初心者でもわかる!Objective-Cで戻り値を複数設定する10の方法

初心者がObjective-Cで関数の戻り値を複数返す方法を学ぶイメージObjctive-C
この記事は約17分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング言語は数多く存在しますが、Objective-Cは特にiOSアプリ開発において長らく重要な役割を果たしてきました。

この記事を通じて、Objective-Cの基本からさらに一歩進んだ戻り値を複数設定する方法までを解説します。

プログラミング初心者の方でも、この記事を読めばObjective-Cでの関数の作成と、それらの関数から複数の情報を出力する方法を理解し、実際にコードを書くことができるようになります。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語をベースにしてオブジェクト指向機能を拡張したプログラミング言語です。

AppleのMac OS XやiOSの開発に使われていることで知られ、効率的なプログラミングを可能にします。

Objective-Cは、強力なランタイム機能を持ち、動的な型付けやメッセージパッシングといった特徴を持っています。

これらの特性は、初心者には少し複雑に感じるかもしれませんが、基本をしっかり押さえることで、複雑なアプリケーションの開発にも対応できる力を身につけることができます。

○Objective-Cの基本

Objective-Cの学習を始める前に、基本的な概念を理解することが大切です。

まず、Objective-CはC言語のすべての機能を含んでいるため、C言語の文法に習熟していることが前提となります。

加えて、Objective-C独自のオブジェクト指向のコンセプトや構文も習得する必要があります。

例えば、クラス、継承、ポリモーフィズムといったオブジェクト指向の基本から、Interface(インターフェイス)やImplementation(実装)、Selector(セレクタ)などの概念までです。

●関数と戻り値の基本

Objective-Cでプログラミングを行う際には、関数の知識が不可欠です。

関数とは、特定のタスクを実行するコードの集まりであり、必要に応じて何度も再利用することができます。

Objective-Cでは、関数はしばしばメソッドと呼ばれますが、これはクラスのコンテキスト内で使われる関数を指す場合が多いです。

関数のもう一つの重要な側面は戻り値です。

戻り値とは、関数がタスクを完了した後に呼び出し元に返すデータのことを指します。

Objective-Cでは、戻り値は関数が実行された結果を反映し、この値を利用してプログラムの他の部分が動作します。

関数には、戻り値の有無にかかわらず、ゼロまたは複数のパラメータを取ることができます。

これらのパラメータは、関数がどのような情報をもとに動作するかを定義します。

パラメータを使って関数にデータを送り、関数はそのデータを処理して、結果として戻り値を返します。

○Objective-Cでの関数の定義方法

Objective-Cでは、関数またはメソッドの定義は特定の構文に従います。

- (戻り値の型)関数名:(パラメータ型)パラメータ名 {
    // 関数の本体
}

ここで、-はインスタンスメソッドを意味し、戻り値の型の部分には関数が返す値の型を指定します。

例えば、整数を返す関数はint、オブジェクトを返す場合はそのクラスの名前を用います。

パラメータ型は引数のデータ型を、パラメータ名は引数の名前を指します。

○戻り値とは何か?

関数の戻り値は、その関数が実行を完了した後に、呼び出し元のコードに返される値です。

この戻り値を使用して、プログラムは次のステップへと進むことができます。

Objective-Cで関数が値を返すとき、それは関数の最後にあるreturnステートメントによって行われます。

例えば、次の関数は整数を返す簡単な例です。

- (int)addNumber:(int)number1 withNumber:(int)number2 {
    int sum = number1 + number2;
    return sum;
}

この関数addNumber:withNumber:は2つの整数を受け取り、それらを足した結果を戻り値として返します。

int sum = number1 + number2;の行で計算を行い、return sum;の行でその結果を呼び出し元に返しています。

●戻り値を複数設定する方法

Objective-Cでのプログラミングでは、時に一つの関数から複数の戻り値を得たい場面があります。

しかし、C言語に基づいたObjective-Cでは、直接的には一つの関数から複数の値を返すことができません。

これを解決するためには、いくつかの方法がありますが、ここでは7つの主要な方法を紹介します。

○サンプルコード1:配列を使う

Objective-Cでは、配列や辞書などのコレクションを使用して複数の戻り値を包括できます。

下記のサンプルでは、二つの数値を足し算と引き算で処理し、結果を配列に格納して返す関数を定義しています。

- (NSArray *)calculateAdditionAndSubtraction:(int)number1 withNumber:(int)number2 {
    int sum = number1 + number2;
    int difference = number1 - number2;

