C++のstd::atomicを使いこなす7つの方法

C++のstd::atomicを学ぶ初心者のための完全ガイドのイメージC++
この記事は約22分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C++では、効率的かつ安全なコードの記述が求められます。

この文脈において、std::atomicは極めて重要な役割を果たします。

この記事では、std::atomicがC++プログラミングにおいてなぜ重要なのか、その基本から応用までを深く掘り下げ、初心者から上級者までが理解しやすい形で解説します。

さまざまな使用例とサンプルコードを通じて、std::atomicの効果的な利用方法を学びましょう。

○std::atomicとは何か?

std::atomicはC++11で導入された機能で、マルチスレッドプログラミングにおけるデータの競合と不整合を防ぐための仕組みです。

通常、複数のスレッドが同時に変数へアクセスする際、予期しないデータの上書きや競合が発生する可能性があります。

しかし、std::atomicを用いることで、これらの変数へのアクセスがアトミック(分割不可能な)操作となり、データの整合性とプログラムの安定性が保たれます。

たとえば、複数スレッドが同一の整数変数に対して加算操作を行う場合を考えてみましょう。

std::atomicを使用せずに通常の整数型を用いると、スレッド間で加算のタイミングが重なり、本来の合計値と異なる結果になる可能性があります。

これを防ぐためにstd::atomicのように宣言し、各スレッドから安全に加算操作を行えるようにするのです。

○なぜstd::atomicは重要なのか?

std::atomicの重要性は、主にマルチスレッド環境におけるデータ整合性の確保にあります。

現代のコンピューティング環境では、マルチコアプロセッサの利用が一般的であり、効率的なプログラムを作成するためにはマルチスレッドプログラミングが不可欠です。

std::atomicを使用することで、複数のスレッドが同時に変数を操作しても、データの競合や不整合を防ぐことができるため、プログラムの信頼性が大きく向上します。

また、ロックベースの同期処理と比較して、std::atomicは性能面でも優れています。

ロックを使用すると、スレッドがリソースへのアクセスを待つ間、CPUサイクルを無駄に消費することがありますが、std::atomic操作はこれを最小限に抑え、より高速な実行が可能になります。

これにより、リアルタイム性が求められるアプリケーションや、高いパフォーマンスを必要とするシステムでの利用が適しています。

●std::atomicの基本

C++においてマルチスレッドプログラミングを行う際、データの一貫性と効率的な処理が重要な要素です。

std::atomicは、これらの要件を満たすためのキーとなる機能であり、ここではstd::atomicの基本的な特性と使用法について詳しく見ていきましょう。

std::atomicは、複数のスレッドによる同時アクセスがある変数を安全に操作するためのメカニズムです。

これは、マルチスレッド環境における競合状態やデータ競合を防ぎ、プログラムの正確性を保つために不可欠です。

基本的に、std::atomicは任意の型Tに対してstd::atomicの形で使用され、この形式の変数は、複数のスレッドからのアクセスがあっても、常に安全で一貫した状態を維持します。

例えば、ある整数値を複数のスレッドで共有して操作する場合、通常の整数型では意図しないデータの上書きや競合が発生する恐れがあります。

しかし、std::atomic型を使用することで、これらのリスクを最小限に抑えることができるのです。

○std::atomicの基本概念とその用途

std::atomicの基本概念は、「アトミック操作」という考え方に基づいています。

アトミック操作とは、分割不可能な操作のことで、一連の処理が中断されることなく、完全に実行されることを保証します。

これにより、マルチスレッド環境においても、データの整合性を保ちながら安全に変数を更新することが可能になります。

std::atomicは、主に次のような場面で有効に機能します。

  • マルチスレッドによる共有変数へのアクセス制御
  • 競合状態の回避
  • データの一貫性と整合性の確保
  • 高性能な並列処理の実現

これらの要件は、特にリアルタイムシステムや高負荷の処理を伴うアプリケーションにおいて重要です。

std::atomicを適切に活用することで、複雑なロック処理を避けながらも、効率的で安全なコードの記述が可能になるのです。

○std::atomicの型と操作

std::atomicは、基本的なデータ型(例えばintやfloat)だけでなく、ユーザー定義型にも対応しています。

それにより、幅広い種類のデータに対してアトミック操作を適用することが可能です。

また、std::atomicは様々な操作をサポートしており、これらの操作を通じてスレッドセーフなプログラミングが実現されます。

●std::atomicの使い方

std::atomicを使いこなすためには、その基本的な機能と応用技術の理解が不可欠です。

ここでは、実際のサンプルコードを交えながら、std::atomicの使い方を段階的に解説します。

マルチスレッドプログラミングにおけるデータ競合の問題を避けるための方法として、std::atomicは非常に強力なツールです。

○サンプルコード1:単純なアトミック変数の作成と使用

まず最初に、単純なアトミック変数の作成と基本的な使用法について見ていきます。

下記のサンプルコードは、単一のアトミック整数を作成し、異なるスレッドからその値を更新する方法を表しています。

#include <iostream>
#include <thread>
#include <atomic>

std::atomic<int> atomic_number(0);

