VHDLでのベクトル操作をしよう!10の実践サンプル付き解説

VHDLベクトル操作の解説イメージ VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLはハードウェア記述言語の一つであり、集積回路の設計やシミュレーションのために使われます。

ベクトル操作はVHDLでの実装やシミュレーションにおいて重要な要素の一つとなります。

この記事では、VHDLのベクトル操作に関する基本的な情報と、10の実践サンプルを取り上げます。

●VHDLとベクトルとは

○VHDLの基本的な特性

VHDLはVery High-Speed Integrated Circuit Hardware Description Languageの略で、デジタル回路の設計と検証のために開発された言語です。

コンピュータアーキテクチャの設計やFPGAのプログラミングなど、多岐にわたる分野で使用されています。

○ベクトルの基本

ベクトルとは、複数の同じ型のデータを一つのまとまりとして扱うデータ構造です。

VHDLにおいては、bitベクトルやstd_logic_vectorなど、さまざまなデータ型でベクトルを表現することができます。

ベクトル操作は、これらのベクトルに対する演算やアクセス方法を意味します。

●VHDLのベクトル操作方法

○サンプルコード1:ベクトルの宣言と初期化

このコードではVHDLを使ってベクトルを宣言し、初期化する方法を表しています。

この例ではstd_logic_vectorを使用してベクトルを宣言し、初期値を設定しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity vector_sample is
end vector_sample;

architecture behavior of vector_sample is
    signal my_vector : std_logic_vector(7 downto 0) := "00001111";
begin
end behavior;

このコードを実行すると、8ビットのstd_logic_vector型のベクトルmy_vectorが宣言され、初期値として”00001111″が設定されます。

○サンプルコード2:ベクトルの足し算・引き算

VHDLにおけるベクトル操作の重要な側面として、ベクトル間での算術演算が挙げられます。

特に、足し算と引き算は基本的な操作として頻繁に使用されます。

ここでは、VHDLでベクトルの足し算と引き算をどのように行うか、サンプルコードを交えて詳しく解説します。

まず、VHDLでのベクトルの足し算と引き算を行うための基本的なコード構造を紹介します。

この例では、2つのベクトルAとBを使って足し算と引き算を行い、その結果をベクトルCとDにそれぞれ格納します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity VectorArithmetic is
end VectorArithmetic;

architecture Behavioral of VectorArithmetic is
    signal A, B : std_logic_vector(7 downto 0);
    signal C, D : std_logic_vector(7 downto 0);
begin
    -- 足し算
    C <= A + B;
    -- 引き算
    D <= A - B;
end Behavioral;

このコードでは、std_logic_vector型を使って8ビットのベクトルAとBを宣言しています。

そして、AとBの足し算、引き算の結果をCとDにそれぞれ格納しています。

例として、ベクトルAが"01010101"、ベクトルBが"00110011"だった場合、足し算の結果、ベクトルCは"10000100"となり、引き算の結果、ベクトルDは"00100010"となることが予想されます。

応用例として、ベクトルの長さを変更する場合や、異なるデータ型のベクトル間での算術演算を行う場合など、さまざまなケースでこの基本的な足し算・引き算の構造を活用することができます。

ただし、オーバーフローやアンダーフローに注意が必要です。

ベクトルの長さを超える計算を行った場合、予期しない動作が発生する可能性がありますので、適切なベクトルの長さを選択することが重要です。

次に、ベクトルの足し算・引き算のカスタマイズ例として、桁数を増やす操作を紹介します。

この操作は、特定のビット位置に0を追加することでベクトルの長さを調整する場合に使用します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity VectorExtend is
end VectorExtend;

architecture Behavioral of VectorExtend is
    signal A : std_logic_vector(7 downto 0);
    signal B : std_logic_vector(9 downto 0);
begin
    B <= "00" & A;
end Behavioral;

このコードでは、8ビットのベクトルAを10ビットのベクトルBに拡張しています。

具体的には、ベクトルAの前に2ビットの"00"を追加してベクトルBに格納しています。

○サンプルコード3:ベクトルの乗算・除算

VHDLを用いたベクトルの操作において、乗算と除算は頻繁に使用される技術の一部です。

特に、信号処理や高度な数値計算を行う際には、これらの操作が欠かせません。

そこで、ここではVHDLを使用してベクトルの乗算と除算を行う基本的な方法を紹介します。

まず、次のサンプルコードはVHDLを使って2つのベクトルの要素同士を乗算する例を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity vector_mult is
    Port ( A : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           B : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           C : out std_logic_vector(7 downto 0));
end vector_mult;

architecture Behavior of vector_mult is
begin
process (A, B)
begin
    -- このコードではAとBの各要素を乗算して、結果をCに格納しています
    C <= A * B;
end process;
end Behavior;