    // 結果をNSArrayに格納して返す
    return @[@(sum), @(difference)];
}

// 使用例
NSArray *results = [self calculateAdditionAndSubtraction:10 withNumber:5];
NSLog(@"Sum: %@, Difference: %@", results[0], results[1]);

このコードでは、calculateAdditionAndSubtraction:withNumber:メソッドが二つの整数を引数として受け取り、足し算と引き算の結果をNSArrayに格納して戻り値としています。

このメソッドを呼び出した後、結果の配列から足し算の結果と引き算の結果をログに出力しています。

○サンプルコード2:構造体を使う

別の方法として、複数の異なる型の値を返したい場合、構造体を定義して利用することができます。

下記の例では、簡単な構造体を定義し、それを使用して関数の戻り値としています。

typedef struct {
    int sum;
    int difference;
} CalculationResult;

- (CalculationResult)performCalculation:(int)number1 withNumber:(int)number2 {
    CalculationResult result;
    result.sum = number1 + number2;
    result.difference = number1 - number2;

    // 構造体を戻り値として返す
    return result;
}

// 使用例
CalculationResult result = [self performCalculation:10 withNumber:5];
NSLog(@"Sum: %d, Difference: %d", result.sum, result.difference);

このコードではCalculationResultという名前の構造体を定義しており、performCalculation:withNumber:メソッドはこの構造体を使って計算結果を返しています。

そして、戻り値として得られたresult変数から、sumとdifferenceの値を取り出してログに表示しています。

○サンプルコード3:オブジェクトを使う

もう一つの選択肢は、Objective-Cのオブジェクトを使用することです。

特に、複数の異なる型や関連するデータを一つのオブジェクトとしてグルーピングする場合に便利です。

次の例は、結果をオブジェクトとして返す方法を示しています。

@interface CalculationContainer : NSObject
@property (nonatomic, assign) int sum;
@property (nonatomic, assign) int difference;
@end

@implementation CalculationContainer
@end

- (CalculationContainer *)calculateWithNumbers:(int)number1 number2:(int)number2 {
    CalculationContainer *container = [[CalculationContainer alloc] init];
    container.sum = number1 + number2;
    container.difference = number1 - number2;

    // オブジェクトを戻り値として返す
    return container;
}

// 使用例
CalculationContainer *calculationResult = [self calculateWithNumbers:10 number2:5];
NSLog(@"Sum: %d, Difference: %d", calculationResult.sum, calculationResult.difference);

ここでCalculationContainerクラスは、計算結果を保持するために作成されたコンテナクラスです。

それぞれのプロパティに計算結果を格納し、オブジェクトを通じてこれらの値を返しています。

この方法は、関連するデータをまとめて扱いたい場合に適しています。

●複数の戻り値を扱う際の注意点

Objective-Cで複数の戻り値を扱う際には、いくつかの重要な注意点があります。

ここでは、特に重要な二つのポイント、メモリ管理と型の一貫性に焦点を当てて説明します。

○メモリ管理の重要性

Objective-Cでは、メモリ管理を適切に行うことが重要です。

特に、配列やオブジェクトなどの複雑なデータタイプを戻り値として使用する場合、リークを防ぐためにARC(Automatic Reference Counting)を理解しておく必要があります。

ARCはObjective-Cのメモリ管理を簡単にする機能で、オブジェクトの参照カウントを自動的に管理してくれますが、循環参照などの問題が発生する可能性もあるため、注意が必要です。

