Swiftで学ぶ!Dictionary型の使い方12選

Swift言語のDictionary型を使ったプログラムのサンプルコードSwift
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Swift言語は、Apple社のiOSやmacOSなどのアプリ開発を主目的として誕生したプログラミング言語です。

この言語の中で、特によく使用されるのが「Dictionary型」です。

Dictionary型は、キーと値のペアでデータを管理するコレクション型で、非常に強力なツールとして活用されています。

この記事では、SwiftのDictionary型の基本的な使い方から応用、注意点やカスタマイズ方法まで、12のサンプルコード付きで徹底的に解説します。

初心者の方でもステップバイステップで学べる内容となっておりますので、Swift言語に慣れていない方も安心してご覧ください。

また、サンプルコードを通じて、実際のプログラムの動作や挙動を理解する手助けとなることを目指しています。

●SwiftのDictionary型とは

Dictionary型は、Swiftのコレクション型の一つで、キーと値のペアでデータを管理することができます。

例えば、人の名前と電話番号、商品の名前と価格など、関連する情報をペアで保持する際に非常に便利です。

SwiftのDictionaryはハッシュテーブルをベースとしており、高速なデータアクセスが可能です。

特に、キーを指定して値を取得したいときや、キーと値のペアでのデータ操作を行いたい場合に強みを発揮します。

○Dictionary型の基本

SwiftのDictionary型は、次のようなシンタックスで定義されます。

var dictionary: [KeyType: ValueType] = [:]

ここで、KeyTypeはキーの型、ValueTypeは値の型を表します。

例として、String型のキーとInt型の値を持つ辞書を考えます。

この場合、次のように定義可能です。

var personAge: [String: Int] = [:]

このコードでは、personAgeという名前の空の辞書を定義しています。

後からデータを追加することができます。

○Dictionary型のメリット

  1. 高速なデータアクセス:Dictionary型はハッシュテーブルを基にしているため、キーを指定してデータを取得する際のアクセス速度が非常に高速です。
  2. データの整理:関連するデータをキーと値のペアで一元管理することができるため、データの整理や操作がしやすくなります。
  3. 柔軟性:Dictionaryは異なる型のキーと値を持つことができるため、さまざまなデータ構造を模倣することが可能です。
  4. 順序を気にしない:辞書は順序を持たないため、特定の順序でデータを保存する必要がありません。これは、順序に依存しないデータ構造が求められる場面で有用です。

●SwiftのDictionary型の使い方

SwiftのDictionary型は、キーと値の組み合わせでデータを格納するコレクションの一つです。

この記事では、Dictionary型の基本的な使い方を中心に、詳しいサンプルコードを交えながら解説していきます。

Swiftを学び始めたばかりの初心者の方でも、安心して理解できるようにステップバイステップで進めていきます。

○サンプルコード1:基本的なDictionaryの定義とアクセス

このコードでは、SwiftのDictionary型の基本的な定義とその要素へのアクセス方法を表しています。

この例では、都市名をキーとして、その人口を値として格納するシンプルな辞書を定義しています。

// 都市名をキーとし、その人口を値とする辞書を定義
var cities: [String: Int] = ["Tokyo": 13929000, "Osaka": 2730000, "Kyoto": 1475000]

// Tokyoの人口を取得
let tokyoPopulation = cities["Tokyo"]
print(tokyoPopulation)

このコードを実行すると、tokyoPopulationには東京の人口13929000が格納され、その値が表示されます。

○サンプルコード2:要素の追加と更新

このコードでは、既存のDictionaryに新しい要素を追加する方法と、既存の要素を更新する方法を表しています。

この例では、上記の都市の辞書に新しい都市と人口を追加し、既存の都市の人口を更新しています。

// 新しい都市と人口を追加
cities["Fukuoka"] = 1580000

// Osakaの人口を更新
cities["Osaka"] = 2750000

print(cities)

このコードを実行すると、辞書citiesには新しく福岡が追加され、大阪の人口が更新されていることが確認できます。

○サンプルコード3:要素の削除

SwiftのDictionary型での要素の削除方法について解説します。

// Dictionaryの定義
var fruits: [String: Int] = ["apple": 100, "banana": 150, "cherry": 200]

