初心者が学ぶObjective-C別スレッドの10の鍵

Objective-Cで別スレッドを扱う方法とサンプルコードObjctive-C

 

【当サイトはコードのコピペ・商用利用OKです】

このサービスはASPや、個別のマーチャント(企業)による協力の下、運営されています。

記事内のコードは基本的に動きますが、稀に動かないことや、読者のミスで動かない時がありますので、お問い合わせいただければ個別に対応いたします。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10000時間以上』を満たすプログラマ集団によって監修されています。

はじめに

プログラミングの世界には様々な言語が存在しますが、Objective-CはAppleのOS XやiOSのアプリケーション開発において長きにわたり中心的役割を果たしてきた言語の一つです。

この記事では、Objective-Cの基本から始め、特に別スレッド処理の方法に焦点を当てて、初心者でも理解できるように順を追って解説します。

読み終えるころには、Objective-Cを使ったマルチスレッドプログラミングの基本が身に付いていることでしょう。

これにより、アプリケーションのレスポンシブ性の向上、パフォーマンスの最適化、長時間実行する処理の管理などのスキルを習得できます。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語にSmalltalkのメッセージ指向の特徴を加えたオブジェクト指向プログラミング言語です。

Appleにより、Mac OS XやiOSの開発に採用されており、その強力なランタイム機能と豊富なフレームワークによって、効率的なソフトウェア開発が可能になっています。

○Objective-Cの歴史と特徴

1980年代初頭に開発されたObjective-Cは、その後NeXTによって採用され、さらにAppleがNeXTを買収したことで、Mac OS XとiOSの主要言語となりました。

その最大の特徴は、動的なランタイムと拡張性の高いオブジェクト指向の概念を備えていることです。

この言語の柔軟性は、開発者がより複雑で強力なアプリケーションを構築するのを助けます。

○Objective-Cでできること

Objective-Cを使用すると、iOSやOS Xプラットフォームで動作するアプリケーションの開発ができます。

特に、ユーザーインターフェースの設計、データ管理、画像処理、アニメーションなど、豊富なAPIとフレームワークのサポートを得られます。

さらに、Xcodeという開発環境を使用することで、コードの記述、デバッグ、UIの作成など、開発プロセスが統合され、効率的な開発が実現されます。

●スレッドとは

プログラミングにおける「スレッド」とは、プロセス内で実行される命令の流れのことです。

ひとつのプロセスは複数のスレッドを持つことができ、これにより複数の作業を同時に処理することが可能になります。

スレッドはプログラムの実行単位としてOSによってスケジュールされ、マルチコアプロセッサの利点を活かして効率的にタスクを処理できるため、現代のアプリケーション開発には不可欠です。

○スレッド処理の基本

Objective-Cでスレッド処理を行うためには、主にNSThreadクラス、Grand Central Dispatch (GCD)NSOperationといったAPIを使用します。

これらのAPIを用いることで、複雑なスレッド管理を抽象化し、開発者がより簡単にマルチスレッドプログラミングを実施できるようになります。

スレッドの使用はパフォーマンスの向上に寄与しますが、データの整合性を保つための注意が必要です。

また、UIの更新はメインスレッドで行う必要があり、バックグラウンドスレッドからは特別な処理を経て行う必要があります。

○マルチスレッドのメリットとリスク

マルチスレッドの利点は明らかで、同時に複数のタスクを実行できるため、アプリケーションの応答性やパフォーマンスが大幅に向上します。

しかし、複数のスレッドが同じデータに同時にアクセスしようとすると、データの不整合が起こる可能性があるため、適切な同期処理が求められます。

このようなリスクを回避するためには、スレッドセーフなプログラミング技術を身につけ、ロックやキュー、セマフォなどの同期メカニズムを適切に利用することが重要です。

●Objective-Cでのスレッド処理入門

プログラミングの進歩とともに、マルチスレッド処理はアプリケーションのパフォーマンスを向上させるための重要な技術になりました。

Objective-Cを用いたiOSやMac OS Xのアプリケーション開発では、スムーズなユーザー体験を提供するためにスレッド処理が頻繁に使用されます。

ここでは、Objective-Cにおけるスレッド処理の基本を、具体的な例を通じて解説していきます。

○基本概念の理解

Objective-Cにおけるスレッド処理は、複数の作業を並行して行うことを可能にしますが、実際にはプログラムの各セグメントが別々のタイミングでCPUの計算時間を獲得し、作業を進める仕組みです。

