初心者がマスターするObjective-CのUINavigationBarカスタマイズ7選

Objective-Cを使用してUINavigationBarをカスタマイズする手順を説明する記事のサムネイルObjctive-C

 

【当サイトはコードのコピペ・商用利用OKです】

このサービスはASPや、個別のマーチャント(企業)による協力の下、運営されています。

記事内のコードは基本的に動きますが、稀に動かないことや、読者のミスで動かない時がありますので、お問い合わせいただければ個別に対応いたします。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10000時間以上』を満たすプログラマ集団によって監修されています。

はじめに

Objective-CはAppleのiOSおよびMac OS Xプラットフォームで使われる主要なプログラミング言語の一つです。

この記事では、UINavigationBarのカスタマイズ方法を、初心者でも容易に理解できるように段階を追って解説していきます。

UINavigationBarはアプリケーションのナビゲーションの核心部分であり、ユーザーの操作に応じて様々な画面へと導く役割を持っています。

適切にカスタマイズすることで、アプリケーションの使いやすさを大幅に向上させることができます。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語をベースにして、Smalltalkの影響を受けたオブジェクト指向プログラミング機能を追加した言語です。

Appleの開発環境であるXcodeで広く使用され、iOSやMacのアプリ開発に不可欠な言語となっています。

特に、UINavigationBarのようなユーザーインターフェイスのコンポーネントはObjective-Cを通してカスタマイズが行われることが多いです。

○Objective-Cの基礎知識

Objective-Cの学習には、C言語の基礎知識が必要ですが、それに加えてオブジェクト指向の概念を理解する必要があります。

Objective-Cにおけるオブジェクト指向のアプローチは、クラスの継承、カプセル化、ポリモーフィズムなどの概念を含んでいます。

これらの概念をマスターすることで、より洗練されたアプリケーションの開発が可能になります。

○Objective-Cを学ぶメリット

Objective-Cを学ぶ最大のメリットは、iOSおよびMac OS Xプラットフォームでのアプリケーション開発ができるようになることです。

この言語を習得することで、Appleのエコシステム内で動作する多様なアプリケーションを作成することが可能になります。

また、UINavigationBarのカスタマイズを含む、豊富なUIコンポーネントにアクセスできるようになることも大きな利点です。

●UINavigationBarとその役割

UINavigationBarはiOSアプリケーションにおいて、ユーザーのナビゲーションを補助する上部のバーです。

このバーは、アプリケーションの現在地を表すタイトルや、ページ間を移動するためのバックボタン、その他の操作を行うためのアイテムを含むことができます。

Objective-Cを用いたiOS開発では、このUINavigationBarの外観や振る舞いをカスタマイズすることで、アプリケーションのブランドに合わせたユーザーインターフェースを実現することが可能です。

UINavigationBarはUINavigationControllerオブジェクトに関連づけられており、ユーザーがアプリケーションの異なるビュー間を移動する際のガイドとして機能します。

このバーを使って、ユーザーは自分がアプリケーション内のどの位置にいるのか、どのようにして戻れるのか、さらには次にどのようなアクションを取れるのかを瞬時に把握することができます。

そのため、UINavigationBarのデザインと機能性はユーザー体験に直接影響を及ぼし、アプリケーションの成功に不可欠な要素と言えます。

○UINavigationBarの基本概念

UINavigationBarの設計は、多くのiOSユーザーにとって直感的なものです。

これには高い視認性を保つための配色やフォント、タップしやすいボタンの大きさ、分かりやすいアイコンなど、ユーザビリティに配慮した要素が数多く含まれています。

また、バーの高さやアイテムの配置もAppleのHuman Interface Guidelinesに基づいているため、開発者はこれらのガイドラインに従いつつも、アプリケーションの個性を表現するためのカスタマイズを行うことが奨励されています。

○UINavigationBarの重要性

UINavigationBarは単なる装飾的要素ではなく、アプリケーションのナビゲーショナルなコア部分を形成しています。

これは、アプリケーションが提供する情報の階層を視覚的に表し、ユーザーが必要な情報に効率的にアクセスできるようにするためのツールです。

そのため、UINavigationBarは視覚的な魅力だけでなく、使いやすさを最優先した設計が求められます。

このバーを通じて、ユーザーはアプリケーション内での自分の「位置」を常に認識し、目的の操作に素早くアクセスすることができるのです。

●UINavigationBarの基本的なカスタマイズ方法

UINavigationBarはiOSアプリケーションにおけるナビゲーションの重要な要素です。

その見た目と機能性はアプリの使い勝手に直結しており、ユーザー体験を大きく左右します。

Objective-Cを用いてUINavigationBarをカスタマイズする方法は多岐にわたりますが、ここでは特に初心者が取り組みやすい基本的な方法をいくつかご紹介します。