このコードでは、8ビットのベクトルAとBを入力として受け取り、それらの要素同士を乗算した結果をベクトルCとして出力します。

例えば、Aが”01010101″、Bが”00110011″だった場合、AとBの要素同士の乗算結果をCに格納します。

次に、ベクトルの除算の例を見てみましょう。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity vector_div is
    Port ( A : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           B : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           C : out std_logic_vector(7 downto 0));
end vector_div;

architecture Behavior of vector_div is
begin
process (A, B)
begin
    -- このコードではAをBで除算して、結果をCに格納しています
    C <= A / B;
end process;
end Behavior;

このコードでは、ベクトルAをBで除算し、その結果をベクトルCとして出力します。

ただし、ベクトルの除算において、0での除算を避けるための処理が必要であることに注意が必要です。

0で除算すると、シミュレーションエラーが発生する可能性があります。

以上のサンプルコードを実行すると、ベクトルの要素同士の乗算や除算の結果が得られます。

例えば、前述したように、Aが”01010101″、Bが”00110011″だった場合、Cには乗算または除算の結果が格納されることになります。

○サンプルコード4:ベクトルの要素へのアクセス

VHDLでベクトル操作を行う際、その要素へのアクセス方法は基本中の基本です。

要素へのアクセスは、配列やリストと同様にインデックスを用いて行います。

ここでは、ベクトルの特定の要素にアクセスする方法と、その要素を利用しての操作を実際のコードとともに詳しく解説します。

このコードではVHDLを用いてベクトルの特定の要素にアクセスし、その要素を読み取ったり書き換えたりする方法を表しています。

この例では、ベクトルvecから3番目の要素を取り出し、その値を新しい変数valに格納しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity VectorAccess is
end VectorAccess;

architecture Behavioral of VectorAccess is
    signal vec : STD_LOGIC_VECTOR(4 downto 0) := "10101";
    signal val : STD_LOGIC;
begin
    val <= vec(3);  -- 3番目の要素にアクセス
end Behavioral;

上記のコードを実行すると、vecの3番目の要素(VHDLは0から数えるため、実際には4番目の要素)がvalに代入されます。

vecは”10101″という値を持っているため、val0という値を持つことになります。

また、ベクトルの要素へのアクセスを利用して、特定の要素を変更することも可能です。

例えば、ベクトルvecの3番目の要素を1に変更したい場合は、次のようなコードを用います。

vec(3) <= '1';  -- 3番目の要素を1に変更

このようなベクトルの要素へのアクセスは、信号処理やデータ処理を行う際に頻繁に使用されます。

特に、フィルターや変換器の設計では、特定の要素にアクセスして処理を行う必要があるため、このアクセス方法を理解することは非常に重要です。

さらに、VHDLでのベクトル操作をより応用的に使用する場合、要素へのアクセス以外にも、複数の要素に一度にアクセスして処理を行う、スライスという方法もあります。

スライスを使用すると、ベクトルの一部分だけを切り取って利用することができるため、高度な操作が可能になります。

●VHDLのベクトル応用例

VHDLでのベクトル操作は、基本的な操作から応用的な操作まで多岐にわたります。

応用的なベクトル操作は、デジタル設計の高度な機能を実現する上で非常に役立ちます。

ここでは、ベクトルのシフト操作から高度な計算までの応用例を詳しく解説します。

○サンプルコード5:ベクトルのシフト操作

このコードでは、VHDLを使用してベクトルを左右にシフトする操作を表しています。

この例では、8ビットのベクトルを左に2ビットシフトしています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity shift_example is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end shift_example;

architecture Behavioral of shift_example is
begin
    B <= A sll 2; -- 2ビット左にシフト
end Behavioral;

上記のコードで、入力ベクトルAが”00011001″であれば、出力ベクトルBは”01100100″となります。

○サンプルコード6:ベクトルの回転操作

このコードでは、VHDLを使ってベクトルを左右に回転させる操作を表しています。

この例では、8ビットのベクトルを左に2ビット回転しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity rotate_example is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end rotate_example;

architecture Behavioral of rotate_example is
begin
    B <= A rol 2; -- 2ビット左に回転
end Behavioral;

上記のコードで、入力ベクトルAが”00011001″であれば、出力ベクトルBは”01100100″となりますが、回転の場合は先頭の2ビットが最後に移動します。

○サンプルコード7:ベクトルのマスク操作

このコードでは、VHDLを用いてベクトルの特定のビット位置にマスク(0または1)を適用する操作を表しています。

この例では、8ビットのベクトルに対して、特定のビット位置にマスクを適用しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity mask_example is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           Mask : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end mask_example;

architecture Behavioral of mask_example is
begin
    B <= A and Mask; -- マスク適用
end Behavioral;

このコードを使うと、入力ベクトルAに”11001100″という値とマスクMaskに”11110000″という値を入力すると、出力ベクトルBは”11000000″となります。

