Verilogをマスター!5つのステップでタイマーを作成しよう

Verilogを用いてタイマーを作成する5つのステップVerilog
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

ハードウェア記述言語の1つであるVerilogを使用して、自分だけのタイマーを作成する方法について解説します。

Verilogは、デジタル回路の設計や検証に広く使用されています。

この記事では、Verilogの基本的な概念から始め、具体的なタイマーの作成方法を5つのステップで説明します。

さらに、それぞれのステップでの注意点や対処法、さらにはカスタマイズの方法も紹介します。

●Verilogとは

Verilogは、ハードウェア記述言語 (HDL) の一つで、デジタル回路の設計と検証を行うための言語です。

その柔軟性と強力な記述能力により、産業界で広く使用されています。

○Verilogの基本概念

Verilogの設計は、モジュールと呼ばれる基本単位から構成されます。

モジュールはデジタル回路の各部分を表現し、それらが接続されることで複雑な回路が形成されます。

また、Verilogでは、変数の型に合わせて、信号を生成・操作するための演算子が提供されています。

○Verilogの重要な文法

Verilogの重要な文法の一つに、alwaysブロックがあります。

これは特定の条件下で実行される一連の命令を記述するためのブロックで、主にクロック信号の立ち上がりや立ち下がり時に用いられます。

もう一つの重要な文法は、if文です。

if文を使うことで、特定の条件が満たされたときだけ特定の処理を行う、といった制御を行うことができます。

●Verilogを用いたタイマーの作成方法

タイマーの作成は、次の5つのステップで行います。

○ステップ1:モジュールの定義

Verilogの設計はモジュール単位で行われます。

まずはタイマーを表現するモジュールを定義します。

このモジュールでは、タイマーの動作に必要な信号(入力信号、出力信号)を定義します。

○ステップ2:クロック信号の生成

タイマーの動作は、クロック信号に同期して行われます。

このステップでは、クロック信号を生成する方法を説明します。

クロック信号は、特定の周期で繰り返し立ち上がりと立ち下がりを繰り返す信号で、通常は外部から与えられます。

○ステップ3:カウンタの実装

タイマーの主要な部分であるカウンタを実装します。

カウンタは、クロック信号の立ち上がり毎に値を増やす回路で、これにより経過時間を計測します。

○ステップ4:タイムアウト判定の追加

タイマーの時間が経過したかどうかを判断するため、タイムアウト判定を追加します。

この判定は、カウンタの値が設定値に達したらタイムアウトと判断します。

○ステップ5:タイマーのリセット

最後に、タイマーのリセット機能を追加します。

リセット信号が入力された時に、タイマーのカウンタを初期状態に戻す機能を実装します。

●Verilogタイマーのサンプルコードとその説明

実際のコードを見ることで、これまで学んだ理論がどのように応用されるのかを理解することができます。

それでは、Verilogを用いて様々な種類のタイマーを作成するためのサンプルコードを提供します。

○サンプルコード1:シンプルなタイマー

このコードでは、基本的なタイマーの設計を示しています。

この例では、クロック信号をカウントし、一定のカウント値に達したら出力を変化させる単純なタイマーを作成しています。

module timer (input wire clk, output reg q);

    reg [31:0] counter;  // 32-bit カウンタ

    always @(posedge clk) begin
        counter <= counter + 1;  // カウンタをインクリメント
        if (counter == 100000000) begin  // カウンタが一定値に達したら
            q <= !q;  // 出力を反転
            counter <= 0;  // カウンタをリセット
        end
    end

endmodule

上記のコードは、クロック信号の立ち上がりエッジが来るたびに32ビットのカウンタをインクリメントします。

カウンタが一定の値(この例では100000000)に達すると、出力qを反転させ、カウンタをゼロにリセットします。

これにより、定期的に出力を切り替えるタイマーを実装できます。

○サンプルコード2:リセット可能なタイマー

次に、外部からリセット信号を受け取ってタイマーをリセットできるようにしたコードを紹介します。

この例では、リセット信号を監視し、リセットがアクティブになった場合にタイマーをリセットします。

module timer (input wire clk, input wire reset, output reg q);

    reg [31:0] counter;  // 32-bit カウンタ

    always @(posedge clk or posedge reset) begin
        if (reset) begin  // リセットがアクティブなら
            counter <= 0;  // カウンタをリセット
            q <= 0;  // 出力もリセット
        end
        else begin  // リセットが非アクティブなら
            counter <= counter + 1;  // カウンタをインクリメント
            if (counter == 100000000) begin  // カウンタが一定値に達したら
                q <= !q;  // 出力を反転
                counter <= 0;  // カウンタをリセット
            end
        end
    end

