VHDLメモリ記述の完全ガイド!10手順でマスター

VHDLでのメモリ記述の基本から応用までを図解 VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLは、デジタルシステムの設計とモデル化のための言語として広く用いられています。

特にメモリの記述は、VHDLを用いたデジタル回路設計において重要なスキルとなります。

本ガイドでは、VHDLでのメモリの記述方法を、基本から応用まで徹底的に解説します。

初心者でも安心して学べるよう、10の詳細なサンプルコードとともにステップバイステップで進めていきます。

●VHDLとは

VHDLは、VHSIC Hardware Description Languageの略で、高性能の集積回路のためのハードウェア記述言語です。

デジタルシステムの動作をモデル化し、シミュレーションや合成を行うための基本的な道具となっています。

○VHDLの基本

VHDLでの記述は、エンティティ、アーキテクチャ、プロセスなどの基本的な構造から成り立っています。

エンティティはモジュールの入出力を定義し、アーキテクチャはその動作を記述します。

●メモリの記述の基礎

メモリはデータを保存するための領域です。

VHDLでのメモリ記述は、データの保存やアクセスを制御するための重要な部分となります。

○VHDLでのメモリタイプ

VHDLでは、様々なタイプのメモリを記述することができます。

主に1次元の配列や2次元の配列を用いてメモリを表現します。

例として、bit_vectorやstd_logic_vectorなどが挙げられます。

○基本的なメモリの宣言と初期化

メモリの宣言は、データのタイプとサイズを指定することで行います。

初期化は、メモリの各アドレスに初期値を設定することを意味します。

このコードでは、std_logic_vectorを使ってメモリを宣言し、初期化しています。

この例では、8ビッのメモリを宣言し、全てのビットを’0’で初期化しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity memory_example is
end memory_example;

architecture Behavioral of memory_example is
    signal memory: std_logic_vector(7 downto 0) := (others => '0');
begin
end Behavioral;

このサンプルコードの場合、8ビットのメモリが宣言され、すべてのビットが’0’に初期化されるという動作をします。

●メモリの詳細な使い方

VHDLでのメモリの扱いは、デジタルシステム設計の中心となるテーマの一つです。

ここでは、VHDLを用いたメモリの詳細な使い方を学びます。

○サンプルコード1:基本的なメモリの宣言

このコードではVHDLを使って基本的なメモリを宣言するコードを表しています。

この例では1ビットのデータ幅を持つ256ワードのメモリを宣言しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Memory is
    Port ( address : in std_logic_vector(7 downto 0);
           data_in : in std_logic;
           write_enable : in std_logic;
           data_out : out std_logic);
end Memory;

architecture Behavioral of Memory is
    type memory_array is array (255 downto 0) of std_logic;
    signal memory : memory_array;
begin
    process(address, write_enable, data_in)
    begin
        if write_enable = '1' then
            memory(to_integer(unsigned(address))) <= data_in;
        end if;
        data_out <= memory(to_integer(unsigned(address)));
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、8ビットのアドレスラインと1ビットのデータラインを持つメモリを宣言し、write_enable信号によりデータの書き込みを行います。

アドレスラインに指定されたアドレスに対応するメモリの内容がdata_outに出力されます。

○サンプルコード2:メモリの読み書き

このコードではVHDLを用いてメモリの読み書き操作を実施する方法を表しています。

この例では指定されたアドレスにデータを書き込み、その後、同じアドレスからデータを読み出しています。

-- 省略: 上のコードと同じ部分

begin
    process(address, write_enable, data_in)
    begin
        if write_enable = '1' then
            memory(to_integer(unsigned(address))) <= data_in;
        end if;
        data_out <= memory(to_integer(unsigned(address)));
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでも、write_enable信号が’1’のときに指定されたアドレスにデータを書き込む動作をしています。

その後、同じアドレスのデータをdata_outに出力しています。

○サンプルコード3:メモリアドレスの使用

このコードではVHDLでメモリアドレスの使用方法を表しています。

この例では指定されたアドレスを増やして次のメモリの場所にアクセスしています。

-- 省略: 上のコードと同じ部分

begin
    process(address, write_enable, data_in)
    variable next_address: integer;
    begin
        next_address := to_integer(unsigned(address)) + 1;
        if next_address > 255 then
            next_address := 0;
        end if;
        if write_enable = '1' then
            memory(next_address) <= data_in;
        end if;
        data_out <= memory(next_address);
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、指定されたアドレスの次のメモリにデータを書き込む動作を表しています。

