SwiftとNSObjectの完全ガイド10選

SwiftとNSObjectを学ぶ人々のイラスト Swift
この記事は約15分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

誰もが一度は聞いたことがあるSwift。Appleが提供するiOS, macOS, watchOS, tvOSなどのアプリケーション開発のためのプログラミング言語です。

しかし、Swiftだけでなく、Objective-C由来のNSObjectというクラスも耳にすることがあるでしょう。

この記事を読めばSwiftとNSObjectの組み合わせを習得することができるようになります。

基礎から応用まで、10の詳細なサンプルコードを交えながら解説していきます。

●SwiftとNSObjectの基本

SwiftとNSObject、二つの言葉を頻繁に聞くけど、具体的に何を意味するのか。基本からしっかり理解していきましょう。

○Swiftとは?

SwiftはAppleが2014年に発表したプログラミング言語で、Objective-Cに変わるものとして導入されました。

特徴としては、シンプルで分かりやすい文法、高速な実行速度、そして現代のプログラミングニーズに合わせた機能が豊富に含まれています。

また、安全性に重点を置いた言語設計がされており、初心者からベテランまで幅広い層に支持されています。

Swiftの一例を見てみましょう。

// 変数の宣言と初期化
var greeting = "こんにちは"
print(greeting)

このコードでは、greetingという変数を使って、文字列”こんにちは”を保持し、その後print関数でコンソールに表示しています。

○NSObjectとは?

NSObjectはObjective-Cの世界において、全てのオブジェクトの基底クラスとして機能しています。

Swiftが導入された後も、多くの既存のFrameworkやライブラリはObjective-Cで書かれているため、Swiftからこれらのリソースを利用する際にはNSObjectとの連携が欠かせません。

NSObjectを利用した簡単な例を見てみましょう。

import Foundation

// NSObjectを継承したクラスの宣言
class SampleClass: NSObject {
    var name: String = "Sample"
}

let object = SampleClass()
print(object.name)

この例では、NSObjectを継承したSampleClassを定義しています。

そして、そのクラスのインスタンスを作成し、nameプロパティの値をコンソールに表示しています。

このように、Swiftの中でもNSObjectを基にしたクラスを扱うことができます。

●SwiftとNSObjectの使い方

SwiftとNSObjectを組み合わせた際の具体的な使い方に焦点を当てて、実際のコードとともに詳しく解説していきます。

○サンプルコード1:SwiftでのNSObjectの基本的な使い方

NSObjectはObjective-Cの世界で最も基本的なクラスとなります。

SwiftでNSObjectを使う場面は、主にObjective-CのAPIや既存のライブラリを利用する際です。

実際にSwiftでNSObjectを扱う基本的なコードを見てみましょう。

import Foundation

class MyClass: NSObject {
    var message: String = "Hello, NSObject!"
}

let myObject = MyClass()
print(myObject.message)

このコードでは、MyClassという新しいクラスを定義してNSObjectを継承しています。

そして、そのクラスをインスタンス化し、messageというプロパティをコンソールに表示しています。

コンソールにはHello, NSObject!という文字列が表示されます。

○サンプルコード2:NSObjectを継承したカスタムクラスの作成

NSObjectを継承することで、Objective-Cの世界での機能やメソッドをSwiftのクラスで利用することができます。

こちらのコードでは、NSObjectを継承したカスタムクラスの作成方法を紹介します。

import Foundation

class Person: NSObject {
    var name: String
    var age: Int

    init(name: String, age: Int) {
        self.name = name
        self.age = age
    }

    func introduce() {
        print("私の名前は\(name)です。\(age)歳です。")
    }
}

let person = Person(name: "Yamada", age: 30)
person.introduce()

この例では、Personというクラスを定義し、nameageというプロパティを持ちます。

また、自己紹介をするintroduceというメソッドも定義しています。

このクラスをインスタンス化して、メソッドを呼び出すとコンソールに私の名前はYamadaです。30歳です。と表示されます。

○サンプルコード3:NSObjectプロパティとメソッドのアクセス方法

NSObjectを継承したクラスでは、Objective-C由来のプロパティやメソッドにもアクセスすることが可能です。

下記のコードでは、NSObjectの一部のメソッドをSwiftから利用する方法を紹介しています。

import Foundation

let stringA = NSString(string: "test")
let stringB = stringA.copy() as! NSString

if stringA.isEqual(to: stringB as String) {
    print("stringAとstringBは同じ文字列です。")
} else {
    print("stringAとstringBは異なる文字列です。")
}

