基本から応用、そして注意点までを分かりやすく解説します。

●シングルトンとは

シングルトンとは、あるクラスのインスタンスが1つしか存在しないことを保証するデザインパターンのことを指します。

これにより、例えば設定情報や共有データを一元管理したいときなどに利用することができます。

○シングルトンの特徴と利点

シングルトンは、次のような特徴や利点があります。

  1. インスタンスが1つしか存在しないことを保証:シングルトンクラスから新しくインスタンスを生成しようとしても、既に存在するインスタンスを返すことで、インスタンスの数を1つに保つことができます。
  2. グローバルなアクセスポイントの提供:シングルトンオブジェクトはアプリケーションのどこからでもアクセスできるため、データの一元管理が可能となります。
  3. リソースの節約:複数のインスタンスを生成しないため、メモリ使用量を削減できます。

シングルトンの活用例としては、アプリケーションの設定管理やデータベースの接続、ログの管理などが挙げられます。

これらの情報はアプリ全体で一貫して扱いたいため、シングルトンとして管理することで、一貫性を保ちつつも効率的にデータの取り扱いが可能となります。

●Swiftでのシングルトンの基本的な実装方法

シングルトンは、その名の通り、シングル(1つ)のインスタンスだけを生成し、それをアプリ全体で共有するデザインパターンです。

Swiftでのシングルトンの実装は非常にシンプルでありながらも強力です。

まずは基本的な実装方法から見ていきましょう。

○サンプルコード1:基本的なシングルトンの作成

最も簡単なシングルトンの実装方法は、static letを利用することです。

これにより、アプリが動作している間、この変数は一度しか初期化されず、その後は同じインスタンスを返し続けます。

class Singleton {
    static let shared = Singleton()

    private init() {}
}

このコードではSingletonというクラスを作成し、sharedという静的なプロパティでインスタンスを管理しています。

また、private init()によって、このクラスの外部からの新しいインスタンスの生成を防ぐようにしています。

この方法でシングルトンを利用する場合、次のようにアクセスします。

let instance = Singleton.shared

○サンプルコード2:lazyを利用したシングルトンの実装

lazyを利用することで、インスタンスが必要になるまでの初期化を遅らせることができます。

これにより、リソースを効率的に使用することが可能となります。

class LazySingleton {
    static let shared: LazySingleton = {
        let instance = LazySingleton()
        return instance
    }()

    private init() {}
}

この方法も基本的な実装と同じように、外部からの新しいインスタンスの生成を防ぐためにprivate init()を使用しています。

○サンプルコード3:thread-safeなシングルトンの実装

マルチスレッド環境でのシングルトンの利用には注意が必要です。

複数のスレッドが同時にインスタンスを生成しようとすると、シングルトンの保証が崩れる可能性があります。

そのため、thread-safeなシングルトンを実装する方法を紹介します。

class ThreadSafeSingleton {
    static let shared: ThreadSafeSingleton = {
        let instance = ThreadSafeSingleton()
        return instance
    }()

    private let lock = NSLock()

    private init() {}

    func someMethod() {
        lock.lock()
        defer { lock.unlock() }

        // ここでの処理はスレッドセーフです
    }
}

NSLockを利用して、マルチスレッド環境でも安全にシングルトンを利用することができます。

someMethod内での処理はスレッドセーフとなるため、複数のスレッドから安全にアクセスできます。

●シングルトンの応用例

シングルトンのデザインパターンは、一定の情報やリソースをアプリ全体で共有したい場面で特に役立ちます。

ここでは、Swiftでのシングルトンの応用例を3つご紹介します。

○サンプルコード4:設定データの管理

アプリの設定データやユーザーのプリファレンスをシングルトンで管理することがよくあります。

下記の例では、アプリの設定を管理するためのシングルトンクラスを作成しています。

class AppConfig {
    static let shared = AppConfig()

