Verilogのbeginとendをマスター!5つのステップで理解しよう – JPSM

Verilogのbeginとendをマスター!5つのステップで理解しよう

Verilogのbeginとendの具体的な使い方を表す図解Verilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Verilogはデジタル設計の分野で広く使われるハードウェア記述言語の一つです。

今回の記事では、Verilogの基本的な概念である「begin」と「end」について、その使い方や応用例、注意点などを5つのステップで解説します。

一緒に学びながら、Verilogでのプログラミングスキルを向上させましょう。

●Verilogとは

Verilogは、ハードウェアの動作を記述するための言語で、集積回路やFPGAの設計に用いられます。構文はC言語に似ており、学習のしやすさから多くのエンジニアに利用されています。

「begin」と「end」は、その中でも特に重要なキーワードの一つで、プログラムのブロックを形成する役割を果たします。

●Verilogでの「begin」と「end」の基本

Verilogでは、「begin」から「end」までの範囲を一つのブロックと見なします。

これは他のプログラミング言語での中括弧「{}」に相当します。

「begin」と「end」は、条件分岐やループなどの制御構造を持つ文の中でよく使われます。

●「begin」と「end」の具体的な使い方

次に、「begin」と「end」の具体的な使い方について見ていきましょう。

3つのサンプルコードを通じて、基本的な使い方から応用までを理解していきます。

○サンプルコード1:「begin」と「end」の基本的な使い方

このコードでは、単純なif文の中で「begin」と「end」を使ってブロックを作成します。

Verilogではif文の中で複数のステートメントを実行するためには「begin」と「end」が必要です。

この例では、’a’が’1’の場合に、’b’と’c’にそれぞれ値を割り当てています。

module sample1;
  reg a, b, c;

  initial begin
    a = 1'b1; // aに1を割り当てる

    if(a == 1'b1) begin
      b = 1'b1; // bに1を割り当てる
      c = 1'b0; // cに0を割り当てる
    end
  end
endmodule

このコードを実行すると、’a’には’1’が、’b’にも’1’が、’c’には’0’が割り当てられます。

これは、’a’が’1’であるため、if文内の「begin」から「end」までのブロックが実行されるからです。

○サンプルコード2:「begin」と「end」を使ったif文の記述

次に、「begin」と「end」を使ってより複雑なif-else文を記述する例を見てみましょう。

module sample2;
  reg [3:0] a, b;

  initial begin
    a = 4'b1010; // aに1010を割り当てる

    if(a == 4'b1010) begin
      b = 4'b0101; // bに0101を割り当てる
    end else begin
      b = 4'b0000; // bに0000を割り当てる
    end
  end
endmodule

このコードでは、’a’が’1010’と等しい場合に’b’に’0101’を割り当て、そうでない場合に’b’に’0000’を割り当てます。

このコードを実行すると、’a’は’1010’、’b’は’0101’となります。

○サンプルコード3:「begin」と「end」を使ったループ文の記述

最後に、ループ文で「begin」と「end」を使う例を見てみましょう。

この例では、ループ内で複数のステートメントを実行します。

module sample3;
  reg [3:0] a;
  integer i;

  initial begin
    a = 4'b0000; // aに0000を割り当てる

    for(i=0; i<4; i=i+1) begin
      a = a + 4'b0001; // aに1を足す
    end
  end
endmodule

このコードを実行すると、’a’の初期値が’0000’で、ループが4回実行されるため、最終的に’a’の値は’0100’となります。

これは、ループ内で’a’に1を足しているためです。

●「begin」と「end」の応用例

「begin」と「end」はVerilogでのプログラミングにおける重要なキーワードですが、基本的な使い方を超えた応用例を探ることで、より洗練されたコードの作成が可能となります。

ここでは、「begin」と「end」を用いて組み合わせ回路と順序回路を記述する2つの具体例を取り上げます。

○サンプルコード4:「begin」と「end」を使った組み合わせ回路の記述

組み合わせ回路は、入力と出力が直接関連しており、一部の入力が変更されるとすぐに出力も変化する特性を持つ回路です。

下記のコードでは、入力として受け取った3つの値から最大値を求める組み合わせ回路を作成しています。

module max3(input [7:0] a, b, c, output [7:0] y);
  always @(*) begin
    if (a > b) begin
      if (a > c) y = a;
      else y = c;
    end
    else begin
      if (b > c) y = b;
      else y = c;
    end
  end
endmodule

このコードは3つの8ビット入力 a、b、c を比較して最大値を出力 y に割り当てます。

alwaysブロック内で、最初にaとbを比較し、その後より大きい方をcと比較します。

「begin」と「end」を使用して、if文の中に別のif文を含めることで、この複雑な条件分岐を可能にしています。

このコードを実行した場合、任意の3つの8ビット値を入力として与えれば、それらの中で最大の値が出力として返されます。

これにより、このコードが正しく機能していることを確認できます。

○サンプルコード5:「begin」と「end」を使った順序回路の記述

次に、順序回路の例を見てみましょう。

順序回路は現在の出力が過去の入力に依存する回路で、フリップフロップやレジスタなどによく見られます。

下記のコードは、クロックのエッジで入力をレジスタにロードするシンプルな順序回路を表しています。

module load_reg(input wire clk, input wire [7:0] in, output reg [7:0] out);
  always @(posedge clk) begin
    out <= in;
  end
endmodule