○色とスタイルを変更する

UINavigationBarの色やスタイルを変更することで、アプリのブランディングを強化し、より視覚的に魅力的なデザインを実現できます。

Objective-Cでこれを実行するには、いくつかのプロパティを設定する必要があります。

□サンプルコード1:背景色を設定する

このコードではUINavigationBarの背景色を設定する方法を表しています。

例えば、アプリケーションのテーマカラーに合わせた色をナビゲーションバーに適用することができます。

// UINavigationControllerのインスタンスに対してナビゲーションバーのスタイルを設定する
UINavigationController *navigationController = [[UINavigationController alloc] init];
navigationController.navigationBar.barTintColor = [UIColor blueColor]; // 背景色を青に設定
navigationController.navigationBar.translucent = NO; // 透明度を無効にする

このコードを実行すると、ナビゲーションバーの背景色が青色に変わります。

透明度が無効になっているため、下にあるコンテンツが透けて見えることはありません。

□サンプルコード2:テキスト属性を変更する

次に、ナビゲーションバー上のテキスト属性、特にタイトルのスタイルをカスタマイズする方法について説明します。

フォントサイズや色などを変更して、ナビゲーションバーのタイトルを目立たせることが可能です。

// ナビゲーションバーのタイトルテキスト属性を設定する
[navigationController.navigationBar setTitleTextAttributes:@{
    NSForegroundColorAttributeName: [UIColor whiteColor], // テキストの色を白に設定
    NSFontAttributeName: [UIFont fontWithName:@"Helvetica-Bold" size:20] // ヘルベチカの太字、サイズ20を設定
}];

こちらのコードを適用後、ナビゲーションバーのタイトルテキストは白色でヘルベチカの太字、サイズ20で表示されるようになります。

これにより、視認性が高く、スタイリッシュな印象のナビゲーションバーをデザインすることができます。

○ボタンのカスタマイズ

ユーザーインターフェイスにおけるボタンの見た目と機能性はアプリケーションの使いやすさを大きく左右します。

特にiOSアプリにおいてObjective-Cを用いたUINavigationBar内のボタンカスタマイズは、アプリケーションの操作性と視覚的魅力を高める重要な要素です。

ここでは、Objective-Cを用いてUINavigationBarに配置するボタンのカスタマイズ方法について、サンプルコードを交えて詳しく解説します。

□サンプルコード3:ナビゲーションバーボタンのスタイルを設定する

UINavigationBarにボタンを追加する際、Objective-CではUIBarButtonItemクラスを使用します。

スタイルのカスタマイズには、テキストの色、フォント、画像などの属性を変更することができます。

下記のコードは、ナビゲーションバーの右側にカスタムボタンを追加し、その見た目を変更しています。

// ナビゲーションバーの右側にカスタムボタンを設定
UIBarButtonItem *customButton = [[UIBarButtonItem alloc] initWithTitle:@"カスタム" 
                                                                style:UIBarButtonItemStylePlain
                                                               target:self
                                                               action:@selector(customAction:)];

// ボタンのテキスト色を設定
[customButton setTitleTextAttributes:@{NSForegroundColorAttributeName: [UIColor blueColor]} 
                              forState:UIControlStateNormal];

// ナビゲーションバーにボタンを追加
self.navigationItem.rightBarButtonItem = customButton;

このコードでは、まずUIBarButtonItemのインスタンスを生成し、そのインスタンスに対してsetTitleTextAttributes:forState:メソッドを用いてテキスト色を青色に設定しています。

最後に、このボタンをUINavigationBarの右側に配置しています。

上記のコードを実行すると、ナビゲーションバーには青色のテキストを持つ「カスタム」というラベルのボタンが表示されます。

このボタンをタップすると、customAction:メソッドが呼び出される仕組みになっています。

○ロゴやタイトルの追加

アプリケーションのブランドを強調するためには、ナビゲーションバーにロゴやカスタマイズされたタイトルを表示することが効果的です。

Objective-CではUIImageViewやUILabelを使用して、UINavigationBarにロゴやカスタムタイトルを簡単に追加することが可能です。