このコードでは、NSStringのisEqualメソッドを使用して、二つの文字列が同じであるかを確認しています。

結果として、コンソールにstringAとstringBは同じ文字列です。と表示されます。

●SwiftとNSObjectの応用例

SwiftとNSObjectを組み合わせた際には、単純な基本的な使い方以上に、多彩な応用例が存在します。

ここでは、特によく利用される応用的なテクニックやパターンを取り上げ、サンプルコードを交えて詳しく解説していきます。

○サンプルコード4:KVO(Key-Value Observing)の利用方法

KVOとはKey-Value Observingの略で、NSObjectを継承したオブジェクトのプロパティの変更を監視する機能を指します。

この技術を使えば、あるオブジェクトの特定のプロパティが変更された際に通知を受け取ることができます。

このコードでは、Personクラスのnameプロパティの変更をKVOを利用して監視する方法を表しています。

import Foundation

class Person: NSObject {
    @objc dynamic var name: String = ""
}

let person = Person()
person.addObserver(self, forKeyPath: "name", options: .new, context: nil)
person.name = "Tanaka"

// KVOの通知受け取り部分
override func observeValue(forKeyPath keyPath: String?, of object: Any?, change: [NSKeyValueChangeKey : Any]?, context: UnsafeMutableRawPointer?) {
    if keyPath == "name" {
        if let newName = change?[.newKey] as? String {
            print("名前が\(newName)に変わりました。")
        }
    }
}

この例で、nameプロパティに新しい値を設定すると、observeValueメソッドが呼び出され、変更された新しい名前がコンソールに表示されます。

○サンプルコード5:SwiftでのNSObjectのデリゲートパターンの実装

デリゲートパターンは、あるクラスが持っている特定の機能や処理を他のクラスに委譲するデザインパターンのことを指します。

SwiftとNSObjectを組み合わせた場合、特にUIKitやAppKitなどのフレームワークで頻繁に使用されます。

ここでは、デリゲートパターンを用いたシンプルな例を表しています。

import Foundation

class Task {
    var delegate: TaskDelegate?

    func execute() {
        print("タスクを実行します。")
        delegate?.taskDidFinish()
    }
}

protocol TaskDelegate: NSObjectProtocol {
    func taskDidFinish()
}

class MyDelegate: NSObject, TaskDelegate {
    func taskDidFinish() {
        print("タスクが完了しました。")
    }
}

let task = Task()
let myDelegate = MyDelegate()
task.delegate = myDelegate
task.execute()

このコードでは、Taskクラスが実行された際に、その終了をMyDelegateクラスに通知する形になっています。

結果として、タスクを実行します。タスクが完了しました。が順番にコンソールに表示されます。

○サンプルコード6:NSObjectとRuntime

Objective-CのRuntimeとは、プログラムが実行時にクラスやメソッドの情報を取得したり、動的にクラスやメソッドを変更したりするためのシステムを指します。

Swiftでも、NSObjectを介してこのRuntimeを部分的に利用することができます。

下記のサンプルコードでは、NSObjectのメソッドを動的に置き換える方法を表しています。

import Foundation

extension NSObject {
    func myMethod() {
        print("これはmyMethodです。")
    }
}

let object = NSObject()
let originalMethod = class_getInstanceMethod(NSObject.self, #selector(NSObject.description))
let swizzledMethod = class_getInstanceMethod(NSObject.self, #selector(NSObject.myMethod))

if let originalMethod = originalMethod, let swizzledMethod = swizzledMethod {
    method_exchangeImplementations(originalMethod, swizzledMethod)
}

print(object.description)

このコードでは、NSObjectのdescriptionメソッドと、新しく追加したmyMethodメソッドを置き換えています。

その結果、descriptionメソッドを呼び出すと、これはmyMethodです。というメッセージがコンソールに表示されます。

●SwiftとNSObjectの注意点と対処法

SwiftとNSObjectを組み合わせることで、さまざまな強力な機能を手に入れることができますが、注意すべきポイントやトラップも存在します。

ここでは、これらの注意点やその対処法を詳しく解説していきます。

○サンプルコード7:NSObjectのメモリ管理と解放

SwiftではARC(Automatic Reference Counting)が採用されており、ほとんどのメモリ管理が自動で行われます。

しかし、NSObjectを利用すると、Objective-Cの世界に足を踏み入れることになるため、メモリのリークや循環参照に注意が必要です。

このコードでは、NSObjectのメモリ管理と、循環参照を防ぐためのweak参照の使い方を紹介しています。

import Foundation

class MyClass: NSObject {
    var callback: (() -> Void)?
}

var instance: MyClass? = MyClass()
instance?.callback = { [weak instance] in
    instance?.description
}
instance = nil