○サンプルコード8:ベクトルの結合操作

このコードでは、VHDLで2つのベクトルを結合する操作を表しています。

この例では、2つの4ビットのベクトルを結合して、1つの8ビットのベクトルを作成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity concat_example is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0);
           B : in  STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0);
           C : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end concat_example;

architecture Behavioral of concat_example is
begin
    C <= A & B; -- ベクトルの結合
end Behavioral;

上記のコードを使用して、Aに”1010″、Bに”0110″を入力すると、出力Cは”10100110″となります。

○サンプルコード9:ベクトルを使った信号処理

VHDLを利用したデジタル設計では、ベクトルを使用して信号処理を行うことがよくあります。

ここでは、VHDLでベクトルを使用した信号処理の基本的な手法を紹介します。

特に、信号のフィルタリングや変換に関連する操作を中心に解説していきます。

このコードではベクトルを使用して信号をフィルタリングする方法を表しています。

この例では、入力信号を平均化するフィルタを作成し、ノイズを低減させています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity SignalFilter is
    Port ( InputSignal : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           FilteredSignal : out std_logic_vector(7 downto 0));
end SignalFilter;

architecture Behavioral of SignalFilter is
begin
    FilteredSignal <= (InputSignal + "00000001") / 2;  -- 平均値を取得
end Behavioral;

このコードの要点は、FilteredSignal <= (InputSignal + "00000001") / 2; の部分にあります。

ここで、入力された信号InputSignalの値に1を加え(ビットの桁上げを考慮して)、2で割ることで平均値を取得しています。

この操作により、信号に含まれるノイズが平均化され、ノイズの影響を低減させることができます。

信号処理を行う際、フィルタリングは非常に基本的な操作の一つです。

VHDLを利用して、さまざまなフィルタリング手法を実装することができ、高度な信号処理も行えます。

このコードをFPGAやASICのデバイスに実装し、実際の信号を入力した場合、ノイズが含まれる信号が平均化されて出力されることを確認することができます。

このような信号処理は、センサーからの入力信号の前処理や、通信データのエラー修正など、さまざまなアプリケーションで役立ちます。

信号処理の方法はこれだけに限らず、VHDLの機能をフルに活用することで、さらに高度な処理や応用が可能です。

例えば、畳み込み演算を用いたフィルタリングやFFT(高速フーリエ変換)を利用した周波数解析など、ベクトルを活用した多岐にわたる信号処理技術を実装することができます。

○サンプルコード10:ベクトルを用いた高度な計算

VHDLを利用してベクトルに関する計算を行う際、高度な計算も可能です。

ここでは、ベクトルを使用して複雑な計算を実装する一例として、ベクトル間のドット積の計算方法を詳しく解説します。

このコードでは、VHDLのstd_logic_vectorを使って2つのベクトル間のドット積を計算するコードを表しています。

この例では、2つのベクトルvector_Avector_Bを使用し、それぞれのベクトルの要素を掛け算して合計することでドット積を求めています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity DotProduct is
    Port ( vector_A : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           vector_B : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           result   : out std_logic_vector(15 downto 0));
end DotProduct;

architecture Behavioral of DotProduct is
begin
    process(vector_A, vector_B)
    variable temp_result: std_logic_vector(15 downto 0) := "0000000000000000";
    variable temp_mul: std_logic_vector(15 downto 0);
    begin
        for i in 0 to 7 loop
            temp_mul := vector_A(i) & "0000000" * vector_B(i) & "0000000";
            temp_result := temp_result + temp_mul;
        end loop;
        result <= temp_result;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードの中で、std_logic_vector型のvector_Avector_Bは入力として与えられる8ビットのベクトルです。

resultはドット積の結果を返す16ビットのベクトルとして宣言されています。

forループを用いて、vector_Avector_Bの各要素を順番に掛け算しています。

その結果はtemp_mulに保存され、それをtemp_resultに加算して最終的なドット積を求めています。

このコードを実装した場合、2つの8ビットベクトルのドット積が16ビットベクトルとしてresultに出力されます。

次に、このコードの実装においてのポイントを確認します。

まず、ドット積を計算する際、各要素の掛け算結果が16ビットになることを考慮して、temp_mulも16ビットで宣言しています。

また、8回の掛け算の結果を合計するため、結果が16ビットに収まることを保証する必要があります。

●注意点と対処法

VHDLを使用してベクトル操作を行う際、初心者や熟練者であっても注意すべき点がいくつか存在します。

これらの注意点を理解し、適切な対処をすることで、より効率的かつ確実にベクトル操作を行えるようになります。

○適切なベクトルの長さを保持する

ベクトルの長さは、計算を行う上で非常に重要な要素となります。

不適切な長さのベクトルを使用すると、意図しない結果が得られる場合があります。

このコードではベクトルの長さを確認して、それに応じた処理を行うコードを表しています。

この例では、ベクトルの長さが一致しない場合にはエラーメッセージを出力しています。

signal vec1 : std_logic_vector(7 downto 0);
signal vec2 : std_logic_vector(6 downto 0);

begin
    process
    begin
        if vec1'length /= vec2'length then
            report "ベクトルの長さが一致しません";
        end if;
    end process;

