初心者でもできる!C++でソートをマスターする7つの方法

C++でソートを学ぶ初心者のイメージC++
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C++を学び始めたあなたにとって、ソートアルゴリズムはプログラミングの基本的なスキルの一つです。

この記事を読むことで、C++におけるソートの基本から応用までを理解し、実際にコードを書くことができるようになります。

C++のソートアルゴリズムは多岐にわたり、それぞれに特徴があります。

しかし、初心者がこれらを一から学ぶのは難しいかもしれません。

そこで、この記事では初心者にも理解しやすいように、基本的な概念からステップバイステップで解説していきます。

●C++におけるソートの基本

プログラミングにおけるソートとは、データを特定の順序に従って並べ替える処理のことを指します。

C++では、標準ライブラリにソート関数が用意されており、効率的にデータを並べ替えることができます。

しかし、標準ライブラリの関数を使うだけでなく、自分でソートアルゴリズムを実装することで、プログラミングの理解を深めることができます。

○ソートとは何か?

ソートは、配列やリストなどのデータ構造に格納されたデータを、昇順や降順など、特定の順序に従って並べ替える処理を指します。

例えば、数字の配列があったときに、これを小さい順または大きい順に並べ替えることがソートです。

ソートはデータの検索や整理を効率的に行うために不可欠な操作であり、多くのプログラムで広く使われています。

○C++でのソートの基本的な概念

C++でソートを行う基本的な方法は、標準ライブラリのsort関数を使用することです。

sort関数は、<algorithm>ヘッダに定義されており、簡単に配列やベクターをソートすることができます。

例えば、整数のベクターを昇順にソートする場合、下記のように記述します。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

int main() {
    std::vector<int> vec = {4, 1, 3, 5, 2};
    std::sort(vec.begin(), vec.end());

    for(int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、std::vector<int>型の変数vecに整数をいくつか格納し、std::sort関数を用いて昇順にソートしています。

ソート後の結果はループを使って出力されます。

このように、C++の標準ライブラリを利用することで、簡単にデータをソートすることができます。

●C++でのソート手法

C++でソートを行う方法にはいくつかのアルゴリズムがあります。

ここでは、初心者にも理解しやすいように、基本的なソートアルゴリズムの実装方法とその概念を紹介します。

○サンプルコード1:バブルソートの実装

バブルソートは、最も基本的なソートアルゴリズムの一つです。

この方法は、隣り合う要素を比較し、必要に応じて交換することで、要素を順序どおりに並べ替えます。

#include <iostream>
#include <vector>

void bubbleSort(std::vector<int>& vec) {
    int n = vec.size();
    for (int i = 0; i < n-1; i++) {
        for (int j = 0; j < n-i-1; j++) {
            if (vec[j] > vec[j+1]) {
                std::swap(vec[j], vec[j+1]);
            }
        }
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {5, 3, 2, 4, 1};
    bubbleSort(vec);
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、bubbleSort関数がバブルソートの処理を行っています。

ベクターの各要素を順番に比較し、必要に応じて隣接する要素と交換しています。

これにより、小さい数から順に配列の先頭に移動していくことができます。

○サンプルコード2:選択ソートの実装

選択ソートは、配列を線形に走査して最小値(または最大値)を見つけ、それを配列の先頭に移動させることを繰り返すことでソートを行うアルゴリズムです。

#include <iostream>
#include <vector>

void selectionSort(std::vector<int>& vec) {
    int n = vec.size();
    for (int i = 0; i < n-1; i++) {
        int min_index = i;
        for (int j = i+1; j < n; j++) {
            if (vec[j] < vec[min_index]) {
                min_index = j;
            }
        }
        std::swap(vec[i], vec[min_index]);
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {64, 25, 12, 22, 11};
    selectionSort(vec);
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、selectionSort関数が選択ソートの処理を行っています。

各ステップで、未ソートの部分から最小値を見つけ出し、それを未ソートの部分の最初の要素と交換しています。

○サンプルコード3:挿入ソートの実装

挿入ソートは、各反復で要素を取り出し、それを既にソートされた配列部分に挿入することでソートを行います。

#include <iostream>
#include <vector>

void insertionSort(std::vector<int>& vec) {
    int n = vec.size();
    for (int i = 1; i < n; i++) {
        int key = vec[i];
        int j = i - 1;

        // keyより大きい要素を一つ右に移動
        while (j >= 0 && vec[j] > key) {
            vec[j + 1] = vec[j];
            j = j - 1;
        }
        vec[j + 1] = key;
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {12, 11, 13, 5, 6};
    insertionSort(vec);
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、insertionSort関数が挿入ソートの処理を行っています。