// "apple"のキーとそれに関連する値を削除
fruits["apple"] = nil

このコードでは、まずfruitsという名前のDictionaryを定義しています。

この例では、フルーツの名前をキーとし、その価格を値として持つ辞書を表しています。

その後、["apple"]というキーを指定して、対応する値をnilに設定することで、キーとその関連する値を削除しています。

この方法でDictionaryの要素を削除すると、指定したキーとその値が辞書から完全に削除されます。

もし、存在しないキーを指定して削除しようとした場合、エラーは発生しませんが、何も変更されないため注意が必要です。

実際に上のコードを実行すると、fruitsの内容は["banana": 150, "cherry": 200]となります。

つまり、”apple”というキーとそれに関連する値が正常に削除されたことがわかります。

○サンプルコード4:すべてのキーと値を取得

SwiftのDictionary型では、すべてのキーと値を一括で取得することも可能です。

下記のコードを参考にしてみてください。

// Dictionaryの定義
var colors: [String: String] = ["red": "#FF0000", "green": "#00FF00", "blue": "#0000FF"]

// すべてのキーを取得
let allKeys = Array(colors.keys)

// すべての値を取得
let allValues = Array(colors.values)

このコードでは、まずcolorsという名前のDictionaryを定義しています。

この例では色の名前をキーとし、その色の16進数コードを値として持つ辞書を表しています。

その後、keysプロパティとvaluesプロパティを使用して、それぞれすべてのキーとすべての値を取得しています。

keysプロパティは辞書のすべてのキーを取得するプロパティで、valuesプロパティは辞書のすべての値を取得するプロパティです。

それぞれの結果は、Array型として取得されるため、Array()を使用して配列として変換しています。

上のコードを実行すると、allKeysには["red", "green", "blue"]という配列が、allValuesには["#FF0000", "#00FF00", "#0000FF"]という配列が格納されます。

●Dictionary型の応用例

Dictionary型は単なるキーと値のペアを格納するだけでなく、多彩なメソッドやプロパティを持っています。

これらを駆使することで、より高度な操作やデータの加工が可能となります。

それでは、Dictionary型の応用的な使い方に関するサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード5:キーでのソート

このコードでは、Dictionaryのキーを使って内容をソートする方法を表しています。

キーのアルファベット順にソートすることができます。

// Dictionaryの定義
let dictionary: [String: Int] = ["apple": 3, "banana": 5, "cherry": 2]

// キーでソート
let sortedByKeys = dictionary.sorted(by: { $0.key < $1.key })

print(sortedByKeys)

この例では、果物の名前をキーとして、その数量を値として持つDictionaryを定義しています。

sorted(by:)メソッドを使用してキーでソートを行い、結果をsortedByKeysに格納しています。

実際に実行すると、[("apple", 3), ("banana", 5), ("cherry", 2)]のようにキーでソートされた配列が出力されます。

○サンプルコード6:値でのソート

次に、Dictionaryの値を使って内容をソートする方法を表しています。

この例では、数量の少ない順にソートします。

// Dictionaryの定義
let dictionary: [String: Int] = ["apple": 3, "banana": 5, "cherry": 2]

// 値でソート
let sortedByValues = dictionary.sorted(by: { $0.value < $1.value })

print(sortedByValues)

このコードでは、先ほどと同じ果物のDictionaryを定義しています。

しかし、今回はsorted(by:)メソッドを使用して値でソートを行っています。

実行すると、[("cherry", 2), ("apple", 3), ("banana", 5)]のように値でソートされた配列が出力されます。

○サンプルコード7:辞書の結合

Dictionary型は、キーと値のペアでデータを保持するデータ構造です。時折、2つの異なるDictionaryを結合したいと思う場面があるでしょう。

Swiftでは、この操作は非常にシンプルに行えます。

このコードではmergeメソッドを使って、2つのDictionaryを結合するコードを表しています。

この例では、初めの辞書dict1と、もう一つの辞書dict2を結合して、新しい辞書combinedDictを作成しています。

var dict1: [String: Int] = ["apple": 10, "banana": 20]
var dict2: [String: Int] = ["apple": 5, "cherry": 30]

for (key, value) in dict2 {
    dict1[key] = value
}
let combinedDict = dict1
print(combinedDict)

このコードを実行すると、combinedDictには、dict1dict2の両方の要素が結合された形で格納されます。

ただし、同じキーを持つ要素が存在した場合、dict2の値がdict1の値を上書きします。

このサンプルコードにおける出力は、["apple": 5, "banana": 20, "cherry": 30]となります。

SwiftのDictionary型のmergeメソッドを活用することで、2つの辞書の結合が効率的に行えるのです。

○サンプルコード8:辞書のフィルタリング

時として、Dictionaryから特定の条件を満たす要素のみを取り出したい場面があります。

Swiftでは、filterメソッドを使用することで、このような操作が容易に行えます。

このコードではfilterメソッドを使って、値が20より大きい要素だけを抽出するコードを表しています。

この例では、originalDictから値が20より大きい要素のみを含む新しい辞書filteredDictを作成しています。

let originalDict: [String: Int] = ["apple": 10, "banana": 25, "cherry": 30]
let filteredDict = originalDict.filter { $0.value > 20 }
print(filteredDict)

