初心者もマスターできる!Verilogとハイインピーダンスを活用した5つの魅力的なテクニック – JPSM

初心者もマスターできる!Verilogとハイインピーダンスを活用した5つの魅力的なテクニック

初心者がVerilogとハイインピーダンスを学ぶための記事のイメージVerilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

電子工学やデジタルシステム設計における言語であるVerilogと、その概念であるハイインピーダンスについて、詳しく探求してみましょう。

この記事では、Verilogの基本からハイインピーダンスの活用法まで、初心者にも分かりやすく説明します。

サンプルコードとその詳細な説明を交えながら、あなたがVerilogとハイインピーダンスを使いこなすための具体的な手法を提供します。

●Verilogとは

Verilogは、デジタルシステムや組み込みシステムの設計、検証に広く使われるハードウェア記述言語(HDL)の一つです。

1980年代にGateway Design Automationにより開発され、そのシミュレーション性能と高度な表現力により、エンジニアや研究者から高い評価を受けています。

○Verilogの基本

Verilogの基本的な文法は、C言語に似ています。

ですから、C言語に親しんでいる方はVerilogの学習が容易です。

モジュールという単位で設計を行い、信号の流れを記述することで、デジタル回路の動作を表現します。

また、シミュレーションを行うための機能も充実しており、回路設計だけでなく、その検証も一元的に行えます。

○Verilogの特性

Verilogには次のような特性があります。

一つは、並行処理の記述が可能であること。

デジタル回路は、複数の信号処理が同時に行われる並行性を持つため、この特性は非常に有用です。

また、ビット単位の操作が可能なため、ハードウェアの設計や操作に必要な精緻さを持っています。

●ハイインピーダンスとは

ハイインピーダンスとは、「高い抵抗状態」を意味します。

電子回路におけるハイインピーダンス状態は、回路の一部が他の部分から「切り離された」状態を指します。

ハイインピーダンス状態にある回路は、他の回路から信号を受け取ることはありません。

これは、特定の部分を一時的に無効化したり、回路の動作を制御するために利用されます。

○ハイインピーダンスの理解

ハイインピーダンスは、一見すると難解な概念に思えますが、電子回路の一部を「切り離す」ことを理解すれば良いのです。

例えば、ある信号線がハイインピーダンス状態になると、その信号線は他の回路から影響を受けなくなります。

そのため、特定のタイミングで信号線を切り離すことで、回路の動作を制御することが可能になります。

○ハイインピーダンスの活用

ハイインピーダンスは、Verilogでのプログラミングにおいても重要な役割を果たします。

Verilogでは、’z’ というキーワードを使ってハイインピーダンス状態を表現します。

これを利用して、特定のタイミングで信号線の接続を切り離したり、複数の出力を一つの信号線に接続するトライステートバッファを実装することができます。

●Verilogとハイインピーダンスの使い方

Verilogとハイインピーダンスを組み合わせることで、より高度なシステム設計が可能になります。

それでは、具体的なサンプルコードとその解説を通じて、Verilogとハイインピーダンスの活用方法を解説していきます。

○サンプルコード1:基本的な使い方

下記のコードは、Verilogでのハイインピーダンスの基本的な使い方を表しています。

この例では、出力信号 ‘out’ をハイインピーダンス状態にすることで、他の回路から ‘out’ への影響を遮断しています。

module high_impedance_example(input wire control, output reg out);
always @(control)
  if (control)
    out = 1'b1;
  else
    out = 1'bz; // 'out' をハイインピーダンス状態にします。
endmodule

