初心者必見!C#でのTextBox操作方法10選

C#のTextBox操作方法を表す画像 C#
この記事は約24分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

特にC#というプログラミング言語を学び始めたばかりのあなたに、今回はC#の基本的なコントロールの一つであるTextBoxの使い方を紹介します。

この記事を読めば、TextBoxを使ってユーザーからの入力を受け取ったり、プログラムからテキストを表示したりする方法を理解できるようになります。

初心者にも分かりやすいように、基本から応用まで丁寧に解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

●C#とTextBoxの基本

まずは、C#とTextBoxについて基本的なことから理解しましょう。

C#(シーシャープ)は、Microsoftによって開発されたプログラミング言語です。

Windowsアプリケーションの開発に広く用いられており、.NET Frameworkや.NET Coreといったプラットフォーム上で動作します。

C#は、その柔軟性と強力な機能により、デスクトップアプリケーション、ウェブアプリケーション、ゲーム開発など、幅広い分野で利用されています。

○C#とは何か?

C#は、オブジェクト指向プログラミングをサポートする言語であり、開発者がより効率的に安全なコードを書くことを可能にします。

C#の特徴は、読みやすく理解しやすい構文を持ち、強い型付け、自動ガベージコレクション、豊富なライブラリーといった点です。

これらの特徴により、プログラミング初心者にとっても学びやすい言語となっています。

○TextBoxとは何か?

TextBoxは、C#で使用される基本的なユーザーインターフェイスコントロールの一つです。

ユーザーがアプリケーションにテキストを入力するためのフィールドとして機能し、テキストの表示、編集が可能です。

TextBoxは、フォームアプリケーションにおいてデータ入力やデータ表示のために広く使われています。

たとえば、ユーザー名やパスワードの入力フィールド、コメントの入力エリアなど、さまざまな場面で見かけることでしょう。

●TextBoxの基本的な使い方

C#でのTextBoxの使用方法を理解するためには、まず基本的なコントロールの作成方法を学ぶことが重要です。

TextBoxを使うと、ユーザーはアプリケーションにテキストを入力でき、開発者はそのテキストをプログラムで利用することができます。

ここでは、TextBoxの作成とテキストの入力及び取得の基本的な方法を紹介します。

○サンプルコード1:TextBoxの作成

C#でのTextBoxの作成は、Visual Studioなどの開発環境を使って、非常に簡単に行うことができます。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxExample
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成と設定
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30); // 位置
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(200, 30); // サイズ

            // TextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
        }
    }
}

このコードでは、Form1というウィンドウフォームにTextBoxコントロールを追加しています。

myTextBoxという名前のTextBoxを新しく作成し、位置やサイズを設定した後、Controls.Addメソッドを使用してフォームに追加しています。

これにより、実行するとフォーム上にテキストボックスが表示されます。

○サンプルコード2:テキストの入力と取得

テキストボックスにはユーザーがテキストを入力でき、そのテキストをプログラムで取得することができます。

下記のサンプルコードでは、テキストボックスへの入力とその取得方法を表しています。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxExample
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;
        private Button myButton;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(200, 30);

            // Buttonの作成
            myButton = new Button();
            myButton.Text = "テキスト取得";
            myButton.Location = new System.Drawing.Point(30, 70);
            myButton.Click += new EventHandler(MyButton_Click);

            // コントロールをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
            this.Controls.Add(myButton);
        }

        private void MyButton_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            // TextBoxのテキストを取得し、メッセージボックスで表示
            MessageBox.Show(myTextBox.Text);
        }
    }
}

