初心者でも安心!Verilogで乗算をマスターする5ステップ

初心者がVerilogの乗算を学ぶためのイラストガイド Verilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング初心者にとって、Verilogというハードウェア記述言語は、まだあまり馴染みのない存在かもしれません。

しかし、FPGAなどのデジタルシステムの設計には必須の言語であり、特に乗算の実装は基本的な計算処理の一部として頻繁に用いられます。

今回は、そんなVerilogでの乗算について、基本的な使い方から注意点、さらに応用例まで、初心者でも理解できるように丁寧に解説していきます。

●Verilogとは

Verilogは、ハードウェア記述言語の一つで、デジタルシステムを設計するために広く使用されています。

特にFPGAの設計には必須のツールと言えます。

○基本的な特性

VerilogはC言語に似た構文を持ち、電子回路の振る舞いを記述するための言語です。

同時に進行するイベントを記述でき、回路のタイミングを厳密に制御することが可能です。

○使用するための環境設定

Verilogを使用するためには、専用の開発環境が必要です。

主にFPGA開発ツールなどが用いられ、XilinxのVivadoやIntelのQuartusなどが一般的です。

●Verilogにおける乗算の基本

Verilogでは、乗算は他の多くのプログラミング言語と同様に、アスタリスク (*) を使用して表現します。

○乗算演算子の使い方

基本的には、二つの数値をアスタリスクでつなげば、それらの乗算結果を得ることができます。

ただし、Verilogはビット幅を明示的に指定することが求められます。

○サンプルコード1:基本的な乗算

基本的な乗算のサンプルコードを紹介します。

module multiply;
  reg [3:0] a, b; 
  wire [7:0] product;

  assign product = a * b;

  initial begin
    a = 4'b0010; // a = 2
    b = 4'b0100; // b = 4
    #10 $display("a * b = %d", product); 
  end
endmodule

このコードでは、4ビットのレジスタaとbを乗算し、結果を8ビットのワイヤproductに代入しています。

aには2を、bには4をセットしているため、乗算結果は8になります。

●ビット幅とは何か

ビット幅は、データを表現するために使用するビット数のことを指します。

例えば、8ビットあれば0から255までの整数を表すことができます。

○ビット幅が乗算に及ぼす影響

ビット幅が乗算に及ぼす影響は大きいです。

特にVerilogでは、乗算結果のビット幅は、乗数と被乗数のビット幅の和になるため、乗算結果を保存する変数のビット幅が不足していると情報が欠落します。

○サンプルコード2:ビット幅を意識した乗算

ビット幅を意識した乗算のサンプルコードを紹介します。

module multiply2;
  reg [7:0] a, b; 
  wire [15:0] product;

  assign product = a * b;

  initial begin
    a = 8'hFF; // a = 255
    b = 8'hFF; // b = 255
    #10 $display("a * b = %d", product); 
  end
endmodule

このコードでは、8ビットのレジスタaとbを乗算し、結果を16ビットのワイヤproductに代入しています。

aとbには255をセットしているため、乗算結果は65025になります。

ビット幅が不足していた場合、乗算結果が正しく表現できないことがあります。

●Verilogでの乗算の応用例

Verilogでの乗算は、信号処理や行列計算など、さまざまな応用例があります。

○応用例1:乗算を用いた信号処理

デジタル信号処理では、フィルタの計算やミキシングなどに乗算が用いられます。

音声信号のボリューム調整などにも使われます。

○サンプルコード3:乗算を使った信号処理の例

module volume_control;
  reg [7:0] audio_signal, volume; 
  wire [15:0] output_signal;

  assign output_signal = audio_signal * volume;

  initial begin
    audio_signal = 8'h3C; // audio_signal = 60
    volume = 8'h64; // volume = 100
    #10 $display("output_signal = %d", output_signal); 
  end
endmodule

このコードでは、音声信号のボリュームを制御するための乗算を行っています。

audio_signalには60を、volumeには100をセットしているため、出力信号は6000になります。

○応用例2:乗算を用いた行列計算

行列の各要素同士を乗算する際や、行列の内積を求める際にも乗算が使われます。

○サンプルコード4:乗算を使った行列計算の例

行列計算のサンプルコードは、サイズが大きくなると複雑になるため、ここでは2×2の行列の内積を計算するシンプルな例を示します。

module matrix_multiplication;
  reg [7:0] a, b, c, d, e, f, g, h; 
  wire [15:0] p1, p2, p3, p4;

  assign p1 = a * e;
  assign p2 = b * g;
  assign p3 = c * f;
  assign p4 = d * h;

  initial begin
    a = 8'h01; b = 8'h02; c = 8'h03; d = 8'h04; 
    e = 8'h05; f = 8'h06; g = 8'h07; h = 8'h08;
    #10 $display("The product matrix is [%d, %d; %d, %d]", p1+p2, p3+p4); 
  end
endmodule

このコードでは、2つの2×2行列の内積を求めています。

行列の各要素は8ビットで表現し、乗算結果は16ビットのワイヤに代入しています。

●Verilogでの乗算の注意点と対策

Verilogで乗算を行う際の主な注意点は、乗算結果のビット幅の取り扱いです。

○乗算結果のビット幅の取り扱い

乗算結果のビット幅は、被乗数と乗数のビット幅の合計となります。

したがって、結果を格納する変数のビット幅が不足していると、情報が欠落することがあります。

これを防ぐためには、乗算結果を格納する変数のビット幅を適切に設定することが重要です。

○サンプルコード5:乗算結果のビット幅の取り扱い例

module bit_overflow;
  reg [7:0] a, b; 
  wire [15:0] product;
  wire [7:0] wrong_product;

  assign product = a * b;
  assign wrong_product = a * b;

  initial begin
    a = 8'hFF; // a = 255
    b = 8'hFF; // b = 255
    #10 $display("a * b = %d", product); 
    #10 $display("wrong_product = %d", wrong_product);
  end
endmodule

このコードでは、aとbの乗算結果を、ビット幅が適切なproductと不適切なwrong_productにそれぞれ代入しています。

productは正しく65025と表示されますが、wrong_productはビット幅が不足しているため255となってしまいます。

●Verilogでの乗算のカスタマイズ方法

Verilogでは、乗算操作をカスタマイズするために自己定義の乗算関数を作成することが可能です。

○自己定義の乗算関数の作り方

自己定義の乗算関数を作るためには、まずfunctionというキーワードを用いて新しい関数を定義します。

その後、引数と戻り値の型、関数内部の処理を記述します。

○サンプルコード6:自己定義の乗算関数

module custom_multiply;
  reg [7:0] a, b; 
  wire [15:0] product;

  function [15:0] my_multiply;
    input [7:0] x, y;
    begin
      my_multiply = x * y;
    end
  endfunction

  assign product = my_multiply(a, b);

  initial begin
    a = 8'hFF; // a = 255
    b = 8'hFF; // b = 255
    #10 $display("a * b = %d", product); 
  end
endmodule

このコードでは、my_multiplyという自己定義の乗算関数を作成しています。

この関数は2つの8ビットの引数を取り、それらの乗算結果を16ビットで返します。

まとめ

以上、Verilogでの乗算について基本的な使い方から注意点、応用例まで詳しく解説しました。

Verilogは電子回路設計に広く使用されるハードウェア記述言語であり、乗算はその中でも重要な演算です。

これらの知識を活用して、より高度なプログラミングを行ってください。