各ステップで、ソートされていない部分から要素を取り出し、それをソートされた部分の適切な位置に挿入します。

○サンプルコード4:マージソートの実装

マージソートは、分割統治法を用いた効率的なソートアルゴリズムです。こ

のアルゴリズムは、リストを半分に分割し、それぞれをソートした後にマージ(結合)することで全体をソートします。

#include <iostream>
#include <vector>

void merge(std::vector<int>& vec, int left, int mid, int right) {
    int n1 = mid - left;
    int n2 = right - mid;
    std::vector<int> L(n1), R(n2);

    for (int i = 0; i < n1; i++) L[i] = vec[left + i];
    for (int i = 0; i < n2; i++) R[i] = vec[mid + i];

    int i = 0, j = 0, k = left;
    while (i < n1 && j < n2) {
        if (L[i] <= R[j]) {
            vec[k++] = L[i++];
        } else {
            vec[k++] = R[j++];
        }
    }

    while (i < n1) vec[k++] = L[i++];
    while (j < n2) vec[k++] = R[j++];
}

void mergeSort(std::vector<int>& vec, int left, int right) {
    if (left + 1 < right) {
        int mid = (left + right) / 2;
        mergeSort(vec, left, mid);
        mergeSort(vec, mid, right);
        merge(vec, left, mid, right);
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {38, 27, 43, 3, 9, 82, 10};
    mergeSort(vec, 0, vec.size());
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、mergeSort関数が分割と統合を担当し、merge関数が実際の結合処理を行っています。

リストが単一の要素になるまで分割し、その後順に結合しながらソートされていきます。

○サンプルコード5:クイックソートの実装

クイックソートはマージソートと同じく分割統治法を用いる高速なソートアルゴリズムです。

ピボット(基準値)を選択し、それより小さい要素を左側に、大きい要素を右側に移動させることでソートを行います。

#include <iostream>
#include <vector>

int partition(std::vector<int>& vec, int low, int high) {
    int pivot = vec[high];
    int i = low - 1;
    for (int j = low; j < high; j++) {
        if (vec[j] < pivot) {
            i++;
            std::swap(vec[i], vec[j]);
        }
    }
    std::swap(vec[i + 1], vec[high]);
    return i + 1;
}

void quickSort(std::vector<int>& vec, int low, int high) {
    if (low < high) {
        int pi = partition(vec, low, high);
        quickSort(vec, low, pi - 1);
        quickSort(vec, pi + 1, high);
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {10, 80, 30, 90, 40, 50, 70};
    quickSort(vec, 0, vec.size() - 1);
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、quickSort関数が全体のソート処理を、partition関数がピボットを基に配列を分割する処理を担っています。

ピボットを選び、それに基づいて要素を分けることで高速にソートを行います。

●ソートアルゴリズムの比較と応用

C++におけるソートアルゴリズムは多様であり、それぞれに独自の特性があります。

これらのアルゴリズムを理解し比較することは、効率的なプログラミングにおいて重要です。

例えば、バブルソートは実装が簡単で理解しやすいものの、効率は他のアルゴリズムに比べて低いという特徴があります。

一方、選択ソートも実装が容易ですが、大規模なデータには適していないという欠点があります。

挿入ソートは小規模なデータや部分的にソートされたデータに対して高い効率を示し、マージソートは大規模なデータに対しても効率が良く、安定したソートが可能ですが、追加のメモリが必要です。

クイックソートは平均的なケースでは最も高速であり、追加メモリがほとんど必要ありませんが、最悪のケースでは遅くなる可能性があります。

○各ソートアルゴリズムの特徴と比較

各アルゴリズムの特徴を理解することは、適切なアルゴリズムを選択する上で重要です。

バブルソートはそのシンプルさから初心者には理解しやすく、選択ソートは小規模なデータに対して有効ですが、データ量が増えると効率が落ちます。

挿入ソートは部分的にソートされたデータに対しては非常に効率的ですが、データがランダムに配置されている場合は効率が低下します。

マージソートは安定したソートを提供し、大量のデータに対しても高いパフォーマンスを発揮しますが、追加の記憶領域が必要になることがあります。

クイックソートは多くの場合、最速のソートアルゴリズムと見なされますが、最悪の場合のパフォーマンスは悪くなる可能性があります。

○ソートの応用例とサンプルコード

ソートアルゴリズムは、データを整理するだけでなく、様々なアプリケーションで応用されています。

例えば、データベースのクエリ最適化、検索エンジンのランキングアルゴリズム、データ分析など、多岐にわたる分野で利用されています。

データ分析の一例として、数値データの中央値を求めるプログラムを考えます。

まず、データをソートし、その後で中央値を計算します。

下記のサンプルコードは、C++を使用して数値リストの中央値を求める方法を表しています。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

double findMedian(std::vector<int>& vec) {
    std::sort(vec.begin(), vec.end());
    int n = vec.size();
    if (n % 2 == 0) {
        return (vec[n / 2 - 1] + vec[n / 2]) / 2.0;
    } else {
        return vec[n / 2];
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {12, 3, 5, 7, 19, 20};
    double median = findMedian(vec);
    std::cout << "Median is " << median << std::endl;
    return 0;
}

