【完全ガイド】Swift無名関数の使い方20選

Swiftのロゴとともに、コードの例が表示されているイメージSwift
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

はじめに

プログラミング言語Swiftを学ぶ上で、無名関数(クロージャ)の知識は欠かせません。

Swiftにおけるこの無名関数は、さまざまな場面でのプログラムの効率化や可読性の向上に役立ちます。

しかし、初心者には少し難しく感じるかもしれません。

この記事では、Swiftの無名関数の基本から応用までを、具体的なサンプルコードを交えて徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、Swiftの無名関数の使い方をマスターすることができます。

●Swiftの無名関数(クロージャ)とは

無名関数、またはクロージャは、名前を持たない関数のことを指します。

Swiftにおいては、関数を変数のように扱ったり、関数の引数や戻り値として使用できるのが特徴です。

○無名関数の基本

Swiftにおける無名関数の基本的な形は次のようになります。

{ (引数) -> 戻り値の型 in
    // 実行する処理
}

このコードでは、引数と戻り値の型を指定して、実行する処理をブロック内に記述しています。

例として、2つの整数を足す単純な無名関数を作成してみましょう。

let add = { (a: Int, b: Int) -> Int in
    return a + b
}

let result = add(5, 3)  // 8

この例では、無名関数を変数addに代入し、5と3を足す計算をしています。

このコードを実行すると、resultには整数の8が代入されます。

●無名関数の使い方

Swiftの無名関数は非常に柔軟で、コードの簡潔さや可読性を向上させることができます。

実際にいくつかの基本的な使い方を見てみましょう。

○サンプルコード1:基本的な無名関数の定義

Swiftの無名関数は、ブロックの中に処理を記述します。

その際、引数や戻り値の型を指定できます。

let greeting = { () -> Void in
    print("こんにちは、Swift!")
}
greeting()  // こんにちは、Swift!

このコードでは、無名関数を変数greetingに代入し、その後で実行しています。

このコードを実行すると、コンソールに「こんにちは、Swift!」と出力されます。

○サンプルコード2:引数を持つ無名関数

無名関数は、引数を受け取ることもできます。

例えば、2つの数値を受け取り、その合計を返す無名関数を作成することができます。

let add = { (a: Int, b: Int) -> Int in
    return a + b
}

let result = add(10, 5)  // 15

このコードでは、整数型の引数aとbを受け取り、その合計値を返す無名関数を定義しています。

この無名関数を利用して10と5を足すと、resultには15という結果が格納されます。

○サンプルコード3:戻り値を持つ無名関数

無名関数は、戻り値を持つことも可能です。

特定の操作の結果を返すために、戻り値の型を指定することで、その機能を活用することができます。

let multiply = { (a: Int, b: Int) -> Int in
    return a * b
}

let multipliedResult = multiply(7, 6)  // 42

このコードでは、2つの整数aとbを受け取り、その掛け算の結果を返す無名関数を変数multiplyに代入しています。

この無名関数を利用して7と6を掛けると、multipliedResultには42という結果が格納されます。

○サンプルコード4:変数に無名関数を代入

Swiftでは、変数や定数に無名関数を代入することができます。

これにより、後からその変数を使用して関数のように呼び出すことが可能です。

let greet = { (name: String) -> String in
    return "こんにちは、\(name)さん!"
}

let greetingMessage = greet("田中")  // こんにちは、田中さん!

このコードでは、名前を受け取り、挨拶メッセージを返す無名関数をgreetという変数に代入しています。

この無名関数を利用して「田中」という名前を引数として渡すと、greetingMessageには「こんにちは、田中さん!」という結果が格納されます。

○サンプルコード5:関数の引数として無名関数を使用

無名関数は、他の関数の引数としても使用することができます。

これにより、関数内の動作を柔軟にカスタマイズすることが可能になります。

func performOperation(_ a: Int, _ b: Int, operation: (Int, Int) -> Int) -> Int {
    return operation(a, b)
}

let sumResult = performOperation(5, 3, operation: { (x, y) in x + y })  // 8

このコードでは、performOperationという関数が定義されており、その第三引数として無名関数を受け取ることができます。

ここでは、2つの整数を受け取り、その合計を返す無名関数を引数として渡しています。

この関数を利用して5と3を足すと、sumResultには8という結果が格納されます。

●無名関数の応用例

無名関数(クロージャ)は、その基本的な使い方だけでなく、さまざまな応用的な場面での使用が可能です。

Swiftでのプログラムを効率的に、そしてシンプルに記述するために、無名関数を活用する技術を身につけることは非常に価値があります。

○サンプルコード6:配列のソートに無名関数を使用

配列のソートは、Swiftで頻繁に行われる操作の一つです。

無名関数を使用することで、独自のソート条件を簡単に定義し、実行することができます。

let numbers = [3, 1, 4, 1, 5, 9, 2, 6]
let sortedNumbers = numbers.sorted(by: { (a: Int, b: Int) -> Bool in
    return a > b
})
// 結果:[9, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 1]

