PythonでQueueを使いこなす!7つのステップとサンプルコード

PythonでQueueを使いこなす7つのステップとサンプルコードを学ぶ画像Python
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

今日、私たちはPythonのQueueについて深掘りすることにします。

これは初心者から上級者まで役立つ、Queueの使い方、注意点、カスタマイズ方法を7つのステップと詳細なサンプルコードで解説する記事です。

これから学ぶことで、あなたのPythonプログラミングスキルは新たな次元へと進化します。

●PythonとQueueについて

Queueはデータ構造の一つで、FIFO(First-In, First-Out)原則に従います。

つまり、「先入れ先出し」という概念で動作します。

Pythonでは、Queueはthreadingモジュール内にあり、マルチスレッドプログラミングにおけるデータの安全なやり取りを実現します。

●Queueの作り方

Queueの初期化、要素の追加と取り出し、その他のQueueのメソッドについて見ていきましょう。

○Queueの初期化

PythonでQueueを作るには、まずthreadingモジュールのQueueクラスをインポートします。

その後、Queueクラスのインスタンスを作成します。

下記のコードでは、空のQueueを作っています。

from queue import Queue

# Queueの初期化
q = Queue()

このコードでは、まずQueueクラスをインポートしています。

次に、Queueクラスのインスタンスを作成し、それを変数qに代入しています。

○要素の追加と取り出し

Queueに要素を追加するには、putメソッドを使用します。

また、Queueから要素を取り出すには、getメソッドを使用します。

# 要素の追加
q.put('apple')

# 要素の取り出し
item = q.get()
print(item)  # appleが出力される

このコードでは、まずputメソッドを使用してQueueに’apple’という文字列を追加しています。

次に、getメソッドを使用してQueueから要素を取り出し、それを変数itemに代入しています。

最後に、itemを出力しています。結果として’apple’が出力されます。

○その他のQueueのメソッド

Queueには、他にも様々なメソッドが存在します。

たとえば、Queueが空であるかを確認するemptyメソッドや、Queueの現在の長さを取得するqsizeメソッドなどがあります。

# Queueが空であるか確認
is_empty = q.empty()
print(is_empty)  # Trueが出力される

# Queueの現在の長さを取得
size = q.qsize()
print(size)  # 0が出力される

このコードでは、最初にemptyメソッドを使用してQueueが空であるかを確認しています。

次に、qsizeメソッドを使用してQueueの現在の長さを取得しています。

結果として、Queueが空であるためTrueと0がそれぞれ出力されます。

これまでの話をまとめると、PythonのQueueは、初期化、要素の追加と取り出し、その他の便利なメソッドなど、非常に便利な機能を備えています。

●Queueの詳細な使い方

さて、ここからは具体的なサンプルコードを交えて、基本的なQueueの使い方と、マルチスレッド環境でのQueueの使い方を見ていきましょう。

○サンプルコード1:基本的なQueueの使い方

下記のコードは、PythonのQueueを用いた基本的な操作を表しています。

これは、要素の追加と取り出し、さらにQueueが空かどうかを確認する一連の流れを実装しています。

from queue import Queue

# Queueの初期化
q = Queue()

# 要素の追加
q.put('apple')
q.put('banana')

# 要素の取り出し
item1 = q.get()
item2 = q.get()

print(item1)  # appleが出力される
print(item2)  # bananaが出力される

# Queueが空であるか確認
is_empty = q.empty()
print(is_empty)  # Trueが出力される

まず、Queueを初期化し、その後で’apple’と’banana’という2つの要素を追加しています。

次に、これらの要素をgetメソッドで取り出し、出力しています。

最後に、Queueが空であることを確認しています。

○サンプルコード2:マルチスレッド環境でのQueueの使い方

次のコードは、マルチスレッド環境でQueueを用いる例です。

2つのスレッドが同時にQueueにアクセスし、一方のスレッドが要素を追加し、もう一方のスレッドが要素を取り出す動作をします。

from queue import Queue
import threading

# Queueの初期化
q = Queue()

def worker1():
    for i in range(10):
        q.put(i)
        print(f'Worker1 added {i} to the queue')

def worker2():
    while not q.empty():
        item = q.get()
        print(f'Worker2 got {item} from the queue')