このコードでは、’control’ 信号に基づいて ‘out’ 信号の状態を制御しています。

‘control’ が1のとき、’out’ は1になります。一方、’control’ が0のとき、’out’ はハイインピーダンス状態(1’bz)になります。

これにより、’out’ の状態が他の回路に影響を及ぼすことを防いでいます。

このコードを実行すると、’control’ 信号の値によって ‘out’ 信号の状態が変化することが確認できます。

‘control’ が1のとき、’out’ は1になります。一方、’control’ が0のとき、’out’ はハイインピーダンス状態になります。

○サンプルコード2:応用例

次に、Verilogとハイインピーダンスを使った応用例を見てみましょう。

下記のコードでは、トライステートバッファを実装しています。

この例では、’control’ 信号によって ‘out’ 信号が ‘in1’ または ‘in2’ のどちらの信号を出力するかを制御しています。

module tristate_buffer_example(input wire control, in1, in2, output reg out);
always @(control, in1, in2)
  if (control)
    out = in1;
  else
    out = in2;
endmodule

このコードでは、’control’ 信号が1のとき、’out’ は ‘in1’ と同じ値を出力します。

一方、’control’ が0のとき、’out’ は ‘in2’ と同じ値を出力します。

このように、ハイインピーダンスを活用することで、一つの信号線に複数の信号を接続し、そのどちらを出力するかを制御することができます。

このコードを実行すると、’control’ 信号の値によって ‘out’ 信号が ‘in1’ または ‘in2’ のどちらの値を出力するかが切り替わることが確認できます。

○サンプルコード3:複雑なケース

Verilogとハイインピーダンスを組み合わせた応用例として、複雑なケースを考えてみましょう。

次のサンプルコードは、4入力のマルチプレクサを実装しています。

module mux4to1_example(input wire [1:0] control, input wire in0, in1, in2, in3, output reg out);
always @(control, in0, in1, in2, in3)
  case (control)
    2'b00: out = in0;
    2'b01: out = in1;
    2'b10: out = in2;
    2'b11: out = in3;
  endcase
endmodule

このコードでは、2ビットの’control’信号を使って、’in0′, ‘in1’, ‘in2’, ‘in3’の4つの入力信号のうちどれを’out’信号として出力するかを制御しています。

‘control’信号が’00’のとき、’out’は’in0’と同じ値を出力します。

同様に、’control’が’01’, ’10’, ’11’のとき、’out’はそれぞれ’in1′, ‘in2’, ‘in3’と同じ値を出力します。

実行結果は、’control’信号の値によって出力される’out’信号の値が変化する様子を観察できます。

たとえば、’control’が’10’で’in2’が1の場合、’out’は1となります。

一方、’control’が’00’で’in0’が0の場合、’out’は0となります。

このように、ハイインピーダンスとVerilogを組み合わせることで、複数の信号の中から任意の信号を選択的に出力するという複雑な制御が可能になります。

○サンプルコード4:ハイインピーダンスを活用した例

ハイインピーダンスを活用した例として、バスに複数のデバイスを接続した場合の制御を考えてみましょう。

次のコードでは、2つのデバイス(デバイスAとデバイスB)が同じバスに接続されているシナリオを模擬しています。

module bus_example(input wire controlA, controlB, input wire dataA, dataB, output wire [7:0] bus);
assign bus = (controlA) ? dataA : 8'bz;
assign bus = (controlB) ? dataB : 8'bz;
endmodule

このコードでは、’controlA’と’controlB’がそれぞれデバイスAとデバイスBの制御信号を表しています。

これらの制御信号により、どちらのデバイスがバスにデータを出力するかが決定されます。

制御信号が1であれば、そのデバイスのデータがバスに出力されます。

制御信号が0であれば、そのデバイスはバスにデータを出力せず、バスはハイインピーダンス状態になります。

このコードを実行した結果、’controlA’と’controlB’の両方が0であれば、バスはハイインピーダンス状態になります。

‘controlA’または’controlB’のいずれかが1であれば、そのデバイスのデータがバスに出力されます。

しかし、’controlA’と’controlB’の両方が同時に1になることは避ける必要があります。

それはバス上でデータの衝突を引き起こすからです。

このように、ハイインピーダンスとVerilogを用いることで、一つのバスに複数のデバイスを接続し、そのうちどれがデータを出力するかを柔軟に制御することが可能になります。

