Swiftでのnonisolatedの完全ガイド!10選の使い方とサンプルコード – JPSM

Swiftでのnonisolatedの完全ガイド!10選の使い方とサンプルコード

Swiftのnonisolatedを活用したコードのイメージSwift

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Swiftのプログラムを書いている時、nonisolatedというキーワードに出会ったことはありますか?

この新しいキーワードは、Swiftの非同期機能をより強化するために導入されました。

しかし、このキーワードの正確な役割や使い方については、初心者から上級者まで多くのSwift開発者が混乱しています。

そこで、この記事ではnonisolatedの基本から詳細な使い方、さらには応用例までを徹底的に解説します。

この記事を最後まで読むことで、nonisolatedの使い方を完璧にマスターすることができるようになります。

●nonisolatedとは

Swiftは、バージョンを重ねるごとに様々な新しい機能やキーワードが追加されてきました。

その中でnonisolatedは、Swiftの非同期処理に関連するキーワードとして、最近導入されたものの一つです。

○nonisolatedの背景と目的

nonisolatedは、Swiftが強力な非同期サポートを持つようになる中で生まれたキーワードです。

Swiftにはasync/awaitという非同期処理のためのシンタックスが導入されましたが、それに伴い、非同期コードの中で同期的な動作を行いたい場合や、特定のデータや機能に同期的なアクセスを行いたい場合には、どのようにすれば良いのかという問題が浮上してきました。

この問題を解決するために、nonisolatedというキーワードが導入されました。

具体的には、Swiftのactorという概念と密接に関連しています。

actorは、非同期処理を行う際の競合やデータの一貫性を保つための仕組みとして提供されています。

しかし、actor内部のメンバに外部からアクセスする際、それが非同期である必要があります。

この制約は非同期の世界を安全にするためのものですが、場合によってはこの制約が煩わしく感じることもあります。

そのような場合に、actor内部のメンバを同期的にアクセスしたい場面が出てきます。このときに役立つのがnonisolatedキーワードです。

nonisolatedを使うことで、特定のメソッドやプロパティをactorの外部から同期的にアクセスすることが許可されるようになります。

これにより、非同期処理と同期処理の間のギャップを埋めるための強力なツールとして機能します。

●nonisolatedの基本的な使い方

Swiftの非同期処理に関連するactorというキーワードと共に、nonisolatedも注目を浴びるキーワードとなっています。

actorは非同期処理を安全に行うためのもので、この中でnonisolatedを使うことで、同期的なアクセスを許可することができます。

○サンプルコード1:基本的なnonisolatedの使用

では、nonisolatedの基本的な使い方を見ていきましょう。

ここでは、actor内でnonisolatedを使ってメソッドを同期的に実行する基本的な例を紹介します。

actor MyActor {
    var value: Int = 0

    nonisolated func syncMethod() -> Int {
        return value
    }
}

let myActor = MyActor()

// 同期的にメソッドを呼び出す
let result = myActor.syncMethod()
print(result)  // 0と表示される

このコードではMyActorというactorを定義しています。

この中にvalueという変数と、syncMethodというメソッドを持っています。

通常、actor内のメソッドやプロパティには外部から非同期的にアクセスする必要がありますが、syncMethodの前にnonisolatedキーワードをつけることで、このメソッドだけは同期的にアクセス可能になっています。

このコードを実行すると、syncMethodは同期的に呼び出され、結果としてコンソールには0と表示されます。

これがnonisolatedを使った基本的な使い方です。

●nonisolatedの詳細な使い方

Swiftでのnonisolatedのキーワードは、非同期処理の中でも特定の部分を同期的にアクセスすることを可能にします。

ここでは、その詳細な使い方について、具体的なサンプルコードを交えて紹介します。

○サンプルコード2:メソッド内での利用

nonisolatedをメソッド内で使用することで、特定の処理を同期的に実行することができます。

下記のコードは、その使用例を表しています。

actor ScoreManager {
    var score: Int = 0

    nonisolated func addScore(value: Int) {
        score += value
    }
}

let manager = ScoreManager()
manager.addScore(value: 10)

