Pythonで切り捨てを完全理解!初心者でもできる7つの方法

Pythonの切り捨て方法を詳しく説明する記事のサムネイル画像Python
この記事は約7分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

コードを書いているときに、数字を整数に変換する必要があることはよくありますよね。

特に、Pythonを使っているときは、そのような場面にしばしば遭遇します。

この記事では、Pythonでの切り捨て処理の基本から、具体的な使い方、さらには応用例まで、初心者でも理解できるように7つのステップで詳しく解説します。

また、注意点やカスタマイズの方法についても言及しますので、Pythonで切り捨て処理をスムーズに行うための一助になることでしょう。

●Pythonと切り捨てとは

Pythonとは、シンプルで読みやすい構文を特徴とするプログラミング言語の一つです。

初心者にも扱いやすく、また数値計算やデータ分析、ウェブ開発など、幅広い用途で活用されています。

一方、切り捨てとは、数値から小数部分を取り除いて整数部分だけを残す処理のことを指します。

たとえば、3.14を切り捨てると3になります。Pythonでは、この切り捨てを行うための専用の関数が用意されています。

●Pythonでの切り捨ての基本的な使い方

Pythonで数値を切り捨てる基本的な方法は、組み込み関数のfloorを使うことです。

floor関数は、mathモジュールに含まれているため、使用する前にimport mathと記述して、モジュールをインポートする必要があります。

○整数の切り捨て

まずは、整数の切り捨てから見ていきましょう。

import math

num = 7
result = math.floor(num)
print(result)  # 7

このコードでは、まずmathモジュールをインポートしています。

次に、変数numに整数の7を代入し、math.floor(num)によってnumの切り捨てを行っています。

結果はそのままの7となります。なぜなら、整数を切り捨てても元の値が変わらないからです。

○小数の切り捨て

次に、小数の切り捨てを見ていきましょう。

import math

num = 3.14
result = math.floor(num)
print(result)  # 3

このコードでは、変数numに小数の3.14を代入し、math.floor(num)によってnumの切り捨てを行っています。結果は3となります。

このように、小数部分がある数値を切り捨てると、小数部分が取り除かれ、整数部分だけが残ります。

●Pythonで切り捨てを使う方法

Pythonで切り捨て処理を行うにはいくつかの方法があります。

その中から3つの具体的なコードを紹介していきます。

○サンプルコード1:基本的な切り捨て

最初に紹介するのは、Pythonで最も基本的な切り捨ての方法です。

import math

num = 8.9
result = math.floor(num)
print(result)  # 8

このコードでは、mathモジュールをインポートした後、変数numに8.9を代入し、math.floor(num)によって切り捨てを行っています。

結果として8が出力されます。

つまり、このコードではmath.floorを使って8.9を切り捨て、その結果を出力しています。

○サンプルコード2:小数点以下を切り捨てる

次に、小数点以下を切り捨てる方法を紹介します。

import math

num = 4.7
result = math.floor(num)
print(result)  # 4

このコードでは、変数numに4.7を代入し、math.floor(num)によって切り捨てを行っています。

結果として4が出力されます。

つまり、このコードではmath.floorを使って4.7の小数点以下を切り捨て、その結果を出力しています。

○サンプルコード3:負の数の切り捨て

最後に、負の数の切り捨ての方法を紹介します。

import math

num = -2.3
result = math.floor(num)
print(result)  # -3

このコードでは、変数numに-2.3を代入し、math.floor(num)によって切り捨てを行っています。

結果として-3が出力されます。

つまり、このコードではmath.floorを使って-2.3を切り捨て、その結果を出力しています。

●Pythonで切り捨てを使った応用例

ここからは、Pythonで切り捨てを使ったさまざまな応用例を見ていきましょう。

リスト内の数値の切り捨てから始め、算術計算における切り捨ての利用、そしてデータ処理での切り捨ての活用まで、3つの具体的なコード例を提供します。

○サンプルコード4:リスト内の数値を切り捨てる

まずは、リスト内の各数値を切り捨てる例からです。

import math

num_list = [1.2, 3.7, 4.6, 5.5]
result = [math.floor(num) for num in num_list]
print(result)  # [1, 3, 4, 5]

このコードでは、まず変数num_listに小数を含むリストを定義します。

その後、リスト内包表記とmath.floorを使ってリスト内の各数値を切り捨てます。

その結果、元の数値が全て切り捨てられた新たなリストが出力されます。

○サンプルコード5:切り捨てを使った算術計算

次に、切り捨てを用いた算術計算の例を紹介します。

import math

num1 = 5.8
num2 = 3.2
result = math.floor(num1) + math.floor(num2)
print(result)  # 8

このコードでは、まず2つの変数num1num2に小数をそれぞれ定義します。

その後、それぞれの数値を切り捨てた結果を足し合わせます。

その結果、切り捨て後の数値同士の和が出力されます。

○サンプルコード6:切り捨てを使ったデータ処理

最後に、データ処理で切り捨てを活用する例を紹介します。

import math
import pandas as pd

data = {'value': [1.2, 3.7, 4.6, 5.5]}
df = pd.DataFrame(data)
df['floored_value'] = df['value'].apply(math.floor)
print(df)

このコードでは、まずpandasのデータフレームに小数値のリストを持つデータを定義します。

その後、applyメソッドとmath.floorを使って各値を切り捨て、新たな列floored_valueとしてデータフレームに追加します。

最後に、新たに切り捨てられた値を含むデータフレーム全体が出力されます。

以上が、Pythonで切り捨てを使った応用例です。

リスト内の数値を切り捨てたり、算術計算で切り捨てを利用したり、さらにはデータ処理で切り捨てを活用したりと、様々な場面でPythonの切り捨て処理が有効に使えることがわかります。

これらのコード例を参考に、自分のプログラムに切り捨てをうまく組み込んでみてください。

●切り捨て処理の注意点と対処法

Pythonの切り捨て処理には、いくつかの注意点があります。

切り捨ては小数部分を取り除く操作であり、正の数だけでなく負の数に対しても行うことができます。

しかし、負の数を切り捨てると、結果の絶対値が増大することになります。

なぜなら、負の数に対する切り捨ては数値を下方向に移動させるためです。

その他にも、Pythonでは浮動小数点数の扱いに制限があるため、非常に小さい数値や非常に大きい数値の切り捨てが正確に行われないことがあります。

これらの問題に対処するためには、切り捨てる前に数値の範囲を確認し、必要に応じてデータの前処理を行うことが重要です。

●切り捨て処理のカスタマイズ方法

Pythonの切り捨て処理は、様々なカスタマイズが可能です。

例えば、特定の位まで切り捨てを行いたい場合、数値を一定の倍数に乗じた後に切り捨て、再度その倍数で除算することで、特定の位までの切り捨てを実現することができます。

また、math.floorだけでなくnumpy.floorを用いることも可能です。

numpy.floorは配列に対応しており、大量の数値データを一度に処理する際に便利です。

Pythonの切り捨て処理を自分の目的に合わせて最適化することで、より効率的なプログラミングが可能になります。

まとめ

この記事では、Pythonでの切り捨ての基本から、その応用例、注意点、カスタマイズ方法までを詳しく解説しました。

Pythonの切り捨ては、多様な計算やデータ処理で大いに役立つツールです。

それぞれのコード例を理解し、自身のコード作成に活用してみてください。

切り捨て処理を適切に使いこなすことで、より効率的で正確なプログラミングが可能になります。