このコードでは、整数の配列numbersを降順にソートするための無名関数を定義しています。

この無名関数は2つの整数aとbを受け取り、aがbより大きい場合にtrueを返すという条件で動作します。

○サンプルコード7:非同期処理のコールバックとして無名関数を使用

非同期処理は、特にモバイルアプリケーション開発において重要なテクニックです。

Swiftでは、非同期処理の完了時に呼び出されるコールバックとして無名関数を使用することが一般的です。

import Dispatch

let queue = DispatchQueue.global(qos: .default)
queue.async {
    // 何らかの非同期処理
    DispatchQueue.main.async {
        // 非同期処理完了後のコールバック
    }
}

このコードでは、グローバルキューを利用して非同期処理を実行しています。

非同期処理が完了した後、メインスレッドに戻るためのコールバックが無名関数として記述されています。

○サンプルコード8:UIイベントリスナーに無名関数を使用

Swiftを使ったアプリケーション開発では、UIイベントへのレスポンスとしてのアクションの定義が頻繁に求められます。

特にボタンのタップやスライダーの値変更など、利用者の操作に対して何らかの動作をトリガーする場面でこの技術が役立ちます。

ここでは、UIButtonのタップイベントに対するレスポンスとして無名関数を使用する方法を詳しく見ていきます。

import UIKit

class ViewController: UIViewController {
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        let button = UIButton(type: .system)
        button.frame = CGRect(x: 50, y: 50, width: 200, height: 50)
        button.setTitle("ボタン", for: .normal)
        button.addTarget(self, action: #selector(buttonTapped), for: .touchUpInside)
        self.view.addSubview(button)
    }

    @objc func buttonTapped() {
        let action = {
            print("ボタンがタップされました")
        }
        action()
    }
}

このコードでは、ボタンのタップイベントをトリガーとしてbuttonTappedメソッドを呼び出すように設定しています。

そして、そのメソッド内部で無名関数actionを定義し、それを実行しています。

この例の中で無名関数はシンプルなprint文を実行するだけですが、実際にはもっと複雑な処理を含むことができます。

このコードを実行すると、ボタンをタップする度にコンソールに「ボタンがタップされました」というメッセージが出力されます。

○サンプルコード9:キャプチャリストの使用例

Swiftの無名関数は、それが定義された環境の変数や定数を「キャプチャ」することができます。

このキャプチャリストを活用することで、無名関数の中で外部の変数にアクセスすることができるようになります。

var count = 0

let incrementCount = {
    count += 1
}

incrementCount()
print(count)  // 1

incrementCount()
print(count)  // 2

このコードでは、外部のcount変数を無名関数incrementCount内でキャプチャしています。

この無名関数を実行すると、キャプチャしたcountの値が増加します。

このコードを実行すると、無名関数incrementCountを2回実行した後、コンソールには連続して「1」と「2」という数字が表示されます。

○サンプルコード10:条件式を持つ無名関数

無名関数を使用して、特定の条件を満たす要素をフィルタリングする場面も多々あります。

例えば、整数の配列から偶数のみを抽出したい場合、次のように記述できます。

let numbers = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
let evenNumbers = numbers.filter { $0 % 2 == 0 }
print(evenNumbers)  // [2, 4, 6, 8, 10]

このコードでは、配列のfilterメソッドを使用して、無名関数を条件として偶数のみを新しい配列に格納しています。

このコードを実行すると、新しい配列evenNumbersには[2, 4, 6, 8, 10]という偶数のみの要素が格納されており、それがコンソールに表示されます。

●よく使われる無名関数のパターン

Swiftの無名関数(クロージャ)は、簡潔で強力な機能を持っています。

そのため、多くの開発者が日常的に使用しています。

ここでは、Swiftで頻繁に使用される無名関数の代表的なパターンとその使用例を紹介します。

○サンプルコード11:

○サンプルコード11:$0を使った簡潔な無名関数

を使った簡潔な無名関数

Swiftの無名関数は、引数名を明示しない場合、自動的に$0、$1といった形で引数を参照することができます。

この機能を使用することで、無名関数をさらに簡潔に記述することができます。

let numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
let squaredNumbers = numbers.map { $0 * $0 }
print(squaredNumbers)  // 出力結果: [1, 4, 9, 16, 25]