# スレッドの生成と実行
t1 = threading.Thread(target=worker1)
t2 = threading.Thread(target=worker2)

t1.start()
t2.start()

t1.join()
t2.join()

このコードでは、2つのスレッドを生成し、それぞれを異なる関数(worker1とworker2)に接続しています。

worker1は0から9までの数値をQueueに追加し、それを出力します。

一方、worker2はQueueが空でない間、要素を取り出し、それを出力します。

最後に、2つのスレッドが終了するまで待機します。

●Queueの注意点と対処法

Queueは非常に便利なツールですが、使用する際には注意すべき点がいくつかあります。

○注意点1:Queueが空のときにgetを使用すると起こる問題

Queueが空の状態でgetメソッドを呼び出すと、プログラムは要素が追加されるのを無期限に待つようになります。

これは、データが無い状態でデータを取り出そうとすると、データが来るまでブロックされるというQueueの特性から来ています。

○対処法1:Queueが空のときにgetを使用する問題への対処法

この問題に対する一つの対処法は、getメソッドに引数としてblock=Falseを渡すことです。

これにより、Queueが空の場合には即座にqueue.Empty例外が発生します。

この例外を捕捉して適切に処理することで、プログラムが無期限に待つ状態を避けることができます。

try:
    item = q.get(block=False)
except queue.Empty:
    print('Queue is empty.')

このコードでは、getメソッドにblock=Falseを引数として渡し、その結果をitemに代入しようとしています。

しかし、Queueが空の場合、即座にqueue.Empty例外が発生します。

その例外を捕捉し、’Queue is empty.’と出力します。

○注意点2:Queueが満タンのときにputを使用すると起こる問題

一方、Queueに格納できる要素数には上限があり、その上限を超えてputメソッドを呼び出すと、同様にプログラムは空きスペースが出るのを無期限に待つようになります。

○対処法2:Queueが満タンのときにputを使用すると起こる問題への対処法

この問題に対する対処法も、getメソッドの場合と似ています。

putメソッドに引数としてblock=Falseを渡すことで、Queueが満タンの場合には即座にqueue.Full例外が発生します。

この例外を捕捉して適切に処理することで、プログラムが無期限に待つ状態を避けることができます。

try:
    q.put('orange', block=False)
except queue.Full:
    print('Queue is full.')

このコードでは、putメソッドにblock=Falseを引数として渡し、’orange’をQueueに追加しようとしています。

しかし、Queueが満タンの場合、即座にqueue.Full例外が発生します。

その例外を捕捉し、’Queue is full.’と出力します。

これらの注意点と対処法を理解することで、PythonのQueueをより安全に、より効率的に使用することができます。

●Queueのカスタマイズ

PythonのQueueは、標準のQueueだけでなく、優先度付きQueueやLIFO(Last-In, First-Out)Queueなど、さまざまなバリエーションを持っています。

