初心者でも解る!Verilogで型変換するための8つのステップ

初心者向けVerilog型変換ガイドVerilog
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Verilogと型変換を組み合わせる技術は、初心者のプログラマーにとっては非常に難易度が高いと感じられるかもしれません。

しかし、基本的なステップを理解すれば、それほど複雑ではありません。

この記事では、Verilogでの型変換を初心者でも理解できるように、8つのステップで詳しく解説します。

この記事を通じて、Verilogでの型変換がスムーズに行えるようになることを願っています。

●Verilogと型変換について

○Verilogとは

Verilogは、ハードウェア記述言語(HDL)の一種であり、集積回路やデジタルシステムの設計を行うための言語です。

Verilogを使用すると、デジタル設計の複雑さを抽象化し、設計者が集積回路の動作を正確に記述できます。

○型変換とは

型変換とは、プログラミングで一つのデータ型から別のデータ型に変換することです。

これは、変数のデータ型が元々持っている属性(例えば、整数、実数、文字列など)を、他のデータ型の属性に変換することを指します。

○Verilogでの型変換の重要性

Verilogでは、データ型の間で値を移動したり操作したりする際に型変換が必要となります。

これは、それぞれのデータ型が特定の動作を持ち、特定の値の範囲のみをサポートしているためです。

したがって、Verilogで型変換を理解し使用することは、エラーを防ぎ、プログラムを正確に動作させる上で不可欠です。

●Verilogでの型変換の基本

ここでは、Verilogでの型変換の基本を見ていきましょう。

特に、整数型から実数型への変換、実数型から整数型への変換、および2進数、16進数、10進数間の変換について解説します。

○整数型から実数型への変換

Verilogでは、整数型から実数型への型変換は、キーワード’real’を用いて行います。

変換は次のように行われます。

integer a = 10;  // 整数型変数
real b;  // 実数型変数

b = real(a);  // 整数型から実数型への変換

このコードでは整数型変数aに値10を代入し、その値を実数型変数bへと型変換しています。

この例では整数10を実数10.0に変換しています。

○実数型から整数型への変換

実数型から整数型への変換は、キーワード ‘integer’ を使って行います。

real a = 10.5;  // 実数型変数
integer b;  // 整数型変数

b = integer(a);  // 実数型から整数型への変換

このコードでは実数型変数aに値10.5を代入し、その値を整数型変数bへと型変換しています。

この例では実数10.5を整数10に変換しています。

○2進数、16進数、10進数間の変換

Verilogでは、基数を指定することで2進数、16進数、10進数間での変換を容易に行うことができます。

基数は数値の前に ‘b’ (2進数)、’h’ (16進数)、または ‘d’ (10進数)を付けることで指定します。

// 2進数から10進数への変換
integer a = 'b1010;  // 2進数1010は10進数で10

// 16進数から10進数への変換
integer b = 'hA;  // 16進数Aは10進数で10

このコードでは2進数’1010’を10進数10に、16進数’A’を10進数10に変換しています。

○サンプルコード1:整数型から実数型への変換

Verilogで整数型から実数型への変換を行う基本的な手法を、サンプルコードを交えて説明します。

このコードは、整数型の変数を実数型に変換する具体的な例を表しています。

具体的には、整数型の値を持つ変数int_valueを実数型のreal_valueに変換します。

module TypeConversion;

  integer int_value = 7;
  real real_value;

  initial begin
    // 整数型から実数型への変換
    real_value = real(int_value);
    $display("Real Value: %f", real_value);
  end

endmodule

このサンプルコードでは、整数型から実数型への変換を行うために、real関数を用いています。

real関数に整数型の変数int_valueを引数として渡すことで、その整数値を実数に変換し、結果をreal_valueに代入しています。

このコードを実行すると、実数型の変数real_valueの値が出力されます。

実数型に変換された後のreal_valueの値を表示するためには、$display関数のフォーマット指定子として%fを使用します。

これにより、整数7は実数7.000000として出力されます。

○サンプルコード2:実数型から整数型への変換

次に、Verilogで実数型から整数型への変換を行う基本的な手法を、サンプルコードを交えて説明します。

このコードでは、実数型の変数を整数型に変換する具体的な例を表しています。

具体的には、実数型の値を持つ変数real_valueを整数型のint_valueに変換します。

module TypeConversion;

  real real_value = 7.3;
  integer int_value;

  initial begin
    // 実数型から整数型への変換
    int_value = integer(real_value);
    $display("Integer Value: %d", int_value);
  end

endmodule

このサンプルコードでは、実数型から整数型への変換を行うために、integer関数を用いています。

integer関数に実数型の変数real_valueを引数として渡すことで、その実数値を整数に変換し、結果をint_valueに代入しています。

このコードを実行すると、整数型の変数int_valueの値が出力されます。

整数型に変換された後のint_valueの値を表示するためには、$display関数のフォーマット指定子として%dを使用します。

これにより、実数7.3は整数7として出力されます。

このように、実数から整数への変換では、小数部分は切り捨てられることに注意が必要です。

○サンプルコード3:2進数、16進数、10進数間の変換

次に進む前に、2進数、16進数、および10進数間の変換を扱います。

これはVerilogでのコーディングにおいて、データの表現形式を理解し、適切に利用するために必要となります。

では、具体的なコードを見ていきましょう。

module number_systems;
    // 10進数を16進数と2進数に変換
    initial begin
        reg [31:0] decimal_number = 32'd15; // 10進数15
        $display("16進数: %h, 2進数: %b", decimal_number, decimal_number);
    end
endmodule

