10ステップで理解するObjective-Cの多重継承

初心者が理解しやすいObjective-Cの多重継承のイメージObjctive-C
この記事は約28分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングにおける多重継承は、一つのクラスが複数の親クラスからプロパティやメソッドを継承する概念です。

しかし、Objective-Cでは直接的な多重継承はサポートされていません。

これは、言語設計の複雑さを避け、コードの明確さを保つためです。

それでも、Objective-Cの開発者たちは、プロトコルやカテゴリといった言語の機能を使って、多重継承に似た振る舞いを実現することができます。

この記事では、Objective-Cで多重継承の概念をどのようにシミュレートするか、10のステップで細かく解説します。

初心者でも理解しやすいように、実際のサンプルコードを交えつつ、多重継承の仕組みと、それをObjective-Cでどのように実現するかについて学んでいきましょう。

また、多重継承を試みる際に遭遇するかもしれない問題点と、その解決策についても触れていきます。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、AppleのmacOSやiOSのアプリケーション開発に多く使用されるプログラミング言語です。

C言語をベースに、Smalltalkからオブジェクト指向の機能を取り入れていることが特徴で、C言語の強力な機能とオブジェクト指向プログラミングの柔軟性を兼ね備えています。

Objective-Cはメッセージパッシングの概念に基づいているため、実行時にクラスやメソッドを動的に扱うことが可能で、高い拡張性を持っています。

○Objective-Cの基本的な特徴

Objective-Cの核となる特徴の一つは、クラスベースのオブジェクト指向プログラミングをサポートしていることです。

これにより、開発者はデータと振る舞いをカプセル化するクラスを定義し、それを基にオブジェクトを生成することができます。

また、クラスは継承を通じて、既存のクラスのプロパティやメソッドを再利用し、新しいクラスを作成することが可能です。

Objective-Cでは、インターフェースと実装が明確に分離されています。

インターフェース部分では、クラスが公開するメソッドやプロパティを宣言し、外部からアクセス可能な契約を定義します。

実装部分では、宣言されたメソッドやプロパティの具体的な処理を記述します。

この分離により、実装の詳細を隠蔽しつつ、利用者には必要なインターフェースだけが露出するため、より安全で使いやすいコードを書くことができます。

Objective-Cのもう一つの重要な特徴は、その強力なランタイムシステムです。

ランタイムシステムにより、プログラムが実行される際に、オブジェクトへのメッセージ送信やクラス情報の取得などが行われます。

この動的な性質により、開発者はプログラムの振る舞いを実行時に変更することができるため、柔軟で拡張性の高いアプリケーションを作成することが可能です。

さらにObjective-Cには、例外処理、メモリ管理、並列処理などをサポートする豊富なライブラリとフレームワークが提供されており、これらを利用することで、効率的かつ効果的なプログラムの開発を行うことができます。

●多重継承とは

多重継承とは、一つのクラスが二つ以上の親クラスの属性や振る舞いを継承することを指します。

この機能を持つプログラミング言語では、一つのサブクラスが複数のベースクラスからメソッドや変数を継承でき、それによって機能の再利用性が高まり、より複雑な振る舞いをモデル化することが可能になります。

しかし、多重継承はダイヤモンド問題と呼ばれる曖昧さの問題を引き起こす可能性があり、プログラムの設計を複雑にすることがあります。

多重継承を実装している言語の例としては、C++が挙げられますが、Objective-Cでは直接的な多重継承はサポートされていません。

Objective-CはSmalltalk言語の影響を強く受けた言語であり、単一継承を基本としています。

つまり、Objective-Cにおいては、一つのクラスが直接には一つのスーパークラスからしか継承できないのです。

○Objective-Cでの多重継承の代替手段

Objective-Cで多重継承を直接利用することはできませんが、この言語はプロトコルというメカニズムを提供しており、これを利用することで多重継承に似た振る舞いを実現することができます。