この例では、Buttonコントロールを追加し、そのボタンがクリックされた時にTextBoxに入力されたテキストをMessageBoxで表示しています。

これにより、ユーザーが入力したテキストをプログラムで利用することが可能になります。

●TextBoxのカスタマイズ方法

C#でのTextBoxのカスタマイズは、アプリケーションのユーザーインターフェイスをより魅力的かつ機能的にする上で重要な部分です。

TextBoxのフォントや色の変更、サイズと位置の調整など、さまざまなカスタマイズが可能です。

ここでは、TextBoxのカスタマイズ方法の一部を、サンプルコードと共に紹介します。

○サンプルコード3:フォントと色の変更

TextBoxの見た目を変更する一つの方法として、フォントやテキストの色を変更することが挙げられます。

下記のサンプルコードでは、TextBoxのフォントスタイルとテキスト色を変更する方法を表しています。

using System;
using System.Drawing; // ColorとFontのために必要
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxCustomization
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new Size(200, 30);

            // フォントとテキスト色の設定
            myTextBox.Font = new Font("Arial", 12, FontStyle.Bold);
            myTextBox.ForeColor = Color.Blue;

            // TextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
        }
    }
}

このコードでは、FontクラスとColor構造体を使用して、TextBoxのフォントスタイルをArial、12pt、太字に設定し、テキストの色を青にしています。

これにより、テキストボックスの外観がカスタマイズされ、アプリケーションの見た目が向上します。

○サンプルコード4:サイズと位置の調整

TextBoxのサイズと位置を調整することは、ユーザーインターフェイスのレイアウトを最適化する上で重要です。

下記のサンプルコードでは、TextBoxのサイズと位置をプログラムで設定する方法を表しています。

using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxCustomization
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Size = new Size(300, 40); // サイズの変更
            myTextBox.Location = new Point(50, 50); // 位置の変更

            // TextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
        }
    }
}

この例では、SizeプロパティとLocationプロパティを使用して、TextBoxのサイズと位置をカスタマイズしています。

サイズを300×40ピクセル、位置をフォームの左上から50ピクセルの位置に設定しています。

●イベントハンドリングの基礎

プログラミングにおいてイベントハンドリングは、ユーザーのアクションに応じてプログラムが反応するようにする重要な概念です。

C#におけるWindowsフォームアプリケーションでのイベントハンドリングは、特にインタラクティブなアプリケーションを作成する際に欠かせないスキルです。

TextBoxコントロールにおけるイベントハンドリングは、ユーザーがテキストボックス内でテキストを編集したり、特定のアクションを起こしたりした際に、プログラムがそれに応じて動作するようにします。

○サンプルコード5:テキスト変更時のイベント処理

TextBoxにテキストが入力されたり変更されたりしたときに反応するイベントハンドラを作成することで、アプリケーションはより動的かつインタラクティブになります。

ここでは、TextBox内のテキストが変更された際にイベントを処理するサンプルコードを紹介します。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxEventHandling
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(200, 30);

            // テキスト変更時のイベントハンドラを追加
            myTextBox.TextChanged += new EventHandler(MyTextBox_TextChanged);

            // TextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
        }

        private void MyTextBox_TextChanged(object sender, EventArgs e)
        {
            // テキストが変更された時の処理
            MessageBox.Show("テキストが変更されました!");
        }
    }
}

このコードでは、TextChangedイベントに対してMyTextBox_TextChangedというメソッドをイベントハンドラとして登録しています。

ユーザーがTextBox内のテキストを編集すると、このイベントハンドラが呼び出され、メッセージボックスが表示されます。

●データバインディングの活用

データバインディングは、プログラムのデータソースとUIコントロールを直接的に結びつける強力なテクニックです。

これにより、データの自動更新や同期が容易になり、コードの簡素化と効率化が図れます。

C#においては、特にWindowsフォームアプリケーションにおけるデータバインディングが重要であり、TextBoxコントロールのデータバインディングはユーザーインターフェイスの動的なデータ表示と入力を可能にします。

○サンプルコード6:データバインディングの基本

下記のサンプルコードは、TextBoxをデータバインディングを使って単純なデータソースにバインドする方法を表しています。

この方法により、TextBoxの内容がデータソースと自動的に同期されるようになります。

using System;
using System.Windows.Forms;
using System.ComponentModel;

namespace TextBoxDataBinding
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;
        private BindingSource bindingSource;
        private string myData;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // データソースの設定
            myData = "初期テキスト";
            bindingSource = new BindingSource();
            bindingSource.DataSource = myData;