このコードでは、regデータ型を用いて10進数15を表現しています。

その値を16進数と2進数に変換して表示しています。%hおよび%bはそれぞれ16進数と2進数の書式指定子です。

このコードを実行すると、次の結果が得られます。

16進数: F, 2進数: 1111

実行結果を見て分かる通り、10進数15は16進数ではF、2進数では1111と表示されます。

Verilogでは、16進数や2進数を簡単に扱うことができます。

データの表現や計算の際に、適切な数値表現を選択することで効率的にプログラムを作成することが可能です。

さて、逆に2進数や16進数を10進数に変換する場合はどうでしょうか。

次のコードを見てみましょう。

module number_systems_reverse;
    // 16進数と2進数を10進数に変換
    initial begin
        reg [31:0] hex_number = 32'hF; // 16進数F
        reg [31:0] binary_number = 32'b1111; // 2進数1111
        $display("10進数: %d, 10進数: %d", hex_number, binary_number);
    end
endmodule

ここでは、初めに16進数Fと2進数1111を定義しています。

そしてそれぞれを10進数に変換して表示しています。書式指定子%dを使うことで、10進数に変換されます。

このコードを実行すると、次の結果が得られます。

10進数: 15, 10進数: 15

見ての通り、16進数Fと2進数1111はどちらも10進数では15となります。

このように、Verilogでは2進数、16進数、10進数の間で簡単に変換することができます。

●Verilogでの型変換の応用

Verilogの型変換は、基本的な操作だけでなく、さまざまな応用的な場面でも活用できます。

実際のプロジェクトにおける型変換の例を一緒に見ていきましょう。

○実際のプロジェクトでの型変換の例

例えば、センサからのデータを処理する際には、センサからの生の出力が整数型である一方、そのデータを基に行われる計算が実数型で行われることがあります。

このような場合、データを実数型に変換することで、正確な計算を行うことができます。

また、通信プロトコルを実装する際にも、異なるデータ形式間での型変換が必要になります。

特定のプロトコルは、特定のデータ形式でデータを送受信することが求められるため、データの形式を適切に変換することで、異なるデバイス間での通信を可能にします。

さらに、Verilogを使用してアルゴリズムを実装する際にも、型変換は欠かせません。複雑な計算を行う際には、整数型、実数型、ビットベクトル型など、さまざまなデータ形式が混在することがあります。

適切な型変換により、これらのデータを適切に扱うことで、アルゴリズムを正確に実装できます。

○サンプルコード4:応用型変換例1

下記のサンプルコードでは、センサからの整数型のデータを実数型に変換し、それを基に温度を計算する一例を紹介します。

この例では、センサから得られる原始的な値(raw_value)を実数型に変換し、それを用いて温度(temperature)を計算しています。

module top;
  reg [15:0] raw_value;  // センサからの原始的な値
  real temperature;  // 温度

  always @(raw_value) begin
    temperature = $itor(raw_value) * 0.01;  // 型変換と温度の計算
  end
endmodule

このコードでは、センサからの原始的な値(raw_value)が更新されるたびに、それを実数型に変換してから温度を計算します。

このように、Verilogでは整数型を実数型に変換するために $itor 関数を用い、それを基に具体的な計算を行います。

○サンプルコード5:応用型変換例2

次に、通信プロトコルを実装する一例を見てみましょう。

下記のサンプルコードでは、ネットワーク上で送受信されるパケットのヘッダ部分(header)とペイロード部分(payload)を扱う一例を表しています。

この例では、ヘッダ部分は整数型で、ペイロード部分はビットベクトル型となっています。

module top;
  reg [31:0] packet;  // パケット
  reg [7:0] header;  // ヘッダ部分
  reg [23:0] payload;  // ペイロード部分

  always @(packet) begin
    header = packet[31:24];  // ヘッダ部分の取得
    payload = packet[23:0];  // ペイロード部分の取得
  end
endmodule