プロトコルはJavaのインターフェースに似ており、メソッドの宣言を集めたものですが、実装は含まれません。

クラスは一つまたは複数のプロトコルを採用することができ、それによってプロトコルで宣言されたメソッドを実装する義務を負うことになります。

また、カテゴリと呼ばれる機能もObjective-Cの重要な特徴の一つです。カテゴリを使うと、既存のクラスに対してメソッドを追加することができます。

これによって、クラスを継承することなく機能を拡張することが可能となります。

さらに、委譲パターンもしばしば多重継承の代替手段として利用されます。

委譲を使うと、クラスの一部の機能を他のオブジェクトに任せることができ、これによってクラス間の緩やかな関係を築くことができます。

クラスは必要なインターフェースを外部のオブジェクトに委譲することによって、多重継承によるような複雑な振る舞いを実装できます。

●Objective-Cにおける多重継承の実装方法

Objective-Cで多重継承を行うには、言語の標準では直接的なサポートが存在しませんが、似たような機能を実現するために「プロトコル」という概念を使用します。

プロトコルは、あるクラスが実装すべきメソッドのリストを定義するもので、一つのクラスが複数のプロトコルに準拠することによって、多重継承のような振る舞いを模倣することが可能になります。

この節では、プロトコルを使って多重継承をシミュレートする方法をサンプルコードと共に詳細に解説していきます。

○プロトコルを使う

Objective-Cのプロトコルは、他の言語でいうインターフェースに相当します。

プロトコルはメソッドの宣言を含み、クラスはこれらのプロトコルに準拠(または「採用」とも言われる)して、宣言されたメソッドを実装することによって、特定のAPIを満たすことを約束します。

□サンプルコード1:プロトコルの基本的な使用方法

下記のサンプルコードでは、二つのプロトコルを定義し、一つのクラスがこれらのプロトコル両方に準拠する様子を表しています。

// ProtocolAの定義
@protocol ProtocolA
- (void)methodA;
@end

// ProtocolBの定義
@protocol ProtocolB
- (void)methodB;
@end

// MyClassはProtocolAとProtocolBの両方に準拠しています
@interface MyClass : NSObject <ProtocolA, ProtocolB>
@end

@implementation MyClass

- (void)methodA {
    NSLog(@"Method A called");
}

- (void)methodB {
    NSLog(@"Method B called");
}

@end

// 使用例
MyClass *myInstance = [[MyClass alloc] init];
[myInstance methodA]; // Method A calledを出力
[myInstance methodB]; // Method B calledを出力

このコードではProtocolAとProtocolBという二つのプロトコルを定義しており、MyClassはこれらのプロトコルに指定されたmethodAとmethodBを実装しています。

myInstanceオブジェクトを生成し、これらのメソッドを呼び出すことで、それぞれのメソッドが呼ばれ、「Method A called」「Method B called」と出力されることを確認できます。

□サンプルコード2:プロトコルを使った多重継承のシミュレーション

次に、より実用的なシナリオでプロトコルを利用して多重継承を模倣する方法について見ていきます。

// Communicatingプロトコルの定義
@protocol Communicating
- (void)sendData:(NSData *)data;
- (void)receiveData:(NSData *)data;
@end

// Storingプロトコルの定義
@protocol Storing
- (void)saveData:(NSData *)data;
- (void)loadDataWithCompletion:(void (^)(NSData *))completionBlock;
@end

// SmartDeviceクラスはCommunicatingとStoringの両方のプロトコルに準拠しています
@interface SmartDevice : NSObject <Communicating, Storing>
@end

@implementation SmartDevice

- (void)sendData:(NSData *)data {
    // データを送信するコード
    NSLog(@"Data sent");
}

- (void)receiveData:(NSData *)data {
    // データを受信するコード
    NSLog(@"Data received");
}

- (void)saveData

:(NSData *)data {
    // データを保存するコード
    NSLog(@"Data saved");
}

- (void)loadDataWithCompletion:(void (^)(NSData *))completionBlock {
    // データを非同期で読み込むコード
    NSData *loadedData = ...; // データの読み込みを行う
    completionBlock(loadedData);
    NSLog(@"Data loaded");
}

@end

// 使用例
SmartDevice *device = [[SmartDevice alloc] init];
NSData *dataToSend = ...; // 送信するデータ
NSData *dataToSave = ...; // 保存するデータ

[device sendData:dataToSend]; // "Data sent"を出力
[device receiveData:dataToSend]; // "Data received"を出力
[device saveData:dataToSave]; // "Data saved"を出力
[device loadDataWithCompletion:^(NSData *data) {
    // データが読み込まれた後の処理
    NSLog(@"Data handling after loading");
}];

このサンプルコードでは、CommunicatingプロトコルとStoringプロトコルが定義されており、SmartDeviceクラスはこの二つのプロトコルを実装することで、データ通信とデータ保存の両方の機能を備えたデバイスのように振る舞います。