            // TextBoxの作成とデータバインディングの設定
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(200, 30);
            myTextBox.DataBindings.Add("Text", bindingSource, "", true, DataSourceUpdateMode.OnPropertyChanged);

            // TextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
        }
    }
}

このコードでは、BindingSourceオブジェクトを使用して、文字列データmyDataをデータソースとして設定し、TextBoxDataBindingsプロパティを用いてこのデータソースにバインドしています。

これにより、TextBoxの内容が変更されると、myDataの値も自動的に更新されるようになります。

●エラー処理とバリデーション

ソフトウェア開発において、エラー処理とバリデーションは非常に重要です。

これらは、アプリケーションが予期せぬ状況や不正な入力に対処し、信頼性とユーザー体験を保つために不可欠です。

特に、ユーザーからの入力を受け取るTextBoxでは、入力値の検証と適切なエラーメッセージの表示が必要です。

○サンプルコード7:入力バリデーション

下記のサンプルコードは、TextBoxでの入力値のバリデーションを表しています。

この例では、ユーザーが数値を入力することを期待しており、数値でない場合はエラーメッセージを表示します。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxValidation
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;
        private Button validateButton;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(200, 30);

            // バリデーションボタンの作成
            validateButton = new Button();
            validateButton.Text = "検証";
            validateButton.Location = new System.Drawing.Point(240, 30);
            validateButton.Click += new EventHandler(ValidateButton_Click);

            // コントロールをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
            this.Controls.Add(validateButton);
        }

        private void ValidateButton_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            if (!int.TryParse(myTextBox.Text, out int _))
            {
                MessageBox.Show("数値を入力してください。", "入力エラー");
            }
        }
    }
}

このコードでは、int.TryParseメソッドを使用して、TextBoxのテキストが整数に変換可能かどうかをチェックしています。

変換が不可能な場合は、メッセージボックスを使ってエラーメッセージを表示します。

●TextBoxの応用例

TextBoxは、単なるテキスト入力のためのコントロールではありません。

多様な応用が可能で、アプリケーションの使い勝手を向上させるための重要なツールです。

ここでは、リッチテキストエディタの作成、検索機能の組み込み、マルチライン入力の扱いなど、いくつかの応用例を紹介します。

○サンプルコード8:リッチテキストエディタの作成

TextBoxを使って簡単なリッチテキストエディタを作成することができます。

下記のサンプルコードは、基本的なテキスト編集機能を持つエディタの実装例です。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace RichTextBoxExample
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private RichTextBox myRichTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // RichTextBoxの作成
            myRichTextBox = new RichTextBox();
            myRichTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myRichTextBox.Size = new System.Drawing.Size(400, 300);
            myRichTextBox.Multiline = true; // 複数行の入力を許可
            myRichTextBox.WordWrap = true; // 自動改行を有効化

            // RichTextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myRichTextBox);
        }
    }
}

このコードでは、RichTextBoxコントロールを使用しています。

これにより、改行や書式設定などの基本的なテキスト編集機能が利用可能になります。

○サンプルコード9:検索機能の組み込み

TextBoxに検索機能を組み込むことで、ユーザーがテキストの中から特定の単語やフレーズを簡単に見つけることができます。

下記のコードは、テキストボックス内のテキストを検索する基本的な例です。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace TextBoxSearch
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;
        private Button searchButton;
        private TextBox searchTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // TextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(300, 200);
            myTextBox.Multiline = true;

            // 検索用TextBoxの作成
            searchTextBox = new TextBox();
            searchTextBox.Location = new System.Drawing.Point(340, 30);
            searchTextBox.Size = new System.Drawing.Size(100, 20);

            // 検索ボタンの作成
            searchButton = new Button();
            searchButton.Text = "検索";
            searchButton.Location = new System.Drawing.Point(340, 60);
            searchButton.Click += new EventHandler(SearchButton_Click);

            // コントロールをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
            this.Controls.Add(searchTextBox);
            this.Controls.Add(searchButton);
        }

        private void SearchButton_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            string searchText = searchTextBox.Text;
            int index = myTextBox.Text.IndexOf(searchText);
            if (index != -1)
            {
                myTextBox.Select(index, searchText.Length);
                myTextBox.Focus();
            }
        }
    }
}

このコードでは、別のTextBoxを検索ボックスとして使用し、ボタンクリックで指定されたテキストをメインのTextBox内で検索します。

○サンプルコード10:マルチライン入力の扱い

マルチラインの入力は、テキストボックスをより柔軟に使うための重要な機能です。

下記のサンプルコードでは、複数行の入力を扱う方法を表しています。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace MultilineTextBox
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private TextBox myTextBox;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            // マルチラインTextBoxの作成
            myTextBox = new TextBox();
            myTextBox.Location = new System.Drawing.Point(30, 30);
            myTextBox.Size = new System.Drawing.Size(300, 200);
            myTextBox.Multiline = true; // 複数行入力を有効化

            // TextBoxをフォームに追加
            this.Controls.Add(myTextBox);
        }
    }
}

このコードでは、Multilineプロパティをtrueに設定することで、TextBoxが複数行のテキストを受け付けるようになっています。

●注意点とトラブルシューティング

TextBoxを使用する際には、いくつかの注意点があります。

これらの注意点を理解し、適切に対処することで、より効果的にTextBoxを活用することができます。

まず、データの検証が重要です。

ユーザーが入力したデータが適切でない場合、プログラムにエラーが発生する可能性があります。

たとえば、数値を期待している場所に文字列が入力された場合などです。

このような問題を避けるためには、入力データの検証を行う必要があります。

また、大量のテキストデータを扱う場合、パフォーマンスの低下を避けるために適切な方法でデータを処理することが重要です。

特に、TextBoxが大量のデータを表示する際には、スクロールのパフォーマンスやテキストの読み込み速度に影響を与える可能性があります。

○一般的な問題とその対処法

一般的な問題としては、次のようなものが挙げられます。

これらの問題と対処法を理解し、適切に対応することで、C#におけるTextBoxの使用をより効果的に行うことができます。

□テキストボックスが期待通りにスクロールしない場合

この問題は、TextBoxのプロパティ設定を見直すことで解決できることが多いです。

たとえば、ScrollBars プロパティを適切に設定することで、水平または垂直のスクロールバーを表示させることができます。

□入力データの検証が必要な場合

ユーザーの入力を検証するために、TextBoxのテキスト変更イベントを利用することができます。

下記のサンプルコードは、数字のみを受け付けるTextBoxの実装例です。

   private void myTextBox_TextChanged(object sender, EventArgs e)
   {
       if (!int.TryParse(myTextBox.Text, out _))
       {
           MessageBox.Show("数値のみを入力してください。");
           myTextBox.Text = "";
       }
   }

このコードでは、TextChanged イベント内で入力されたテキストが数値かどうかを検証しています。

数値でない場合は、ユーザーに警告を表示し、テキストボックスをクリアしています。

□テキストの読み込みや表示のパフォーマンスに問題がある場合

大量のテキストを扱う場合は、BeginUpdateEndUpdate メソッドを使用して、更新のパフォーマンスを向上させることができます。

これにより、テキストボックスの内容が更新されるたびに描画が発生するのを防ぎ、パフォーマンスを改善できます。

まとめ

この記事では、C#を使用してTextBoxを操作する方法について、基本から応用までを幅広く解説しました。

TextBoxはC#プログラミングにおいて非常に重要なコントロールであり、その柔軟なカスタマイズ性と多様な機能により、様々なアプリケーションで活用されています。

この記事を通じて、C#でのTextBoxの操作方法についての理解を深め、より効果的にプログラミングを行うための知識とスキルを身につけることができたでしょう。

C#プログラミングは、TextBoxのような基本的なコントロールを理解し、それを応用することが重要です。

それぞれのステップで紹介したサンプルコードとともに、これからのプログラミングに活かしていただければ幸いです。