COBOLでGOBACK文を使う7つのステップ

COBOLのGOBACK文の使い方を学ぶ初心者COBOL
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、ビジネス処理に特化したプログラミング言語です。

この記事では、COBOLの基本的な概念と、特に初心者にとって重要なGOBACK文の使い方を解説します。

COBOLは長い歴史を持ち、現在でも多くの企業システムで使用されています。

この記事を読めば、COBOLの基礎知識を身につけ、GOBACK文を使ったプログラミングができるようになります。

●COBOLとは

COBOLは、1960年代初頭に開発された高水準プログラミング言語です。

英語に近い文法を持ち、ビジネス処理における読みやすさと維持しやすさを目指して設計されました。

COBOLは主に財務管理、人事管理、顧客データ管理など、ビジネスアプリケーションの開発に使用されています。

○COBOLの基本構造

COBOLプログラムは、次の4つの主要な部分で構成されます。

  1. IDENTIFICATION DIVISION:プログラムの名前や作成者情報を記述します。
  2. ENVIRONMENT DIVISION:プログラムが動作する環境(コンピュータの設定など)を指定します。
  3. DATA DIVISION:プログラムで使用するデータの定義を行います。
  4. PROCEDURE DIVISION:プログラムの実際の処理を記述する部分です。

○COBOLの歴史と現代での役割

COBOLは、その長い歴史の中で多くのバージョンアップを経てきました。

現代でも多くの企業でレガシーシステムとして使用されており、特に金融機関や政府機関での需要が高いです。

COBOLの知識は、これらのシステムの維持や更新に不可欠であり、現代のプログラマにとっても重要なスキルの一つです。

また、COBOLは新しい技術との統合も進んでおり、現代のIT環境においてもその価値を保っています。

●GOBACK文の基本

COBOLプログラミングにおいて、GOBACK文は非常に重要な役割を果たします。

この文は、サブルーチンから制御を呼び出し元のプログラムに戻すために使用されます。

主に、プログラムの終了時や、特定の処理が完了した後に使用されることが多いです。

ここでは、GOBACK文の基本的な概念とその役割について解説します。

○GOBACK文の定義と役割

GOBACK文は、COBOLプログラム内のサブルーチン(または内部プログラム)の実行を終了し、制御を呼び出し元のプログラムに戻すために使われます。

これにより、プログラムの流れが整理され、メンテナンスや理解が容易になります。

例えば、特定の計算やデータ処理をサブルーチンで行い、その結果をメインプログラムに戻す場合などに使用されます。

○GOBACK文の基本的な構文

GOBACK文の基本構文は非常にシンプルです。

単に「GOBACK」というキーワードを使用します。

   IDENTIFICATION DIVISION.
   PROGRAM-ID. SampleProgram.
   PROCEDURE DIVISION.
   MAIN-LOGIC SECTION.
   BEGIN.
       PERFORM SUBROUTINE.
       STOP RUN.

   SUBROUTINE SECTION.
   SUBROUTINE-LOGIC.
       DISPLAY "サブルーチンの処理を実行します。".
       ...(ここにサブルーチンの処理を記述)...
       GOBACK.

この例では、MAIN-LOGIC SECTIONからSUBROUTINE SECTIONに制御が移り、サブルーチンの処理が実行された後、GOBACK文によって制御がMAIN-LOGIC SECTIONに戻ります。

ここでのGOBACK文は、サブルーチンからメインプログラムに制御を戻すために使用されています。

このように、GOBACK文を使うことでプログラムの流れが明確になり、プログラムの構造を簡潔に保つことができます。

●GOBACK文の使い方

COBOLにおいて、GOBACK文の使い方を理解することは、効率的で整理されたコードを書くために非常に重要です。

GOBACK文は、サブルーチンや内部プログラムからメインプログラムに戻る際に使われる機能で、プログラムの流れを簡潔に保つのに役立ちます。

ここでは、GOBACK文の基本的な使い方と、いくつかの一般的な使用例について解説します。

○サンプルコード1:シンプルなGOBACK文の例

まず、最も基本的なGOBACK文の使用例を見てみましょう。

下記のサンプルコードでは、メインプログラムからサブルーチンを呼び出し、サブルーチンからGOBACK文を使って元のプログラムに戻ります。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. MainProgram.
PROCEDURE DIVISION.
    CALL 'Subroutine'.
    DISPLAY 'メインプログラムに戻りました。'.
    STOP RUN.