このコードを実行すると、ベクトルの長さが一致しないため、”ベクトルの長さが一致しません”というメッセージが出力されます。

○ベクトルのオーバーフローに注意する

ベクトルの計算を行う際、オーバーフローが生じる可能性があります。

特に、加算や乗算を行うときには注意が必要です。

このコードではベクトルの加算を行い、その結果がオーバーフローを起こすかどうかを確認するコードを表しています。

この例では、オーバーフローを検出した場合にはエラーメッセージを出力しています。

signal vec1 : std_logic_vector(7 downto 0) := "11111111";
signal vec2 : std_logic_vector(7 downto 0) := "00000001";
signal sum  : std_logic_vector(8 downto 0);

begin
    process
    begin
        sum <= ("0" & vec1) + ("0" & vec2);
        if sum(8) = '1' then
            report "オーバーフローが発生しました";
        end if;
    end process;

このコードを実行すると、加算の結果がオーバーフローを起こすため、”オーバーフローが発生しました”というメッセージが出力されます。

○ベクトル間の型の違いに注意する

VHDLには様々なベクトル型が存在します。

これらのベクトル間で型が異なる場合、予期しないエラーが発生することがあります。

このコードでは異なる型のベクトル間での変換を行うコードを表しています。

この例では、std_logic_vector型からsigned型への変換を行っています。

signal vec : std_logic_vector(7 downto 0) := "10000000";
signal sig : signed(7 downto 0);

begin
    sig <= signed(vec);

このコードを実行すると、正しく変換され、sigには変換後の値が格納されます。

●VHDLでのベクトル操作のカスタマイズ方法

VHDLでのベクトル操作は、基本的な操作から高度な計算まで非常に幅広い応用が可能です。

しかし、特定の目的やニーズに合わせてベクトル操作をカスタマイズするための知識も非常に重要です。

ここでは、VHDLのベクトル操作をカスタマイズする際の方法をいくつかのサンプルコードと共に解説します。

○ベクトルの長さを動的に変更する

VHDLでは、ベクトルの長さを動的に変更することが可能です。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity dynamic_vector is
    port (
        input_vector : in std_logic_vector(7 downto 0);
        output_vector : out std_logic_vector(15 downto 0)
    );
end dynamic_vector;

architecture Behavior of dynamic_vector is
begin
    process(input_vector)
    begin
        output_vector <= "00000000" & input_vector; -- 入力ベクトルを8bitから16bitに拡張
    end process;
end Behavior;

このコードでは、8ビットの入力ベクトルを16ビットの出力ベクトルに変換しています。

この例では、入力ベクトルの前に8ビットの0を追加して長さを変更しています。

○特定の位置のビットを操作する

特定の位置のビットを操作することもよくあるカスタマイズの一例です。

3ビット目と4ビット目を反転するサンプルコードを紹介します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity bit_flip is
    port (
        input_vector : in std_logic_vector(7 downto 0);
        output_vector : out std_logic_vector(7 downto 0)
    );
end bit_flip;

architecture Behavior of bit_flip is
begin
    process(input_vector)
    begin
        output_vector <= input_vector;
        output_vector(3) <= not input_vector(3);
        output_vector(4) <= not input_vector(4);
    end process;
end Behavior;

このコードでは、入力ベクトルの3ビット目と4ビット目が反転されて出力されます。

まとめ

VHDLのベクトル操作はデジタル設計における重要な技術の一つであり、この記事ではその魅力と多様性を10の実践サンプルを通じて解説しました。

初めに、VHDLとベクトルの基本的な特性を簡単に触れ、ベクトルの基本操作から始め、足し算や引き算、乗算・除算といった基本的な算術操作の方法を解説ました。

また、ベクトルの要素へのアクセスや、より高度なシフト、回転、マスク操作などの応用的な技術も取り上げました。

特に、信号処理や高度な計算を行う際のベクトルの活用方法は、効率的なデジタル設計を行う上で欠かせない知識となります。

さらに、VHDLにおけるベクトル操作のカスタマイズ方法を深堀りし、特定のニーズや要求に応じてベクトル操作を最適化するテクニックを紹介しました。

注意点や対処法も忘れずに触れ、初心者でも安心してベクトル操作を行えるように解説しました。

この記事が、VHDLにおけるベクトル操作の完全マスターの一助となることを心より願っています。