5ステップで理解する!Verilogの等号演算子入門と活用法 – JPSM

5ステップで理解する!Verilogの等号演算子入門と活用法

プログラミング言語Verilogの等号演算子についての詳細な説明とサンプルコードが記載された記事のサムネイルVerilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング言語の中でも、Verilogは電子システムの設計やテストに頻繁に用いられます。

この言語は、ハードウェア記述言語(HDL)として知られ、特にデジタル回路の設計で役立ちます。

今回の記事では、Verilogの等号演算子に焦点を当て、その基本的な使い方から応用例、注意点、カスタマイズ方法までを初心者向けに解説します。

5つのステップで、Verilogの等号演算子をしっかりと理解し、活用することができるようになることを目指します。

●Verilogとは

Verilogは、ハードウェア記述言語として知られるもので、デジタルシステムの設計やモデリングに使われます。

Verilogが広く使われるようになったのは、その卓越したシミュレーション能力と合理的な設計手法によるものです。

設計者は、モジュールの抽象化、信号レベルでのモデリング、ハードウェアの同時操作を表現できるなど、多くの利点を享受できます。

○Verilogの基本概念

Verilog言語は、モジュールと呼ばれる単位でデジタルシステムを表現します。

モジュールは、回路やロジックを定義するのに用いられ、他のモジュール内で再利用可能です。

さらに、各モジュールは入力、出力、バイディレクショナル(入出力両方)の信号を持ちます。

●等号演算子とは

Verilogにおける等号演算子は、他のプログラミング言語と同様、変数に値を割り当てるためのものです。

しかし、Verilogでは二つの等号演算子が存在します:ブロッキング代入(‘=’)とノンブロッキング代入(‘<=’)。

○等号演算子の基本

ブロッキング代入(‘=’)は、割り当てが完了するまで次のステートメントの実行をブロックします。

一方、ノンブロッキング代入(‘<=’)は、割り当てが完了するのを待たずに次のステートメントを実行します。

○等号演算子の使い方

ブロッキング代入は組み合わせ回路の設計に、ノンブロッキング代入は順序回路の設計に一般的に使われます。

●等号演算子の詳細な使い方

ここからは、実際のサンプルコードを通じて等号演算子の使い方を見ていきましょう。

○サンプルコード1:等号演算子の基本的な使用方法

このコードでは、ブロッキング代入を使って変数に値を割り当てる基本的な使い方を紹介します。

この例では、’a’と’b’に値を割り当て、’a’と’b’の和を’c’に割り当てています。

module example;
  reg a, b;
  wire c;

  initial begin
    a = 0;
    b = 1;
    c = a + b;
  end
endmodule

上記のコードを実行すると、変数’a’と’b’にそれぞれ0と1が割り当てられ、その和である1が’c’に割り当てられます。

○サンプルコード2:等号演算子を用いた条件分岐

次に、等号演算子を用いて条件分岐を行う方法を紹介します。

この例では、’a’の値によって’b’の値を変更しています。

module example;
  reg a, b;

  initial begin
    a = 0;
    b = a ? 1 : 0;
  end
endmodule

このコードを実行すると、’a’の値が0なので、’b’には0が割り当てられます。

○サンプルコード3:等号演算子を用いた計算

等号演算子を用いた計算例を紹介します。

この例では、’a’と’b’の値を用いて論理演算を行い、その結果を’c’に割り当てています。

module example;
  reg a, b;
  wire c;

  initial begin
    a = 0;
    b = 1;
    c = a & b;
  end
endmodule

このコードを実行すると、’a’と’b’のAND演算の結果である0が’c’に割り当てられます。

●等号演算子の応用例

以上で等号演算子の基本的な使い方を見てきましたが、より複雑な計算や、シーケンス制御、モジュール制御などの応用例についても確認していきましょう。

○サンプルコード4:等号演算子を使った複雑な計算

下記のコードでは、等号演算子を用いてより複雑な計算を行っています。

この例では、’a’, ‘b’, ‘d’の値を用いて複数の論理演算を行い、その結果を’c’に割り当てています。

module example;
  reg [1:0] a, b, d;
  wire [1:0] c;

  initial begin
    a = 2'b01;
    b = 2'b10;
    d = 2'b11;
    c = a & b | d;
  end
endmodule

上記のコードを実行すると、’a’と’b’のAND演算の結果と’d’のOR演算の結果が’c’に割り当てられます。

○サンプルコード5:等号演算子を使ったシーケンス制御

次の例では、等号演算子を用いてシーケンス制御を行っています。

この例では、クロック信号に同期してデータを出力しています。

module example;
  reg clk;
  reg [7:0] count;

  always @(posedge clk) begin
    count <= count + 1;
  end
endmodule

このコードを実行すると、クロック信号の立ち上がりエッジごとに’count’の値がインクリメントされます。

○サンプルコード6:等号演算子を使ったモジュール制御

最後に、等号演算子を使ったモジュール制御の例を紹介します。

この例では、入力信号に基づいて異なるモジュールをアクティベートしています。

module example;
  reg [1:0] sel;
  wire out;

  mux2x1 m1(.i0(i0), .i1(i1), .sel(sel), .out(out));

  always @(sel) begin
    if (sel == 2'b00) 
      i0 = 1'b1;
    else if (sel == 2'b01)
      i1 = 1'b1;
  end
endmodule

このコードを実行すると、’sel’の値に応じて’i0’または’i1’が活性化されます。

以上のサンプルコードから、等号演算子がVerilogの設計でどのように用いられるかを理解できたと思います。

●注意点と対処法

等号演算子を使用する際には、次の注意点を頭に入れておくと良いでしょう。

ブロッキング代入(‘=’)は組み合わせ回路の設計に、ノンブロッキング代入(‘<=’)は順序回路の設計に使用します。

混同しないよう注意しましょう。

また、ブロッキング代入とノンブロッキング代入を同じalwaysブロック内で混在させると、予期せぬ結果を生じる可能性があります。

これは、Verilogのスケジューリングセマンティクスに由来する問題で、この問題を避けるためには、一つのalwaysブロック内で同じ種類の代入を使用することをおすすめします。

●カスタマイズ方法

等号演算子の挙動自体をカスタマイズすることはVerilogの言語仕様により不可能ですが、代わりに等号演算子を使用する際の設計パターンをカスタマイズすることが可能です。

○サンプルコード7:等号演算子のカスタマイズ方法

例えば、次のコードでは、複数の入力を持つ多入力MUXを設計しています。

等号演算子を用いて、選択信号に基づいて適切な入力を出力に接続しています。

module mux #(parameter WIDTH = 2, parameter NUM_INPUTS = 4)(
  input [WIDTH-1:0] sel,
  input [NUM_INPUTS*WIDTH-1:0] inputs,
  output [WIDTH-1:0] out
);
  generate
    for (genvar i = 0; i < NUM_INPUTS; i = i + 1) begin : gen_mux
      if (sel == i) begin
        assign out = inputs[i*WIDTH +: WIDTH];
      end
    end
  endgenerate
endmodule

上記のコードを実行すると、選択信号’sel’の値に応じて、適切な入力が出力’out’に接続されます。

このように、等号演算子の使用法をカスタマイズし、設計の柔軟性を高めることが可能です。

まとめ

以上がVerilogの等号演算子の基本的な使い方から詳細な使い方、応用例、注意点、カスタマイズ方法までの説明でした。

この情報を元に、Verilogの等号演算子を効果的に活用し、より効率的で柔軟なデザインを実現しましょう。