これにより、ネットワークリクエストや大量データの処理など、時間のかかる作業をユーザーインターフェースの動作に影響を与えることなく実行できます。

○環境設定と準備

Objective-Cでスレッド処理を行う前に、開発環境であるXcodeのセットアップが必要です。

XcodeはAppleが提供する統合開発環境(IDE)であり、Objective-Cをはじめとする多くのプログラミング言語に対応しています。

Xcodeをダウンロードし、新しいプロジェクトを作成することからスタートしましょう。

その後、必要なフレームワークをプロジェクトに追加し、スレッド処理を行いたい部分の設計を始めます。

●Objective-Cにおける別スレッドの作り方

Objective-Cで別スレッドを作成する方法にはいくつかのオプションがありますが、ここでは基本的なNSThreadの使用方法とGrand Central Dispatch(GCD)を使ったモダンなアプローチを見ていきましょう。

○サンプルコード1:基本的なスレッドの開始

Objective-Cでのスレッド処理を理解するために、まずNSThreadを使って新しいスレッドを作成し、それを実行するシンプルな例を見てみましょう。

NSThreadを使用すると、開発者はスレッドの生成、実行、および管理に関して高い制御を持つことができます。

// 新しいスレッドを作成して、バックグラウンドでメソッドを実行する
[NSThread detachNewThreadSelector:@selector(myBackgroundMethod) toTarget:self withObject:nil];

// 上記で実行されるバックグラウンドメソッド
- (void)myBackgroundMethod {
  @autoreleasepool {
    // ここにバックグラウンドで実行したいコードを記述
    NSLog(@"This is running in the background thread.");
  }
}

このコードではmyBackgroundMethodメソッドを新しいスレッドで実行しています。

@autoreleasepoolは、スレッドが生成するオブジェクトが適切に解放されることを保証するために使用されます。

これはメモリ管理において重要な役割を果たします。

このコードを実行すると、「This is running in the background thread.」というログがコンソールに表示され、このメソッドがバックグラウンドで動作していることを表します。

これにより、メインスレッド、つまりユーザーインターフェースを処理するスレッドの動作を妨げることなく、重たい処理や長時間のタスクを実行できます。

○サンプルコード2:パフォーマンスの向上

次に、Grand Central Dispatch (GCD)を使ったスレッドの管理方法について説明します。

GCDは、タスクベースの並列コードの記述を容易にする強力なAPIです。

ここでは、GCDを使用してバックグラウンドキューに非同期タスクを追加する方法を表すコードを紹介します。

// バックグラウンドキューへの非同期タスクの追加
dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
  // ここにバックグラウンドで実行したいタスクを記述
  NSLog(@"Running in the background using GCD.");

  // メインキューに戻してUIを更新する
  dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
    // UIの更新はメインスレッドで行う
    // 例えば、プログレスバーの更新やボタンの有効化など
    NSLog(@"Back on the main thread for UI update.");
  });
});

この例では、まずdispatch_get_global_queueを使ってデフォルト優先度のバックグラウンドキューを取得し、dispatch_asyncで新しいブロックを非同期に追加しています。

そして、バックグラウンドでのタスクが完了した後、再びdispatch_get_main_queueを使ってメインキューにタスクを追加し、UIの更新などの操作を行います。

実行すると、最初のログ「Running in the background using GCD.」が表示され、その後にメインスレッドに戻り「Back on the main thread for UI update.」が表示されます。

