COBOLで2次元テーブルを使いこなす10の基本テクニック

COBOLと2次元テーブルを使用したプログラミングのイメージCOBOL
この記事は約13分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

COBOL(Common Business Oriented Language)は、ビジネス用途に特化したプログラミング言語です。

その特徴は、英語に近い文法を持ち、初心者にも理解しやすい点にあります。

この記事では、COBOLで2次元テーブルを扱う基本テクニックとその応用を、10のサンプルコードを交えながら詳細に解説します。

COBOLの基礎を身につけ、効率的なデータ処理を可能にするこの記事を通じて、COBOLの世界への第一歩を踏み出しましょう。

●COBOLの基本概念

COBOLは、1959年に開発された歴史あるプログラミング言語です。ビジネスデータ処理に特化しており、銀行、保険、政府機関などで広く使われています。

COBOLのコードは、英語に似た文法を採用しており、読みやすく理解しやすいのが特徴です。

COBOLプログラムは、DIVISION、SECTION、PARAGRAPHという階層構造で構成されており、それぞれがプログラムの異なる側面を表します。

DIVISIONはプログラムの主要な部分を示し、それをさらにSECTION、PARAGRAPHで細分化しています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLは、ビジネスアプリケーションの開発に適しており、その設計は報告書の生成やバッチ処理に焦点を当てています。

COBOLのコードは自己記述的で、非技術者でも理解しやすいため、ビジネス環境での利用に適しています。

また、COBOLはポータブルで、さまざまなハードウェアやオペレーティングシステムで実行可能です。

○COBOLの基本構文

COBOLの基本構文は、IDENTIFICATION DIVISION、ENVIRONMENT DIVISION、DATA DIVISION、PROCEDURE DIVISIONの4つの主要部分で構成されています。

IDENTIFICATION DIVISIONでは、プログラムの名前や作者などの基本情報を定義します。

ENVIRONMENT DIVISIONでは、プログラムが実行される環境について記述します。

DATA DIVISIONは、プログラムで使用される変数やデータ構造を定義し、PROCEDURE DIVISIONでは実際の処理手順やアルゴリズムを記述します。

COBOLのコードは、これらの部分が連携して機能することで、効率的なデータ処理を実現します。

●2次元テーブルとは

2次元テーブルは、データを行と列の形式で整理する方法です。

一般的な表計算ソフトウェアのスプレッドシートのように、データは行と列の交差点に配置されます。

この構造は、データベースやプログラミング言語におけるデータ処理において非常に一般的です。

2次元テーブルを利用することで、複雑なデータの関係性を明確に表現し、効率的なデータ操作を実現できます。

例えば、顧客のリストを作成する際、顧客名、連絡先、購入履歴などの異なるタイプの情報を列ごとに分類して保存することができます。

○テーブルの定義と重要性

テーブルを定義する際には、各列が何を表すのかを明確にする必要があります。

また、各行は特定のレコードまたはエントリを表し、関連するデータの集まりとして機能します。

テーブルの利点は、データの整理と検索のしやすさにあります。

適切に構造化されたテーブルは、データの挿入、更新、削除を効率的に行うことができ、複数のデータセット間での関連付けや比較も容易になります。

○COBOLにおける2次元テーブルの役割

COBOLでは、2次元テーブルは「配列」として扱われます。

特に、ビジネスアプリケーションにおいて、顧客情報、財務データ、在庫管理など、多くの異なるタイプのデータを効率的に処理するために使用されます。

COBOLにおける2次元配列の定義と操作は、プログラムの可読性と保守性を高めるために重要です。

たとえば、売上データを月ごと、商品カテゴリごとに整理したい場合、2次元配列を使用して、それぞれの月とカテゴリの売上を効率的に管理することができます。

●2次元テーブルの基本操作

2次元テーブルの基本操作には、初期化、データの挿入、データの読み出し、更新、検索などが含まれます。

これらの操作を理解し、適切に使いこなすことが、COBOLプログラミングにおいて重要です。

データを効率的に管理し、プログラムのパフォーマンスを最適化するために、これらの基本操作をマスターすることが不可欠です。

○サンプルコード1:テーブルの初期化

2次元テーブルを使用する前に、最初にテーブルを初期化する必要があります。

これにより、テーブル内のすべての要素が既定の値(通常はゼロまたは空の文字列)に設定されます。

例えば、10行5列のテーブルを初期化するには、COBOLの「PERFORM」文を使用して、各要素を初期値に設定します。

01  TWO-DIM-TABLE.
    05  ROWS PIC 9(2) OCCURS 10 TIMES.
        10  COLUMNS PIC X(10) OCCURS 5 TIMES.

PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > 10
   PERFORM VARYING J FROM 1 BY 1 UNTIL J > 5
      MOVE SPACES TO COLUMNS(J) OF ROWS(I)
   END-PERFORM
END-PERFORM.