これらは、標準のQueueと同じように使用することができ、さらに高度な制御が可能です。

○サンプルコード3:カスタマイズしたQueueの作り方

下記のコードは、優先度付きQueueの作り方を表しています。

優先度付きQueueは、要素を追加する際に優先度も一緒に指定します。優先度が高い項目が先に取り出されます。

from queue import PriorityQueue

# 優先度付きQueueの初期化
pq = PriorityQueue()

# 要素の追加(優先度、値)
pq.put((3, 'apple'))
pq.put((1, 'banana'))
pq.put((2, 'cherry'))

# 要素の取り出し
while not pq.empty():
    print(pq.get())

このコードでは、PriorityQueueを用いて優先度付きQueueを作成しています。

putメソッドを使って要素を追加するとき、先に優先度を指定し、次にその要素の値を指定します。

この例では、’banana’の優先度が最も高く(1が最小で最優先)、次に’cherry’(優先度2)、最後に’apple’(優先度3)となります。

そのため、getメソッドで要素を取り出すと、優先度の高い順に出力されます。

これで、PythonのQueueのカスタマイズ方法について理解できたはずです。

●応用例とサンプルコード

PythonのQueueは、多くのプログラムで有用なツールとなります。

特にマルチスレッド環境や、データが非同期に生成され消費される場面では、その価値を最大限に発揮します。

○サンプルコード4:複数のプロデューサとコンシューマを持つQueueの例

下記のコードは、Queueを使って複数のプロデューサ(データを生成するスレッド)と複数のコンシューマ(データを消費するスレッド)を持つプログラムを作成する例を表しています。

from queue import Queue
from threading import Thread
import time

def producer(q, i):
    while True:
        q.put(i)
        print(f'Producer {i} added {i} to queue.')
        time.sleep(1)

def consumer(q, i):
    while True:
        item = q.get()
        print(f'Consumer {i} got {item} from queue.')
        time.sleep(2)

q = Queue(maxsize=10)
producers = [Thread(target=producer, args=(q, i)) for i in range(5)]
consumers = [Thread(target=consumer, args=(q, i)) for i in range(2)]

for t in producers:
    t.start()

for t in consumers:
    t.start()

for t in producers:
    t.join()

for t in consumers:
    t.join()

このコードでは、5つのプロデューサスレッドと2つのコンシューマスレッドを作成しています。

プロデューサはそれぞれ1秒ごとに自分のIDをQueueに追加し、その事を出力します。

一方、コンシューマは2秒ごとにQueueから要素を取り出し、その事を出力します。

このように、Queueを使用することで、複数のスレッドが同じデータを安全に共有できます。

○サンプルコード5:優先度付きQueueの例

また、優先度付きQueueを使うと、タスクの優先度を管理することができます。

from queue import PriorityQueue
from threading import Thread
import time

def task(name, priority):
    time.sleep(priority)
    print(f'Task {name} finished.')

pq = PriorityQueue()

# タスクの追加(優先度、値)
pq.put((3, Thread(target=task, args=('Task1', 3))))
pq.put((1, Thread(target=task, args=('Task2', 1))))
pq.put((2, Thread(target=task, args=('Task3', 2))))

# タスクの実行
while not pq.empty():
    thread = pq.get()[1]
    thread.start()
    thread.join()

このコードでは、PriorityQueueを用いてタスクの優先度を管理しています。

タスクはそれぞれスレッドとして定義し、それを優先度とともにQueueに追加します。

その後、優先度の高い順にタスクを取り出し、実行します。

以上、PythonでQueueを使いこなすための7つのステップとサンプルコードについて説明しました。

これらの情報が、PythonとQueueの使い方を理解し、より効果的に使いこなす助けになれば幸いです。

まとめ

今回の記事では、PythonでQueueを使いこなすための7つのステップとサンプルコードについて詳しく解説しました。

PythonのQueueは、複数のスレッド間でデータを安全に共有するための有力なツールです。

特にマルチスレッド環境や、データが非同期に生成され消費されるシナリオでは、その価値を最大限に発揮します。

しかし、Queueの使用には注意点もあります。Queueが空のときにgetを呼び出したり、Queueが満タンのときにputを呼び出したりすると、プログラムは無期限に待つ状態になる可能性があります。

これらの問題を避けるためには、getやputの引数にblock=Falseを渡して、必要な例外処理を行うことが重要です。

また、PythonのQueueはカスタマイズ可能で、優先度付きQueueやLIFO Queueなど、さまざまなバリエーションを利用できます。

これらを使用することで、プログラムに柔軟性と効率性をもたらすことができます。

PythonでQueueを使いこなすための知識とスキルを身につけることで、より高度なプログラミングタスクに対応できるようになるでしょう。