この例では、クロージャ内でinstanceをweak参照としてキャプチャしています。

これにより、クロージャ内でinstanceを保持し続けることなく、メモリリークを回避しています。

○サンプルコード8:SwiftとObjective-Cのブリッジングと注意点

SwiftとObjective-Cをブリッジングすることで、両言語の良いところを取り入れた開発が可能になります。

しかし、ブリッジングには注意点がいくつか存在します。

下記のコードでは、SwiftとObjective-Cの間でデータをやり取りする際の型変換に関する注意点を表しています。

import Foundation

let swiftArray: [String] = ["Apple", "Banana", "Cherry"]
let objcArray = NSMutableArray(array: swiftArray)

if let firstElement = objcArray.firstObject as? String {
    print("最初の要素は\(firstElement)です。")
}

このコードでは、SwiftのString型の配列をObjective-CのNSMutableArrayに変換しています。

その後、firstObjectをSwiftのString型にダウンキャストしています。

この際、as?を使用して安全にダウンキャストを行っている点がポイントです。

○サンプルコード9:NSObjectのThread-safeな操作方法

マルチスレッド環境でのNSObjectの操作は、データの競合や不整合を引き起こす可能性があるため、Thread-safeに操作することが求められます。

このコードでは、DispatchQueueを用いてNSObjectの操作をThread-safeに行う方法を紹介しています。

import Foundation

class SafeObject: NSObject {
    private var value: Int = 0
    private let lock = DispatchQueue(label: "com.example.safeObject")

    func increment() {
        lock.sync {
            value += 1
        }
    }

    func currentValue() -> Int {
        return lock.sync { value }
    }
}

let obj = SafeObject()
obj.increment()
let resultValue = obj.currentValue()
print("現在の値は\(resultValue)です。")

この例では、incrementメソッドとcurrentValueメソッド内でDispatchQueueのsyncメソッドを用いて、Thread-safeにvalueの操作を行っています。

このようにして、マルチスレッド環境でも安全にNSObjectを操作することが可能です。

●SwiftとNSObjectのカスタマイズ方法

NSObjectはObjective-Cの基本クラスであり、Swiftのプロジェクトで使用すると、さまざまなカスタマイズが可能です。

ここでは、NSObjectを拡張して新しい機能を追加する方法に焦点を当てて説明します。

○サンプルコード10:NSObjectを拡張して新しい機能を追加する方法

Swiftでは、拡張(extensions)を使用して既存のクラスに新しい機能を追加することができます。

これにより、NSObjectに特定の機能を追加してカスタマイズすることが可能になります。

このコードでは、NSObjectを拡張して、新しいメソッドprintDescriptionを追加する方法を紹介しています。

この例では、NSObjectを拡張して、そのオブジェクトの説明をコンソールに出力するメソッドを追加しています。

import Foundation

extension NSObject {
    func printDescription() {
        print("NSObjectの説明: \(self.description)")
    }
}

let obj = NSObject()
obj.printDescription()

この例では、NSObjectの拡張を使用してprintDescriptionメソッドを追加しています。

このメソッドを使用することで、任意のNSObjectインスタンスの説明を簡単にコンソールに出力することができます。

実際にobj.printDescription()を実行すると、「NSObjectの説明: 」のように表示されます。

NSObjectの拡張を利用することで、既存のクラスを変更することなく新しい機能を追加できます。

これにより、再利用可能なコードの作成や、プロジェクト全体でのコードの一貫性の確保が容易になります。

まとめ

SwiftとNSObjectの組み合わせは、iOSアプリ開発の中心的なテーマの1つであり、その組み合わせには多くの可能性が秘められています。

本ガイドでは、SwiftとNSObjectの基本的な知識から、カスタマイズ方法までの幅広いトピックを詳細に解説しました。

Swiftは強力な言語であり、NSObjectを使用することでObjective-Cの世界とのブリッジングや、Objective-C由来の多くのライブラリやフレームワークとの連携が容易になります。

その一方で、NSObjectを使用する際には、メモリ管理やThread-safeな操作方法など、注意すべきポイントも存在します。

また、Swiftの拡張機能を使用してNSObjectをカスタマイズする方法を学ぶことで、さらに高度なプログラミングが可能となります。

これにより、アプリのパフォーマンスや安定性を向上させることが期待できます。

このガイドを通じて、SwiftとNSObjectの組み合わせの魅力や可能性を感じ取っていただけたら幸いです。

初心者から上級者まで、どんな開発者でもこれらの知識を活かして、より高品質なアプリの開発を進めることができるでしょう。

今後もSwiftとNSObjectの両方を活用し、素晴らしいアプリケーションを作成してください。