C++における比較関数の使い方7選

C++の比較関数を使ったコーディングの画像C++
この記事は約13分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C++における比較関数の使い方を学ぶことは、あらゆるレベルのプログラマーにとって非常に価値があります。

この記事では、初心者から上級者までC++の比較関数を深く理解し、活用するための包括的なガイドを紹介します。

C++における比較関数の基本的な概念から応用例まで、実際のコードを交えながら分かりやすく解説していきます。

●C++における比較関数の基本

C++でのプログラミングにおいて、比較関数は非常に重要な役割を担います。

これらの関数は、特にソートや検索などのアルゴリズムで広く使用されており、効率的なプログラムを作成するためには不可欠です。

比較関数の基本的な使い方を理解することは、C++での高度なプログラミングスキルを身につけるための第一歩と言えるでしょう。

○比較関数とは何か

比較関数とは、二つのオブジェクトや値を比較して、一方が他方より小さい、等しい、または大きいかを判定する関数です。

この関数は、通常、ソートや検索アルゴリズムなどでオブジェクト間の順序を決定するために使用されます。

C++標準ライブラリには、std::sortstd::binary_search のような多くのアルゴリズムが含まれており、これらは比較関数を用いて動作します。

○C++における比較関数の役割

C++における比較関数の役割は、主にデータの並べ替えや検索にあります。

たとえば、配列やベクターの要素を特定の基準に従ってソートしたい場合、比較関数を用いることで、その基準に基づいたソートが可能になります。

また、特定の条件を満たす要素を検索する際にも、比較関数がキーとなります。

これらの関数は、C++プログラミングにおいてデータの整理や処理を効率的かつ効果的に行うための基本ツールの一つです。

●比較関数の基本的な使い方

C++における比較関数の基本的な使い方を理解することは、効果的なプログラミングの基礎です。

比較関数は、主にデータのソートや検索の際に使用されます。

基本的な比較関数は、二つの引数を取り、一方が他方より大きい、等しい、小さいかを評価します。

この評価は通常、負の値、ゼロ、または正の値を返すことによって表現されます。

○サンプルコード1:数値の比較

数値を比較する最も単純な比較関数を見てみましょう。

この関数は、二つの整数を引数として取り、それらの大小関係を判定します。

#include <iostream>
using namespace std;

bool compare(int a, int b) {
    return a < b;
}

int main() {
    int x = 5, y = 10;
    if (compare(x, y)) {
        cout << x << " is smaller than " << y << endl;
    } else {
        cout << x << " is not smaller than " << y << endl;
    }
    return 0;
}

この例では、compare 関数は int 型の二つの引数 ab を取り、ab より小さい場合に true を返します。

main 関数内でこの比較関数を用いて、二つの数値 xy の大小関係を評価しています。

○サンプルコード2:文字列の比較

文字列を比較する場合、比較関数は少し複雑になる可能性があります。

文字列の比較では、文字の辞書的順序に基づいて大小関係を判定します。

#include <iostream>
#include <string>
using namespace std;

bool compareStrings(const string &a, const string &b) {
    return a < b;
}

int main() {
    string first = "apple", second = "banana";
    if (compareStrings(first, second)) {
        cout << first << " comes before " << second << " in dictionary order" << endl;
    } else {
        cout << first << " does not come before " << second << " in dictionary order" << endl;
    }
    return 0;
}

この例では、compareStrings 関数は二つの string 型の引数を取り、一方が他方より辞書的に先に来るかどうかを評価しています。

main 関数内で compareStrings 関数を用いて、二つの文字列 firstsecond の辞書順序を評価しています。

●比較関数の応用例

C++における比較関数は、基本的な数値や文字列の比較を超えて、様々な応用が可能です。

ここでは、オブジェクトのソート、関数オブジェクトの使用、そしてラムダ式による比較という3つの応用例を見ていきます。

これらの応用例は、C++における比較関数の柔軟性と強力な機能を表しています。

○サンプルコード3:オブジェクトのソート

C++でカスタムオブジェクトをソートする際、比較関数は非常に重要です。

下記の例では、構造体 Person を定義し、その年齢に基づいてソートする方法を表しています。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>
using namespace std;

struct Person {
    string name;
    int age;
};

bool compareByAge(const Person &a, const Person &b) {
    return a.age < b.age;
}

int main() {
    vector<Person> people = {{"Alice", 30}, {"Bob", 25}, {"Carol", 35}};
    sort(people.begin(), people.end(), compareByAge);

    for (const auto &person : people) {
        cout << person.name << ": " << person.age << endl;
    }
    return 0;
}

この例では、compareByAge 関数は2つの Person オブジェクトを比較し、年齢が小さい方を先に配置するようにします。

sort 関数はこの比較関数を使って Person オブジェクトのベクターを年齢順にソートします。

○サンプルコード4:関数オブジェクトの使用

関数オブジェクトを使って比較関数をより柔軟にすることができます。

下記の例では、比較のためのクラスを作成し、そのインスタンスをソート関数に渡しています。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>
using namespace std;

struct Compare {
    bool operator()(int a, int b) {
        return a < b;
    }
};

int main() {
    vector<int> numbers = {3, 1, 4, 1, 5, 9, 2, 6, 5, 3, 5};
    Compare comp;
    sort(numbers.begin(), numbers.end(), comp);

    for (int num : numbers) {
        cout << num << " ";
    }
    cout << endl;
    return 0;
}