このコードでは、mapメソッドを使用して配列内の各要素を2乗して新しい配列を作成しています。

無名関数内で$0を使用して配列の各要素を参照しています。

○サンプルコード12:自動クロージャの使用例

Swiftには、@autoclosure属性を使って、遅延評価されるクロージャを自動的に生成する機能が提供されています。

これを利用すると、関数の引数をクロージャとして受け取る際に、呼び出し元で明示的にクロージャのブロックを記述する必要がなくなります。

func logIfTrue(_ predicate: @autoclosure () -> Bool) {
    if predicate() {
        print("条件は真です")
    }
}

var testValue = true
logIfTrue(testValue)  // 出力結果: 条件は真です

このコードでは、logIfTrue関数は@autoclosure属性を持つ引数を取ります。

呼び出し時には、普通の引数を渡すだけで、内部的にはこの引数がクロージャとして評価されます。

この例では、testValueが真の場合、”条件は真です”というメッセージがコンソールに表示されます。

●注意点と対処法

Swiftの無名関数やクロージャを使用する際には、強力な機能と引き換えに、いくつかの注意点や陥りやすい罠が存在します。

ここでは、それらの注意点を明確にし、適切な対処法を提案します。

○サンプルコード13:循環参照の回避

Swiftのクロージャは、変数や定数への参照をキャプチャすることができます。

しかし、クロージャ内で自身をキャプチャした場合や、クロージャとクラスのインスタンスが相互に参照を持つ場合などには、メモリリークや循環参照が生じる可能性があります。

class MyClass {
    var value: Int = 0
    lazy var closure: () -> Void = {
        self.value += 1
    }
}

var instance: MyClass? = MyClass()
instance?.closure()
instance = nil  // この時点でinstanceは解放されない

このコードの場合、closureselfMyClassのインスタンス)をキャプチャしているため、instancenilにしてもメモリが解放されません。

これを回避するためには、キャプチャリストを使用して弱参照や非所有参照としてクロージャ内で使用する必要があります。

○サンプルコード14:オプショナル無名関数の取り扱い

Swiftのクロージャは、オプショナル型として定義されることが多くあります。

これは、クロージャが特定の条件下でのみ実行される場合や、クロージャが後から設定される場合など、初期値が存在しないためです。

class TimerHandler {
    var timeoutHandler: (() -> Void)?

    func startTimer() {
        // 何らかのタイマー処理
        timeoutHandler?()
    }
}

let handler = TimerHandler()
handler.timeoutHandler = {
    print("タイマーがタイムアウトしました")
}
handler.startTimer()  // タイマーがタイムアウトしました と表示される

このコードでは、timeoutHandlerはオプショナルのクロージャとして定義されています。

startTimerメソッド内で、クロージャが非nilの場合にのみ実行されるように?を使用しています。

●カスタマイズ方法

Swiftの無名関数(クロージャ)は、柔軟性が高く、多彩なカスタマイズが可能です。

ここでは、無名関数をより高度に利用するためのカスタマイズ方法を、具体的なサンプルコードを交えて解説します。

○サンプルコード15:無名関数内でのエラーハンドリング

Swiftのクロージャ内でエラーをスローすることも可能です。

そのため、関数と同様にエラーハンドリングを行うことができます。

func fetchData(completion: () throws -> Void) {
    do {
        try completion()
    } catch {
        print("エラーが発生しました: \(error)")
    }
}

fetchData(completion: {
    // ここではエラーを発生させてみます
    throw NSError(domain: "TestError", code: 1, userInfo: nil)
})

このコードでは、fetchData関数内でクロージャを呼び出しており、クロージャ内でエラーがスローされると、fetchData関数内のcatchブロックでエラーがキャッチされます。

○サンプルコード16:複数の無名関数を組み合わせる

無名関数の組み合わせを活用することで、より複雑なロジックや処理フローを構築することが可能です。

func combineClosures(closure1: @escaping () -> Void, closure2: @escaping () -> Void) -> () -> Void {
    return {
        closure1()
        closure2()
    }
}

let helloClosure = {
    print("こんにちは")
}

let goodbyeClosure = {
    print("さようなら")
}

let combinedClosure = combineClosures(closure1: helloClosure, closure2: goodbyeClosure)
combinedClosure()  // こんにちは、さようならと順に表示される