void add_to_number(int num) {
    atomic_number += num;
}

int main() {
    std::thread t1(add_to_number, 5);
    std::thread t2(add_to_number, 10);

    t1.join();
    t2.join();

    std::cout << "合計値: " << atomic_number.load() << std::endl;
    return 0;
}

このコードでは、std::atomic<int>型の変数atomic_numberを初期化し、2つのスレッドt1t2を用いて異なる値を加算しています。

スレッドが終了した後、最終的な値が正しく計算されていることを確認できます。

この例では、std::atomicを使用することで、複数のスレッドが同時に変数にアクセスしても安全に値を更新できることが表されています。

○サンプルコード2:アトミック変数での加算操作

次に、アトミック変数での加算操作について詳しく見ていきましょう。

下記のサンプルコードは、アトミック変数に対するスレッドセーフな加算操作を行っています。

#include <iostream>
#include <thread>
#include <vector>
#include <atomic>

std::atomic<int> atomic_sum(0);

void increment(int value) {
    atomic_sum += value;
}

int main() {
    std::vector<std::thread> threads;
    for(int i = 0; i < 10; ++i) {
        threads.push_back(std::thread(increment, 1));
    }

    for(auto& t : threads) {
        t.join();
    }

    std::cout << "合計: " << atomic_sum.load() << std::endl;
    return 0;
}

このコードでは、10個のスレッドを生成し、それぞれがatomic_sumに1を加算しています。

全てのスレッドが終了した後、atomic_sumの値が10であることを確認できます。

この例からも、std::atomicがマルチスレッド環境でのデータ整合性を保証する強力なツールであることがわかります。

○サンプルコード3:複数スレッドでのアトミック操作

マルチスレッド環境におけるアトミック操作の実装には、特に注意が必要です。

下記のサンプルコードは、複数のスレッドが共有するアトミック変数に対して、スレッドセーフな操作を行っています。

#include <iostream>
#include <thread>
#include <atomic>
#include <vector>

std::atomic<int> shared_value(0);

void perform_atomic_operation() {
    for(int i = 0; i < 100; ++i) {
        shared_value++;
    }
}

int main() {
    std::vector<std::thread> threads;
    for(int i = 0; i < 5; ++i) {
        threads.emplace_back(perform_atomic_operation);
    }

    for(auto& t : threads) {
        t.join();
    }

    std::cout << "共有値: " << shared_value.load() << std::endl;
    return 0;
}

このコードでは、5つのスレッドがshared_valueという共有アトミック変数に対して100回ずつインクリメント操作を行っています。

全てのスレッドが終了した後、shared_valueが500であることを確認できます。

これにより、複数のスレッドが共有リソースにアクセスする際に、std::atomicがどのように役立つかを理解することができます。

○サンプルコード4:メモリオーダーとアトミック性

最後に、メモリオーダーとアトミック性について説明します。

メモリオーダーは、複数の操作がどのように実行されるかを制御する重要な概念です。

下記のサンプルコードでは、異なるメモリオーダーを指定したアトミック操作を表しています。

#include <iostream>
#include <atomic>
#include <thread>

std::atomic<int> number(0);
std::atomic<bool> ready(false);

void writer() {
    number.store(100, std::memory_order_relaxed);
    ready.store(true, std::memory_order_release);
}

void reader() {
    while (!ready.load(std::memory_order_acquire)) {
        // 待機
    }
    std::cout << "読み取った値: " << number.load(std::memory_order_relaxed) << std::endl;
}

int main() {
    std::thread t1(writer);
    std::thread t2(reader);

    t1.join();
    t2.join();
    return 0;
}

このコードでは、writer関数でnumber変数に100を格納し、readyフラグをtrueに設定しています。

reader関数では、readyフラグがtrueになるまで待機し、その後numberの値を読み取っています。

メモリオーダーstd::memory_order_releasestd::memory_order_acquireを使用することで、書き込みと読み取りの順序を保証しています。