このコードは、10行5列のテーブルを初期化し、すべての要素を空白で埋める例を表しています。

ここでは、外側のループが行を、内側のループが列を処理しています。

○サンプルコード2:テーブルへのデータ挿入

テーブルが初期化された後、次のステップはデータの挿入です。

テーブルの特定の行と列の位置を指定して、その位置にデータを挿入します。

例えば、2行目の3列目にデータを挿入するには、次のように書きます。

MOVE 'サンプルデータ' TO COLUMNS(3) OF ROWS(2).

このコードは、2行目の3列目に「サンプルデータ」という文字列を挿入します。

COBOLでは、配列のインデックスは1から始まることに注意してください。

○サンプルコード3:テーブルからのデータ読み出し

テーブルからデータを読み出すには、読み出したい行と列の位置を指定します。

例えば、5行目の4列目のデータを読み出すには、次のようにします。

DISPLAY COLUMNS(4) OF ROWS(5).

このコードは、5行目の4列目にあるデータを表示します。

DISPLAY文を使用して、指定した位置のデータをコンソールに出力しています。

○サンプルコード4:テーブルの更新

2次元テーブルのデータを更新するには、特定の行と列を指定し、新しい値を代入する必要があります。

たとえば、3行目の2列目のデータを新しい値で更新する場合、下記のように記述します。

MOVE '新しいデータ' TO COLUMNS(2) OF ROWS(3).

このコードは、3行目の2列目にあるデータを「新しいデータ」で更新します。

COBOLでは、配列の要素へのアクセスと更新はこのように直接的であり、プログラムの可読性と簡潔さを保つことができます。

○サンプルコード5:テーブルの検索

2次元テーブル内で特定のデータを検索するには、テーブル全体を走査し、条件に一致するデータを見つける必要があります。

たとえば、特定の文字列を含む行を見つけるには、下記のようなコードを使用します。

PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > 10
   PERFORM VARYING J FROM 1 BY 1 UNTIL J > 5
      IF COLUMNS(J) OF ROWS(I) = '検索文字列' THEN
         DISPLAY '見つかった位置:' I ', ' J
      END-IF
   END-PERFORM
END-PERFORM.

このコードは、各行と列を走査し、「検索文字列」と一致する要素が見つかった場合、その位置(行と列)を表示します。

このような検索操作は、データ分析やレポート作成の際に重要な役割を果たします。

●2次元テーブルの応用例

2次元テーブルは、単なるデータの格納やアクセスを超えた多様な応用が可能です。

例えば、ソート機能の実装、集計作業の自動化、マトリクス計算など、複雑なデータ操作がこの構造を使って効率的に行われます。

これらの応用例は、特にデータ集計や分析が頻繁に行われるビジネスアプリケーションにおいて重要な役割を果たします。

○サンプルコード6:ソート機能

2次元テーブル内のデータを特定の基準で並び替えるソート機能は、データの分析やレポート作成において重要です。

例えば、商品の売上データを売上高の降順でソートするには、下記のようなアルゴリズムを使用します。

01  TABLE-SIZE PIC 9(2) VALUE 10.
01  TWO-DIM-TABLE.
    05  ROWS PIC 9(2) OCCURS 10 TIMES.
        10  COLUMNS PIC X(10) OCCURS 5 TIMES.