このコードのScoreManagerというactor内で、addScoreというメソッドがnonisolatedキーワードを使用しています。

これにより、このメソッドは同期的に呼び出され、score変数に値を追加することができます。

このコードを実行すると、score変数には10が加算されます。

○サンプルコード3:プロパティへの適用

メソッドだけでなく、プロパティにもnonisolatedキーワードを適用することができます。

actor UserInfo {
    var name: String
    nonisolated var displayName: String {
        return "User: \(name)"
    }

    init(name: String) {
        self.name = name
    }
}

let user = UserInfo(name: "Taro")
print(user.displayName) // User: Taroと表示される

このコードでは、UserInfoというactorが定義され、その中のdisplayNameというプロパティがnonisolatedキーワードを使用しています。

このプロパティを通じて、名前の前に”User: “を追加した文字列を同期的に取得できます。

○サンプルコード4:複数のnonisolatedの組み合わせ

nonisolatedキーワードは複数組み合わせることも可能です。

actor TaskManager {
    var tasks: [String] = []

    nonisolated func addTask(_ task: String) {
        tasks.append(task)
    }

    nonisolated func clearTasks() {
        tasks.removeAll()
    }

    nonisolated var taskCount: Int {
        return tasks.count
    }
}

let taskManager = TaskManager()
taskManager.addTask("Study Swift")
taskManager.addTask("Write article")
print(taskManager.taskCount) // 2と表示される
taskManager.clearTasks()
print(taskManager.taskCount) // 0と表示される

このコードでは、TaskManagerというactor内で、複数のメソッドとプロパティがnonisolatedキーワードを使用しています。

これにより、タスクの追加、削除、数の取得など、複数の操作を同期的に行うことができます。

●nonisolatedの応用例

Swiftの非同期処理で活躍するnonisolatedは、基本的な使用方法だけでなく、様々な応用例が存在します。

ここでは、その具体的な応用例とその使用方法をサンプルコードと共に詳しく説明します。

○サンプルコード5:カスタムクラス内での適用

nonisolatedは、カスタムクラスの中でも効果を発揮します。

下記のコードは、カスタムクラス内でnonisolatedを使用した例を表しています。

actor ColorManager {
    var red: Double = 0.0
    var green: Double = 0.0
    var blue: Double = 0.0

    nonisolated func adjustColor(red: Double, green: Double, blue: Double) {
        self.red += red
        self.green += green
        self.blue += blue
    }

    nonisolated var currentColor: String {
        return "R: \(red), G: \(green), B: \(blue)"
    }
}

let colorManager = ColorManager()
colorManager.adjustColor(red: 0.5, green: 0.7, blue: 0.3)
print(colorManager.currentColor)

このコードでは、ColorManagerというactoradjustColorメソッドとcurrentColorプロパティでnonisolatedキーワードを使用しています。

色の調整を同期的に行った後、現在の色を文字列として取得します。

このコードを実行すると、色の情報が”R: 0.5, G: 0.7, B: 0.3″として出力されます。

○サンプルコード6:フレームワークやライブラリとの組み合わせ

Swiftの多くのフレームワークやライブラリとnonisolatedを組み合わせることで、更に強力なコードを書くことができます。

ここでは、フレームワークを使用した応用例を紹介します。

// ここでは、仮想的なフレームワークを使用する例を紹介します。

actor NetworkManager {
    func fetchData(completion: @escaping (Data?) -> Void) {
        // 仮想的な非同期処理
        DispatchQueue.global().async {
            let data = Data() // 仮想的なデータ取得
            completion(data)
        }
    }

    nonisolated func displayData() {
        fetchData { data in
            if let data = data {
                // データの表示や処理
                print("Received data: \(data)")
            }
        }
    }
}

let networkManager = NetworkManager()
networkManager.displayData()

このコードは、非同期のネットワークリクエストを行うNetworkManagerというactorが、nonisolatedキーワードを使ってデータを表示するメソッドを持っています。

非同期で取得したデータを同期的に処理し、表示します。

○サンプルコード7:非同期処理との連携

Swiftのnonisolatedキーワードは、非同期処理との連携にも有効に使用できます。

特に、SwiftのConcurrencyモデルの中で、非同期タスクを同期的に扱いたい場面では非常に役立ちます。

下記のサンプルコードは、非同期処理とnonisolatedの連携について表します。

import Foundation

actor TaskManager {
    var tasks: [String] = []

    // 非同期でタスクを追加
    func addTaskAsync(taskName: String) async {
        await Task.sleep(1) // シミュレートのための待機
        tasks.append(taskName)
    }

    // タスクの取得
    nonisolated var currentTasks: [String] {
        return tasks
    }
}

let manager = TaskManager()
Task {
    await manager.addTaskAsync(taskName: "非同期タスク1")
    await manager.addTaskAsync(taskName: "非同期タスク2")
    print(manager.currentTasks) // ["非同期タスク1", "非同期タスク2"]
}

このコードでは、TaskManagerというactor内で非同期にタスクを追加するaddTaskAsyncメソッドと、そのタスクの一覧を同期的に取得するcurrentTasksプロパティを持っています。

