COBOLのDELIMITED文法を完全解説!初心者向け5つのステップ

COBOLのDELIMITED文法を学ぶ初心者のためのガイドCOBOL
この記事は約9分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読むことで、COBOLプログラミングの基本的な要素の一つであるDELIMITED文法について、初心者でも理解しやすい形で学ぶことができます。

COBOLは長い歴史を持つプログラミング言語で、特にビジネスや金融の分野で広く使用されてきました。

しかし、その文法や構造は現代の多くのプログラミング言語と異なるため、初めて学ぶ方には少し複雑に感じられるかもしれません。

このガイドでは、DELIMITED文法の基本から応用まで、実際の例を交えながら分かりやすく説明します。

●COBOLとは

COBOL(Common Business Oriented Language)は、1959年に開発されたプログラミング言語で、主にビジネスのアプリケーション開発に使用されます。

その目的は、ビジネス上の問題を解決するために、直感的で読みやすいプログラミング言語を提供することでした。

COBOLはその長い歴史の中で、金融機関や保険会社、政府機関などで広く採用され、今日でも多くのシステムで稼働しています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLの開発は、商業的な用途を念頭に置いて行われました。

この言語は、英語に近い構文を採用しているため、他の多くのプログラミング言語よりも読みやすく、理解しやすいという特徴があります。

また、COBOLは堅牢性と移植性に優れており、大規模なデータ処理に適しています。

これらの特性から、COBOLは特に金融や保険、政府などの分野で長年にわたり使用されてきました。

○COBOLの現代的な利用

現代においてもCOBOLは、多くの企業や組織にとって重要な言語の一つです。

特に、既存の大規模なビジネスシステムでは、COBOLで書かれたアプリケーションが多く稼働しています。

近年では、新しい技術との統合や、クラウドへの対応などにより、COBOLの役割は変化してきています。

しかし、その基本的な構造や文法は変わらず、現代のプログラマーもCOBOLの基礎を理解することが求められます。

●DELIMITED文法の基本

COBOLにおけるDELIMITED文法は、文字列やデータ項目の処理において非常に重要な役割を果たします。

この文法は、特定の文字や文字列が出現するまでのデータ範囲を指定する際に使用され、データ処理の柔軟性と効率を高めるための重要なツールです。

たとえば、ファイル内の特定の区切り文字までのデータを読み取る際にDELIMITED文法が使われます。

この機能は、不規則なデータ構造を持つテキストファイルやレポートの処理に特に有効です。

○DELIMITEDとは何か

DELIMITED文法は、COBOLプログラミングにおいて「~まで」または「~を限界として」という意味で用いられます。

具体的には、あるデータ項目の終わりを表すマーカーとして機能し、そのマーカーまでのデータ範囲を指定する際に使用されます。

この文法は、特に長さが不定のデータ項目を扱う際に有効で、データの読み取りや処理の際に柔軟性を提供します。

○DELIMITEDの役割とメリット

DELIMITED文法の最大の利点は、その柔軟性にあります。

特に、ファイルからのデータ読み取りや、文字列の解析において、終端が不明なデータ項目を効率的に処理することができます。

また、この文法を使用することで、プログラムの可読性が向上し、デバッグや保守が容易になります。

さらに、DELIMITED文法は、可変長のデータ項目を扱う際にも有効で、データ構造が複雑なビジネスアプリケーションにおけるデータ処理の効率化に貢献します。

●DELIMITEDの使い方

COBOLにおけるDELIMITED文法の使い方を理解することは、効率的なデータ処理に不可欠です。

この文法は、特にファイルや文字列から特定の区切り文字までのデータを抽出する場面で役立ちます。

ここでは、DELIMITED文法の具体的な使い方をサンプルコードと共に解説します。

○サンプルコード1:文字列の区切り

文字列データから特定の区切り文字までの部分を抽出する場合、DELIMITED文法を使用します。

下記の例では、コンマまでの文字列を抽出するシンプルな例を表しています。

01 文字列 PIC X(20) VALUE "Hello, World!".
01 抽出文字列 PIC X(10).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE 文字列(1: DELIMITED BY ',') TO 抽出文字列.

このコードでは、文字列”Hello, World!”からコンマまでの”Hello”部分が抽出文字列に格納されます。

DELIMITED BYを使うことで、コンマまでの文字列を簡単に取得できるのです。

○サンプルコード2:ファイル処理での利用

ファイルからのデータ読み取りにおいても、DELIMITED文法は非常に有用です。

下記の例では、ファイルから一行ずつ読み込み、特定の区切り文字までのデータを抽出します。

01 ファイルレコード PIC X(100).
01 抽出データ PIC X(50).

PROCEDURE DIVISION.
   OPEN INPUT ファイル.
   READ ファイル INTO ファイルレコード.
   MOVE ファイルレコード(1: DELIMITED BY ',') TO 抽出データ.
   CLOSE ファイル.