endmodule

このコードでは、リセット信号がアクティブになった場合、即座にカウンタと出力をリセットします。

これにより、外部からタイマーをリセットして再開することが可能となります。

○サンプルコード3:一定時間後にアラームを出すタイマー

最後に、一定時間経過後に一度だけアラームを出力するタイマーを実装したコードを紹介します。

この例では、カウンタが設定値に達したら一度だけアラームを出力し、それ以降はカウントを停止します。

module timer (input wire clk, output reg alarm);

    reg [31:0] counter;  // 32-bit カウンタ
    wire isTimeout = (counter == 100000000);  // タイムアウト判定

    always @(posedge clk) begin
        if (!isTimeout) begin  // タイムアウトしていなければ
            counter <= counter + 1;  // カウンタをインクリメント
        end
    end

    assign alarm = isTimeout;  // タイムアウトしたらアラームを出力

endmodule

こちらのコードでは、カウンタが設定値に達したらアラーム信号を出力し、それ以降はカウントを停止します。

これにより、一定時間経過後に一度だけアラームを出力するタイマーを実装できます。

●Verilogタイマーの応用例

ここでは、Verilogを用いたタイマーの具体的な応用例を2つ紹介します。

これらの例はあくまで一部ですが、これを基にしてVerilogの可能性を広げてみてください。

○応用例1:ハードウェアテストに使用する

最初の応用例として、Verilogタイマーを用いたハードウェアテストのシナリオを紹介します。

ハードウェアテストは、ハードウェアの動作を確認するために行われ、特に新たなデザインや修正後のハードウェアの確認に用いられます。

このとき、タイマーは異常な動作を検出するための時間制限を設定するために役立ちます。

例えば、次のコードは、ハードウェアの動作を1秒間観察し、その間にエラーフラグが立った場合にはテストを失敗とするシナリオを記述しています。

module test_scenario;
  reg clk, reset, error;
  wire timeout;

  // タイマーの定義 (1秒間)
  Timer #(1_000_000) timer (.clk(clk), .reset(reset), .timeout(timeout));

  initial begin
    // クロック信号の生成
    forever #5 clk = ~clk;
  end

  initial begin
    // テストシナリオ
    reset <= 1;
    #10 reset <= 0;
    @(negedge clk) if (error) $display("Test failed.");
    @(negedge clk) if (timeout) $display("Test passed.");
  end
endmodule

このコードでは、1秒間のタイマーを定義し、その時間内にエラーフラグが立つことなくタイマーがタイムアウトするとテストが成功と表示されます。

○応用例2:データ転送のタイミングを制御する

Verilogタイマーはデータ転送のタイミングを制御するのにも使えます。

たとえば、特定のデータを一定時間ごとに送信するようなタスクを実現できます。

下記のコードは、1秒ごとにデータを送信するシナリオを表しています。

module data_transmitter;
  reg clk, reset;
  wire timeout;
  reg [7:0] data;

  // タイマーの定義 (1秒間)
  Timer #(1_000_000) timer (.clk(clk), .reset(reset), .timeout(timeout));

  initial begin
    // クロック信号の生成
    forever #5 clk = ~clk;
  end

  initial begin
    reset <= 1;
    #10 reset <= 0;
    data <= 8'd0;
  end

  always @(negedge clk) begin
    if (timeout) begin
      $display("Data sent: %d", data);
      data <= data + 1;
      reset <= 1;
      #1 reset <= 0;
    end
  end
endmodule