このコードを実行すると、filteredDictには、originalDictから値が20より大きい要素だけが抽出されます。

このサンプルコードにおける出力は、["banana": 25, "cherry": 30]となります。

SwiftのDictionary型のfilterメソッドを利用することで、特定の条件を満たす要素のみを簡単に取り出すことができるのです。

○サンプルコード9:辞書内の配列操作

SwiftのDictionary型は、非常に柔軟で、キーとして文字列や整数などを使用でき、値としても様々な型を保存することができます。

特に辞書の値として配列を使用することで、より複雑なデータ構造を簡単に表現できるようになります。

ここでは、辞書内に配列を持つ際の操作方法について解説します。

このコードでは、String型のキーと、String型の配列を値とする辞書を操作するコードを表しています。

この例では、都市をキーとして、その都市に所在する観光地を配列として保存しています。

var sightseeingSpots: [String: [String]] = [
    "東京": ["浅草", "スカイツリー", "六本木"],
    "大阪": ["通天閣", "大阪城", "ユニバーサルスタジオ"]
]

// 東京の観光地に「新宿」を追加
sightseeingSpots["東京"]?.append("新宿")

このコードを実行すると、sightseeingSpots東京キーに対応する配列に「新宿」という文字列が追加されます。

○サンプルコード10:辞書内の辞書操作

辞書内に辞書を持つ、つまりネストされた辞書の操作もSwiftでは可能です。

この方法を利用することで、より詳細な情報を持つデータ構造を表現することができます。

このコードでは、String型のキーと、別のString型のキーとString型の値を持つ辞書を操作するコードを表しています。

この例では、都市をキーとし、その都市の詳細情報(人口や特産品)を辞書として保存しています。

var cityDetails: [String: [String: String]] = [
    "東京": ["人口": "1300万人", "特産品": "東京ばなな"],
    "大阪": ["人口": "880万人", "特産品": "たこ焼き"]
]

// 大阪の人口情報を更新
cityDetails["大阪"]?["人口"] = "890万人"

このコードを実行すると、cityDetails大阪キーに関連する辞書の人口キーの値が「890万人」に更新されます。

○サンプルコード11:辞書を配列に変換

SwiftのDictionary型を配列に変換する場面は、特定のキーや値だけを取り出して操作したいときなどに役立ちます。

ここでは、辞書のキーを配列に変換する方法と、辞書の値を配列に変換する方法を示します。

// 辞書の定義
let dictionary = ["apple": 100, "orange": 150, "grape": 200]

// キーを配列に変換
let keysArray = Array(dictionary.keys)

// 値を配列に変換
let valuesArray = Array(dictionary.values)

このコードでは、まずdictionaryという名前の辞書を定義しています。

この辞書のキーを配列に変換するために、dictionary.keysを使用し、Array()のコンストラクタを通して配列に変換してkeysArrayに格納しています。

同様に、辞書の値を配列に変換するためにdictionary.valuesを使用し、valuesArrayに格納しています。

上記のコードを実行すると、keysArrayには[“apple”, “orange”, “grape”]という配列が、valuesArrayには[100, 150, 200]という配列が生成されます。

○サンプルコード12:配列を辞書に変換

逆に、配列を辞書に変換することもよくあります。

2つの配列を組み合わせて1つの辞書を作成する方法を解説します。

// 配列の定義
let keys = ["apple", "orange", "grape"]
let values = [100, 150, 200]

// 配列を組み合わせて辞書に変換
let combinedDictionary = Dictionary(uniqueKeysWithValues: zip(keys, values))

このコードでは、キーとなるkeys配列と、値となるvalues配列を定義しています。

zip関数を使用して、2つの配列をペアのコレクションに変換します。

そして、Dictionary(uniqueKeysWithValues:)を使用して、このペアのコレクションを辞書に変換してcombinedDictionaryに格納しています。

このコードを実行すると、combinedDictionaryには[“apple”: 100, “orange”: 150, “grape”: 200]という辞書が生成されます。

Swiftで学ぶ!Dictionary型の使い方12選

SwiftはApple社によって開発されたプログラミング言語であり、iOSやmacOSのアプリケーション開発に広く利用されています。この記事では、Swiftで頻繁に利用されるデータ構造であるDictionary型に焦点を当て、基本的な使い方から応用テクニック、注意点までをサンプルコードを交えて徹底的に解説します。

●注意点と対処法

SwiftでDictionary型を使用する際に注意すべき点と、それに対する対処法を紹介します。

○型の不整合について

Dictionary型はキーと値のペアで構成されるデータ構造であり、宣言時にキーと値の型を指定する必要があります。

しかし、予期しない型のデータをDictionaryに格納しようとするとコンパイルエラーとなります。

このコードではInt型をキーとし、String型を値とするDictionaryを宣言しています。

この例では1をキーとして「apple」という文字列を値として格納しています。

var fruits: [Int: String] = [1: "apple"]