これにより、ユーザーが感じるレスポンシブネスを損なうことなく、バックグラウンドで処理を行うことが可能になります。

●Objective-Cにおける非同期処理の実装

非同期処理は、現代のプログラミングにおいて重要な概念です。

Objective-Cにおいて非同期処理を行う主な方法は、NSThreadGrand Central Dispatch (GCD)、NSOperationQueueを使う方法がありますが、特にGCDは強力で使いやすく、多くの開発者に採用されています。

○サンプルコード3:非同期処理の基本

非同期処理を実行する基本的な方法として、dispatch_async関数を用いたGCDの使用法を見てみましょう。

これにより、バックグラウンドスレッドで重い処理を行い、その後でメインスレッドに戻ってUIを更新することができます。

// 非同期処理を実行するメソッドの実装例
- (void)performAsynchronousTask {
    dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
        // ここで時間のかかる処理を実行する
        [self heavyCalculatingTask];

        // 処理が終了したらメインスレッドに戻る
        dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
            // ここでUIの更新を行う
            [self updateUI];
        });
    });
}

// 重たい計算を行う架空のメソッド
- (void)heavyCalculatingTask {
    // 重たい計算をする想定のコード
    NSLog(@"Heavy task is running in the background.");
}

// UIを更新する架空のメソッド
- (void)updateUI {
    // UIを更新する想定のコード
    NSLog(@"UI is updated on the main thread.");
}

このサンプルコードでは、performAsynchronousTaskメソッド内で非同期処理を行うためにGCDを使用しています。

dispatch_get_global_queue関数で取得したグローバルキューに処理を投げることで、メインスレッドをブロックせずにバックグラウンドで計算が実行されます。

そして、その計算が終わったらdispatch_asyncを使用してメインキューにUIの更新処理を戻します。

実際のコードではheavyCalculatingTaskupdateUIに実際の処理を実装します。

このコードを実行すると、「Heavy task is running in the background.」というログがバックグラウンドから出力され、その後に「UI is updated on the main thread.」というログがメインスレッドから出力されます。

これにより、重たい処理がユーザーインターフェースの応答性を損なうことなく行われる様子を表しています。

○サンプルコード4:ユーザーインターフェースの更新

非同期処理が終わった後にユーザーインターフェースを更新する際は、メインスレッドで行わなければなりません。

ここでは、バックグラウンドでデータを処理した後にUIを安全に更新する方法の例を紹介します。

// データ処理とUI更新を行うメソッドの実装例
- (void)processDataAndUpdateUI {
    // バックグラウンドキューでデータ処理を実行
    dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
        // ここでデータ処理を実行する
        NSLog(@"Data processing in the background.");

        // メインスレッドでUIを更新する
        dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
            // UI更新のためのコード
            NSLog(@"Update UI on the main thread after data processing.");
        });
    });
}

このサンプルでは、processDataAndUpdateUIメソッドを使ってデータ処理を非同期で実行し、完了後にメインスレッドでUIの更新を行っています。

この流れは、ユーザーエクスペリエンスを維持しつつ、アプリケーションのパフォーマンスを最大化するための一般的なパターンです。

●Objective-Cでのスレッドセーフなコーディング

スレッドセーフなコーディングは、複数のスレッドが同時にコードの特定の部分を実行したときに、プログラムが予期せぬ振る舞いをしないようにするためのプログラミング手法です。

Objective-Cにおいては、特にデータの共有や更新が行われる部分で注意を払う必要があります。

スレッドセーフなコーディングを行うことで、アプリケーションの安定性と信頼性が大きく向上します。

○サンプルコード5:スレッドセーフなコードの書き方

スレッドセーフなプログラミングを実現するためには、ロック機構を使用してデータへの同時アクセスを制御します。

ここでは、Objective-CでNSLockオブジェクトを使用してスレッドセーフなコードを実装する例を紹介します。

// スレッドセーフな処理のためのロックオブジェクト
NSLock *myLock = [[NSLock alloc] init];

// 重要なデータへのアクセス部分をロックで保護
[myLock lock];
// 安全にデータを読み書きするコード
// ...
[myLock unlock];