アドレスが最大値を超える場合、アドレスを0に戻す動作も取り入れています。

○サンプルコード4:メモリのリセット

このコードではVHDLを用いてメモリの内容をリセットする方法を表しています。

この例ではすべてのメモリの内容を’0’にリセットしています。

-- 省略: 上のコードと同じ部分

signal reset: std_logic;

begin
    process(reset)
    begin
        if reset = '1' then
            for i in 0 to 255 loop
                memory(i) <= '0';
            end loop;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、reset信号が’1’のときにメモリの内容をすべて’0’にリセットする動作を行っています。

●応用例とサンプルコード

VHDLでのメモリ記述は基本だけでなく、さまざまな応用例が存在します。

これから、具体的なサンプルコードを交えて、いくつかの応用例を解説します。

○サンプルコード5:大容量のメモリの管理

このコードでは、VHDLを使って大容量のメモリを管理する方法を表しています。

この例では、1024×32の2次元メモリアレイを作成して、特定のアドレスにデータを書き込んでいます。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity LargeMemory is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           wr_en : in STD_LOGIC;
           address : in STD_LOGIC_VECTOR(9 downto 0);
           data_in : in STD_LOGIC_VECTOR(31 downto 0);
           data_out : out STD_LOGIC_VECTOR(31 downto 0));
end LargeMemory;

architecture Behavioral of LargeMemory is
    type memory_type is array (1023 downto 0) of STD_LOGIC_VECTOR(31 downto 0);
    signal memory : memory_type;
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            if wr_en = '1' then
                memory(to_integer(address)) <= data_in;
            end if;
            data_out <= memory(to_integer(address));
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードを実行すると、wr_enが高のときに指定したアドレスにdata_inの内容が書き込まれ、読み取りは常に指定アドレスの内容がdata_outに出力されます。

○サンプルコード6:メモリを使用した関数の作成

VHDLのメモリは、関数の中でも利用可能です。

このコードでは、メモリにデータを保存し、それを利用して計算を行う関数を表しています。

この例では、メモリの特定のアドレスのデータを2倍にして返す関数を実装しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity MemoryFunction is
    Port ( address : in STD_LOGIC_VECTOR(4 downto 0);
           data_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end MemoryFunction;

architecture Behavioral of MemoryFunction is
    type memory_type is array (31 downto 0) of STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
    signal memory : memory_type := (others => "00000000");

    function double_data(addr: integer) return STD_LOGIC_VECTOR is
    begin
        return memory(addr) * 2;
    end function;

begin
    data_out <= double_data(to_integer(address));
end Behavioral;

指定されたアドレスのメモリデータが2倍になってdata_outに出力されることを確認できます。

○サンプルコード7:メモリの動的な割り当て

VHDLでのプログラミングにおいて、固定的なメモリ割り当てだけではなく、動的なメモリ割り当ても非常に重要な役割を果たします。

動的メモリ割り当てを理解することで、フレキシブルにデータを管理し、リソースの効率的な使用が可能となります。

ここでは、VHDLでのメモリの動的な割り当て方法を詳しく解説し、サンプルコードを交えて具体的な使用方法を紹介します。

このコードではVHDLを使って動的にメモリを割り当てるコードを表しています。

この例では、メモリブロックの生成とそのメモリへのデータの書き込み、読み出しを行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity dynamic_memory is
end dynamic_memory;

architecture behavior of dynamic_memory is
    type memory_array is array(0 to 255) of std_logic_vector(7 downto 0); 
    signal memory_block : memory_array; 
    signal write_address : integer range 0 to 255 := 0; 
    signal read_address : integer range 0 to 255 := 0; 
    signal data_in : std_logic_vector(7 downto 0) := "00000000";
    signal data_out : std_logic_vector(7 downto 0);
begin
    process
    begin
        -- データ書き込み
        memory_block(write_address) <= data_in;
        wait for 10 ns; 
        write_address <= write_address + 1;

        -- データ読み出し
        data_out <= memory_block(read_address);
        wait for 10 ns; 
        read_address <= read_address + 1;
    end process;
end behavior;

上記のコードでは、memory_arrayという型を定義し、これを使って256バイトのメモリブロックを作成しています。

次に、書き込みアドレスwrite_addressと読み出しアドレスread_addressを定義し、それぞれのアドレスにデータを書き込み、読み出しを行うプロセスを記述しています。

