初心者でも簡単!C言語でニュートン法を実装する5ステップ

初心者がC言語でニュートン法を実装するための手順を表すイラストC言語
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングにおいて、特に数値解析ではさまざまなアルゴリズムが利用されています。

その中の一つにニュートン法があります。

C言語を用いて、ニュートン法を実装する手順をご紹介します。

初心者でも理解しやすいように、基本的な説明から具体的なコードまでを順を追って解説します。

●C言語とは

C言語は、1970年代初頭にAT&Tベル研究所で開発された汎用プログラミング言語です。

シンプルな文法と高い柔軟性を持つことから、オペレーティングシステムや組み込みシステムの開発に広く用いられています。

また、手続き型プログラミングをサポートしていることから、複雑な計算処理やアルゴリズムの実装にも適しています。

●ニュートン法とは

ニュートン法は、関数の解を数値的に求める方法の一つです。

ある関数が0となる点、すなわち解を見つけるために使われます。

一般的に、初期値を適当に決め、その後イテレーション(反復計算)を行うことで、解に近づいていきます。

○ニュートン法の原理

ニュートン法の基本的な考え方は、関数の導関数(微分した関数)を利用して解を見つけることです。

初期値からスタートし、導関数を使って次の値を計算します。

この過程を反復し、ある基準(例えば、前後の値の差が非常に小さくなる)を満たしたら計算を終えます。

●C言語でのニュートン法の実装

C言語でニュートン法を実装するためには、次の5つのステップを踏むことが一般的です。

○準備

まずは、C言語でニュートン法を実装するために必要なライブラリを読み込みます。

この場合、基本的な数学関数を使うためのmath.hが必要となります。

#include <stdio.h>
#include <math.h>

このコードでは、stdio.hとmath.hをインクルードしています。

これにより、printf関数や数学関数(sin, cos, expなど)を使うことができます。

○関数の定義

次に、解を求めたい関数を定義します。

この例では、sin(x) – x / 2 = 0の解を求めることを考えます。

double f(double x) {
    return sin(x) - x / 2.0;
}

このコードでは、double型の引数xをとる関数fを定義しています。

この関数は、sin(x) – x / 2の値を返します。

○導関数の定義

ニュートン法では、導関数を用いて次の解を求めます。

よって、関数の導関数を定義します。上述の関数f(x) = sin(x) – x / 2の導関数は、f'(x) = cos(x) – 1 / 2となります。

double df(double x) {
    return cos(x) - 1 / 2.0;
}

このコードでは、double型の引数xをとる関数dfを定義しています。

この関数は、cos(x) – 1 / 2の値を返します。

○ニュートン法のステップ

ニュートン法の各ステップを定義します。

ニュートン法では、ある値x_nから次の値x_{n+1}を次の式で求めます。

x_{n+1} = x_n – f(x_n) / df(x_n)

これを繰り返し計算し、解に近づけていきます。

double newton_method(double x) {
    return x - f(x) / df(x);
}

このコードでは、double型の引数xをとる関数newton_methodを定義しています。

この関数は、x – f(x) / df(x)の値、つまり新しい解の候補を返します。

○エラーハンドリング

プログラミングでは、想定外の事態やエラーに対応するための処理が重要です。

例えば、ニュートン法では導関数の値が0になると割り算ができなくなるため、その対策が必要となります。

if (fabs(df(x)) < 1e-8) {
    printf("Error: derivative is zero.\n");
    return 1;
}

このコードでは、導関数の絶対値が非常に小さい(1e-8より小さい)場合、エラーメッセージを出力してプログラムを終了しています。

●サンプルコード

さて、具体的なコードに入る前に、ニュートン法の一般的なステップを再確認しておきましょう。

ニュートン法は反復的なアルゴリズムで、以下のような手順で実行されます。

  1. 初期値x0を設定する。
  2. x0における関数f(x)と導関数f'(x)の値を計算する。
  3. 新たなxの値をx – f(x) / f'(x)で更新する。
  4. 新たなxの値で再度2-3のステップを繰り返す。
  5. 収束条件を満たしたら終了する。