ここでのポイントは、非同期で行われるタスク追加と、その結果を同期的に取得する動作を滑らかに連携させることができる点です。

このコードを実行すると、非同期に追加されたタスクが、同期的に取得できることが確認できます。

○サンプルコード8:エラーハンドリングの最適化

Swiftの非同期処理とnonisolatedキーワードを組み合わせる際、エラーハンドリングも非常に重要となります。

下記のサンプルコードは、非同期処理中のエラーを適切にハンドリングする方法を表します。

enum TaskError: Error {
    case taskFailed
}

actor ErrorHandler {
    func riskyTask() async throws {
        await Task.sleep(1) // シミュレートのための待機
        throw TaskError.taskFailed
    }

    nonisolated func handleTask() {
        do {
            try await riskyTask()
        } catch {
            print("エラーが発生しました: \(error)")
        }
    }
}

let handler = ErrorHandler()
handler.handleTask()

このコードでは、riskyTaskメソッドで非同期にエラーをスローしています。

handleTaskメソッドでは、そのエラーをキャッチして適切にハンドリングします。

このように、nonisolatedを使用することで、非同期処理の中でのエラーハンドリングも効果的に行うことができます。

このコードを実行すると、”エラーが発生しました: taskFailed”というメッセージが出力されることが確認できます。

○サンプルコード9:パフォーマンスチューニングの考慮

Swiftでのnonisolatedの使用は、パフォーマンスの観点からも注意が必要です。

特に、大量のデータや複雑な処理を行う場合、nonisolatedの適切な使用がパフォーマンスに大きく影響します。

下記のサンプルコードは、パフォーマンスの観点からnonisolatedを適切に使用する方法を表します。

actor DataProcessor {
    var data: [Int] = Array(0...100000)

    func process() async -> [Int] {
        return data.map { $0 * 2 }
    }

    nonisolated var processedDataCount: Int {
        return data.count
    }
}

let processor = DataProcessor()

Task {
    let processedData = await processor.process()
    let count = processor.processedDataCount
    print("処理後のデータ数: \(count)")
}

このコードでは、DataProcessorというactorがあり、大量のデータを非同期に処理するprocessメソッドと、処理後のデータの数を同期的に取得するprocessedDataCountプロパティが存在します。

このコードを実行すると、非同期にデータが処理され、その後に処理後のデータ数が出力されることが確認できます。

しかし、このような大量のデータを扱う場面では、nonisolatedの使用によるパフォーマンスの影響を十分に考慮する必要があります。

例えば、不適切な場所でnonisolatedを使用すると、データの同期やアクセスに時間がかかる可能性があります。

このような場面での最適化やチューニングが求められます。

○サンプルコード10:外部リソースとの連携

Swiftでのnonisolatedキーワードは、外部リソースとの連携においても役立ちます。

下記のサンプルコードは、外部のAPIとの連携を行いながら、nonisolatedを利用してデータの取得を行う例を表します。

import Foundation

actor APIClient {
    let session = URLSession.shared

    func fetchData(from url: URL) async throws -> Data {
        let (data, _) = try await session.data(from: url)
        return data
    }

    nonisolated func fetchJSON(from url: URL) async throws -> [String: Any] {
        let data = try await fetchData(from: url)
        guard let json = try? JSONSerialization.jsonObject(with: data) as? [String: Any] else {
            throw NSError(domain: "JSON変換エラー", code: -1, userInfo: nil)
        }
        return json
    }
}

let client = APIClient()
let url = URL(string: "https://api.example.com/data")!

Task {
    do {
        let json = try await client.fetchJSON(from: url)
        print(json)
    } catch {
        print("エラーが発生しました: \(error.localizedDescription)")
    }
}

このコードでは、外部のAPIからデータを非同期に取得し、そのデータをJSONとして解析する処理を行っています。

この際、nonisolatedキーワードを使用して、同期的にJSONデータを取得しています。

このように、外部リソースとの連携を行う際にも、nonisolatedは効果的に使用できます。

●注意点と対処法

Swiftにおけるnonisolatedキーワードを使用する際の注意点とその対処法を以下にまとめます。

nonisolatedは非常に便利なキーワードではありますが、誤った使用方法や理解不足から起こるトラブルを避けるために、次の点を押さえておくことが重要です。

○Swiftバージョンとの互換性

Swiftの新しいバージョンがリリースされると、それに伴い新しい機能やキーワードが追加されることがよくあります。

nonisolatedもその一つで、特定のSwiftのバージョン以降でしか利用できません。

実際に、古いバージョンのSwiftでnonisolatedを使用しようとすると、コンパイルエラーが発生します。

このような互換性の問題を避けるためには、使用しているSwiftのバージョンを確認し、必要であればアップデートすることが推奨されます。

○他のキーワードとの兼ね合い

Swiftにはnonisolated以外にも多くのキーワードが存在します。

これらのキーワードとnonisolatedがどのように連携するか、また互いに影響を及ぼす可能性があるかを理解しておくことは、コードの品質を高める上で不可欠です。

例えば、nonisolated@MainActorを組み合わせる場合、UIの更新などメインスレッドでの操作を非同期的に行いつつ、特定のプロパティやメソッドのアクセスを同期的に行うといった高度な処理が可能になります。