SUBROUTINE SECTION.
    DISPLAY 'サブルーチンでの処理が実行されます。'.
    GOBACK.

このコードでは、CALL 'Subroutine'によってサブルーチンが呼び出され、サブルーチン内の処理が完了した後にGOBACK文が実行されることで、制御がメインプログラムに戻ります。

○サンプルコード2:条件付きGOBACK文

次に、条件付きでGOBACK文を使用する例を見てみましょう。

この例では、特定の条件を満たした場合にのみ、サブルーチンからメインプログラムに戻ります。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ConditionalGoBack.
PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM Subroutine.
    DISPLAY 'メインプログラムに戻りました。'.
    STOP RUN.

SUBROUTINE SECTION.
    IF SOME-CONDITION THEN
        DISPLAY '条件を満たしたため、サブルーチンから戻ります。'.
        GOBACK
    END-IF.
    DISPLAY '条件を満たさないため、サブルーチンの処理を続行します。'.

このコードでは、IF SOME-CONDITION THENの条件が真の場合にのみ、GOBACK文が実行され、メインプログラムに戻ります。

そうでない場合は、サブルーチン内の処理が続行されます。

○サンプルコード3:ループ処理との組み合わせ

最後に、ループ処理内でGOBACK文を使用する例を紹介します。

この例では、ループの各イテレーションでサブルーチンを呼び出し、特定の条件でループから抜けてメインプログラムに戻ります。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. LoopWithGoBack.
PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM VARYING A FROM 1 BY 1 UNTIL A > 5
        PERFORM Subroutine
    END-PERFORM.
    DISPLAY 'ループを抜け、メインプログラムに戻りました。'.
    STOP RUN.

SUBROUTINE SECTION.
    IF A = 3 THEN
        DISPLAY 'Aが3なので、サブルーチンから戻ります。'.
        GOBACK
    END-IF.
    DISPLAY 'サブルーチンでの処理を続けます。'.

このコードでは、PERFORM VARYINGループ内でAの値が3になったときにGOBACK文が実行され、メインプログラムに制御が戻ります。

それ以外の場合は、サブルーチンの処理が続行されます。

●GOBACK文の応用例

COBOLにおけるGOBACK文の応用は、プログラムの構造をより効率的かつ柔軟にするために重要です。

特に、複雑なプログラムや大規模なシステムにおいて、GOBACK文を適切に使用することは、コードの整理とメンテナンスを容易にします。

ここでは、GOBACK文のいくつかの応用例を示し、その使い方を探ります。

○サンプルコード4:ファイル処理におけるGOBACK文の使用

ファイル処理を行うプログラムにおいて、GOBACK文はファイル操作後の制御の戻りに使われます。

下記のサンプルコードでは、ファイルを読み込むサブルーチンを呼び出した後、GOBACK文でメインプログラムに制御を戻します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. FileProcessing.
PROCEDURE DIVISION.
    CALL 'ReadFileSubroutine'.
    DISPLAY 'ファイル処理が完了しました。'.
    STOP RUN.

READFILE SECTION.
    OPEN INPUT SOMEFILE
    READ SOMEFILE
        AT END DISPLAY 'ファイルの終端に達しました。'
    NOT AT END DISPLAY 'ファイルからデータを読み込みました。'.
    CLOSE SOMEFILE
    GOBACK.

このコードでは、READFILE SECTIONでファイルの読み込みを行い、処理が完了した後にGOBACK文を使用してメインプログラムに戻ります。

○サンプルコード5:エラー処理とGOBACK文

エラー処理を行う際にも、GOBACK文は非常に役立ちます。

下記のコードでは、エラーが発生した場合にサブルーチンからメインプログラムに戻る方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ErrorHandling.
PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM CheckSubroutine.
    DISPLAY 'エラーチェックが完了しました。'.
    STOP RUN.

CHECK SECTION.
    IF ERROR-CONDITION THEN
        DISPLAY 'エラーが検出されました。'.
        GOBACK
    END-IF.
    DISPLAY 'エラーはありません。'.

この例では、CHECK SECTION内でエラー条件をチェックし、エラーがある場合にはGOBACK文で即座にメインプログラムに戻ります。

○サンプルコード6:サブルーチンからの戻り処理

最後に、サブルーチンからの戻り処理においてGOBACK文を使う例を見てみましょう。

ここでは、複数のサブルーチンを使用し、各サブルーチンの終了時にメインプログラムに戻る方法を紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SubroutineReturn.
PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM FirstSubroutine.
    PERFORM SecondSubroutine.
    DISPLAY 'すべてのサブルーチンの処理が完了しました。'.
    STOP RUN.