例えば、下記のようにオブジェクトを作成して戻り値とする場合、ARCが効果的に働いていることを確認する必要があります。

- (SomeObject *)createComplexReturnObject {
    SomeObject *newObject = [[SomeObject alloc] init];
    // 設定や計算を行う
    return newObject; // ARCにより参照カウントは適切に管理される
}

ARCを使用する場合、retain, release, autoreleaseといったメソッドを使わず、代わりに強い参照(strong)や弱い参照(weak)といったプロパティを使用します。

これにより、メモリのオーバーヘッドを減らし、リークのリスクを最小限に抑えることができます。

○型の一貫性を保つ

戻り値の型の一貫性を保つこともまた重要です。

特に、異なる型のデータを返す場合、返すデータの型を明確にして、呼び出し側で予期せぬエラーを防ぐ必要があります。

例えば、戻り値が数値や文字列、オブジェクトなど複数の型を取りうる場合、その戻り値を受け取る側では適切な型チェックやキャストを行うことが大切です。

ここでは、異なる型の戻り値を扱う際の一般的なガイドラインを表すサンプルコードを紹介します。

- (id)performCalculationAndReturnMultipleValues:(int)number1 number2:(int)number2 {
    // 複数の値を計算する
    int sum = number1 + number2;
    int product = number1 * number2;

    // 計算結果をNSDictionaryで返す
    return @{@"sum": @(sum), @"product": @(product)};
}

// 使用例
NSDictionary *calculationResults = [self performCalculationAndReturnMultipleValues:10 number2:5];
NSNumber *sumResult = calculationResults[@"sum"];
NSNumber *productResult = calculationResults[@"product"];
if (sumResult && productResult) {
    NSLog(@"Sum: %@, Product: %@", sumResult, productResult);
} else {
    NSLog(@"Error: Calculation did not return expected types.");
}

このサンプルでは、計算結果をNSDictionaryに格納して返しており、戻り値の型がidであるため、どんなオブジェクトでも返すことができます。

しかし、これを受け取る側では、NSDictionaryのキーに対応する値が存在し、予想される型であるかを確認する必要があります。

●複数戻り値の応用例

Objective-Cの関数で複数の戻り値を返す技術は、多様なプログラミングシナリオに応用できます。

複数の戻り値を返す方法は、データの集計、エラー情報の提供、状態の確認など、さまざまな場面で役立ちます。

ここでは、実際の応用例をいくつか紹介します。

○サンプルコード4:複数の戻り値を利用したエラーハンドリング

Objective-Cでは、エラーを返す際にも複数の情報を一度に返すことができます。

下記の例では、エラー発生時にエラーコードとエラーメッセージを含むNSDictionaryオブジェクトを戻り値としています。

- (NSDictionary *)processDataWithError {
    // 何かの処理を行う。ここでは仮にデータ処理に失敗したと仮定する。
    BOOL isSuccess = NO;

    if (!isSuccess) {
        // エラー情報を作成
        return @{@"errorCode": @(-1), @"errorMessage": @"データ処理に失敗しました"};
    }

    // 処理が成功した場合はnilを返す
    return nil;
}

// 使用例
NSDictionary *errorInfo = [self processDataWithError];
if (errorInfo) {
    NSLog(@"Error occurred: Code %@, Message %@", errorInfo[@"errorCode"], errorInfo[@"errorMessage"]);
}

このコードではprocessDataWithErrorメソッドが失敗した場合に、エラーコードとエラーメッセージを含む辞書を返します。

これにより、エラーの原因をより詳しく把握できるため、デバッグやユーザーへの報告が容易になります。

○サンプルコード5:複数のデータ型を含む戻り値

異なる種類のデータを関連付けて返す場合、Objective-Cの構造体やクラスを活用することで、複数の値を組み合わせたカスタムデータタイプを作成できます。

下記の例では、計算結果とその計算にかかった時間を返しています。

- (NSDictionary *)calculateAndMeasureTime:(int)number1 number2:(int)number2 {
    NSDate *startTime = [NSDate date];

    // 複雑な計算を行う
    int result = number1 + number2; // 計算結果

    // 計算にかかった時間を測定
    NSTimeInterval duration = [[NSDate date] timeIntervalSinceDate:startTime];