このコードでは、ファイルから読み込んだレコードの中で、最初のコンマまでのデータが抽出データに格納されます。

○サンプルコード3:データの抽出

最後に、DELIMITED文法を使用して複数のデータ項目を抽出する例を見てみましょう。

下記のコードでは、コンマで区切られた複数のデータ項目を個別に抽出します。

01 複数データ PIC X(30) VALUE "Apple,Orange,Banana".
01 データ1 PIC X(10).
01 データ2 PIC X(10).
01 データ3 PIC X(10).

PROCEDURE DIVISION.
   UNSTRING 複数データ DELIMITED BY ',' INTO データ1, データ2, データ3.

このコードでは、”Apple,Orange,Banana”という文字列から、それぞれのフルーツ名を個別の変数に格納しています。

UNSTRING文とDELIMITED BYを組み合わせることで、複数のデータ項目を効率的に抽出することが可能になります。

●DELIMITEDの応用例

DELIMITED文法の応用は、COBOLプログラミングにおいて多岐にわたります。

データの解析や処理の効率化に大いに貢献するこの文法は、複雑なデータ操作をシンプルにするために活用されています。

ここでは、DELIMITED文法の応用例として、複雑なデータ操作と効率的なデータ処理のサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード4:複雑なデータ操作

DELIMITED文法を使って、複数のデータ項目が含まれる文字列から特定のデータを選択的に抽出する例を見てみましょう。

下記のコードは、区切り文字を使用して、特定のデータ項目を分離する方法を表しています。

01 複合データ PIC X(50) VALUE "名前:山田,年齢:30,性別:男".
01 名前 PIC X(10).
01 年齢 PIC X(2).
01 性別 PIC X(1).

PROCEDURE DIVISION.
   UNSTRING 複合データ DELIMITED BY ',' 
       INTO 名前 DELIMITED BY ':'
            年齢 DELIMITED BY ':'
            性別 DELIMITED BY ':'.

このコードでは、”名前:山田,年齢:30,性別:男”というデータから、それぞれ名前、年齢、性別のデータを抽出しています。

UNSTRING文とDELIMITED BYを組み合わせることで、複合データを効率的に分解することができます。

○サンプルコード5:効率的なデータ処理

DELIMITED文法は、効率的なデータ処理にも役立ちます。

下記の例では、複数行のデータを処理し、各行の特定のデータを抽出する方法を表しています。

01 データレコード PIC X(100) VALUE "商品A,100,500;商品B,150,750;商品C,200,1000".
01 商品名 PIC X(10).
01 数量 PIC 9(3).
01 価格 PIC 9(4).

PROCEDURE DIVISION.
   PERFORM VARYING 商品名 FROM 1 BY 1 UNTIL 商品名 = "商品C"
      UNSTRING データレコード DELIMITED BY ';' 
          INTO 商品名 DELIMITED BY ','
               数量 DELIMITED BY ','
               価格 DELIMITED BY ','.
   END-PERFORM.

このコードでは、”商品A,100,500;商品B,150,750;商品C,200,1000″というデータから、商品名ごとに数量と価格を抽出しています。

PERFORM文とUNSTRING文を使用することで、複数行のデータを効率的に処理することが可能です。

●注意点と対処法

COBOLプログラミング、特にDELIMITED文法を使用する際にはいくつかの注意点があります。

これらのポイントを理解し、適切に対処することで、より効率的かつエラーの少ないプログラミングが可能になります。

○エラーへの対処

DELIMITED文法を使用する際、最も一般的なエラーの一つは、指定したデリミターが見つからない場合のエラー処理の不足です。

このような状況では、プログラムが予期せぬ動作をする可能性があります。

例えば、ファイルの内容が予期せず変更された場合、DELIMITED BYで指定した区切り文字が存在しない可能性があります。

このような問題に対処するためには、エラーチェックのルーチンを追加し、デリミターが見つからない場合に適切な処理を行うようにします。

○効果的なコーディングのヒント

DELIMITED文法を使用する際に効果的なコーディングを行うためのヒントはいくつかあります。

まず、明確で読みやすいコードを書くことが重要です。

DELIMITED文法は柔軟性が高いため、複雑な処理を簡潔に記述することが可能ですが、それによってコードの可読性が低下しないように注意が必要です。

また、特にファイル処理やデータ操作を行う際には、データの検証とエラー処理を念入りに行うことが重要です。

データ形式が予期せず変更された場合に備え、エラーチェックのルーチンを適切に配置し、プログラムの堅牢性を高めることが推奨されます。

まとめ

プログラミング初心者の方々にとって、COBOLは少し取っつきにくいかもしれませんが、本記事で紹介したサンプルコードや説明を参考にしながら学習を進めることで、COBOLの基礎をしっかりと身につけることができるでしょう。

COBOLを学ぶことは、単に古い技術を学ぶということではなく、堅牢なビジネスシステムの基盤を理解し、現代のテクノロジーに応用するための重要なステップであると理解しておいてください。

DELIMITED文法を含むCOBOLの知識は、今後も長きにわたって価値あるものとなることでしょう。