FIRST SECTION.
    DISPLAY '最初のサブルーチンの処理。'.
    GOBACK.

SECOND SECTION.
    DISPLAY '二番目のサブルーチンの処理。'.
    GOBACK.

このコードでは、FirstSubroutineSecondSubroutineが順に呼び出され、各サブルーチンの最後にGOBACK文が用いられています。

これにより、各サブルーチンの処理が終了すると、制御がメインプログラムに戻ります。

●注意点と対処法

COBOLプログラミングでGOBACK文を使用する際には、特定の注意点を理解し、適切な対処法を取ることが重要です。

間違った使い方をするとプログラムの機能に影響を与える恐れがあります。

ここでは、GOBACK文の使用における一般的な誤りと、それらを避けるための方法について詳細に説明します。

○GOBACK文使用時の一般的な間違い

GOBACK文を使う際に発生しがちな誤りとして、不適切な場所での使用が挙げられます。

例えば、GOBACK文はサブルーチンや内部プログラムの終了時にのみ使用されるべきであり、メインプログラム内での使用は避けるべきです。

メインプログラムで誤って使うと、プログラムの流れが混乱し、予期しない結果を引き起こす可能性があります。

また、条件分岐内でのGOBACK文の使用も注意が必要です。

誤った条件下でGOBACK文を使うと、プログラムが意図した通りに動作しなくなることがあります。

○効率的なGOBACK文の書き方

GOBACK文を効率的に使うためには、プログラムの構造を明確に理解することが必要です。

サブルーチンや内部プログラムが適切に定義され、その目的が明確であることが重要です。

条件分岐内でGOBACK文を使用する場合には、その条件が正確であることを確認し、必要に応じてテストを行うべきです。

また、GOBACK文の目的や使用されるコンテキストについてコメントを残すことで、他の開発者や将来の自分自身がコードをより理解しやすくなります。

これらの方法を守ることで、GOBACK文を効率的かつ安全に使用し、COBOLプログラムの品質とメンテナンス性を向上させることができます。

効果的なGOBACK文の使用は、プログラム全体の流れをスムーズにし、開発プロセスを効率化するのに役立ちます。

●GOBACK文のカスタマイズ方法

COBOLにおけるGOBACK文のカスタマイズは、プログラムの特定のニーズに合わせて柔軟に対応するために重要です。

カスタマイズを行うことで、プログラムの効率を向上させるとともに、特定の要件を満たすことが可能になります。

ここでは、GOBACK文の応用テクニックと、様々なシナリオでのカスタマイズ例について説明します。

○GOBACK文の応用テクニック

GOBACK文のカスタマイズにはいくつかのテクニックがあります。

例えば、条件に基づいてGOBACK文を動的に使用することで、プログラムの動作を変更することができます。

また、GOBACK文の前後に追加の処理を組み込むことで、サブルーチンの終了時に特定の操作を実行することも可能です。

これらのテクニックを使うことで、GOBACK文はプログラムの流れをより効果的に管理するための強力なツールとなります。

○様々なシナリオでのGOBACK文のカスタマイズ例

異なるシナリオでのGOBACK文のカスタマイズを見てみましょう。

たとえば、エラーが発生した場合に特定のクリーンアップ処理を行うためにGOBACK文を使用することができます。

この場合、GOBACK文の前にエラー処理ルーチンを配置し、エラーが検出された際に適切な処理を行った後にメインプログラムに戻るようにします。

また、ユーザー入力に基づいて異なるサブルーチンを呼び出し、それぞれのサブルーチンの終了後に特定の処理を行う場合にもGOBACK文のカスタマイズが役立ちます。

まとめ

この記事では、COBOLにおけるGOBACK文の基本から応用、さらにはカスタマイズ方法までを詳細に解説しました。

GOBACK文は、サブルーチンや内部プログラムからメインプログラムへの制御の戻りを管理するための強力なツールです。

正しく理解し、適切に使用することで、プログラムの効率性と読みやすさが大幅に向上します。

本記事で紹介した内容を実践することで、プログラミング初心者でもCOBOLのGOBACK文を効果的に利用できるようになります。

GOBACK文のような基本的な構文をマスターすることは、COBOLプログラミングの効率と効果を最大化する第一歩となるでしょう。