このプログラムは、まずベクターをソートし、その後でベクターのサイズに基づいて中央値を計算しています。

データが偶数個の場合は、中央の2つの数の平均を取り、奇数個の場合は中央の数をそのまま使用します。

●ソートの注意点と対処法

ソートアルゴリズムを使用する際には、いくつかの重要な注意点があります。

これらの注意点を理解し、適切に対処することで、プログラムの効率性と正確性を保つことができます。

○ソートアルゴリズム選択時の注意点

ソートアルゴリズムを選択する際には、データのサイズや特性を考慮する必要があります。

例えば、データが少ない場合は単純なバブルソートや挿入ソートが効率的ですが、データ量が多い場合にはマージソートやクイックソートの方が適しています。

また、データの初期状態が部分的にソートされている場合は、挿入ソートが非常に効率的です。

アルゴリズムを選ぶ際には、これらの要因を慎重に考慮することが重要です。

○ソートの効率性と安定性について

ソートの効率性は、アルゴリズムがどれだけ高速に動作するかを示しますが、安定性も重要な要素です。

安定なソートアルゴリズムでは、同じ値を持つ要素の相対的な順序が変わりません。

例えば、マージソートは安定なソートアルゴリズムですが、クイックソートは安定ではありません。

データの特性によっては、安定性が重要になる場合があるため、この点を考慮することが必要です。

○エラー処理と対処法

ソートプロセス中にエラーが発生する可能性があります。

例えば、無効な範囲のデータにアクセスしようとしたり、メモリの不足によって問題が発生することがあります。

これらのエラーに対処するためには、適切なエラー処理を行うことが重要です。

エラーチェックを適切に行い、必要に応じて例外処理を実装することで、プログラムの信頼性を高めることができます。

また、メモリ管理に注意を払い、リソースの不足が原因でエラーが発生しないようにすることも大切です。

エラー処理の例として、ここでは簡単なエラーチェックと例外処理を含むソート関数のサンプルコードを紹介します。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <stdexcept>

void safeSort(std::vector<int>& vec) {
    try {
        std::sort(vec.begin(), vec.end());
    } catch (const std::exception& e) {
        std::cerr << "エラー発生: " << e.what() << std::endl;
        // 適切なエラー処理を行う
    }
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {3, 1, 4, 1, 5, 9, 2, 6, 5, 3};
    safeSort(vec);
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、std::sort関数をtryブロック内で呼び出し、何らかの例外が発生した場合にはcatchブロックでエラーメッセージを表示し、適切なエラー処理を行います。

●C++でのソートのカスタマイズ方法

C++におけるソート機能は、様々な方法でカスタマイズすることが可能です。

これにより、特定のニーズやデータ型に合わせた高度なソート処理を実現できます。

○サンプルコード6:カスタム比較関数を使ったソート

C++の標準ライブラリでは、std::sort関数にカスタム比較関数を渡すことで、ユーザー定義の比較ロジックに基づいてデータをソートすることができます。

これは、特定の条件や複雑なデータ型を扱う際に特に有用です。

ここでは、カスタム比較関数を使用したソートのサンプルコードを紹介します。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

bool customCompare(int a, int b) {
    // ここにカスタムの比較ロジックを実装
    return a < b;
}

int main() {
    std::vector<int> vec = {5, 2, 9, 1, 5, 6};
    std::sort(vec.begin(), vec.end(), customCompare);
    for (int i : vec) {
        std::cout << i << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、customCompare関数がカスタムの比較ロジックを定義し、std::sort関数にその関数を渡しています。

これにより、標準の比較ロジックではなく、ユーザー定義のロジックに従って配列がソートされます。

○サンプルコード7:オブジェクトの配列をソートする方法

C++では、オブジェクトの配列もカスタマイズされた比較関数を使用してソートすることができます。

これにより、オブジェクトの特定の属性に基づいてソートを行うことが可能になります。

ここでは、オブジェクトの配列をソートするサンプルコードを紹介します。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>

class MyClass {
public:
    int value;
    MyClass(int v) : value(v) {}
};

bool compareMyClass(const MyClass &a, const MyClass &b) {
    return a.value < b.value;
}

int main() {
    std::vector<MyClass> vec;
    vec.push_back(MyClass(5));
    vec.push_back(MyClass(2));
    vec.push_back(MyClass(9));

    std::sort(vec.begin(), vec.end(), compareMyClass);

    for (const auto &obj : vec) {
        std::cout << obj.value << " ";
    }
    return 0;
}

このコードでは、MyClassクラスのオブジェクトのベクターを作成し、compareMyClass関数を用いてそのオブジェクトをvalueメンバに基づいてソートしています。

この方法を用いることで、任意のオブジェクト型に対する柔軟なソート処理を実装できます。

まとめ

この記事では、C++におけるソートの基本から応用、カスタマイズ方法に至るまでを網羅的に解説しました。

バブルソート、選択ソート、挿入ソート、マージソート、クイックソートなど、各種アルゴリズムの特徴と実装方法を学び、それぞれのソート手法の適用シナリオと注意点を理解することができたかと思います。

また、カスタム比較関数の使用やオブジェクト配列のソートなど、C++の強力なカスタマイズ機能についても詳しく説明しました。

この知識を活用して、効率的で堅牢なソフトウェア開発を実現しましょう。