このように、プロトコルを組み合わせることで、一つのオブジェクトが複数の機能を持つという多重継承の効果をObjective-Cで表現することができるのです。

Objective-Cの多重継承を理解し、活用することは、効率的なプログラミングスキルを身につけるための重要なステップです。この記事では、初心者の方でもObjective-Cにおける多重継承の仕組みと、それをどのように代替するかについて、具体的なサンプルコードを用いて解説していきます。

○カテゴリーを使う

Objective-Cには多重継承を直接サポートしていない代わりに、カテゴリーという機能があります。

カテゴリーを使用すると、既存のクラスにメソッドを追加することができます。

これにより、クラスを変更することなく新しい機能を組み込むことが可能になります。

カテゴリーは既存のクラスの再コンパイルを必要とせずに、拡張性を持たせることができる強力なツールです。

□サンプルコード3:カテゴリーを用いた機能の追加

Objective-Cでカテゴリーを使用して機能を追加する方法を表すサンプルコードを見ていきましょう。

// NSData+Encryption.h
// NSDataクラスに暗号化と復号の機能を追加するカテゴリーのヘッダファイル

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface NSData (Encryption)

- (NSData *)encryptedDataUsingKey:(NSString *)key;
- (NSData *)decryptedDataUsingKey:(NSString *)key;

@end

// NSData+Encryption.m
// NSDataクラスのカテゴリーの実装ファイル

#import "NSData+Encryption.h"

@implementation NSData (Encryption)

- (NSData *)encryptedDataUsingKey:(NSString *)key {
    // ここに暗号化の実装コードを記述
    return ...; // 暗号化されたデータを返す
}

- (NSData *)decryptedDataUsingKey:(NSString *)key {
    // ここに復号の実装コードを記述
    return ...; // 復号されたデータを返す
}

@end

// 使用例
#import "NSData+Encryption.h"

NSData *originalData = ...; // オリジナルのデータ
NSString *key = @"secret"; // 暗号化に使用するキー

NSData *encryptedData = [originalData encryptedDataUsingKey:key];
NSData *decryptedData = [encryptedData decryptedDataUsingKey:key];

このコードでは、NSDataクラスにencryptedDataUsingKey:decryptedDataUsingKey:という二つのメソッドを追加しています。

この例では、データを暗号化し、それを復号する機能をNSDataクラスに追加しています。

カテゴリーを使用することで、これらのメソッドをNSDataのサブクラスを作成せずに、直接NSDataクラスに追加することができます。

このカテゴリーを利用することで、実際にオリジナルのデータを暗号化し、その後復号することが可能です。

このプロセスを通じて、元のデータを保護することができるため、セキュリティが求められるアプリケーションにおいて有用です。

このサンプルコードを実行すると、originalDataはまず暗号化され、encryptedDataとして出力されます。

その後、この暗号化されたデータを復号して、再びdecryptedDataとして元のデータを取得することができます。

このフローは、Objective-Cでカテゴリーを利用する典型的な例と言えます。

○委譲を使う

Objective-Cにおいて多重継承を実現する一つの手法として「委譲」が挙げられます。

委譲とは、あるクラスが自身の一部の責務を他のクラスのインスタンスに任せる設計パターンです。

これにより、単一継承の言語であるObjective-Cにおいても、複数のクラスの機能をあたかも一つのクラスが持っているかのように見せることが可能になります。

委譲を活用することで、様々なクラスの機能を必要に応じて組み合わせ、再利用することが容易になります。

例えば、データソースの管理を別のクラスに委譲することで、ビュークラスをスリムに保ちつつ、複数のデータソースを切り替えることが可能になります。

□サンプルコード4:委譲による多重継承の効果

では、実際のコード例を通じて委譲のメカニズムを見ていきましょう。

この例では、PrinterクラスがDocumentの印刷責務を、NetworkPrinterUSBPrinterという異なるプリンタクラスに委譲するシナリオを想定しています。

// Documentクラスの定義
@interface Document : NSObject
@end

@implementation Document
@end

// 印刷のプロトコルを定義
@protocol Printable
- (void)printDocument:(Document *)document;
@end

// NetworkPrinterクラスの定義
@interface NetworkPrinter : NSObject <Printable>
@end

@implementation NetworkPrinter
- (void)printDocument:(Document *)document {
    NSLog(@"Document is printed via network printer");
}
@end