○サンプルコード5:応用技法

次に、さらに応用的な技法を見てみましょう。

このケースでは、Verilogのシステム関数を用いて、ハイインピーダンスの状態を判定する方法を説明します。

// サンプルコード5
module top();
  reg [7:0] bus;
  initial begin
    bus = 8'bZ;
    #10;
    if(bus === 8'bZ) $display("High-Z");
    else $display("Not High-Z");
  end
endmodule

このコードでは、8ビットバスをハイインピーダンスの状態に設定し、その後、バスがハイインピーダンスかどうかを判定しています。

$display関数はVerilogのシステム関数で、文字列や変数の内容を出力するのに使います。

‘===’演算子は、値だけでなく、それがハイインピーダンス状態かどうかも判定するために使用します。

このコードを実行すると、”High-Z”と表示されます。

これは、バスがハイインピーダンスの状態であることを表しています。

このように、Verilogのシステム関数と特殊な演算子を用いて、ハイインピーダンスの状態を活用する応用的なテクニックも存在します。

注意すべきは、これらの関数や演算子が、シミュレーション専用であり、合成可能なコードには含めることができない点です。

●注意点と対処法

Verilogとハイインピーダンスを活用する際には、いくつか注意すべき点があります。

まず、一つ目はハイインピーダンスの状態が持続すると、ノイズによる誤動作の可能性が高まることです。

これを避けるためには、ハイインピーダンスの状態は必要最低限に留め、可能な限り早く有効な値に戻すことが推奨されます。

また、二つ目の注意点は、Verilogにおいてハイインピーダンスの状態は、主にテストベンチやシミュレーションで使われ、実際のハードウェアでの動作を保証するものではないということです。

具体的なハードウェアでハイインピーダンスを適切に扱うためには、そのハードウェアの特性とドライバの仕様を理解することが重要です。

三つ目の注意点は、ハイインピーダンスを扱う際に、意図せずショートやオープンの状態を引き起こす可能性があることです。

これを避けるためには、回路設計時に信号の流れや接続を慎重に確認する必要があります。

これらの注意点を念頭に置くことで、Verilogとハイインピーダンスの活用がより安全かつ効果的になります。

●カスタマイズ方法

Verilogとハイインピーダンスを活用したプログラミングでは、それぞれのプロジェクトや目的に合わせて、コードをカスタマイズすることが可能です。

例えば、ハイインピーダンスを使って複数のデバイスが同一のバスを共有する場合、適切なタイミングでデバイスがバスをリリースするようにコントロールするコードを書くことができます。

これにより、システム全体の効率とパフォーマンスを向上させることが可能になります。

また、Verilogの強力なシミュレーション機能を利用すれば、ハイインピーダンスの動作をシミュレートして、設計の検証やデバッグを助けることもできます。

ハードウェアが手元にない状況でも、仮想的にハードウェアの動作を検証できるのがVerilogの強みです。

これらのカスタマイズ方法を用いることで、Verilogとハイインピーダンスを最大限に活用することができます。

そして最後に、今回学んだ内容を簡単に振り返ってみましょう。

まとめ

今回は、Verilogとハイインピーダンスを活用したプログラミングについて紹介しました。

ハイインピーダンスとは、電子回路における特殊な状態で、Verilogでは’Z’や’z’で表現されます。

このハイインピーダンスを活用することで、複数のデバイスが同一のバスを共有するなど、様々なシステム設計が可能になります。

また、Verilogのシステム関数や特殊な演算子を用いて、ハイインピーダンスの状態を判定し、その状態を活用する応用的なテクニックについても触れました。

ただし、ハイインピーダンスの活用は注意が必要で、その持続、ハードウェアの特性やドライバの仕様の理解、ショートやオープンの状態の防止といった観点から考慮する必要があります。

Verilogとハイインピーダンスを理解し、適切に活用することで、より効果的なシステム設計が可能になるでしょう。

今後も新たな知識やスキルを磨いて、あなた自身のプロジェクトに活かしてみてください。