    var isDarkModeEnabled: Bool = false
    // その他の設定項目もここに追加する

    private init() {}
}

このコードでは、isDarkModeEnabledというプロパティでダークモードの有効/無効を管理しています。

アプリのどこからでも次のようにアクセスして設定を変更することができます。

AppConfig.shared.isDarkModeEnabled = true

○サンプルコード5:データベース接続の管理

データベースへの接続もシングルトンで管理することが一般的です。

ここでは、データベース接続を管理するためのシングルトンのサンプルを紹介します。

class DatabaseManager {
    static let shared = DatabaseManager()

    var connection: String // ここに実際の接続情報を設定

    private init(connection: String) {
        self.connection = connection
    }

    func executeQuery(query: String) {
        // ここでクエリを実行する処理
    }
}

上記のコードで、データベースへのクエリを実行する際は、次のようにDatabaseManagerexecuteQuery関数を使用します。

DatabaseManager.shared.executeQuery(query: "SELECT * FROM users")

○サンプルコード6:ログ管理のシングルトン実装

アプリのログを効率的に管理するためにもシングルトンが利用されることが多いです。

ここではログの管理を行うシングルトンの例を紹介します。

class LogManager {
    static let shared = LogManager()

    private var logs: [String] = []

    private init() {}

    func addLog(message: String) {
        logs.append(message)
    }

    func displayLogs() -> [String] {
        return logs
    }
}

このクラスを使用することで、アプリ内の任意の場所でログを追加し、後からそれを取得することができます。

LogManager.shared.addLog(message: "アプリ起動")
let currentLogs = LogManager.shared.displayLogs()

ここで取得したcurrentLogsには、追加されたログのリストが格納されています。

●シングルトンの実装のカスタマイズ

シングルトンのデザインパターンは、その名の通り、一つのインスタンスのみを持つことを目的としています。

しかし、プロジェクトの要件やニーズに応じてシングルトンの動作をカスタマイズすることが必要な場面も出てきます。

ここでは、シングルトンの実装をカスタマイズする方法をいくつか紹介します。

○サンプルコード7:初期設定を伴うシングルトン

シングルトンのインスタンスを生成する際に、初期設定や初期データのロードが必要な場合があります。

そのような場合に役立つ実装例を紹介します。

class SettingsManager {
    static let shared: SettingsManager = {
        let instance = SettingsManager()
        // 初期設定やデータのロードなどの処理
        instance.loadInitialSettings()
        return instance
    }()

    private init() {}

    private func loadInitialSettings() {
        // 初期設定をロードする処理
    }
}

このコードでは、sharedインスタンスが生成される際にloadInitialSettings関数が呼び出され、初期設定がロードされます。

○サンプルコード8:複数のインスタンスを許容するシングルトン

伝統的なシングルトンは1つのインスタンスのみを許容しますが、特定の条件下で複数のインスタンスを許容したい場合もあるかもしれません。

class MultiInstanceManager {
    private static var instances: [String: MultiInstanceManager] = [:]

    static func instance(forKey key: String) -> MultiInstanceManager {
        if let instance = instances[key] {
            return instance
        } else {
            let newInstance = MultiInstanceManager()
            instances[key] = newInstance
            return newInstance
        }
    }

    private init() {}
}

このコードでは、特定のキーに対応するインスタンスを取得することができます。

同じキーでインスタンスを取得すると、以前に生成されたものが返されます。

例えば、MultiInstanceManager.instance(forKey: "A")MultiInstanceManager.instance(forKey: "B")は異なるインスタンスを返しますが、MultiInstanceManager.instance(forKey: "A")を2回呼び出すと、同じインスタンスが返されます。

○サンプルコード9:プロトコルを利用したシングルトン実装

Swiftの強力な型システムの一部として、プロトコルは非常に柔軟なツールとして実装されています。

シングルトンを実装する際にも、プロトコルを使用することで、より汎用性の高いコードを実現することが可能です。

下記の実装は、シングルトンを持つことを保証するプロトコルを定義するものです。

protocol Singleton: AnyObject {
    static var shared: Self { get }
}

class UserManager: Singleton {
    static let shared = UserManager()
    private init() {}

    var userName: String = ""
}

このコードでは、Singletonという名前のプロトコルを定義しています。

このプロトコルに準拠するクラスは、sharedという静的プロパティを持つことが求められます。

UserManagerクラスはこのプロトコルに準拠しているため、sharedプロパティを持ち、シングルトンとして機能します。

この実装方法のメリットは、複数のクラスでシングルトンの実装を行う際に、Singletonプロトコルに準拠するだけで、一貫性を持ったシングルトンの動作を保証できる点にあります。