□サンプルコード4:ナビゲーションバーにロゴを挿入する

下記のコードは、ナビゲーションバーの中央にロゴ画像を表示しています。

// ロゴ画像をナビゲーションバーのタイトルとして設定
UIImage *logoImage = [UIImage imageNamed:@"logo.png"];
UIImageView *logoImageView = [[UIImageView alloc] initWithImage:logoImage];
self.navigationItem.titleView = logoImageView;

ここでUIImageオブジェクトは、アプリケーションのアセットから「logo.png」という名前の画像を読み込んでいます。

その後、この画像をUIImageViewに設定し、titleViewプロパティを用いてナビゲーションバーの中央に表示されるようにしています。

実行すると、ナビゲーションバーのタイトル位置にロゴが表示されるため、ユーザーにとって視認性の高いブランド表示が実現します。

●UINavigationBarの高度なカスタマイズテクニック

Objective-CにおけるUINavigationBarのカスタマイズは、アプリのブランディングやユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。

ここでは、見た目の美しさだけでなく、使い勝手を向上させるための高度なテクニックを紹介します。

これらのテクニックを駆使することで、アプリに独自性と洗練されたデザインをもたらすことが可能です。

○透明なナビゲーションバーの作成

透明なナビゲーションバーは、コンテンツとの一体感を演出し、モダンなアプリデザインを実現するために使用されます。

背景を透明にすることで、アプリの背景画像やカラーパターンがナビゲーションバーに溶け込み、ユーザーに新鮮な視覚体験を提供します。

□サンプルコード5:透明なナビゲーションバーを実現する

このコードではUINavigationBarの背景色と影を非表示にして透明なナビゲーションバーを作成しています。

この例ではUINavigationBarの背景と影のプロパティを変更して透明化を行っています。

// UINavigationBarの背景色と影をクリアにする
[self.navigationController.navigationBar setBackgroundImage:[UIImage new]
                                              forBarMetrics:UIBarMetricsDefault];
self.navigationController.navigationBar.shadowImage = [UIImage new];
self.navigationController.navigationBar.translucent = YES;

このコードを実行すると、ナビゲーションバーが透明になり、下にあるビューの内容が透けて見えるようになります。

これにより、ユーザーに滑らかで一体感のあるインターフェイスを提供することができます。

○動的な変更とアニメーション

ユーザーのスクロールやインタラクションに応じてナビゲーションバーの見た目を動的に変更することで、よりリッチなユーザーエクスペリエンスを実現できます。

例えば、スクロールに応じてナビゲーションバーの透明度を変更するなどのテクニックがあります。

□サンプルコード6:スクロールに応じたナビゲーションバーの動的変更

このコードではUIScrollViewのデリゲートメソッドを利用して、スクロールの位置に基づいてナビゲーションバーの透明度を動的に変更しています。

この例ではUIScrollViewDelegateを実装し、スクロールイベントに応じてナビゲーションバーの属性を変更しています。

// UIScrollViewDelegateのデリゲートメソッド
- (void)scrollViewDidScroll:(UIScrollView *)scrollView {
  CGFloat offset = scrollView.contentOffset.y / 150.0f;
  self.navigationController.navigationBar.alpha = offset > 1.0f ? 1.0f : offset;
}

このコードを適用すると、ユーザーがスクロールするとナビゲーションバーの透明度が徐々に変化し、特定のポイントで完全に不透明になります。

これにより、コンテンツに集中してもらいながらも、スクロールの位置を示す視覚的なフィードバックを提供できます。

○カスタムビューの統合

アプリケーションのナビゲーションバーにカスタムビューを統合することは、アプリのブランディングや使い勝手の向上に直結します。

Objective-Cでは、UINavigationBarにUIViewのサブクラスを追加することで、オリジナルのデザインや機能をナビゲーションバー上に展開することが可能です。

□サンプルコード7:カスタムビューをナビゲーションバーに組み込む

Objective-Cでカスタムビューをナビゲーションバーに組み込む際は、次の手順で行います。

まず、カスタムビューを作成し、そのビューをナビゲーションバーのtitleViewプロパティに設定します。

次に、ビューのレイアウトを適切に設定し、必要に応じて追加のカスタマイズを行います。

// カスタムビューを作成する
UIView *customView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 200, 40)];
// カスタムビューのバックグラウンドカラーを設定する
customView.backgroundColor = [UIColor colorWithRed:0.95 green:0.47 blue:0.48 alpha:1.0];

// ナビゲーションバーのタイトルビューにカスタムビューをセットする
self.navigationItem.titleView = customView;