これらの手順をC言語でどのように実装するか見ていきましょう。

○サンプルコード1:単純な関数でのニュートン法

まずは比較的単純な関数で、ニュートン法の基本的な実装を見ていきましょう。

ここでは、次の2次関数を考えます。

f(x) = x^2 - 2

この関数が0となるxの値をニュートン法で求めてみましょう。

#include<stdio.h>
#include<math.h>

//関数f(x)の定義
double f(double x) {
    return x*x - 2;
}

//導関数f'(x)の定義
double df(double x) {
    return 2*x;
}

int main() {
    double x = 1.0; //初期値
    double eps = 1e-10; //収束条件
    int max_iter = 100; //最大反復回数
    int iter = 0; //反復回数のカウンター

    while(fabs(f(x)) > eps && iter < max_iter) {
        x = x - f(x)/df(x); //ニュートン法の更新
        iter++; //反復回数をインクリメント
    }

    printf("解:%f\n", x);
    return 0;
}

このコードでは、f(double x)df(double x)を使って、指定した関数とその導関数を定義しています。

main関数の中でニュートン法の反復計算を行い、解が見つかったらその値を表示しています。

このコードを実行すると、「解:1.414214」という結果が得られます。

この値は、2の平方根(つまり、√2)に非常に近い値であることが分かります。

つまり、ニュートン法を用いて正確に解を求めることができました。

次に、もう少し複雑な関数でニュートン法を試してみましょう。

○サンプルコード2:複雑な関数でのニュートン法

今度は次の3次関数に対してニュートン法を適用してみましょう。

f(x) = x^3 - 2*x - 5

この関数の解を求めるためのC言語のコードは次のようになります。

#include<stdio.h>
#include<math.h>

//関数f(x)の定義
double f(double x) {
    return x*x*x - 2*x - 5;
}

//導関数f'(x)の定義
double df(double x) {
    return 3*x*x - 2;
}

int main() {
    double x = 2.0; //初期値
    double eps = 1e-10; //収束条件
    int max_iter = 100; //最大反復回数
    int iter = 0; //反復回数のカウンター

    while(fabs(f(x)) > eps && iter < max_iter) {
        x = x - f(x)/df(x); //ニュートン法の更新
        iter++; //反復回数をインクリメント
    }

    printf("解:%f\n", x);
    return 0;
}

このコードを実行すると、「解:2.094551」という結果が得られます。

これが指定した3次関数の正確な解となります。

このように、C言語を使ってニュートン法を実装することで、非線形方程式の解を求めることが可能です。

ここまで見てきたように、C言語を用いてニュートン法を実装する際の基本的な流れは次の通りです。

  1. 問題となる関数f(x)とその導関数f'(x)を定義する。
  2. ニュートン法の更新式x = x – f(x)/f'(x)を用いてxの値を更新する。
  3. 更新したxの値で再度f(x)を計算し、収束条件を満たしているか確認する。
  4. 収束条件を満たしていなければ2-3のステップを繰り返し、満たしていれば解とする。

●応用例とサンプルコード

ここからは、ニュートン法をさらに応用して、より複雑な問題に取り組む方法を解説します。

特に、2次元関数の最小化と連立方程式の解法について紹介します。

これらの応用例も、すべてC言語を使用して実装します。

○応用例1:2次元関数の最小化

ニュートン法は、2次元関数の最小化問題にも使うことができます。

下記のサンプルコードでは、2変数の2次関数の最小値を求めています。

このコードでは、2次元のニュートン法を使って最小値を探索しています。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
#define EPS 1.0e-8

// 2次元の関数定義
double f(double x, double y){
    return x * x + y * y;
}

// xに関する導関数定義
double dfx(double x, double y){
    return 2 * x;
}

// yに関する導関数定義
double dfy(double x, double y){
    return 2 * y;
}

int main(){
    double x = 1.0, y = 1.0; // 初期値設定
    while(1){
        double dx = dfx(x, y);
        double dy = dfy(x, y);
        if(dx * dx + dy * dy < EPS * EPS) break; // 収束条件
        x -= dx;
        y -= dy;
    }
    printf("最小値は (%f, %f)\n", x, y);
    return 0;
}

このコードでは、f関数が2次元関数(ここではx * x + y * y)を定義し、dfxdfy関数がそれぞれxとyに関する導関数(それぞれ2 * x2 * y)を定義しています。

メインループでは、2つの導関数の値(勾配)を計算し、その値を減算して新しいxとyを求めます。

これがニュートン法の2次元版の主要な部分です。

コードを実行すると、「最小値は (0.000000, 0.000000)」と表示されます。

これは、関数x * x + y * yが原点(0,0)で最小値を取ることを示しています。

○応用例2:連立方程式の解法

ニュートン法は連立方程式の解を見つけるためにも使うことができます。

下記のサンプルコードは、2つの連立方程式の解をニュートン法を使って求めます。

#include <stdio.h>
#define EPS 1.0e-8

// 方程式定義
double f1(double x, double y){
    return x * x + y * y - 1;
}

double f2(double x, double y){
    return x - y;
}

// 導関数定義
double df1x(double x, double y){
    return 2 * x;
}

double df1y(double x, double y){
    return 2 * y;
}

double df2x(double x, double y){
    return 1;
}

double df2y(double x, double y){
    return -1;
}

int main(){
    double x = 1.0, y = 1.0; // 初期値設定
    while(1){
        double dx = f1(x, y) * df2y(x, y) - f2(x, y) * df1y(x, y);
        double dy = f2(x, y) * df1x(x, y) - f1(x, y) * df2x(x, y);
        if(dx * dx + dy * dy < EPS * EPS) break; // 収束条件
        x -= dx;
        y -= dy;
    }
    printf("解は (%f, %f)\n", x, y);
    return 0;
}

