COBOLで例外処理をマスターする9つのステップ

COBOLプログラミングで例外処理を行うイメージCOBOL
この記事は約14分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、COBOLでの例外処理を、初心者でも分かりやすいように段階を追って解説します。

COBOLは古くからあるプログラミング言語で、今日でも多くの金融機関や企業で広く使われています。

例外処理はプログラミングにおいて重要な要素の一つで、プログラムの安定性や信頼性を高めるために必要です。

この記事を通じて、COBOLの基本から例外処理のテクニックまでを学び、プログラミングスキルを高めていただければと思います。

●COBOLとは

COBOL(Common Business Oriented Language)は、ビジネス用途に特化したプログラミング言語です。

1959年に登場して以来、その読みやすさと信頼性で、特に金融機関や政府機関で広く採用されてきました。

COBOLは構造化されたプログラミングが可能で、大規模なデータ処理に適しています。

また、年代を経ても互換性を保ち続けることで、長期間にわたり利用されています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLの歴史は、コンピューター技術の黎明期にまで遡ります。

1959年にアメリカ国防総省の支援のもと、企業と大学の共同作業で開発されました。

COBOLはその名の通り、ビジネス指向の言語であり、当時としては画期的な「英語に近い構文」を採用しています。

この読みやすさが、非プログラマーでもコードを理解しやすくする一因となっています。

また、COBOLは堅牢性とスケーラビリティに優れ、大規模なビジネスアプリケーションの開発に適しています。

現在でも多くの既存システムがCOBOLで書かれており、これらのシステムの維持・改善にはCOBOLの知識が不可欠です。

●例外処理の基本

例外処理は、プログラムが実行中に予期しない状況やエラーに遭遇した際に、それを適切に処理し、プログラムの安定稼働を保つための重要な技術です。

例外処理を行うことで、プログラムはエラーが発生した場合でも、安全に処理を続行したり、適切にシステムをシャットダウンしたりすることが可能になります。

COBOLにおいても例外処理は重要な機能であり、特に金融システムや企業の基幹システムなど、高い信頼性が求められる環境でその価値が顕著です。

○例外処理とは何か?

例外処理とは、プログラムの実行中にエラーが発生した際に、そのエラーを捕捉し、定義された特定の処理を行うことです。

例外は、ファイルが見つからない、データが不正である、ネットワーク接続が失われるなど、様々な原因で発生する可能性があります。

COBOLでは、PERFORMGO TO ステートメントを使用して例外処理を行うことが一般的です。

たとえば、ファイルの読み込み中にエラーが発生した場合、特定のエラー処理ルーチンに制御を移すことができます。

○なぜ例外処理が重要か?

例外処理の重要性は、プログラムの安定性と信頼性を保つために不可欠である点にあります。

例外処理がない場合、エラーが発生した時点でプログラムがクラッシュしたり、予期せぬ動作をしたりする可能性があります。

これは、特に金融取引や重要なデータを扱うシステムにおいては、大きな問題を引き起こす可能性があります。

例外処理を適切に実装することにより、エラーが発生した際にもコントロールを保ち、問題を適切に処理することが可能になります。

これによって、システムのダウンタイムを最小限に抑え、データの整合性を保つことができます。

●COBOLにおける例外処理の基本構文

COBOLにおける例外処理は、主にエラー時の動作を定義することによって実現されます。

COBOLのプログラムは、通常、複数のセクションやパラグラフで構成され、それぞれに特定の処理が記述されます。

例外処理の基本構文は、エラーが発生した際に特定のセクションやパラグラフへ制御を移すことで、エラーに対応します。

この際、PERFORMGO TO ステートメントを使用し、エラー処理用のコードブロックにジャンプします。

エラーの種類に応じて、異なる処理を行うことが可能です。

○COBOLの例外処理構文

例外処理を実現するための基本的なCOBOLの構文は、下記の通りです。

まず、エラーが発生する可能性がある処理を記述します。

その後、ON ERROR ステートメントを使用してエラーが発生した場合の処理を定義します。

例えば、ファイル読み込み処理でエラーが発生した場合には、特定のエラーハンドリングセクションへ制御を移します。

○サンプルコード1:基本的な例外処理

ここでは、COBOLにおける基本的な例外処理のサンプルコードです。

この例では、ファイルのオープン処理中にエラーが発生した場合に、エラーハンドリングルーチンを実行するように設定されています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SampleProgram.
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD SampleFile.
01 SampleRecord.
   05 Field1 PIC X(10).
   05 Field2 PIC 9(3).

PROCEDURE DIVISION.
OpenFile.
    OPEN INPUT SampleFile
    ON ERROR
        PERFORM ErrorHandler
    END-OPEN.

ErrorHandler.
    DISPLAY "ファイルオープンエラーが発生しました。"
    CLOSE SampleFile.

END PROGRAM SampleProgram.

このコードでは、SampleFile という名前のファイルをオープンしようとします。

もし何らかの理由でファイルオープンに失敗した場合は、ErrorHandler パラグラフが呼ばれ、エラーメッセージが表示された後にファイルをクローズします。

このように、COBOLではON ERROR ステートメントを利用してエラー発生時の特定の処理を定義することが可能です。

●例外処理の応用

COBOLの例外処理は、基本的なエラーハンドリングからさらに応用が可能です。

例えば、ファイルの入出力エラー、算術エラー、データの不整合など、さまざまなエラー状況に対応するための詳細な処理を記述することができます。

応用的な例外処理を実装することにより、プログラムの堅牢性を高め、より安定した動作を実現することが可能です。

○サンプルコード2:ファイル入出力エラーの処理

ファイル入出力エラーは、ファイルが存在しない、アクセス権限がない、ディスクスペースが不足しているなど、多くの原因によって発生します。

下記のサンプルコードは、ファイルの読み込み時にエラーが発生した場合の処理を表しています。

PROCEDURE DIVISION.
ReadFile.
    OPEN INPUT SampleFile
    ON ERROR
        PERFORM FileErrorHandler
    END-OPEN.

    READ SampleFile INTO SampleRecord
    ON ERROR
        PERFORM FileErrorHandler
    END-READ.

FileErrorHandler.
    DISPLAY "ファイル読み込みエラーが発生しました。"
    CLOSE SampleFile.

このコードでは、SampleFile のオープン時と読み込み時にエラーが発生した場合に、FileErrorHandler を実行しています。

エラーハンドラーでは、エラーメッセージを表示し、ファイルをクローズする処理を行っています。

○サンプルコード3:算術エラーの処理

算術エラーは、ゼロ除算やオーバーフローなどによって発生します。

下記のサンプルコードは、算術エラーの処理を表しています。

PROCEDURE DIVISION.
ComputeValues.
    DIVIDE Field1 BY Field2 GIVING Result
    ON SIZE ERROR
        PERFORM ArithmeticErrorHandler
    END-DIVIDE.

ArithmeticErrorHandler.
    DISPLAY "算術エラーが発生しました。"

このコードでは、Field1Field2 で割る処理中にサイズエラー(例えば、ゼロ除算)が発生した場合に、ArithmeticErrorHandler を実行しています。

エラーハンドラーでは、算術エラーが発生したことを示すメッセージを表示します。

○サンプルコード4:その他の一般的なエラー処理

COBOLプログラミングにおいては、ファイル操作や算術計算以外にも、様々なエラーが発生する可能性があります。

これらの一般的なエラーに効果的に対処するために、柔軟なエラーハンドリングの手法を取り入れることが重要です。

例えば、データの不整合が発見された場合や、予期せぬシステムエラーが発生した場合の処理を考えてみましょう。

ここでは、COBOLにおける一般的なエラー処理のサンプルコードを紹介します。

このコードでは、データの検証処理中に不整合が発見された場合、およびシステムエラーが発生した場合の処理を定義しています。

PROCEDURE DIVISION.
ValidateData.
    IF NOT ValidCondition THEN
        PERFORM DataErrorHandler
    END-IF.

SystemCheck.
    PERFORM SystemRoutine
    ON ERROR
        PERFORM SystemErrorHandler
    END-PERFORM.

DataErrorHandler.
    DISPLAY "データ不整合が発生しました。"
    CLOSE ALL FILES.
    STOP RUN.

SystemErrorHandler.
    DISPLAY "システムエラーが発生しました。"
    CLOSE ALL FILES.
    STOP RUN.

このサンプルコードでは、ValidCondition が偽の場合(つまりデータの不整合がある場合)に DataErrorHandler ルーチンを実行します。

DataErrorHandler ではエラーメッセージを表示し、開いている全ファイルをクローズしてプログラムを終了します。

また、SystemRoutine の実行中にエラーが発生した場合は、SystemErrorHandler ルーチンが実行され、同様にシステムエラーのメッセージを表示し、処理を終了します。

●COBOLの例外処理におけるベストプラクティス

COBOLプログラミングでは、例外処理はプログラムの信頼性とメンテナンス性を高める上で欠かせない要素です。

予期せぬエラーや状況に遭遇した際に適切に対応することで、安定したプログラム運用が可能となります。

例外処理のベストプラクティスを理解し、適用することは、効率的かつ効果的なエラーハンドリングを実現する鍵となります。

○効果的なエラーハンドリングのコツ

効果的なエラーハンドリングを実現するためには、エラーの可能性を事前に考慮し、プログラム設計時にそれらに対処する戦略を立てることが大切です。

エラーメッセージは、ユーザーや他の開発者がエラーの原因を容易に理解できるよう、明確かつ具体的である必要があります。

また、発生したエラーはログに記録し、問題の原因を追跡しやすくすることが重要です。

プログラムがエラーで終了する際には、開いているファイルやネットワーク接続などのリソースを適切にクローズすることも重要です。

ユーザーへの適切なフィードバックを提供し、彼らが何が起こったのかを理解し、必要に応じて適切なアクションを取ることができるようにすることも望ましいです。

最後に、プログラムのテスト段階では、エラー処理ルーチンも含めて徹底的にテストを行うことで、プログラムがさまざまなエラー状況下で正しく動作することを保証できます。

このような取り組みにより、COBOLにおける効果的な例外処理は、プログラムの堅牢性とユーザー体験の向上に大きく寄与します。

開発者はこれらのベストプラクティスを意識し、エラーハンドリングを適切に実装することで、より信頼性の高いソフトウェアを作成することができるのです。

●例外処理のデバッグとテスト

COBOLにおける例外処理のデバッグとテストは、プログラム開発の重要な段階です。

例外処理が正しく機能しているかどうかを確認し、エラーが発生した場合のプログラムの挙動をテストすることで、より堅牢なプログラムを構築できます。

デバッグプロセスでは、エラーが発生した際に例外処理が適切に動作するかを検証し、問題があれば修正を行います。

また、テストプロセスでは、異なる種類のエラーケースをシミュレートして、プログラムがそれらを適切に処理できるかを確認します。

○サンプルコード5:エラーメッセージのカスタマイズ

COBOLプログラムにおいてエラーメッセージをカスタマイズすることは、ユーザーがエラーの内容を理解しやすくする上で重要です。

例えば、ファイル操作に失敗した場合に具体的なエラーメッセージを表示することで、問題の原因を迅速に特定できます。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SampleProgram.
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD SampleFile.
01 SampleRecord.
   05 SampleField PIC X(10).
PROCEDURE DIVISION.
OPEN INPUT SampleFile.
IF FILE-STATUS NOT = '00'
   DISPLAY 'ファイルオープンエラー: ' FILE-STATUS
END-IF.

このコードでは、FILE-STATUS を使用してファイルオープンの成功状況をチェックし、エラーが発生した場合にはエラーメッセージを表示します。

このようにエラーメッセージをカスタマイズすることで、デバッグプロセスが容易になります。

○サンプルコード6:テストの重要性と方法

プログラムのテストは、例外処理が想定通りに機能することを保証する上で不可欠です。

テストプロセスでは、プログラムが異なるエラーシナリオにどのように対応するかを検証します。

例えば、意図的にファイルが見つからない状況を作り出して、プログラムが適切なエラーメッセージを表示するかをチェックすることができます。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. TestProgram.
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD TestFile.
01 TestRecord.
   05 TestField PIC X(10).
PROCEDURE DIVISION.
OPEN INPUT TestFile.
IF FILE-STATUS NOT = '00'
   DISPLAY 'エラーメッセージ: ファイルが見つかりません'
ELSE
   DISPLAY 'ファイルオープン成功'
END-IF.

このサンプルコードでは、ファイルが見つからない場合に特定のエラーメッセージを表示します。

テストによってこのようなエラーハンドリングが正しく行われるかを確認することで、プログラムの品質を向上させることができます。

●例外処理のカスタマイズ方法

COBOLにおける例外処理のカスタマイズは、特定のエラーシナリオに特化した処理を実装することにより、プログラムの堅牢性を向上させる方法です。

標準的なエラーハンドリングだけでなく、特定の状況に合わせたカスタマイズされた例外処理を行うことで、よりユーザーフレンドリーで信頼性の高いプログラムを作成できます。

たとえば、特定の種類のデータエラーが発生した場合に、特別な処理を行うような例外処理をカスタマイズすることが考えられます。

○サンプルコード7:ユーザー定義エラーの作成

ユーザー定義エラーの作成は、COBOLプログラムにおける例外処理のカスタマイズにおいて重要な部分です。

これにより、標準のエラーコードにない特定の状況を特定し、適切な処理を行うことが可能になります。

ここでは、特定の条件下でユーザー定義エラーを生成し、それに対応する処理を行うCOBOLのサンプルコードです。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. CustomError.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 User-Error-Flag PIC X VALUE 'N'.
01 SomeData PIC 9(3).

PROCEDURE DIVISION.
Begin.
    MOVE 123 TO SomeData
    PERFORM CheckData
    IF User-Error-Flag = 'Y'
        DISPLAY 'カスタムエラー発生: 不正なデータ'
    END-IF
    STOP RUN.

CheckData.
    IF SomeData > 100
        MOVE 'Y' TO User-Error-Flag
    END-IF.

このコードでは、SomeData が特定の条件(この例では100を超える)を満たした場合、User-Error-Flag を ‘Y’ に設定してユーザー定義エラーを表しています。

プロシージャ CheckData においてこのチェックを行い、Begin セクションでエラーフラグが立っているかどうかを確認し、カスタムエラーメッセージを表示します。

まとめ

この記事では、COBOLプログラミングにおける例外処理の重要性、基本構文、応用方法、そしてデバッグとテストの技術について詳しく解説しました。

例外処理のカスタマイズやユーザー定義エラーの作成を含め、これらすべてのステップを理解し実践することで、COBOLプログラミングのスキルが大きく向上します。

効果的なエラーハンドリングは、プログラムの信頼性とユーザー体験を向上させるために不可欠です。