このコードでは、1秒ごとにデータを送信し、送信したデータはその都度1ずつ増えていきます。

データが送信されるたびに、タイマーはリセットされ、次の1秒間のタイミングを計測し始めます。

●Verilogタイマーを作成する際の注意点と対処法

Verilogでタイマーを設計する際にはいくつかの注意点が存在します。

ここでは、主に二つの注意点を挙げ、それぞれについて詳細な解説と対処法を提供します。

○注意点1:クロック周波数とタイマーの精度

Verilogタイマーの設計において最も重要な要素の一つがクロック周波数です。

タイマーの精度は、使用するクロック信号の周波数に直接依存します。

クロック信号の周波数が高いほど、タイマーの精度は向上しますが、クロック信号の周波数が低いと、タイマーの精度が落ちる可能性があります。

対処法としては、まずタイマーの精度を上げるためにはクロック信号の周波数を上げることが基本的な解決策です。

しかし、クロック信号の周波数が高すぎると、ハードウェアの電力消費が増加したり、ハードウェアが過熱する可能性があります。

そのため、クロック信号の周波数を上げる場合は、ハードウェアの仕様を十分に理解して、適切な範囲内で調整することが重要です。

また、クロック信号のジッタ(クロック信号の振動)もタイマーの精度に影響を与えます。

ジッタが大きいと、タイマーの精度が低下する可能性があります。

そのため、高精度のタイマーを設計する場合は、クロック信号源から生じるジッタを最小限に抑えることが重要です。

○注意点2:タイマーのリセットについて

Verilogでタイマーを設計する際には、タイマーのリセット機能についても注意が必要です。

タイマーは特定の時間が経過した後にリセットする必要がありますが、そのタイミングを制御するためのロジックを設計することが求められます。

対処法としては、タイマーが指定した時間を超えた場合に自動的にリセットするロジックを実装することです。

例えば、カウンタの値が指定の値に達したらリセット信号を発生させるなどの方法が考えられます。

Verilogでタイマーをリセットするロジックを実装したサンプルコードを紹介します。

// このコードでは、100クロック後にタイマーをリセットするロジックを実装しています。
module timer #(parameter WIDTH = 8) (input wire clk, input wire rst, output reg [WIDTH-1:0] count);
    always @(posedge clk or posedge rst) begin
        if (rst) begin
            count <= 0;
        end else if (count == 100) begin  // カウンタが100に達したらリセット
            count <= 0;
        end else begin
            count <= count + 1;
        end
    end
endmodule

この例では、rst入力信号またはカウンタが100に達したときにカウンタをリセットしています。

その結果、カウンタは0から99までの値を順に出力し、100に達したときに自動的に0に戻ります。

●Verilogタイマーのカスタマイズ方法

ここでは、Verilogタイマーをより効率的に使用するための具体的なカスタマイズ手法を2つ紹介します。

○注意点1:クロック周波数とタイマーの精度

まず、タイマーの時間を調整する方法を紹介します。

一般的なタイマーでは、特定の時間が経過したことを示すために使用されますが、その時間はプログラムによって異なることがあります。

そのため、タイマーの時間を具体的に設定することで、さまざまな状況に対応することができます。

下記のコードは、カウンタの値を変更することでタイマーの時間を調整する一例です。

module timer #(parameter WIDTH = 16) (input wire clk, input wire reset, output reg done);
    reg [WIDTH-1:0] count;

    always @(posedge clk or posedge reset) begin
        if(reset) begin
            count <= 0;
            done <= 0;
        end
        else if(count == WIDTH-1) begin
            count <= 0;
            done <= 1;
        end
        else begin
            count <= count + 1;
            done <= 0;
        end
    end
endmodule

このコードでは、パラメータWIDTHを用いてタイマーの時間を調整しています。

WIDTHの値が大きくなるほど、タイマーの時間も長くなるという関係性があります。

たとえば、WIDTHを16から32に変更すると、タイマーの時間は約2倍になります。

○注意点2:タイマーのリセットについて

次に、タイマーの動作モードを変更する方法を紹介します。

この方法は、特定の条件下でタイマーの動作を制御したい場合に有用です。

例えば、タイマーが一度時間を満了したら停止するシングルショットモードや、時間を満了する度に自動的に再スタートするリピートモードなどがあります。

下記のコードは、タイマーの動作モードを制御する一例です。

module timer #(parameter WIDTH = 16, parameter MODE = 0)
(input wire clk, input wire reset, output reg done);
    reg [WIDTH-1:0] count;

    always @(posedge clk or posedge reset) begin
        if(reset) begin
            count <= 0;
            done <= 0;
        end
        else if(count == WIDTH-1) begin
            if(MODE) begin
                count <= 0;
            end
            done <= 1;
        end
        else begin
            count <= count + 1;
            done <= 0;
        end
    end
endmodule

このコードでは、パラメータMODEを用いてタイマーの動作モードを制御しています。

MODEが0の場合はシングルショットモード、1の場合はリピートモードとなります。

これにより、タイマーの動作モードをプログラムの要件に応じて簡単に変更することが可能です。

以上がVerilogタイマーのカスタマイズ方法になります。

これらのカスタマイズ方法を用いることで、さまざまなシチュエーションに対応可能なタイマーを設計できるようになります。

適切なパラメータ設定を行い、より効率的にタイマーを活用してみてください。

まとめ

この記事ではVerilogでタイマーを作成し、それをカスタマイズする方法について説明してきました。

これらの知識を元に、Verilogを用いてさまざまなタイマーの設計に挑戦してみてください。

新たな問題に遭遇したときは、ここで学んだ基本概念やステップを再度参照し、それを解決のヒントにしてみてください。

それでは、Verilogをマスターし、新たなデジタル設計の世界を探求してみてください。