このコードでは、combineClosures関数を使用して、2つのクロージャを組み合わせて1つの新しいクロージャを作成しています。

そして、組み合わせたクロージャを実行すると、2つのクロージャの内容が順番に実行されます。

○サンプルコード17:ジェネリクスを使用した無名関数

Swiftのジェネリクスは非常に強力なツールであり、多様なデータ型で動作する柔軟なコードを作成することができます。

無名関数と組み合わせることで、データ型に依存しない再利用可能なクロージャを定義することができます。

具体的にジェネリクスを使用して無名関数を作成する例を見てみましょう。

func applyOperation<T>(_ a: T, _ b: T, operation: (T, T) -> T) -> T {
    return operation(a, b)
}

let addInts = { (a: Int, b: Int) -> Int in
    return a + b
}

let addDoubles = { (a: Double, b: Double) -> Double in
    return a + b
}

let resultInt = applyOperation(5, 3, operation: addInts)
let resultDouble = applyOperation(5.5, 3.2, operation: addDoubles)

print(resultInt)    // 8
print(resultDouble) // 8.7

このコードでは、applyOperation関数を定義しており、その関数はジェネリクスのT型を受け取ります。

その後、整数と倍精度浮動小数点数のための加算クロージャを定義し、それらをapplyOperation関数に適用しています。

実行すると、それぞれの数値型に応じた結果が返されます。

○サンプルコード18:高階関数と無名関数の組み合わせ

Swiftには、無名関数を引数や戻り値として使用する高階関数が多数存在します。

ここでは、map関数を使用した例を挙げてみましょう。

let numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
let squaredNumbers = numbers.map { $0 * $0 }
print(squaredNumbers) // [1, 4, 9, 16, 25]

map関数は、配列の各要素にクロージャを適用して新しい配列を作成します。

上記のコードでは、各要素を二乗するクロージャを適用しています。

その結果、元の配列の要素が二乗された新しい配列が生成されます。

○サンプルコード19:無名関数を返す関数

無名関数(クロージャ)は、Swiftでの関数型プログラミングの要素として非常に重要な位置を占めています。

そのため、関数からクロージャを返すという使い方も頻繁に行われます。

この手法は、特定の設定や条件に基づいて動作をカスタマイズしたクロージャを取得したい場面などで非常に役立ちます。

具体的には、関数が与えられた条件や引数に基づいて特定のクロージャを返すことで、動的に動作を変えることができます。

このような関数は、ファクトリーメソッドやビルダーパターンとしても使用されることがあります。

func multiplierFactory(factor: Int) -> (Int) -> Int {
    return { number in
        return number * factor
    }
}

let double = multiplierFactory(factor: 2)
let triple = multiplierFactory(factor: 3)

print(double(5))  // 10
print(triple(5))  // 15

このコードでは、multiplierFactory関数が整数factorを引数として受け取り、その倍数を計算するクロージャを返しています。

この関数を使って、2倍や3倍を行うクロージャを作成し、それらのクロージャを使って計算を実行しています。

クロージャは変数に代入され、後で繰り返し使用することができるため、非常に柔軟なプログラミングが可能となります。

○サンプルコード20:オペレータとしての無名関数の使用例

Swiftでは、オペレータもクロージャとして定義することができ、これにより独自の動作を持つオペレータを作成することができます。

また、既存のオペレータを再定義することで、特定のクラスや構造体に対してカスタムな動作を持たせることも可能です。

prefix operator +++

prefix func +++(number: inout Int) {
    number += 3
}

var value = 5
+++value
print(value)  // 8

上記のコードでは、+++という独自の前置オペレータを定義しています。

このオペレータは、整数の値を3増やすという独自の動作を持ちます。

このようにして、オペレータに無名関数を使用することで、独自の演算子の動作を定義することができます。

まとめ

Swiftの無名関数(クロージャ)は、コードの柔軟性と再利用性を高めるための強力なツールです。

この記事では、無名関数の基本的な使い方から応用的な使い方、そして独自のオペレータを作成する方法まで、多岐にわたるサンプルコードとともに紹介しました。

無名関数は、関数のように動作するが名前を持たないため、短時間でコードを記述し、特定の処理を簡潔に表現するのに適しています。

特に、関数型プログラミングの要素として、またはコールバック、高階関数としての利用は、Swiftプログラミングにおいて日常的に行われる作業です。

初心者の方も、このガイドを参考にして無名関数の基本から応用までの知識を深め、Swiftにおけるプログラミングのスキルを一段と向上させることができるでしょう。

今後のプログラミングの際には、この知識を活用して、効率的かつスマートなコードを書く手助けとしてください。