このコードでは、Compare は関数オブジェクトであり、operator() をオーバーロードしています。

これにより、Compare のインスタンスを関数のように使用できます。

○サンプルコード5:ラムダ式による比較

ラムダ式を用いると、比較関数をより簡潔に書くことができます。

下記の例では、ラムダ式を用いて整数のベクターを降順にソートしています。

#include <iostream>
#include <vector>
#include <algorithm>
using namespace std;

int main() {
    vector<int> numbers = {3, 1, 4, 1, 5, 9, 2, 6, 5, 3, 5};
    sort(numbers.begin(), numbers.end(), [](int a, int b) {
        return a > b;
    });

    for (int num : numbers) {
        cout << num << " ";
    }
    cout << endl;
    return 0;
}

この例では、sort 関数の第3引数にラムダ式を直接記述しています。

このラムダ式は、2つの整数を比較し、降順に並べ替えるための基準を提供します。

●比較関数の高度な活用法

C++の比較関数は、単純なデータ型を超えて、より高度な用途にも活用できます。

特にカスタム比較関数の作成や、標準テンプレートライブラリ(STL)のアルゴリズムとの組み合わせにより、強力なプログラミングテクニックが可能になります。

○サンプルコード6:カスタム比較関数の作成

カスタム比較関数を作成することで、独自の基準に基づいてデータを比較し、処理することができます。

例えば、下記の例では、特定の条件を満たす要素を優先して選択するカスタム比較関数を作成しています。

#include <iostream>
#include <algorithm>
#include <vector>
using namespace std;

struct MyCriteria {
    bool operator()(int a, int b) {
        return (a % 10) < (b % 10);
    }
};

int main() {
    vector<int> numbers = {13, 22, 35, 40, 53, 62};
    sort(numbers.begin(), numbers.end(), MyCriteria());

    for (int num : numbers) {
        cout << num << " ";
    }
    cout << endl;
    return 0;
}

この例では、MyCriteria は一の位に基づいて整数を比較するカスタム比較関数です。

この関数を用いて、一の位が小さい順にベクターをソートしています。

○サンプルコード7:STLアルゴリズムとの組み合わせ

C++のSTLアルゴリズムは比較関数と組み合わせることで、より強力になります。

例えば、std::set コンテナにおいてカスタム比較関数を用いることで、独自の基準に基づいてデータを格納し管理することができます。

#include <iostream>
#include <set>
using namespace std;

struct CustomCompare {
    bool operator()(const string &a, const string &b) const {
        return a.length() < b.length();
    }
};

int main() {
    set<string, CustomCompare> words = {"C++", "Programming", "Compare", "Function"};
    for (const auto &word : words) {
        cout << word << endl;
    }
    return 0;
}

このコードでは、CustomCompare は文字列を長さに基づいて比較します。

このカスタム比較関数を用いることで、std::set は文字列を長さ順に保持します。

●エンジニアとして知っておくべき比較関数の豆知識

C++プログラミングにおいて、比較関数は非常に強力なツールです。

ただし、その使い方をよく理解していないと、予期せぬ結果やパフォーマンスの問題を引き起こすことがあります。

ここでは、比較関数のパフォーマンス最適化と標準ライブラリの比較関数の活用についての重要な豆知識を紹介します。

○豆知識1:比較関数のパフォーマンス最適化

比較関数を使う際、パフォーマンスを最適化することは非常に重要です。

特に大量のデータを扱う場合、効率的な比較関数はプログラムの実行速度に大きく影響します。

たとえば、複雑なオブジェクトを比較する際には、不必要なコピーを避けるために引数を参照渡しにすることが推奨されます。

また、比較の結果をキャッシュすることで、同じ計算の繰り返しを避けることも有効な手段です。

○豆知識2:標準ライブラリの比較関数活用

C++の標準ライブラリには、多くの便利な比較関数が含まれています。

例えば、std::lessstd::greater などの関数オブジェクトは、プリミティブな型だけでなく、カスタムクラスに対しても使うことができます。

これらの標準の関数オブジェクトを利用することで、コードの可読性を向上させるとともに、再利用可能な比較ロジックを構築することができます。

例えば、std::set で独自の比較関数を使用する際に std::greater を活用することで、要素を逆順に保持することができます。

#include <iostream>
#include <set>
#include <functional>
using namespace std;

int main() {
    set<int, greater<int>> numbers = {4, 1, 3, 2, 5};
    for (int n : numbers) {
        cout << n << " ";
    }
    cout << endl;
    return 0;
}

このコードでは、std::greater を使用して std::set の要素を降順に保持しています。

これは、標準ライブラリの比較関数を活用する一例です。

まとめ

この記事では、C++における比較関数の使い方から応用方法までを詳細に解説しました。

基本的な数値や文字列の比較から始まり、オブジェクトのソート、関数オブジェクトの使用、ラムダ式による比較、さらにはカスタム比較関数の作成やSTLアルゴリズムとの組み合わせまで、豊富なサンプルコードとともに紹介しました。

これらの知識を活用することで、C++におけるプログラミングの幅が広がり、より効率的かつ強力なコードを書くことが可能になります。