誤ってString型をキーとして使用するとコンパイルエラーが発生します。

// これはエラーとなります
var fruits: [Int: String] = ["one": "apple"]

上記のような型の不整合が発生した際には、宣言時の型指定とデータの型が一致しているかを確認することが重要です。

○nilの扱いについて

Dictionary型で存在しないキーにアクセスした場合、その値はnilとなります。

このため、Optional型の取り扱いに注意が必要です。

このコードでは、存在しないキー2にアクセスしているため、resultはnilとなります。

let result = fruits[2]

Optional Bindingを使用してnilの場合の処理を記述することで、安全にDictionaryから値を取得できます。

if let fruitName = fruits[2] {
    print("The fruit is \(fruitName).")
} else {
    print("The key does not exist.")
}

上記のコードを実行すると、「The key does not exist.」という結果が得られます。

○大量のデータ処理について

SwiftのDictionaryは一般的に高速なアクセス速度を持つデータ構造ですが、大量のデータを扱う際には処理速度が低下する可能性があります。

特に、大量のデータを連続して追加、削除する際には、そのオーバーヘッドが大きくなることが考えられます。

大量のデータを効率的に処理するためには、次のような対処法が考えられます。

  1. 予め必要なキャパシティを指定してDictionaryを初期化する。
  2. 不要なデータの追加や削除を避ける。
  3. データの追加や削除のタイミングを工夫する。

このコードでは、必要なキャパシティを指定してDictionaryを初期化しています。

この例では10000のキャパシティを持つ空のDictionaryを作成しています。

var largeDictionary = Dictionary<String, Int>(minimumCapacity: 10000)

このように適切なキャパシティを指定することで、大量のデータの追加や削除におけるオーバーヘッドを低減させることができます。

●カスタマイズ方法

SwiftのDictionary型は非常に柔軟性があり、多くのカスタマイズ方法が存在します。

この章では、Dictionaryをさらにパワフルに使うためのカスタマイズ方法を2つのテクニック、カスタムComparatorの使用と拡張メソッドの活用、で具体的に解説します。

○カスタムComparatorの使用

SwiftのDictionaryでは、特定の条件で要素をソートするためにComparatorをカスタマイズすることができます。

これにより、キーまたは値に基づいてカスタムのソート順序を実装することができます。

このコードでは、Dictionaryのキーを文字数に基づいてソートするカスタムComparatorを使用する方法を表しています。

この例では、キーが文字列で、その文字列の長さでソートする方法を表しています。

let dictionary = ["apple": 1, "banana": 2, "kiwi": 3]
let sortedDictionary = dictionary.sorted {
    $0.key.count < $1.key.count
}

上記のコードでは、dictionaryのキー(果物の名前)を文字数でソートしています。

結果として「kiwi」、「apple」、「banana」の順にソートされた新しい辞書が返されます。

○拡張メソッドの活用

Swiftには、既存の型に新しいメソッドを追加する機能、つまり「拡張」があります。

これを利用すると、Dictionary型に独自のメソッドを追加し、より便利に使うことができます。

下記のコードでは、Dictionary型に要素数を返す新しいメソッドnumberOfElements()を追加する例を表しています。

この例では、Dictionaryに含まれる要素数を返すメソッドを追加しています。

extension Dictionary {
    func numberOfElements() -> Int {
        return self.count
    }
}

let fruits = ["apple": 1, "banana": 2, "kiwi": 3]
print(fruits.numberOfElements())  // 出力: 3

上記のコードにより、fruitsというDictionaryに対してnumberOfElements()メソッドを直接呼び出すことができます。

その結果、3という要素数が出力されます。

まとめ

SwiftのDictionary型は、キーと値のペアを効率的に管理するための強力なツールです。

基本的な定義から応用的な操作、さらにはカスタマイズ方法まで、多岐にわたる使い方が存在します。

今回の記事では、初心者から上級者まで、様々なスキルレベルの方がSwiftのDictionary型を深く理解し、効果的に使用できるようになるためのステップバイステップのガイドを提供しました。

カスタムComparatorの使用や拡張メソッドの活用などのカスタマイズ方法を通じて、Dictionaryの機能を最大限に引き出すことができます。

この知識を武器に、Swiftプログラミングの幅をさらに広げ、より複雑で高機能なアプリケーションの開発を目指しましょう。

プログラミングは常に学びの続きであり、この記事があなたのSwiftの経験値の一部として役立つことを願っています。