    // 結果と計算時間を辞書に格納して返す
    return @{@"result": @(result), @"duration": @(duration)};
}

// 使用例
NSDictionary *calculationResult = [self calculateAndMeasureTime:100 number2:200];
NSLog(@"Calculation result: %@, Time taken: %@ seconds", calculationResult[@"result"], calculationResult[@"duration"]);

このコードではcalculateAndMeasureTime:number2:メソッドを使用して、与えられた二つの数値の計算結果と、その計算にかかった時間を辞書として返しています。

戻り値の辞書にはresultキーとdurationキーが含まれ、計算結果と処理時間の両方を取得できます。

●戻り値を複数設定する際のカスタマイズ方法

Objective-Cでは、関数の戻り値をカスタマイズして、さらに柔軟性を持たせることが可能です。

ここでは、カスタムタイプを使用したり、ブロックを戻り値として利用するなど、複数の戻り値を設定する際のカスタマイズ方法について、実践的なサンプルコードを提供します。

○サンプルコード6:カスタムタイプを返す

Objective-Cでカスタムタイプを戻り値として使用することで、複雑なデータ構造を明確に表現できます。

ここでは、カスタムオブジェクトを作成し、そのオブジェクトを戻り値として返す方法の例を紹介します。

@interface CustomResult : NSObject
@property (nonatomic, strong) NSString *resultString;
@property (nonatomic, assign) NSInteger resultCode;
@end

@implementation CustomResult
@end

- (CustomResult *)performCustomOperation {
    CustomResult *result = [[CustomResult alloc] init];
    result.resultString = @"Operation completed";
    result.resultCode = 200;

    // カスタムオブジェクトを戻り値として返す
    return result;
}

// 使用例
CustomResult *customResult = [self performCustomOperation];
NSLog(@"Result: %@, Code: %ld", customResult.resultString, (long)customResult.resultCode);

このサンプルではCustomResultという新しいクラスを定義し、特定の操作の結果をこのクラスのインスタンスとして提供しています。

この方法により、関数の使用者は返されたカスタムオブジェクトから直接、必要な情報を取得できます。

○サンプルコード7:ブロックを使った戻り値

ブロックはObjective-Cにおいてコードのチャンクを変数として渡す強力な手段を提供します。

ブロックを使用して戻り値を提供する例を紹介します。

typedef void (^CompletionBlock)(NSDictionary *);

- (void)performOperationWithCompletion:(CompletionBlock)completionBlock {
    // 何かの処理を実行した後、結果をブロックを通じて返す
    NSDictionary *resultData = @{@"success": @YES, @"data": @[@"Item1", @"Item2"]};

    // コールバックブロックの実行
    if (completionBlock) {
        completionBlock(resultData);
    }
}

// 使用例
[self performOperationWithCompletion:^(NSDictionary *result) {
    NSLog(@"Operation completed with result: %@", result);
}];

このサンプルでは、performOperationWithCompletion:メソッドがブロックをパラメータとして受け取り、処理の完了時にこのブロックを実行しています。

このブロックは、メソッド内で生成された結果データをパラメータとして使用しており、非同期操作やコールバックの管理に特に有用です。

まとめ

この記事では、Objective-Cにおける関数の戻り値を複数設定する方法とその応用例について詳しく説明しました。

初心者でも理解しやすいように、基本的な関数の作成から始めて、配列、構造体、オブジェクトを使った戻り値の設定方法、さらにはカスタムタイプやブロックを用いた高度なカスタマイズ方法に至るまで、段階的に紹介しました。

プログラミングは実践を通じて学ぶ部分が大きいため、ここで学んだ内容を自分のプロジェクトに取り入れ、実際に手を動かしながら理解を深めていくことをお勧めします。

エラーに直面したときは、それが最高の学習機会であるととらえ、解決策を探求する姿勢が成長への鍵となります。

Objective-Cでのプログラミングは他にも長い道のりがありますが、この記事がその道しるべとなれば幸いです。