このサンプルでは、myLockオブジェクトをロックとして使用して、データへのアクセスが完了するまで他のスレッドの干渉を防ぐ方法を表しています。

ロックを行うことで、一度に一つのスレッドのみがデータを安全に変更できるようになります。

このコードの実行結果としては、ロックが適切に機能していれば、データの不整合や競合状態を防ぐことができます。

これは特に、辞書や配列などの共有データ構造を操作するときに重要です。

○サンプルコード6:排他制御の実装

別のスレッドセーフなコーディングのアプローチとして、@synchronizedブロックを使用する方法があります。

// 排他制御を必要とするオブジェクト
id mySharedResource;

// @synchronizedブロックを使って排他制御を行う
@synchronized(mySharedResource) {
    // ここでmySharedResourceへの安全なアクセスを行う
    // ...
}

@synchronizedブロックを使用すると、ブロック内のコードが実行されている間はmySharedResourceへのアクセスが他のスレッドからはブロックされます。

これにより、複数のスレッドが同じリソースにアクセスしようとした場合でも安全性を保つことができます。

実行すると、mySharedResourceを使用している間はそのオブジェクトへのアクセスが同期され、データの整合性が保たれます。

これはデータベースアクセスやファイル書き込みなど、一貫性が重要な操作において特に有用です。

●別スレッド処理の応用例

Objective-Cでの別スレッド処理は、単にバックグラウンドで時間のかかる作業を行う以上のものです。

別スレッド処理の応用は多岐にわたり、データのダウンロード、画像の処理、計算が多いタスクなど、ユーザーインターフェイス(UI)の反応性を維持しながら実行する必要がある処理全てに及びます。

○サンプルコード7:バックグラウンドでのデータ処理

バックグラウンドでデータを処理することは、アプリケーションのパフォーマンスにとって非常に重要です。

下記のコードは、Objective-Cを使用して別スレッドでデータをダウンロードし、その後にUIを更新する一連の流れを表しています。

// データダウンロードのためのバックグラウンドタスク
- (void)downloadDataInBackground {
    dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_LOW, 0), ^{
        // 長時間かかるダウンロードを行う想定のコード
        NSLog(@"Downloading data in the background.");

        // ダウンロード完了後のUI更新をメインスレッドで行う
        dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
            // UIを更新するためのコード
            NSLog(@"Updating UI after data download.");
        });
    });
}

このコードを実行すると、最初に「Downloading data in the background.」というログが表示され、ダウンロード処理がバックグラウンドで実行されていることが表されます。

ダウンロードが完了すると、「Updating UI after data download.」というログと共にメインスレッドでUIの更新が行われます。

○サンプルコード8:長時間実行タスクの管理

特定のタスクが長時間実行される場合、それを効果的に管理することができる仕組みを作ることが不可欠です。

ここでは、Objective-Cで長時間実行されるタスクをバックグラウンドスレッドで管理する例を紹介します。

// 長時間実行タスクの管理
- (void)performLongRunningTask {
    dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_HIGH, 0), ^{
        // 長時間実行するタスクのコード
        NSLog(@"Performing a long-running task in the background.");

        // タスク完了後の処理
        NSLog(@"Long-running task completed.");
    });
}

このコードはdispatch_get_global_queueを利用して、優先度が高いバックグラウンドキューを選択し、そこで長時間実行するタスクを処理します。

このようにして、タスクの優先度に応じて適切なキューを選択することが大切です。

●別スレッド処理の注意点と対処法

マルチスレッドプログラミングは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる一方で、潜在的な問題を引き起こす可能性もあります。

特に、スレッド間でのデータ共有が関係するとき、データの競合や不整合が発生するリスクが高まります。

正確なスレッド同期とデータ保護の実施が不可欠となります。

○デッドロックとは

デッドロックは、複数のスレッドが互いに排他的リソースの解放を待ち合わせることによって進行が停止する現象です。

これは特に、ロックを使用する場合によく発生します。

スレッドがリソースAを持ち、リソースBの解放を待つ間に、別のスレッドがリソースBを持ち、リソースAの解放を待つといった状況が典型的な例です。

○サンプルコード9:デッドロックの防止

Objective-Cでデッドロックを防止するための方法として、リソースへのアクセス順序を一貫させることが挙げられます。

// デッドロックを防ぐためのリソースアクセス順序の例
- (void)methodToAvoidDeadlock {
    // リソースAとBへのアクセスを同じ順序で行う
    @synchronized(self.resourceA) {
        [self doSomethingWithResourceA];
        @synchronized(self.resourceB) {
            [self doSomethingWithResourceB];
        }
    }
}

// リソースAで行う作業の架空のメソッド
- (void)doSomethingWithResourceA {
    // リソースAに対する操作
}

// リソースBで行う作業の架空のメソッド
- (void)doSomethingWithResourceB {
    // リソースBに対する操作
}

このコードでは、二つのリソースへのアクセスが常にAからBの順で行われるように設計されています。

これにより、異なるスレッドがリソースAとBに異なる順序でアクセスしようとした場合に発生するデッドロックを避けることができます。

実行結果としては、doSomethingWithResourceAdoSomethingWithResourceBが安全に実行され、リソースの競合やデッドロックが発生することなく処理が完了します。

これは複雑なマルチスレッドアプリケーションにおいて、デッドロックを回避するための一般的な戦略の一つです。

●Objective-Cの別スレッド処理のカスタマイズ

Objective-Cにおける別スレッド処理をカスタマイズすることで、様々なシナリオや要件に合わせた柔軟なプログラミングが可能になります。

例えば、スレッドの優先順位を設定したり、特定のタスクが完了するのを待機したり、作業をグループ化して管理することが挙げられます。

こうしたカスタマイズを行うことで、アプリケーションの効率とレスポンスを最適化できます。

○サンプルコード10:スレッド優先度のカスタマイズ

スレッドの実行優先度をカスタマイズするには、GCDの優先度キューを使用すると効果的です。

下記のコードは、GCDを用いて優先度をカスタマイズする方法を表しています。

// 優先度のカスタマイズを行うコード例
- (void)customizeThreadPriority {
    // ユーザーがインタラクティブな操作を待っている時に高優先度で処理を行いたい場合
    dispatch_queue_t highPriorityQueue = dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_HIGH, 0);
    dispatch_async(highPriorityQueue, ^{
        // ここに高優先度で実行したいタスクを記述
        NSLog(@"Running high priority task.");
    });

    // バックグラウンドでデータ処理や前処理を行う時に低優先度で処理を行いたい場合
    dispatch_queue_t lowPriorityQueue = dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_LOW, 0);
    dispatch_async(lowPriorityQueue, ^{
        // ここに低優先度で実行したいタスクを記述
        NSLog(@"Running low priority task.");
    });
}

このコードを実行すると、まず「Running high priority task.」が高優先度タスクとして実行され、システムはこのタスクに多くのリソースを割り当てる傾向があります。

一方で、「Running low priority task.」が低優先度タスクとして実行されると、システムはより多くのタスクがキューに入っている場合にのみこのタスクにリソースを割り当てます。

このサンプルコードは、Objective-Cでのスレッド処理の優先度をカスタマイズする基本的な手法を表しており、開発者はこれを応用してさまざまな状況に合わせた処理を実装できます。

例えば、ユーザーのアクションに応じてリアルタイムで優先度を変更したり、アプリケーションの現在の状態に基づいて自動的に優先度を調整するロジックを組み込むことも考えられます。

まとめ

Objective-Cにおける別スレッド処理の概要と実装方法を掘り下げてきましたが、重要なのはそれを適切に応用し、プログラムの安定性を保つことです。

このガイドを通して、Objective-Cでのマルチスレッドプログラミングが、初心者でも身近で取り組みやすいものであることがお分かりいただけたと思います。

学んだ知識を活用して、安全で効率的なアプリケーションを設計しましょう。

プログラミングは継続的な学習が鍵であり、実際にコードを書き、実行し、問題を解決することで、その理解を深めていくことができます。