このコードでは、入力 in がクロック信号 clk の上昇エッジで出力 out にロードされます。

「begin」と「end」は、ここでは1つのステートメントしか含まれていませんが、複数のステートメントを一緒に実行したいときには便利です。

このコードの実行結果としては、毎回クロック信号が上昇エッジに達すると、入力信号の値が出力に反映されます。

これにより、順序回路の動作を直感的に理解することが可能になります。

●注意点と対処法

Verilogで「begin」と「end」を使う上での注意点とその対処法を解説します。

「begin」と「end」はとても便利な構文ですが、使い方によっては予期せぬ動作を引き起こすことがあります。

○「begin」と「end」の正しい配置

まず、「begin」と「end」の正しい配置について説明します。

Verilogのプログラミングで「begin」と「end」は常にセットで用いられますが、その配置が間違っていると意図しない動作につながる可能性があります。

特に「begin」と「end」を使って複数の文を一つのブロックとしてまとめる際には、この配置は重要になります。

「begin」と「end」を用いたコードの例を紹介します。

always @(posedge clk) begin
    a <= 0;
    if (reset == 1) begin
        a <= 1;
        b <= 0;
    end else begin
        a <= 0;
        b <= 1;
    end
end

このコードでは、リセット信号’reset’に応じて変数’a’と’b’の値を設定しています。

この例では、’begin’と’end’を使って’if’文の中身をまとめて一つのブロックとしています。

ブロックの中の処理は一緒に実行されるため、正しい配置を保つことで予期せぬ動作を防ぐことができます。

○複雑なコードを書く際の「begin」と「end」の活用法

次に、複雑なコードを書く際の「begin」と「end」の活用法について説明します。

「begin」と「end」は、複雑な条件分岐やループの中で、複数の文を一つのブロックとして扱うのに非常に役立ちます。

「begin」と「end」を用いて複雑なコードを書く例を紹介します。

always @(posedge clk) begin
    if (reset == 1) begin
        a <= 0;
        b <= 0;
    end else begin
        if (enable == 1) begin
            a <= data_in;
            b <= data_out;
        end else begin
            a <= a;
            b <= b;
        end
    end
end

このコードでは、リセット信号’reset’と有効信号’enable’によって、入力信号’data_in’と出力信号’data_out’を制御しています。

この例では、複数の’if’文をネストしているため、’begin’と’end’を使って各’if’文の中身をブロックとして明確に区別しています。

●カスタマイズ方法

Verilogで「begin」と「end」を使いこなすためには、基本的な使い方だけでなく、自分のニーズに合わせてカスタマイズする能力も必要です。

それでは、そのための具体的な方法を示します。

○自分だけのVerilogコードを書くために

「begin」と「end」を使って、より高度なコードを作成することも可能です。

ここでは、複数のif文を組み合わせる例を紹介します。

このコードでは「begin」と「end」を用いて、複数のif文をまとめ、その全体をelse-ifの条件分岐の一部としています。

module main;
  reg [2:0] a;
  reg b;

  always @(a) 
    if (a == 3'b000) begin
      b = 0;
      $display("a is 000");
    end else if (a == 3'b001 || a == 3'b010) begin
      b = 1;
      $display("a is 001 or 010");
    end else begin
      b = 2;
      $display("a is neither 000 nor 001 nor 010");
    end
endmodule

このコードでは、3ビットのレジスタ’a’の値に応じてレジスタ’b’の値を設定しています。

この例では、「begin」と「end」を使って一連の処理をまとめ、その全体をif文やelse-if文の中に配置しています。

これにより、条件に応じて複数の処理をまとめて制御することができます。

上記のコードを実行すると、レジスタ’a’の値に応じて異なるメッセージが表示され、同時にレジスタ’b’の値も更新されます。

このように、「begin」と「end」は単に複数のステートメントを一つにまとめるだけでなく、そのまとまり自体をif文やループなどの中に配置することで、より複雑な制御フローを構築するのに役立ちます。

これらの基本的な用法をマスターすることで、Verilogにおける「begin」と「end」を自在に操り、より高度なコーディングを行うことが可能になります。

まとめ

この記事では、Verilogの「begin」と「end」の基本的な使い方から、より高度な利用方法までを詳しく解説しました。

「begin」と「end」は、複数のステートメントを一つのブロックとして扱うための基本的な構文ですが、その応用範囲は非常に広いです。

基本的な使い方を理解した上で、自分自身のコーディングスタイルや要件に合わせて利用することで、より複雑なロジックを効率良く表現することが可能になります。

これらのテクニックを身につけることで、Verilogコーディングのスキルを一段階向上させることができるでしょう。

Verilogの「begin」と「end」、それがどのように動作し、どのように使うべきかを理解することは、Verilogを用いた高度なデジタル設計に不可欠なスキルです。

これからも続けて学んでいくことで、より深い理解とスキルの向上を目指しましょう。