* ここにソートアルゴリズムを実装

このコードのソートアルゴリズム部分には、例えばバブルソートやクイックソートなどのソートアルゴリズムが実装されます。

ソートは、比較基準に応じて行内のデータを並べ替える処理を含みます。

○サンプルコード7:集計機能

ビジネスアプリケーションでは、様々なデータの集計が必要になります。

例えば、月別の売上合計を計算するために2次元テーブルを使用することができます。

01  TOTAL-SALES PIC 9(5) VALUE ZERO.
01  MONTH-SALES PIC 9(5) OCCURS 12 TIMES.

* ここで月別の売上を集計

このコードでは、各月の売上を月別の売上配列に格納し、その合計を計算しています。

集計機能は、大量のデータに対して迅速な計算を可能にします。

○サンプルコード8:マトリクス計算

2次元テーブルは、数学的なマトリクス計算にも使用できます。

例えば、2つのマトリクスの積を計算する場合、下記のようなコードが使用されます。

01  MATRIX-A.
    05  ROWS-A PIC 9(2) OCCURS 10 TIMES.
        10  COLS-A PIC 9(4) OCCURS 10 TIMES.
01  MATRIX-B.
    05  ROWS-B PIC 9(2) OCCURS 10 TIMES.
        10  COLS-B PIC 9(4) OCCURS 10 TIMES.
01  MATRIX-RESULT.
    05  ROWS-RES PIC 9(2) OCCURS 10 TIMES.
        10  COLS-RES PIC 9(4) OCCURS 10 TIMES.

* ここにマトリクス積の計算アルゴリズムを実装

このコードでは、MATRIX-AとMATRIX-Bの積を計算し、結果をMATRIX-RESULTに格納します。

マトリクス計算は、科学技術計算や統計分析など、さまざまな分野で応用されます。

○サンプルコード9:レポート出力

2次元テーブルは、データを整理し、レポートの形で出力するのにも役立ちます。

例えば、月別の売上データを集計し、レポートとして表示する場合、下記のように行います。

01  MONTH-SALES PIC 9(5) OCCURS 12 TIMES.
01  MONTH-NAMES VALUE '1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月'.
01  MONTH-NAME PIC X(3) OCCURS 12 TIMES BASED ON MONTH-NAMES.

PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > 12
   DISPLAY MONTH-NAME(I) "の売上: " MONTH-SALES(I)
END-PERFORM.

このサンプルでは、各月の売上を表示します。

MONTH-SALESには各月の売上が格納され、MONTH-NAMEには月の名称が格納されています。

PERFORMループを使用して、各月のデータを順に表示しています。

○サンプルコード10:動的テーブル処理

COBOLでは、静的な配列サイズに限定されず、動的なテーブル処理も可能です。

例えば、実行時にテーブルのサイズを決定し、データを処理する場合、下記のように記述します。

01  TABLE-SIZE PIC 9(4).
01  DYNAMIC-TABLE.
    05  ROWS OCCURS 0 TO 500 TIMES
        DEPENDING ON TABLE-SIZE
        INDEXED BY ROW-IDX.
        10  COLUMNS PIC X(10) OCCURS 5 TIMES.

* テーブルサイズの入力とテーブルの初期化
ACCEPT TABLE-SIZE.
PERFORM VARYING ROW-IDX FROM 1 BY 1 UNTIL ROW-IDX > TABLE-SIZE
   INITIALIZE ROWS(ROW-IDX)
END-PERFORM.

このサンプルでは、テーブルのサイズを動的に決定し、そのサイズに応じて行を初期化しています。

TABLE-SIZEに基づいてROWSのサイズが決定され、各行が初期化されます。

このように動的なテーブル処理を行うことで、柔軟かつ効率的なデータ処理が可能になります。

●注意点と対処法

COBOLで2次元テーブルを使用する際には、いくつかの重要な注意点があります。

これらを理解し、適切に対処することで、プログラムの信頼性と効率を高めることができます。

特にエラー処理の重要性とパフォーマンスの最適化は、COBOLプログラミングにおける重要な要素です。

○エラー処理の重要性

2次元テーブルを操作する際には、様々なエラーが発生する可能性があります。

たとえば、配列の範囲外アクセスや、未初期化のデータへのアクセスなどです。

これらのエラーを適切に処理することは、プログラムの堅牢性を保つ上で重要です。

IF I > MAX-ROWS OR J > MAX-COLUMNS
   DISPLAY "エラー: 範囲外アクセス"
ELSE
   MOVE SOME-DATA TO COLUMNS(J) OF ROWS(I)
END-IF.

このコードは、範囲外アクセスをチェックし、エラーが発生した場合は適切なメッセージを表示します。

このような検査を行うことで、予期せぬエラーからプログラムを保護します。

○パフォーマンス最適化のポイント

2次元テーブルの操作においてパフォーマンスは重要な要素です。

大きなテーブルや複雑なデータ処理を行う場合、効率的なアルