COBOLでLINE SEQUENTIALファイルを操作する7つの方法

COBOLプログラミングにおけるLINE SEQUENTIALファイルの操作方法のイメージCOBOL
この記事は約16分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

COBOL(Common Business Oriented Language)は、ビジネス分野に特化したプログラミング言語の一つです。

1960年代に開発されて以来、金融機関や保険会社など、多くの企業で長年にわたり使用されてきました。

この記事では、COBOLを使用してLINE SEQUENTIALファイルを操作する方法を、初心者にも分かりやすく丁寧に解説します。

COBOLの基本的な概念から始め、具体的なサンプルコードを通じて、LINE SEQUENTIALファイルの操作方法を学びます。

COBOLは、その構造が英語に近いため、初心者にも理解しやすいのが特徴です。

しかし、現代の多くのプログラミング言語とは異なる独特の文法と構造を持っているため、これからCOBOLを学ぶ方にとっては少し戸惑うかもしれません。

そこで、この記事では基本から丁寧に説明し、実際にどのようにLINE SEQUENTIALファイルを操作するのかを、サンプルコードと共に紹介します。

●COBOLとは

COBOLは、主にビジネスアプリケーションの開発に用いられる言語です。

この言語の大きな特徴は、その読みやすさと書きやすさにあります。

COBOLは英語に似た文法を持ち、プログラムの各行が文章のように読めるため、プログラミング初心者にも親しみやすい言語です。

また、COBOLは長い歴史を持ち、安定した性能と広範な業務での実績を誇ります。

○COBOLの基本的な概要

COBOLプログラムは、DIVISION, SECTION, PARAGRAPHという階層構造で構成されています。

これらの要素はプログラムの異なる部分を表し、構造化されたプログラミングを可能にします。

COBOLプログラムは通常、次の4つのDIVISIONで構成されます。

  1. IDENTIFICATION DIVISION:プログラムの名前や作成者などの基本情報を記述します。
  2. ENVIRONMENT DIVISION:プログラムが動作する環境に関する設定を行います。
  3. DATA DIVISION:プログラムで使用するデータの定義を行います。
  4. PROCEDURE DIVISION:プログラムの実際の処理を記述します。

これらのDIVISIONは、プログラムの構造を明確にし、読みやすく、保守しやすいコードを書くために重要です。

特に、DATA DIVISIONでは変数の宣言やデータ構造の定義が行われ、PROCEDURE DIVISIONでは具体的な処理のロジックが記述されます。

●LINE SEQUENTIALファイルとは

LINE SEQUENTIALファイルは、COBOLプログラミングにおいて一般的に使用されるファイル形式の一つです。

このファイル形式は、特にテキストデータの保存と処理に適しており、各レコードが改行文字で区切られているのが特徴です。

COBOLプログラムでは、これらのファイルを読み込んでデータを処理したり、新しいデータを追加したりすることが一般的です。

LINE SEQUENTIALファイルの扱い方を理解することは、COBOLプログラミングの基本的なスキルの一つと言えます。

これらのファイルは、ビジネスアプリケーションで頻繁に使用されるデータ形式なので、COBOLを学ぶ上でその操作方法を習得することは非常に重要です。

LINE SEQUENTIALファイルを効率的に扱うことで、データの入出力処理をスムーズに行うことができます。

○LINE SEQUENTIALファイルの特徴

LINE SEQUENTIALファイルは、各行が独立したレコードとして扱われる点が大きな特徴です。

このようなファイル形式では、各レコードは一行に対応し、レコードの終わりは改行文字(例えば、Windowsでは「\r\n」、UNIX系OSでは「\n」)によって表されます。

これにより、ファイル内のデータは行単位で簡単にアクセスでき、読み書きの処理が容易になります。

COBOLプログラムでは、これらのLINE SEQUENTIALファイルをOPEN文で開き、READ文やWRITE文を使用してデータの読み書きを行います。

●LINE SEQUENTIALファイルの操作方法

COBOLでLINE SEQUENTIALファイルを操作する際には、基本的な手順を理解することが重要です。

LINE SEQUENTIALファイルの操作には、主にファイルを開く、データを読み込む、データを書き込む、そしてファイルを閉じるというステップが含まれます。

これらの操作はCOBOLプログラムの中核をなす部分であり、データ処理の効率と正確性に直接関わっています。

ファイルを開く際には、OPEN文を使用し、適切なファイルモード(入力、出力、追加など)を指定します。

このステップは、ファイルとプログラム間の接続を確立するために不可欠です。次に、データを読み込むためには、READ文を使います。

この文は、ファイルからデータを読み取り、指定された変数に格納する機能を持っています。

データの書き込みにはWRITE文を使用し、最後にファイルを閉じる際にはCLOSE文を用います。

○サンプルコード1:ファイルを開く

COBOLでファイルを開く基本的なサンプルコードは次の通りです。

この例では、”example.dat”というLINE SEQUENTIALファイルを入力モードで開いています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. FileOpenExample.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT exampleFile ASSIGN TO "example.dat"
        ORGANIZATION IS LINE SEQUENTIAL.

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD exampleFile.
01 exampleRecord PIC X(100).

PROCEDURE DIVISION.
OpenFile.
    OPEN INPUT exampleFile
    PERFORM ReadFile UNTIL exampleRecord = "EOF"
    CLOSE exampleFile
    STOP RUN.

ReadFile.
    READ exampleFile INTO exampleRecord
    DISPLAY "読み込んだデータ: " exampleRecord.

このコードは、ファイル”example.dat”を開き、”ReadFile”というセクションでファイルからデータを読み込んでいます。

読み込んだデータは画面に表示され、ファイルの終わり(EOF)に達するまで読み込みが続けられます。

ファイル操作を行う際は、エラー処理を考慮することも重要です。

ファイルが存在しない場合やアクセスできない場合には、適切なエラーメッセージを表示して処理を中断するなどの処理が必要です。

○サンプルコード2:データを読み込む

データの読み込みは、COBOLのファイル操作において最も基本的な部分です。

READ文を使用してファイルからデータを読み込み、それを変数に格納します。

下記のサンプルコードは、ファイルからデータを読み込む方法を表しています。

この例では、各レコードを読み込み、その内容を表示しています。

PROCEDURE DIVISION.
ReadFile.
    READ exampleFile INTO exampleRecord
    AT END
        MOVE "EOF" TO exampleRecord
    END-READ
    DISPLAY "読み込んだデータ: " exampleRecord.

このコードでは、”exampleFile”からレコードを一つずつ読み込み、”exampleRecord”に格納しています。

ファイルの終わりに達した場合、”AT END”節が実行され、”exampleRecord”に”EOF”が設定されます。

○サンプルコード3:データを書き込む

LINE SEQUENTIALファイルにデータを書き込む際、COBOLではWRITE文を用います。

この操作は、ファイルに新たなレコードを追加する場合や、既存のデータを更新する場合に重要です。

下記のサンプルコードでは、新しいレコードをファイルに書き込む方法を紹介します。

PROCEDURE DIVISION.
WriteFile.
    MOVE "新しいレコードの内容" TO exampleRecord
    WRITE exampleFile FROM exampleRecord
    DISPLAY "書き込んだデータ: " exampleRecord.

このコードでは、まず「exampleRecord」という変数に書き込むデータを設定し、次にWRITE文を使用してこのデータを「exampleFile」というファイルに書き込んでいます。

データの書き込み後には、どのようなデータがファイルに追加されたかを画面に表示しています。

このようにして、COBOLプログラムはLINE SEQUENTIALファイルにデータを効率的に追加できます。

○サンプルコード4:ファイルを閉じる

COBOLプログラムにおいて、ファイル操作を終了する際には、必ずファイルを閉じる必要があります。

これは、ファイルリソースの解放や、データの正常な書き込みを保証するために重要です。

下記のサンプルコードでは、ファイルを閉じる基本的な方法を示しています。

PROCEDURE DIVISION.
CloseFile.
    CLOSE exampleFile
    DISPLAY "ファイルを閉じました。".

このコードは非常にシンプルで、CLOSE文を使用して「exampleFile」というファイルを閉じています。

ファイルを閉じた後には、ユーザーにその旨を通知するメッセージを表示しています。

ファイルの正しい閉鎖は、データの損失を防ぎ、プログラムの安定性を保つために不可欠です。

●COBOLでのファイル操作の応用例

COBOLプログラミングにおいて、基本的なファイル操作技術を応用することで、より複雑なデータ処理が可能になります。

たとえば、条件に基づくデータの読み込み、データの更新、複数のファイルの結合などがこれに該当します。

ここでは、これらの応用例として、具体的なサンプルコードを交えながら解説します。

○サンプルコード5:条件付きデータの読み込み

条件に基づいてデータを読み込む際には、IF文を使用して特定の条件を満たすデータのみを処理します。

下記のサンプルコードでは、特定のキーワードを含むレコードのみを読み込んで表示しています。

PROCEDURE DIVISION.
ConditionalRead.
    READ exampleFile INTO exampleRecord
    AT END
        MOVE "EOF" TO exampleRecord
    END-READ
    IF exampleRecord CONTAINS "特定のキーワード" THEN
        DISPLAY "条件に一致するデータ: " exampleRecord
    END-IF.

このコードでは、ファイルからレコードを読み込み、そのレコードが特定のキーワードを含むかどうかを判断しています。

条件に一致する場合のみ、該当するデータが表示されます。

○サンプルコード6:データの更新

ファイル内のデータを更新する際には、読み込んだデータを変更し、その後でWRITE文を使用してファイルに書き戻します。

下記のサンプルコードでは、読み込んだデータに変更を加えて再度ファイルに書き込む方法を表しています。

PROCEDURE DIVISION.
UpdateData.
    READ exampleFile INTO exampleRecord
    PERFORM UNTIL exampleRecord = "EOF"
        IF exampleRecord CONTAINS "更新対象" THEN
            STRING "更新後の内容" INTO exampleRecord
            REWRITE exampleRecord
        END-IF
        READ exampleFile INTO exampleRecord
    END-PERFORM.

このコードでは、ファイルからレコードを読み込み、特定の条件を満たす場合に限り、データを更新しています。

更新後のレコードはREWRITE文を使用してファイルに書き戻されます。

○サンプルコード7:ファイルの結合

複数のファイルを結合する場合には、複数のファイルからデータを読み込み、それらを一つのファイルに書き込む処理を行います。

下記のサンプルコードでは、二つのファイルを読み込み、その内容を新しいファイルに結合しています。

PROCEDURE DIVISION.
CombineFiles.
    OPEN INPUT firstFile, secondFile
    OPEN OUTPUT combinedFile
    PERFORM UNTIL firstFileRecord = "EOF"
        READ firstFile INTO firstFileRecord
        WRITE combinedFile FROM firstFileRecord
    END-PERFORM
    PERFORM UNTIL secondFileRecord = "EOF"
        READ secondFile INTO secondFileRecord
        WRITE combinedFile FROM secondFileRecord
    END-PERFORM
    CLOSE firstFile, secondFile, combinedFile.

このコードでは、まず「firstFile」と「secondFile」という二つのファイルを開き、新しいファイル「combinedFile」に対してそれぞれのファイルから読み込んだデータを書き込んでいます。

●注意点と対処法

COBOLプログラミングにおけるファイル操作では、特に注意すべき点がいくつかあります。

これらの注意点を理解し、適切な対処法を講じることは、プログラムの信頼性と効率性を保つために重要です。

主な注意点には、データ型の選択、エラー処理の重要性、ファイルアクセス時の例外処理などがあります。

これらの要素を適切に管理することで、データの整合性を保ち、プログラムの安定稼働を促進できます。

○データ型の選択

COBOLにおいてデータ型を選択する際には、扱うデータの性質を正確に理解することが重要です。

特に、数値データや文字データ、日付データなど、異なる種類のデータを取り扱う場合には、適切なデータ型の選択が必要です。

例えば、金額を扱う場合には精度の高い数値型を、テキストを扱う場合には文字列型を選択することが望ましいです。

データ型を正確に選択することで、データの処理精度を向上させ、エラーのリスクを低減できます。

○エラー処理の重要性

COBOLプログラムにおけるエラー処理は、特に重要な要素です。

ファイル操作においては、ファイルが存在しない、アクセス権限がない、ファイルが破損しているなど、様々なエラーが発生する可能性があります。

これらのエラーに適切に対処するためには、例外処理のロジックをプログラムに組み込むことが重要です。

例外処理を行うことで、エラーが発生した際にプログラムが適切に反応し、ユーザーに必要な情報を提供することができます。

エラー処理の一例として、ファイルが見つからない場合の処理を紹介します。

PROCEDURE DIVISION.
FileErrorHandling.
    OPEN INPUT exampleFile
    AT END
        DISPLAY "ファイルが見つかりません。"
    END-OPEN
    ...

このコードでは、ファイルを開く際にエラーが発生した(例えば、ファイルが存在しない)場合に、ユーザーにエラーメッセージを表示しています。

このようなエラー処理を行うことで、プログラムが予期せぬ状態に陥ることを防ぎ、ユーザーにとってより信頼性の高いアプリケーションを提供できます。

●カスタマイズ方法

COBOLプログラミングにおいて、ファイル操作のカスタマイズは多様なビジネスニーズに応じて非常に重要です。

特定の要件に合わせてファイル操作をカスタマイズすることで、効率的かつ柔軟なデータ処理が可能になります。

例えば、特定のフォーマットでデータを出力する、特定の条件に基づいてファイルを処理するなど、様々なカスタマイズが考えられます。

これにより、COBOLプログラムはより実用的で柔軟なツールとなり、ビジネスプロセスの効率化に寄与します。

○ファイル操作のカスタマイズ例

ファイル操作をカスタマイズする一例として、「特定の条件を満たすデータのみを新しいファイルに書き出す」処理を紹介します。

下記のサンプルコードは、特定のキーワードを含むレコードのみを別のファイルに書き出す方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. CustomFileOperation.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT inputFile ASSIGN TO "input.dat" ORGANIZATION IS LINE SEQUENTIAL.
    SELECT outputFile ASSIGN TO "output.dat" ORGANIZATION IS LINE SEQUENTIAL.

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD inputFile.
01 inputFileRecord PIC X(100).

FD outputFile.
01 outputFileRecord PIC X(100).

PROCEDURE DIVISION.
Begin.
    OPEN INPUT inputFile
    OPEN OUTPUT outputFile
    PERFORM UNTIL inputFileRecord = "EOF"
        READ inputFile INTO inputFileRecord
        IF inputFileRecord CONTAINS "特定のキーワード"
            MOVE inputFileRecord TO outputFileRecord
            WRITE outputFile FROM outputFileRecord
        END-IF
    END-PERFORM
    CLOSE inputFile
    CLOSE outputFile
    STOP RUN.

このコードでは、入力ファイル「input.dat」からデータを読み込み、各レコードが特定のキーワードを含むかどうかを判断しています。

条件に合致するレコードのみを出力ファイル「output.dat」に書き出しています。

このようなカスタマイズにより、特定の要件に基づいたデータ処理を実現できます。

まとめ

この記事では、COBOLを使用してLINE SEQUENTIALファイルを操作するための基本的な方法から応用的なテクニックまで、幅広く解説しました。

COBOLは古くから使われているプログラミング言語であり、多くのビジネスアプリケーションで今もなお重要な役割を果たしています。

この記事を通じて、読者の皆さんがCOBOLによるファイル操作の基本から応用までを理解し、実践的なスキルを身に付けることができたら幸いです。

プログラミングは継続的な学習と実践によって習得される技術であり、この記事がその一助となることを願っています。