// USBPrinterクラスの定義
@interface USBPrinter : NSObject <Printable>
@end

@implementation USBPrinter
- (void)printDocument:(Document *)document {
    NSLog(@"Document is printed via USB printer");
}
@end

// Printerクラスの定義
@interface Printer : NSObject
@property (nonatomic, strong) id<Printable> delegate;
- (void)printDocument:(Document *)document;
@end

@implementation Printer
- (void)printDocument:(Document *)document {
    [self.delegate printDocument:document];
}
@end

// 使用例
Document *document = [[Document alloc] init];
Printer *printer = [[Printer alloc] init];

// ネットワークプリンターを委譲先として指定
printer.delegate = [[NetworkPrinter alloc] init];
[printer printDocument:document]; // ネットワークプリンターで印刷

// USBプリンターを委譲先として指定
printer.delegate = [[USBPrinter alloc] init];
[printer printDocument:document]; // USBプリンターで印刷

このコードでは、PrinterクラスがPrintableプロトコルに準拠しているNetworkPrinterUSBPrinterのどちらかをdelegateプロパティとして持ち、printDocument:メソッドの呼び出しを委譲しています。

この例では、Printerクラスのインスタンスが直接印刷するのではなく、委譲を受けたdelegateprintDocument:メソッドを呼び出して印刷を行っています。

つまり、Printerクラスは、どのプリンターを使うかの詳細を抽象化し、実際の印刷処理はdelegateに任せています。

このコードを実行すると、printer.delegateに設定されたプリンター(ネットワークプリンターまたはUSBプリンター)を通じて文書が印刷されることになります。

ログ出力を見ると、まず「Document is printed via network printer」と表示され、次にdelegateを変更した後には「Document is printed via USB printer」と表示されるはずです。

●多重継承の注意点と対処法

Objective-Cにおいて、多重継承は直接サポートされていません。

しかし、これがなぜ避けられるべきか、そして代わりにどのような対処法があるのか理解することは重要です。

多重継承を使用する際にはいくつかの問題が発生する可能性があります。

例えば、ダイヤモンド問題は、異なるクラス階層から同じメソッドを継承することで起こり得ます。

これは、どのメソッドが呼び出されるべきか曖昧になることで、予期せぬ振る舞いを引き起こす可能性があります。

Objective-Cでこれらの問題に対処するためには、プロトコル、カテゴリー、委譲といった機能を使用します。

これらは多重継承がもたらす利点を提供しながらも、その複雑さや問題を避けることができます。

例えば、プロトコルを用いることで、複数のインターフェースを一つのクラスに実装することができ、カテゴリーを使えば既存のクラスにメソッドを追加することが可能です。

委譲は、あるオブジェクトが特定のタスクを他のオブジェクトに任せることで、複数のクラスの振る舞いを一つにまとめることができます。

○サンプルコード5:循環参照を避ける

Objective-Cでは、メモリ管理のために参照カウント方式が取られていますが、循環参照はメモリリークの原因となり得ます。

たとえば、二つのオブジェクトが互いに強い参照(strong reference)を持っている場合、メモリが解放されずにリークすることがあります。

この問題を解決する一つの方法は、一方のオブジェクトが他方を弱い参照(weak reference)として保持することです。

このコードでは、二つのクラスClassAClassBがあり、ClassAClassBを弱い参照として保持することで循環参照を避けています。

この例では、ClassAのインスタンスはClassBを参照しており、逆にClassBのインスタンスもClassAを参照していますが、weakキーワードを使用して循環参照を回避しています。

@interface ClassA : NSObject
@property (nonatomic, strong) ClassB *classB;
@end

@implementation ClassA
@end

@interface ClassB : NSObject
@property (nonatomic, weak) ClassA *classA;
@end

@implementation ClassB
@end

// 使用例
ClassA *objectA = [[ClassA alloc] init];
ClassB *objectB = [[ClassB alloc] init];
objectA.classB = objectB;
objectB.classA = objectA;

このコードを実行すると、ClassAのインスタンスはClassBを強い参照として保持しますが、ClassBのインスタンスはClassAを弱い参照として保持するため、どちらかのオブジェクトが解放された場合、もう一方も正しくメモリから解放されます。

○サンプルコード6:インターフェースの衝突を解決する

インターフェースの衝突とは、二つのプロトコルが同じメソッド名を持っている場合に発生する問題です。

Objective-Cではこの問題に対して、プロトコルのメソッドをオプショナルにするか、異なるメソッド名を使用して衝突を回避します。

このコードでは、Protocol1Protocol2という二つのプロトコルを定義し、それぞれ異なるメソッドを実装しますが、衝突を避けるためにオプショナルなメソッドとして定義しています。

この例では、MyClassが両方のプロトコルを実装しており、衝突が起こる可能性のあるメソッドをオプショナルにすることで、明確にメソッドを実装しています。

@protocol Protocol1 <NSObject>
@optional
- (void)commonMethod;
@end

@protocol Protocol2 <NSObject>
@optional
- (void)commonMethod;
@end

@interface MyClass : NSObject <Protocol1, Protocol2>
@end

@implementation MyClass
- (void)commonMethod {
    NSLog(@"Implementing commonMethod in MyClass");
}
@end

// 使用例
MyClass *myObject = [[MyClass alloc] init];
if ([myObject respondsToSelector:@selector(commonMethod)]) {
    [myObject commonMethod];  // MyClassに実装されたcommonMethodが呼ばれる
}

このコードを実行すると、MyClassのインスタンスがcommonMethodを実装しているかどうかをチェックし、実装されていればそのメソッドを呼び出します。

この方法により、複数のプロトコルによるメソッド名の衝突を適切に処理することができます。

●多重継承の応用例

Objective-Cでは多重継承は直接サポートされていませんが、これを克服するための様々な技術が存在します。

プログラムの設計において、異なるクラスの属性や振る舞いを一つのクラスに組み込みたい場合、複数のプロトコルを採用し、それぞれの機能を組み合わせることで多重継承のような振る舞いを実現することができます。

ここでは、実際のUIコンポーネントとデータモデルに複数のインターフェースを組み込む例を示し、その応用方法を紹介します。

○サンプルコード7:UIコンポーネントに複数の振る舞いを追加

UIのカスタマイズはアプリケーション開発において重要な部分です。

Objective-Cを使用してiOSアプリを開発する際には、UIButtonやUILabelといったコンポーネントに複数のカスタム動作を追加することがしばしば求められます。

これを達成するために、複数のプロトコルを組み合わせて使用することが可能です。

下記のサンプルコードは、UIコンポーネントに対して、異なるプロトコルを通じて複数の機能を追加する方法を表しています。

// プロトコルを定義することで、特定の動作を追加します。
@protocol Tappable <NSObject>
- (void)tap;
@end

@protocol Draggable <NSObject>
- (void)drag;
@end

// カスタムビューはこれらのプロトコルを採用して、タップとドラッグの動作を持つことができます。
@interface CustomView : UIView <Tappable, Draggable>
@end

@implementation CustomView

- (void)tap {
    NSLog(@"View was tapped");
}

- (void)drag {
    NSLog(@"View was dragged");
}

@end

このコードでは、TappableDraggableという二つのプロトコルを定義し、CustomViewはこれらのプロトコルを採用しています。

これにより、CustomViewはタップとドラッグの二つの動作を持つことができます。

プロトコルを実装することで、CustomViewはそれぞれのプロトコルに定義されたtapメソッドとdragメソッドを持つことになり、これらのメソッドは実際にタップやドラッグの動作が行われた際に呼び出されることを期待しています。

このコードを実行すると、CustomViewインスタンスに対してtapdragメソッドが呼び出されたときに、対応する動作のログがコンソールに出力されます。

これにより、実際にUIコンポーネントに対して複数の動作を実装することができ、これらの振る舞いは独立しているため、一つのビューに対して複数の機能を追加する際の衝突を避けることができます。

○サンプルコード8:データモデルに複数のインターフェースを実装

アプリケーションのデータモデルはしばしば複数の異なるインターフェースを持つ必要があります。

例えば、あるモデルがデータの保存とネットワーク経由でのデータ同期の両方をサポートする必要がある場合、複数のプロトコルを使用してこれらの機能を実装することができます。

// プロトコルを使用して、データモデルの振る舞いを定義します。
@protocol Persistable <NSObject>
- (void)saveToDisk;
@end

@protocol Syncable <NSObject>
- (void)syncWithServer;
@end

// CustomModelはPersistableとSyncableの動作を持ちます。
@interface CustomModel : NSObject <Persistable, Syncable>
@end