しかし、これらのキーワードの組み合わせには注意が必要で、適切に使用しないと予期せぬ動作やエラーが発生する可能性があります。

@MainActor
class UIUpdater {
    var data: String = ""

    nonisolated func updateData(newData: String) {
        data = newData
    }

    func display() async {
        // UIの更新処理
    }
}

このコードは@MainActornonisolatedを組み合わせて、UIの更新を行うUIUpdaterクラスを定義しています。

updateDataメソッドはnonisolatedを使用しており、同期的にデータを更新できますが、UIの更新処理displayは非同期的に行われる点に注意が必要です。

○実行時のエラーへの対処法

nonisolatedキーワードを使用する際に、実行時にエラーが発生することがあります。

これは、nonisolatedが適用されたプロパティやメソッドが期待する動作をしていない場合や、他の部分のコードとの相互作用によるものである可能性が高いです。

実行時のエラーが発生した場合、まずはエラーメッセージを確認し、どの部分のコードが問題を引き起こしているのかを特定します。

その後、その部分のコードを見直し、nonisolatedの使用方法や他のキーワードとの組み合わせが適切であるかを確認します。

また、実行時のエラーを避けるための一つの方法として、定期的なテストの実施が推奨されます。

テストを通じて、nonisolatedを含むコードの動作を確認し、問題がある場合は早期に修正することで、エラーのリスクを低減することができます。

●カスタマイズ方法

Swiftのnonisolatedキーワードは、基本的な使い方だけでなく、より高度なカスタマイズ方法も持っています。

ここでは、nonisolatedを活用したカスタマイズ方法に焦点を当てて、その魅力を引き出すテクニックをいくつか紹介します。

○オリジナルの拡張機能の作成

Swiftでは、拡張機能を利用して、既存の型に新しいメソッドやプロパティを追加することが可能です。

これを活用して、nonisolatedを使ったオリジナルの機能を追加することも考えられます。

例として、String型に非同期処理を行うメソッドを追加してみましょう。

extension String {
    // このメソッドは、文字列を非同期的に逆順にする
    nonisolated func asyncReverse() async -> String {
        return self.reversed().map { String($0) }.joined()
    }
}

このコードでは、String型に非同期で文字列を逆順にするasyncReverseメソッドを追加しています。

このようにして、既存の型にnonisolatedを活用したカスタム機能を追加することができます。

○サードパーティーライブラリとの組み合わせ

多くのサードパーティーライブラリやフレームワークがSwiftで書かれています。

これらとnonisolatedを組み合わせることで、より効率的なコードを書くことができます。

例えば、人気のある非同期処理ライブラリとしてPromiseKitがあります。

このライブラリとnonisolatedを組み合わせることで、非同期処理のチェーンをシンプルに保ちつつ、特定の部分の処理を同期的に行うこともできます。

import PromiseKit

class DataManager {
    var data: [String] = []

    // 非同期でデータをフェッチし、その後同期的にデータを加工する
    nonisolated func fetchDataAndProcess() -> Promise<Void> {
        return firstly {
            fetchDataFromServer()
        }.done { [unowned self] newData in
            self.processData(newData)
        }
    }

    private func fetchDataFromServer() -> Promise<[String]> {
        // データの取得処理
    }

    private func processData(_ newData: [String]) {
        // データの加工処理
    }
}

このコードは、PromiseKitを利用して非同期でデータを取得し、その後nonisolatedを利用して同期的にデータを加工するDataManagerクラスを表しています。

このように、nonisolatedはサードパーティーライブラリやフレームワークと組み合わせることで、その機能を最大限に引き出すことができます。

まとめ

Swiftのnonisolatedキーワードは、非同期処理との連携をより効果的に行うための新しいツールです。

この記事では、nonisolatedの基本的な使い方から、詳細なサンプルコード、応用例、カスタマイズ方法まで、幅広くその活用方法を解説しました。

初心者から上級者まで、多くのSwift開発者が非同期処理を行う際に、このキーワードの存在とその機能を知っておくことは非常に価値があります。

特に、複雑な非同期処理をシンプルに管理したい場合や、既存のコードと新しい非同期処理をスムーズに組み合わせたい場合に、nonisolatedは大きな助けとなるでしょう。

また、Swiftの進化に伴い、今後もnonisolatedを取り巻く環境やベストプラクティスは変わってくる可能性があります。

そのため、常に最新の情報をキャッチアップして、最適な使い方を追求していくことが重要です。

今回の記事を通じて、nonisolatedの持つ可能性やその魅力を感じ取っていただければ幸いです。

Swiftでの開発が、このキーワードを活用することで、より楽しく、効率的になることを願っています。