C言語における要素数の取得法!初心者でも理解できる7つのステップ

C言語の配列における要素数の取得方法を説明するイラストC言語
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

今日、私たちは、C言語で配列の要素数を取得する方法を学びます。

この記事は初心者向けに書かれており、説明は基本的なステップから始まります。

特に、「C言語での要素数の取得方法」、「注意点と対処法」、「カスタマイズ方法」、「応用例とサンプルコード」などのトピックに焦点を当てています。

●C言語とは

C言語は、1970年代初頭にAT&Tベル研究所で開発された汎用プログラミング言語です。

その設計の主な目的は、オペレーティングシステムを開発するための効率的な言語を提供することでした。

そのため、C言語はシステムプログラミングを主な用途としていますが、その効率性と柔軟性から、さまざまなアプリケーションで広く使用されています。

●C言語での要素数の取得方法

配列の要素数を取得するには、配列の全体の大きさを配列の一要素の大きさで割るという基本的な方法があります。

この方法は、配列が確保されたスコープ内でのみ機能します。

次に、この基本的な取得方法を見てみましょう。

○サンプルコード1:基本的な取得方法

#include <stdio.h>

int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int count = sizeof(array) / sizeof(array[0]);

    printf("配列の要素数は %d です。\n", count);

    return 0;
}

このコードでは、整数型の配列arrayを定義し、その要素数をcountという変数に格納しています。

sizeof演算子を使って配列全体の大きさを取得し、それを配列の1要素の大きさで割って要素数を得ています。

最後に、その結果を出力します。

このコードを実行すると、「配列の要素数は 5 です。」と表示されます。

しかし、この方法は配列が関数に渡された場合、または関数の外部で宣言された場合には機能しません。

なぜなら、関数に配列を渡すと、その配列はポインタとして扱われ、その大きさはポインタの大きさとなります。

これを解決するために、関数を使用して要素数を取得する方法を見てみましょう。

○サンプルコード2:関数を用いた取得方法

#include <stdio.h>

int getArraySize(int* array, int arraySize) {
    return arraySize / sizeof(array[0]);
}

int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int count = getArraySize(array, sizeof(array));

    printf("配列の要素数は %d です。\n", count);

    return 0;
}

このコードでは、getArraySizeという関数を作成し、その中で要素数の計算を行っています。

配列とそのサイズを引数として受け取り、そのサイズを配列の1要素の大きさで割ることで要素数を取得しています。

このコードを実行すると、「配列の要素数は 5 です。」と表示されます。

●注意点と対処法

さて、C言語で配列の要素数を取得する上で、特に注意すべき2つのポイントを見てみましょう。

○注意点1:配列とポインタの違い

C言語では、配列名はその配列の最初の要素へのポインタとして扱われます。

しかし、配列とポインタは本質的に異なります。

ポインタはメモリのアドレスを保持する一方、配列はメモリ内の一連の値を保持します。

配列を関数に渡すと、その配列はポインタとして扱われます。

そのため、関数内でsizeof演算子を使用しても、ポインタの大きさしか取得できません。

その大きさは通常、システムによりますが、32ビットシステムでは4バイト、64ビットシステムでは8バイトとなります。

この問題を解決するためには、配列の大きさを別の引数として関数に渡すか、固定サイズの配列を使用することが考えられます。

○注意点2:ダイナミック配列の扱い

ダイナミック配列(メモリ確保を実行時に行う配列)では、sizeof演算子を使用して要素数を取得することはできません。

なぜなら、sizeof演算子はコンパイル時に配列のサイズを取得するもので、実行時にメモリが確保されるダイナミック配列には適用できないからです。

この問題を解決するためには、要素数を保持する別の変数を使用することが一般的です。

メモリを動的に確保するときには、要素数を明示的に管理することが重要です。

●カスタマイズ方法

C言語では、要素数を取得するための組み込みの関数はありませんが、我々自身でそのような関数を作成することは可能です。

○カスタマイズ例1:要素数を取得する関数の作成

#include <stdio.h>

int getElementCount(int* array, int arraySize) {
    return arraySize / sizeof(array[0]);
}

int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int count = getElementCount(array, sizeof(array));

    printf("配列の要素数は %d です。\n", count);

    return 0;
}

このコードでは、getElementCountという関数を作成しています。

この関数は、配列とそのサイズを引数として受け取り、そのサイズを配列の1要素の大きさで割ることで要素数を取得します。

このコードを実行すると、「配列の要素数は 5 です。」と表示されます。

○カスタマイズ例2:要素数を返すマクロの作成

#include <stdio.h>

#define GET_ELEMENT_COUNT(array) (sizeof(array) / sizeof(array[0]))

int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int count = GET_ELEMENT_COUNT(array);

    printf("配列の要素数は %d です。\n", count);

    return 0;
}

このコードでは、GET_ELEMENT_COUNTというマクロを定義しています。

このマクロは、配列を引数として受け取り、そのサイズを配列の1要素の大きさで割ることで要素数を取得します。

マクロはプリプロセッサによってコードがコンパイルされる前に評価されるため、配列のサイズが既知の場合に有効です。

このコードを実行すると、「配列の要素数は 5 です。」と表示されます。

●応用例とサンプルコード

配列の要素数を知ることは、ループ処理やデータ構造の操作など、多くの場面で有用です。

○応用例1:要素数を利用したループ処理

#include <stdio.h>

int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int count = sizeof(array) / sizeof(array[0]);

    for(int i = 0; i < count; i++) {
        printf("配列の要素%d: %d\n", i, array[i]);
    }

    return 0;
}

このコードでは、配列の要素数を取得し、その要素数を上限としたループを実行しています。

このループ内では、配列の各要素を出力します。

このコードを実行すると、「配列の要素0: 1」から「配列の要素4: 5」までが順に出力されます。

○応用例2:要素数を用いたデータ構造の操作

#include <stdio.h>

void reverseArray(int* array, int count) {
    for(int i = 0; i < count / 2; i++) {
        int temp = array[i];
        array[i] = array[count - i - 1];
        array[count - i - 1] = temp;
    }
}

int main() {
    int array[] = {1, 2, 3, 4, 5};
    int count = sizeof(array) / sizeof(array[0]);

    reverseArray(array, count);

    for(int i = 0; i < count; i++) {
        printf("配列の要素%d: %d\n", i, array[i]);
    }

    return 0;
}

このコードでは、reverseArrayという関数を使用して配列の要素を逆順にしています。

配列とその要素数を引数として受け取り、配列の要素を逆順に交換します。

その後、改めて要素数を利用したループで配列の各要素を出力します。

このコードを実行すると、「配列の要素0: 5」から「配列の要素4: 1」までが順に出力されます。

まとめ

この記事では、C言語で配列の要素数を取得する方法について紹介しました。

特に、基本的な取得方法、関数を使用した取得方法、配列とポインタの違い、ダイナミック配列の扱い、カスタマイズ方法、応用例について詳しく説明しました。

これらの知識を活用することで、C言語でのプログラミングがよりスムーズになることでしょう。

引き続き学習を進めて、さまざまなプログラミングテクニックを習得してください。