データは10nsの間隔で書き込みや読み出しを行っています。

このコードの動作を確認すると、最初にデータがdata_inからメモリブロックの指定されたアドレスに書き込まれます。次に、そのデータはdata_outを通して読み出されます。

このとき、書き込みアドレスと読み出しアドレスがそれぞれインクリメントされ、次のメモリアドレスにアクセスします。

このように、VHDLで動的なメモリ割り当てを行うことで、データの効率的な管理が可能になります。

特に大量のデータを扱う際や、データの更新頻度が高い場合にこの手法は非常に有効です。

○サンプルコード8:異なるタイプのメモリの統合

VHDLでのメモリ記述を学び進めてきた皆さんに、さらに進んだテーマを取り上げます。

今回は、異なるタイプのメモリをどのように統合するかについて解説します。

メモリの統合とは、異なるタイプやサイズのメモリブロックをまとめて1つの連続したメモリ空間として扱うことを指します。

これにより、データの管理や操作がより効率的になります。

このコードでは、異なるタイプのメモリブロックを統合して、一つの大きなメモリ空間としてアクセスする例を表しています。

この例では、2つの異なるタイプのメモリを持ち、それらを統合してアクセスする方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity MemoryIntegration is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           wr_en : in STD_LOGIC;
           rd_en : in STD_LOGIC;
           address : in STD_LOGIC_VECTOR(6 downto 0);
           data_in : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           data_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end MemoryIntegration;

architecture Behavioral of MemoryIntegration is
    -- 異なるタイプのメモリブロックの宣言
    type memory_type1 is array (0 to 31) of STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
    type memory_type2 is array (0 to 63) of STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
    signal mem1 : memory_type1;
    signal mem2 : memory_type2;
begin
    process(clk)
    begin
        if rising_edge(clk) then
            if wr_en = '1' then
                -- アドレスの上位ビットでメモリタイプを判断
                if address(6) = '0' then
                    mem1(to_integer(address(5 downto 0))) <= data_in;
                else
                    mem2(to_integer(address(5 downto 0))) <= data_in;
                end if;
            elsif rd_en = '1' then
                if address(6) = '0' then
                    data_out <= mem1(to_integer(address(5 downto 0)));
                else
                    data_out <= mem2(to_integer(address(5 downto 0)));
                end if;
            end if;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

この例のポイントは、アドレスの上位ビットを使用して、どのメモリにアクセスするかを判断している点です。

アドレスが'0'であればmem1に、'1'であればmem2にアクセスします。こ

のようにして、異なるタイプのメモリも統一的に扱うことができます。

このコードを適切なテストベンチと共にシミュレーションすると、指定したアドレスに応じて異なるメモリタイプへの読み書きが行われることが確認できます。

アドレスの上位ビットでメモリの切り替えを行い、実質的には2つのメモリスペースが1つの大きなメモリとして扱われます。

○サンプルコード9:メモリのテストベンチ作成

VHDLの設計において、作成したメモリの動作を確認するためにはテストベンチの作成が欠かせません。

テストベンチは、設計したメモリやその他のモジュールの動作をシミュレーションするためのテスト環境を提供します。

ここでは、VHDLを使用してメモリのテストベンチを作成する手順を紹介します。

この例では、シンプルなメモリの動作を確認するためのテストベンチを作成しています。

-- テスト対象のメモリをインクルード
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity memory_testbench is
end memory_testbench;

architecture sim of memory_testbench is
    signal clk     : std_logic := '0';
    signal address : std_logic_vector(3 downto 0);
    signal write_enable : std_logic;
    signal data_in  : std_logic_vector(7 downto 0);
    signal data_out : std_logic_vector(7 downto 0);

begin
    -- ここにテストベンチの記述
    -- クロック信号の生成
    clk <= not clk after 10 ns;

    test_process: process
    begin
        -- 初期化
        write_enable <= '0';
        address <= "0000";
        data_in <= "00000000";
        wait for 20 ns;

        -- メモリへの書き込み
        address <= "0001";
        data_in <= "01010101";
        write_enable <= '1';
        wait for 20 ns;

        -- メモリからの読み出し
        write_enable <= '0';
        address <= "0001";
        wait for 20 ns;

        -- テスト終了
        assert false report "テスト終了" severity failure;
    end process test_process;

end sim;