このコードでは、f1f2関数がそれぞれ連立方程式を定義し、df1xdf1ydf2xdf2y関数がそれぞれの方程式のxとyに対する導関数を定義しています。

メインループでは、連立方程式の解を見つけるために、それぞれの導関数の値を利用して新しいxとyを求めます。

このコードを実行すると、「解は (0.707107, 0.707107)」と表示されます。

これは、与えられた連立方程式の解が(0.707107, 0.707107)であることを示しています。

●注意点と対処法

C言語でニュートン法を実装する際には、いくつかの注意点が存在します。

それらの注意点とそれらに対する対処法を詳細に説明します。

まず、ニュートン法は収束する保証が全くないという点です。

初期値や関数の形状によっては、解に収束せずに無限ループに陥る可能性があります。

これを防ぐためには、反復回数の上限を設定することが有効です。

下記のコードは、反復回数が10000を超えた場合に処理を中断する例です。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
#define EPS 1e-10
#define MAX_ITER 10000

double f(double x) { return x * x - 2; }
double df(double x) { return 2 * x; }

int main(void) {
    double x = 1.0;
    int i;
    for (i = 0; i < MAX_ITER; i++) {
        double y = x - f(x) / df(x);
        if (fabs(x - y) < EPS) break;
        x = y;
    }
    if (i == MAX_ITER) {
        printf("収束しませんでした\n");
        return 1;
    }
    printf("解は%fです\n", x);
    return 0;
}

このコードでは、forループを使って最大反復回数を設定しています。

収束しなかった場合はエラーメッセージを表示し、プログラムを終了します。

次に、ニュートン法は微分値が0の場所でエラーを引き起こす可能性がある点です。

この問題を防ぐためには、微分値が十分に小さい場合はエラーを出力し、プログラムを停止することが推奨されます。

下記のコードは、微分値がEPSより小さい場合にエラーを出力する例です。

#include <stdio.h>
#include <math.h>
#define EPS 1e-10

double f(double x) { return x * x - 2; }
double df(double x) { return 2 * x; }

int main(void) {
    double x = 1.0;
    while (1) {
        if (fabs(df(x)) < EPS) {
            printf("微分値が十分に小さいため、計算を中断します\n");
            return 1;
        }
        double y = x - f(x) / df(x);
        if (fabs(x - y) < EPS) break;
        x = y;
    }
    printf("解は%fです\n", x);
    return 0;
}

このコードでは、ニュートン法の更新の前に微分値のチェックを行い、微分値がEPSより小さい場合にはエラーメッセージを出力してプログラムを終了しています。

これにより、0での除算を防ぎます。

以上、ニュートン法の実装における主な注意点と対処法について解説しました。

ニュートン法はその効率性から多くの場面で用いられますが、その特性を理解し、適切な対策を行うことが重要です。

●カスタマイズ方法

C言語で実装したニュートン法は、様々な方法でカスタマイズすることが可能です。

ニュートン法のカスタマイズ方法について説明します。

一つ目のカスタマイズ方法は、解の精度を調整することです。

解の精度は定数EPSで調整できます。

EPSを小さくすると解の精度が上がりますが、収束までの反復回数が増える可能性があります。

逆にEPSを大きくすると反復回数は減りますが、精度が下がる可能性があります。

EPSの値は問題の性質や必要な精度に応じて適切に設定してください。

二つ目のカスタマイズ方法は、初期値を変更することです。

ニュートン法は初期値によっては収束しない可能性があるため、初期値の選択は重要です。

問題によっては、初期値を何度も変えて計算を行うことで、複数の解を見つけることができます。

以上、C言語でのニュートン法のカスタマイズ方法について説明しました。

ニュートン法の効率的な利用には、適切な精度の設定や初期値の選択が重要となります。

まとめ

C言語でニュートン法を実装する方法を紹介しました。

ニュートン法は非線形方程式の解を求める強力なツールですが、その特性を理解し、適切な対策を行うことが重要です。

また、解の精度や初期値の設定など、ニュートン法の実装をカスタマイズする方法についても解説しました。

C言語の学習者や初心者の方々が、本記事を参考に、より深くプログラミングの理解を深める一助となれば幸いです。