○サンプルコード10:シングルトンの継承と拡張

シングルトンパターンの1つの制約として、継承を使ってシングルトンクラスを拡張することが難しいとされています。

しかし、Swiftの拡張機能を利用すれば、シングルトンオブジェクトに新しい機能を追加することが容易になります。

下記の例では、先ほどのUserManagerクラスを拡張して、新たなメソッドを追加しています。

extension UserManager {
    func displayName() -> String {
        return "User Name is \(userName)"
    }
}

このコードを実行すると、UserManager.shared.displayName()というメソッドで、ユーザー名に対するメッセージを取得することができます。

このようにして、拡張を使用することで、シングルトンの機能を簡単に拡張することができます。

●シングルトンの注意点と対処法

シングルトンパターンは便利である一方で、使用に際しては慎重な対応が必要です。

特に、グローバルな状態の管理、テストの困難さ、スレッドセーフティなどの問題に対して適切な解決策を見つけ出さなければなりません。

○グローバルな状態の管理

シングルトンはアプリケーション全体で共有されるグローバルな状態を持っているため、その状態の管理には注意が必要です。

状態の変更がアプリケーションの他の部分に予期せぬ影響を与えないよう、状態の変更を最小限に抑え、管理を徹底する必要があります。

class GlobalStateManager: Singleton {
    static let shared = GlobalStateManager()
    private init() {}

    var globalState: String {
        didSet {
            print("グローバルステートが変更されました: \(globalState)")
        }
    }
}

このコードでは、グローバルな状態を管理するGlobalStateManagerというシングルトンクラスを作成しています。

globalStateプロパティが変更されると、その変更がコンソールに表示される仕組みです。

このように、シングルトンで管理されるグローバルな状態の変更を、可能な限り追跡し、制御する工夫が必要です。

○テストの困難さ

シングルトンパターンはテストを難しくする要因となることがあります。

その理由は、シングルトンがアプリケーション全体で共有される状態を持つため、テストの際にその状態を隔離するのが困難だからです。

一つのテストがシングルトンの状態を変更すると、それが他のテストに影響を与える可能性があるためです。

extension GlobalStateManager {
    func resetState() {
        globalState = "初期状態"
    }
}

上記のコードでは、resetStateというメソッドを使って、グローバルな状態をリセットする方法を示しています。

これによって、各テストケースの前後で状態をリセットすることで、テストの影響を隔離することが可能になります。

○スレッドセーフティ

マルチスレッド環境でシングルトンを安全に使用するためには、スレッドセーフティを保証する必要があります。

下記のコードは、スレッドセーフなシングルトンの一例です。

class ThreadSafeSingleton {
    static var shared: ThreadSafeSingleton {
        DispatchQueue.global().sync {
            if _shared == nil {
                _shared = ThreadSafeSingleton()
            }
        }
        return _shared!
    }

    private static var _shared: ThreadSafeSingleton?
    private init() {}
}

このコードでは、グローバルディスパッチキューを使用して、シングルトンインスタンスの作成を同期しています。

これによって、マルチスレッド環境でもインスタンスの作成が一度しか行われないことを保証しています。

まとめ

Swiftでのシングルトンパターンの実装は、多くの開発者にとって非常に役立つデザインパターンの一つです。

一度だけインスタンス化され、アプリケーションのライフサイクル全体で利用されることを保証するこのパターンは、グローバルな状態やリソースの共有に非常に適しています。

しかし、その利点を最大限に活かすためには、グローバルな状態の管理、テストの困難さ、スレッドセーフティなどの潜在的な問題点を理解し、適切に対処する必要があります。

この記事を通じて、Swiftでのシングルトンの実装方法の基本から応用、注意点までを学んでいただけたことと思います。

正しく理解し、適切に利用することで、シングルトンパターンはアプリケーションの品質とメンテナンス性を高める強力なツールとなるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Swiftの開発において、更なる成功をお祈りしています。