このコードでは、パケット(packet)が更新されるたびに、そのヘッダ部分(header)とペイロード部分(payload)を取得します。

これらの部分はそれぞれ別のデータ形式であるため、適切なビット範囲を指定して取得します。

このように、Verilogではビット範囲を指定することで、異なるデータ形式間での型変換を行うことができます。

●Verilogでの型変換の注意点

型変換は、プログラミングの基本中の基本とも言える概念であり、特にVerilogにおいてはその重要性が高まります。

しかし、何事も適切な知識と理解があって初めて、効果的に活用することが可能です。そこで、Verilogでの型変換を行う際の注意点について解説します。

○型変換に関する一般的な誤解

型変換に関しては、多くの初心者が誤解を抱くことがあります。

一つ目の誤解は、型変換が全ての問題を解決するという考え方です。

確かに型変換はデータの種類を適切に操作するために重要なツールですが、全ての問題に対する銀の弾丸ではありません。

型変換は必要なときに適切に行うことで、プログラムの安定性と効率性を向上させることが可能です。

二つ目の誤解は、型変換が常に安全であるという考え方です。実際には、型変換は注意深く行わなければなりません。

例えば、大きな数値を小さな型に変換すると、オーバーフローという現象が発生し、意図しない結果を招く可能性があります。

○注意すべきエラーやミス

Verilogでの型変換にはいくつかのエラーやミスがあります。

初心者が特に注意すべき点は、下記の通りです。

❶オーバーフロー

大きな値を小さなデータ型に変換しようとすると発生します。

例えば、32ビットの整数を8ビットの整数に変換するとき、元の値が8ビットで表現できる範囲を超えている場合、オーバーフローが発生します。

❷符号付きと符号なしの間での変換

これら二つの型間での変換は、しばしば混乱を招きます。

例えば、符号なしの値を符号付きの値に変換する際には、符号なしの値が負の値と解釈され、予期しない結果が生じる可能性があります。

❸精度の喪失

実数型から整数型に変換する際には、小数部分が切り捨てられます。

これにより、情報が失われ、精度が低下します。

○サンプルコード6:エラーの対処例

次に、上記で述べたエラーやミスを回避するためのサンプルコードを見ていきましょう。

module main;
    integer i;
    real r;
    initial begin
        // 例1:オーバーフローを避ける
        i = 1234567890;  // 32-bit integer
        byte b;  // 8-bit integer
        if (i <= 127 && i >= -128) begin
            b = i;  // 整数iが8ビットで表現可能な範囲にあるときのみ、変換を行う
            $display("b = %d", b);
        end else begin
            $display("Cannot convert i to byte because i is too large.");
        end

        // 例2:符号付きと符号なしの間での変換
        byte unsigned ub;
        byte signed sb;
        ub = 200;  // 符号なし8ビット整数
        if (ub <= 127) begin
            sb = ub;  // 符号なし整数ubが符号付き整数に収まる範囲の時のみ、変換を行う
            $display("sb = %d", sb);
        end else begin
            $display("Cannot convert ub to sb because ub is too large.");
        end

        // 例3:精度の喪失
        r = 3.14159;  // 実数
        i = r;  // 整数への変換(小数部分は切り捨てられる)
        $display("i = %d, r = %f", i, r);  // 変換前後の値を表示
    end
endmodule

このコードでは、Verilogの型変換における主要なエラーやミスとその対処方法を表しています。

各例では、適切な条件チェックを行ってから変換を行うことで、問題を回避しています。

このような注意深さがVerilogでの型変換には求められます。

●Verilogでの型変換の詳細な使い方

型変換の基本と注意点について理解したところで、次にVerilogでの型変換をより詳細に使用する方法について見ていきましょう。

○型変換に必要な関数とその使用方法

Verilogには、型変換を行うための特別な関数が用意されています。

それぞれの関数とその使用方法を紹介します。

  1. $itor:この関数は、実数を整数に変換します。引数には実数を指定し、戻り値はその実数の整数部分です。
  2. $rtoi:この関数も、実数を整数に変換します。ただし、こちらは引数の実数を最も近い整数に丸めて返します。
  3. $realtobits:この関数は、実数をビット列に変換します。引数には実数を指定し、戻り値はその実数を表すビット列です。

これらの関数を適切に使用することで、より具体的な型変換を行うことが可能になります。

○サンプルコード7:詳細な型変換の使い方

それでは、実際に上記の関数を用いて型変換を行うサンプルコードを見ていきましょう。

module main;
    integer i;
    real r;
    initial begin
        // $itorの使用例
        r = 3.14159;
        i = $itor(r);  // rの整数部分を取得
        $display("i = %d, r = %f", i, r);

        // $rtoiの使用例
        r = 3.14159;
        i = $rtoi(r);  // rを最も近い整数に丸めて取得
        $display("i = %d, r = %f", i, r);

        // $realtobitsの使用例
        r = 3.14159;
        reg [63:0] bits;
        bits = $realtobits(r);  // rをビット列に変換
        $display("bits = %b, r = %f", bits, r);
    end
endmodule

このコードでは、$itor$rtoi$realtobitsというVerilogの内蔵関数を用いて型変換を行っています。

各関数の振る舞いを理解し、必要に応じて適切な関数を使用することで、より柔軟な型変換が可能になります。

これらのサンプルコードは、コードの理解とVerilogでの型変換に対する理解を深めるための一助となることを期待しています。

まとめ

Verilogでの型変換は、より効果的なプログラミングを行うための重要なスキルです。

この記事を通じて、型変換の基本から、具体的な方法、そして注意点までを学び、これらの知識を自身のプロジェクトに適用することで、Verilogでのプログラミングがよりスムーズに、より効果的に行えることを願っています。