@implementation CustomModel

- (void)saveToDisk {
    NSLog(@"Model saved to disk");
}

- (void)syncWithServer {
    NSLog(@"Model synced with server");
}

@end

このコードはPersistableSyncableの二つのプロトコルを定義し、CustomModelはこれらを実装しています。

これにより、CustomModelはデータをディスクに保存する動作とサーバーと同期する動作を持つことになります。

それぞれのメソッドが実際に呼び出されたとき、対応するログがコンソールに出力されることになります。

●Objective-Cの多重継承に関するカスタマイズ方法

Objective-Cは、多重継承を直接サポートしていないプログラミング言語ですが、その機能性を補うカスタマイズ方法がいくつか存在します。

これらの方法は、設計の柔軟性を高め、再利用性を向上させることに寄与します。

ここでは、カスタマイズのための二つの具体的なアプローチをサンプルコードと共に解説します。

○サンプルコード9:カスタムプロトコルの作成と適用

Objective-Cでは、プロトコルを利用して、クラスが特定のメソッド群を実装することを保証することができます。

カスタムプロトコルを作成することにより、多重継承のような動作をエミュレートすることが可能です。

下記のコード例では、二つのプロトコルDrawableAnimatableを定義し、これらを一つのクラスで採用する方法を表しています。

// Drawableプロトコルの定義
@protocol Drawable <NSObject>
- (void)draw;
@end

// Animatableプロトコルの定義
@protocol Animatable <NSObject>
- (void)animate;
@end

// CustomViewクラスはDrawableとAnimatableのプロトコルを採用している
@interface CustomView : UIView <Drawable, Animatable>
@end

@implementation CustomView

- (void)draw {
    // 描画に関するコード
    NSLog(@"CustomView is drawing");
}

- (void)animate {
    // アニメーションに関するコード
    NSLog(@"CustomView is animating");
}

@end

このコードではDrawableAnimatableという二つのプロトコルを定義し、それぞれdrawanimateというメソッドを持っています。

そしてCustomViewというクラスがこれらのプロトコルを実装しています。

この例ではCustomViewクラスはdrawメソッドを使って描画し、animateメソッドを使ってアニメーションを行います。

○サンプルコード10:動的な委譲の実装

委譲はObjective-Cにおける多重継承の代替手段としてよく利用されます。

委譲を用いると、あるクラスが他のクラスのメソッドを自分のものとして呼び出すことができます。

これにより、クラス間の関係をより柔軟に構築することが可能になります。

// ActionProtocolプロトコルの定義
@protocol ActionProtocol <NSObject>
- (void)performAction;
@end

// ActionPerformerクラスの定義
@interface ActionPerformer : NSObject <ActionProtocol>
@end

@implementation ActionPerformer

- (void)performAction {
    NSLog(@"Action performed by ActionPerformer");
}

@end

// DelegatorクラスではActionProtocolを委譲する
@interface Delegator : NSObject
@property (strong, nonatomic) id<ActionProtocol> delegate;
- (void)delegateAction;
@end

@implementation Delegator

- (void)delegateAction {
    if ([self.delegate respondsToSelector:@selector(performAction)]) {
        [self.delegate performAction];
    }
}

@end

このコードでは、ActionProtocolプロトコルとそれを採用するActionPerformerクラスを定義しています。

ActionPerformerperformActionメソッドを通じて行動を実行します。

また、DelegatorクラスではdelegateActionメソッドを使ってActionProtocolプロトコルのメソッドを委譲します。

これにより、Delegatorクラスのインスタンスは、ActionPerformerクラスのperformActionメソッドを自分のメソッドのように呼び出すことができます。

このコードを実行すると、DelegatorクラスのインスタンスがdelegateActionメソッドを呼び出すと、設定されたdelegate(この例ではActionPerformerのインスタンス)のperformActionメソッドが呼び出され、”Action performed by ActionPerformer”というログが出力されます。

まとめ

多重継承というプログラミングの概念は、一つのクラスが複数の親クラスから特性や機能を継承できるというものです。

しかし、Objective-Cはこの多重継承を直接サポートしていません。

それでも、Objective-Cを使用している開発者は、プロトコル、カテゴリー、委譲といった技術を利用することで、多重継承に似た機能を実現しています。

本記事では、これらの代替手段を用いて多重継承を模倣する10の具体的なステップを説明しました。

初心者がこれらのステップを追うことで、Objective-Cにおけるプログラミングの基本から応用までの幅広い知識を習得することができたかと思います。

これらの知識は、Objective-Cのプログラミングに限らず、オブジェクト指向設計を理解する上で重要な基礎となります。

ぜひ実際の開発にご活用ください。