このコードでは、テスト対象のメモリをテストするための基本的なテストベンチを表しています。

この例では、シンプルなメモリを対象として、メモリにデータを書き込んでから、そのデータを読み出して動作を確認しています。

テストベンチを利用した場合、シミュレーションを実行することでメモリの書き込みと読み出しの動作を確認できます。

この例の場合、20ns後にメモリアドレス”0001″にデータ”01010101″が書き込まれ、さらにその後の20nsで同じアドレスからデータを読み出して確認します。

実際にシミュレーションを実行すると、指定されたアドレスに書き込んだデータが正確に読み出されることが確認できるでしょう。

このようにして、VHDLで設計したメモリの動作確認を行うことができます。

注意点として、テストベンチでは実際のハードウェア上での動作をシミュレーションしているため、動作クロックや待ち時間などの設定は実際の動作環境に合わせて調整する必要があります。

また、テストベンチの記述に誤りがあると、メモリの動作が正確に評価できない場合がありますので、十分な注意が必要です。

○サンプルコード10:メモリのエラーハンドリング

メモリの操作中にエラーが発生する可能性は常にあります。

特に、アドレス外のメモリにアクセスしたり、未初期化のメモリを読み出そうとしたりすると、問題が発生します。

VHDLでのメモリエラーハンドリングの方法を、サンプルコードを交えて詳しく見ていきましょう。

このコードでは、メモリのエラーハンドリングを実装しています。

この例では、指定されたアドレスがメモリの範囲外かどうかを確認し、範囲外の場合はエラーメッセージを表示する方法を紹介しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity MemoryErrorHandler is
    Port ( addr : in std_logic_vector(7 downto 0);
           data : out std_logic_vector(7 downto 0);
           error_flag : out std_logic);
end MemoryErrorHandler;

architecture Behavioral of MemoryErrorHandler is
    type memory_array is array (0 to 255) of std_logic_vector(7 downto 0);
    signal memory : memory_array;
begin
    process (addr)
    begin
        -- アドレスがメモリの範囲内かチェック
        if addr > "11111111" then
            -- 範囲外の場合、エラーフラグをセット
            error_flag <= '1';
            data <= (others => '0');
        else
            -- 範囲内の場合、データを出力
            error_flag <= '0';
            data <= memory(to_integer(addr));
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、8ビットのアドレスを使用して256バイトのメモリにアクセスします。

アドレスが”11111111″を超える場合、エラーフラグをセットします。それ以外の場合は、指定されたアドレスのメモリデータを出力します。

もしアドレスが範囲外と判定されると、エラーフラグがセットされ、dataは全ビットが’0’になります。

このようにして、エラーが発生したことを外部に通知し、適切な処理を行うことができます。

VHDLを使用した際にこのコードを実行すると、正しいアドレスを指定した場合はエラーフラグがセットされずにメモリデータが正しく出力されます。

しかし、範囲外のアドレスを指定すると、エラーフラグがセットされてデータ出力が全ビット’0’となることが確認できるでしょう。

●注意点と対処法

メモリのエラーハンドリングを行う際には、次の点に注意してください。

  1. エラーハンドリングの実装は、設計の初期段階から検討することが望ましいです。
    後から追加すると、設計が複雑になる可能性があります。
  2. エラーメッセージは、具体的かつ分かりやすいものにしましょう。
    エラーの原因や対処法を素早く理解できるようにするためです。
  3. エラーフラグやエラーメッセージだけでなく、ログやトレース情報も出力することで、問題の解析やデバッグが容易になります。

エラーハンドリングは、システムの安全性や信頼性を確保するために非常に重要です。

適切なエラーハンドリングを実装することで、不具合や障害が発生した際のリスクを低減できるでしょう。

●カスタマイズ方法

エラーハンドリングの方法は、上述のサンプルコードのように基本的なものから、さらに詳細な情報を提供するものまでさまざまです。

例えば、エラーの原因ごとに異なるエラーコードを出力するようにすることや、エラーログを外部ファイルに保存するようにすることも考えられます。

まとめ

VHDLを用いたメモリのエラーハンドリングは、メモリ操作中のエラーを適切に処理するための必須のステップであり、特にアドレス外のメモリアクセスや未初期化のメモリへのアクセス時の問題を回避するために重要です。

VHDLを使用する際のエラーハンドリングの重要性を理解し、安全で信頼性の高いシステム設計のための知識を習得することができるようになったはずです。

この記事が参考になれば幸いです。