この例から、メモリオーダーがマルチスレッドプログラミングにおいていかに重要であるかが理解できます。

●よくあるエラーと対処法

C++でのstd::atomicの使用において、特にマルチスレッド環境下では、さまざまなエラーが発生し得ます。

これらのエラーは、データの一貫性やプログラムの効率に直接的な影響を及ぼすため、適切な理解と対処が必要です。

ここでは、std::atomicを用いる際によく発生するエラーと、それらを解決するための方法について掘り下げます。

○アトミック操作の誤用とその解決法

std::atomic変数を使用する際には、非アトミック操作との混合が問題となることがあります。

例えば、std::atomicで宣言されている変数を通常の変数と同様に扱うと、データの競合や不整合が発生する可能性があります。

これを防ぐためには、std::atomic変数に対しては、常にアトミック操作を行うことが重要です。

メモリオーダーの誤解も、std::atomicを使う際の一般的な誤りです。

std::atomicはメモリオーダーを指定することが可能ですが、これが誤って使用されると、プログラムの挙動が不安定になる恐れがあります。

適切なメモリオーダーの選択は、プログラムの正確性と効率を保証する上で非常に重要です。

○メモリオーダーの誤解と対処法

メモリオーダーに関する誤解は、マルチスレッド環境において特に重大な問題を引き起こす可能性があります。

メモリオーダーは、複数のアトミック操作間での可視性と順序を制御する重要な概念です。

リラックスされたメモリオーダー、std::memory_order_relaxedを過信すると、操作間の同期が保証されないため、予期しない挙動が発生することがあります。

このため、オペレーション間で順序や可視性が重要でない場合に限り、このメモリオーダーを使用することが推奨されます。

また、メモリオーダーの必要性を過小評価することも問題です。

特に、複数のスレッドが共有リソースにアクセスする場合は、適切なメモリオーダーの指定が不可欠です。

各アトミック操作の文脈と目的に応じて、適切なメモリオーダーを選択することが、データの一貫性とプログラムの安定性を確保する上で重要となります。

●std::atomicの応用例

C++のstd::atomicは、その汎用性と効率の良さから、様々な高度なプログラミングシナリオにおいて応用されています。

特に、マルチスレッドプログラミングにおけるデータの競合を避けるためには、std::atomicが非常に重要な役割を果たします。

ここでは、std::atomicを用いたいくつかの応用例と、それらの具体的なサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード5:スレッドセーフなシングルトンパターン

シングルトンパターンは、あるクラスのインスタンスがプログラム内で一つしか存在しないことを保証するデザインパターンです。

マルチスレッド環境では、シングルトンのインスタンス化の際にデータ競合が発生することを避けるために、std::atomicが効果的に使用されます。

ここでは、std::atomicを用いてスレッドセーフなシングルトンパターンを実装する方法のサンプルコードを紹介します。

#include <iostream>
#include <mutex>
#include <atomic>

class Singleton {
private:
    static std::atomic<Singleton*> instance;
    static std::mutex mutex;
    Singleton() {}

public:
    static Singleton* getInstance() {
        Singleton* tmp = instance.load(std::memory_order_relaxed);
        std::atomic_thread_fence(std::memory_order_acquire);
        if (tmp == nullptr) {
            std::lock_guard<std::mutex> lock(mutex);
            tmp = instance.load(std::memory_order_relaxed);
            if (tmp == nullptr) {
                tmp = new Singleton();
                std::atomic_thread_fence(std::memory_order_release);
                instance.store(tmp, std::memory_order_relaxed);
            }
        }
        return tmp;
    }
};

std::atomic<Singleton*> Singleton::instance(nullptr);
std::mutex Singleton::mutex;

int main() {
    Singleton* singleton_instance = Singleton::getInstance();
    std::cout << "Singleton instance address: " << singleton_instance << std::endl;
    return 0;
}

このサンプルコードでは、Singleton::getInstanceメソッドを通じて、クラスの唯一のインスタンスを生成しています。

この方法により、複数のスレッドが同時にこのメソッドを呼び出しても、Singletonクラスのインスタンスが一つだけ生成されることが保証されます。

○サンプルコード6:ロックフリーキューの実装

ロックフリーキューは、スレッドがブロックされることなく、データの追加や削除を行えるデータ構造です。

std::atomicを使用することで、マルチスレッド環境においてもデータの競合やデッドロックを避けつつ、効率的にキュー操作を行うことができます。

#include <iostream>
#include <atomic>
#include <thread>
#include <vector>

template <typename T>
class LockFreeQueue {
private:
    struct Node {
        T data;
        std::atomic<Node*> next;
        Node(T val) : data(val), next(nullptr) {}
    };

    std::atomic<Node*> head, tail;

public:
    LockFreeQueue() {
        Node* dummy = new Node(T());
        head.store(dummy);
        tail.store(dummy);
    }

    void enqueue(T val) {
        Node* newNode = new Node(val);
        Node* oldTail;
        while (true) {
            oldTail = tail.load();
            Node* next = oldTail->next.load();
            if (next == nullptr) {
                if (oldTail->next.compare_exchange_weak(next, newNode)) {
                    break;
                }
            } else {
                tail.compare_exchange_weak(oldTail, next);
            }
        }
        tail.compare_exchange_weak(oldTail, newNode);
    }