// 追加のビューやコントロールをカスタムビューに追加する
UILabel *label = [[UILabel alloc] initWithFrame:customView.bounds];
label.text = @"Custom Title";
label.textAlignment = NSTextAlignmentCenter;
[customView addSubview:label];

このコードでは、UIViewのインスタンスを作成し、そのフレームサイズを指定しています。

その後、backgroundColorプロパティで背景色を設定し、ナビゲーションアイテムのtitleViewプロパティにこのビューを設定しています。

さらにUILabelをカスタムビューに追加して、カスタムビュー上でラベルを中央に表示しています。

ナビゲーションバーにカスタムビューを追加すると、ビューの内容がタイトルとして表示されるため、アプリケーションのロゴや特別なコントロールを置くことができます。

このようにしてナビゲーションバーのカスタマイズを行うと、ユーザーの目を引き、アプリケーションのブランドを際立たせることができます。

このコードを実行すると、ナビゲーションバーの中央に背景色が赤系で、テキスト「Custom Title」が中央に配置されたカスタムビューが表示されます。

このカスタムビューは他の標準的なナビゲーションバーアイテムと組み合わせて使用することができ、バランスの良いユーザーインターフェースを構築することが可能です。

●UINavigationBarカスタマイズの応用例

iOSアプリケーションにおいてUINavigationBarは重要な役割を果たしています。

ユーザーにとって直感的で視覚的に魅力的なナビゲーションバーは、アプリの使用感を大きく左右します。

ここでは、Objective-Cを使用してUINavigationBarをカスタマイズする応用例をいくつか紹介します。

これらのカスタマイズを行うことで、アプリのナビゲーションバーをさらに使いやすく、目を引くデザインにすることができます。

○サンプルコード8:カスタムボタンを持つUINavigationBar

ナビゲーションバーに独自のデザインのボタンを追加することは、アプリに独自性を持たせる素晴らしい方法です。

例えば、特定のアクションを強調したい時に役立ちます。

下記のコードは、UINavigationBarにカスタムボタンを追加する方法を表しています。

// ナビゲーションバーにボタンを追加するためのメソッド
- (void)addCustomButtonToNavigationBar {
    UIBarButtonItem *customButton = [[UIBarButtonItem alloc] initWithImage:[UIImage imageNamed:@"custom-icon"] style:UIBarButtonItemStylePlain target:self action:@selector(customAction:)];
    self.navigationItem.rightBarButtonItem = customButton;
}

// カスタムボタンがタップされた時に実行されるメソッド
- (void)customAction:(id)sender {
    // ここにカスタムアクションの処理を記述します
}

このコードではUIBarButtonItemを使って、カスタムアイコンを持つボタンを生成し、ナビゲーションバーの右側に配置しています。

この例ではcustom-iconという名前の画像をプロジェクトに追加し、それをボタンのアイコンとしています。

customAction:メソッドは、ボタンがタップされた時に実行されるアクションを定義しています。

実行すると、ナビゲーションバーにはカスタムアイコンを持つ新しいボタンが表示されます。

ユーザーがこのボタンをタップすると、customAction:メソッドに定義された処理が実行されるため、開発者はここに任意の機能を追加することができます。

○サンプルコード9:異なる画面でスタイルを変更するUINavigationBar

複数の画面を持つアプリケーションでは、画面ごとにナビゲーションバーのスタイルを変更することが一般的です。

下記のコードは、画面遷移時にナビゲーションバーのスタイルを動的に変更しています。

// ナビゲーションバーのスタイルを設定するためのメソッド
- (void)configureNavigationBarForScreenType:(ScreenType)screenType {
    switch (screenType) {
        case ScreenTypeMain:
            // メイン画面用のナビゲーションバー設定
            self.navigationController.navigationBar.barTintColor = [UIColor blueColor];
            self.navigationController.navigationBar.tintColor = [UIColor whiteColor];
            self.navigationController.navigationBar.titleTextAttributes = @{NSForegroundColorAttributeName: [UIColor whiteColor]};
            break;
        case ScreenTypeDetail:
            // 詳細画面用のナビゲーションバー設定
            self.navigationController.navigationBar.barTintColor = [UIColor greenColor];
            self.navigationController.navigationBar.tintColor =

 [UIColor blackColor];
            self.navigationController.navigationBar.titleTextAttributes = @{NSForegroundColorAttributeName: [UIColor blackColor]};
            break;
    }
}

このメソッドでは、ScreenTypeという列挙型を使って異なる画面タイプを区別しています。

各画面タイプごとに異なるナビゲーションバーの色やタイトルの属性を設定しています。

このメソッドを画面が表示される前に呼び出すことで、その画面に応じたナビゲーションバーのスタイルを適用することができます。

●UINavigationBarのカスタマイズで注意すべき点

iOSアプリ開発において、UINavigationBarはアプリケーションのナビゲーションの根幹をなす要素です。

その見た目や挙動をカスタマイズする際には、いくつかの注意点があります。

それらを無視すると、ユーザーの混乱を招いたり、アプリのパフォーマンスに悪影響を与えたりする可能性があります。

○パフォーマンスへの影響

ナビゲーションバーをカスタマイズするとき、画像やカスタムビューを多用するとレンダリングのコストが増大し、アプリのパフォーマンスが低下することがあります。

特に、透過効果や複雑なグラデーション、アニメーションを使用する場合は、CPUやGPUに高い負荷をかけることがあるため注意が必要です。

たとえば、透明なナビゲーションバーを設定する際には、次のようなコードが使用されることがあります。

// 透明なナビゲーションバーの設定
[self.navigationController.navigationBar setBackgroundImage:[UIImage new] forBarMetrics:UIBarMetricsDefault];
self.navigationController.navigationBar.shadowImage = [UIImage new];
self.navigationController.navigationBar.translucent = YES;

このコードでは、空のUIImageオブジェクトを生成して背景画像として設定することで、ナビゲーションバーの透明効果を実現しています。

また、影を消すためにshadowImageにも空のUIImageを設定しています。

○デザインの一貫性

ユーザーインターフェースのデザインでは、一貫性が重要です。

UINavigationBarをカスタマイズする際も、アプリ全体のデザイン言語と調和するように心がけるべきです。

異なる画面でスタイルが大きく異なるナビゲーションバーを使用すると、ユーザーが混乱し、UXが低下します。

たとえば、異なる画面でナビゲーションバーのスタイルを変更する際は、次のように状況に応じた設定が必要です。

// 異なる画面に応じたナビゲーションバーのスタイル変更
- (void)customizeNavigationBarForScreenType:(ScreenType)screenType {
    switch (screenType) {
        case ScreenTypeHome:
            // ホーム画面用のナビゲーションバー設定
            [self setNavigationBarStyleWithColor:[UIColor whiteColor] titleColor:[UIColor blackColor]];
            break;
        case ScreenTypeProfile:
            // プロファイル画面用のナビゲーションバー設定
            [self setNavigationBarStyleWithColor:[UIColor blueColor] titleColor:[UIColor whiteColor]];
            break;
        // 他の画面タイプに応じた設定も同様に行う
    }
}

// ナビゲーションバーのスタイルを設定するメソッド
- (void)setNavigationBarStyleWithColor:(UIColor *)backgroundColor titleColor:(UIColor *)titleColor {
    self.navigationController.navigationBar.barTintColor = backgroundColor;
    self.navigationController.navigationBar.titleTextAttributes = @{NSForegroundColorAttributeName: titleColor};
}

このコードでは、画面タイプごとにナビゲーションバーの背景色とタイトルの色を変更しています。

これにより、ユーザーが異なる画面に移動したときにも、ナビゲーションバーのスタイルが整合性を保ちながら変化することが確認できます。

○iOSのバージョンとの互換性

iOSのバージョンが更新されるたびに、UINavigationBarのAPIも変更されることがあります。

したがって、新しいバージョンのiOSでアプリを動作させる際には、変更されたAPIに対応するようコードを更新する必要があります。

これを怠ると、アプリのナビゲーションバーが意図した通りに表示されなくなることがあります。

カスタマイズの際には、現在利用しているiOSのバージョンに加えて、できる限り多くの過去のバージョンとの互換性を保つよう努めることが重要です。

これには、条件分岐を使用して、異なるバージョンで異なるコードを実行するという方法があります。

まとめ

Objective-CにおけるUINavigationBarのカスタマイズ方法について、初心者にも理解しやすいように丁寧に解説してきました。

カスタマイズの基本から高度なテクニック、さらに実用的な応用例まで、多岐にわたる内容を扱い、美しいナビゲーションバーのデザインに必要なステップを紹介しました。

この手引きが、Objective-Cを使用したUINavigationBarのカスタマイズに興味を持つ初心者の方々にとって、第一歩となることを願っています。

プログラミングは練習と経験が重要ですから、ぜひこの記事を参考にしながら、実際のコードを書いてみて、さまざまなカスタマイズを試してみてください。