    bool dequeue(T& val) {
        Node* oldHead;
        while (true) {
            oldHead = head.load();
            Node* oldTail = tail.load();
            Node* next = oldHead->next.load();
            if (oldHead == oldTail) {
                if (next == nullptr) {
                    return false;
                }
                tail.compare_exchange_weak(oldTail, next);
            } else {
                if (head.compare_exchange_weak(oldHead, next)) {
                    val = next->data;
                    delete oldHead;
                    return true;
                }
            }
        }
    }
};

int main() {
    LockFreeQueue<int> queue;
    queue.enqueue(1);
    queue.enqueue(2);
    int val;
    if (queue.dequeue(val)) {
        std::cout << "Dequeued: " << val << std::endl;
    }
    return 0;
}

このコードでは、std::atomicを用いてスレッドセーフなキューの実装が行われています。

複数のスレッドが同時にキューにアクセスしても、データの競合やデッドロックが発生せず、効率的にデータの追加や削除が行えます。

○サンプルコード7:マルチスレッドでのカウンター管理

最後に、マルチスレッド環境でのカウンター管理の例を見てみましょう。

複数のスレッドが同時にカウンターを更新する場合、std::atomicを使用することでスレッドセーフなカウンターの実装が可能です。

#include <iostream>
#include <thread>
#include <atomic>
#include <vector>

std::atomic<int> counter(0);

void incrementCounter() {
    for (int i = 0; i < 100; ++i) {
        counter.fetch_add(1, std::memory_order_relaxed);
    }
}

int main() {
    std::vector<std::thread> threads;
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
        threads.emplace_back(incrementCounter);
    }

    for (auto& thread : threads) {
        thread.join();
    }

    std::cout << "最終的なカウンターの値: " << counter.load() << std::endl;
    return 0;
}

このコードでは、10個のスレッドがそれぞれカウンターを100回ずつインクリメントしています。

全てのスレッドが終了した後、カウンターの値が1000であることが期待されます。

このサンプルコードは、std::atomicを使ってマルチスレッド環境でのカウンターの安全な管理がどのように行われるかを表しています。

●エンジニアなら知っておくべき豆知識

C++プログラミング、特にマルチスレッドプログラミングを行う際には、std::atomicの使用に関するいくつかの豆知識が役立ちます。

std::atomicは、マルチスレッドプログラミングにおけるデータの整合性を保証するための重要なツールであり、その効果的な使用は、アプリケーションのパフォーマンスと安全性に大きな影響を与えます。

ここでは、std::atomicを使いこなすための重要なポイントについて詳細に解説します。

○豆知識1:std::atomicとメモリモデルの関係

std::atomicを理解する上で、C++のメモリモデルを理解することは不可欠です。

C++のメモリモデルは、プログラムがどのようにメモリを操作し、複数のスレッド間でデータがどのように共有されるかを定義しています。

std::atomicは、このメモリモデルの上に構築されており、マルチスレッド環境での変数の安全なアクセスを提供します。

メモリモデルは、変数へのアクセスが他のスレッドにどのように見えるか(可視性)、そしてそれらの操作の順序(順序付け)を保証するルールを定めています。

std::atomicを使用することで、これらのルールに従いつつ、効率的にデータの同期を行うことができます。

したがって、C++のメモリモデルについての理解は、std::atomicを適切に使用する上で不可欠です。

○豆知識2:パフォーマンスと安全性のバランス

std::atomicを使用する際には、パフォーマンスと安全性の間のバランスを適切に取ることが重要です。

std::atomicによる操作は、一般的な非アトミックな操作よりもコストが高い可能性があります。

これは、アトミック操作が追加のメモリバリアや同期を必要とするためです。

したがって、不要なstd::atomicの使用は、アプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与えることがあります。

一方で、マルチスレッド環境においては、データの整合性とスレッド間の安全なコミュニケーションが不可欠です。

これを達成するためには、std::atomicが提供する保証が必要になる場合が多々あります。

エンジニアは、各ケースにおいて、パフォーマンスの影響を最小限に抑えつつ、必要な安全性を確保するための最適なstd::atomicの使用方法を見極める必要があります。

まとめ

この記事では、C++のstd::atomicについて、基本的な概念から応用まで幅広く解説しました。

std::atomicは、マルチスレッドプログラミングにおけるデータの競合を避け、データの整合性を保つために不可欠です。

各種のサンプルコードを通じて、std::atomicの効果的な使い方や、その利点と注意点を明らかにしました。

この知識を活用することで、C++におけるマルチスレッドプログラミングの理解を深め、より安全で効率的なコードの実装が可能になります。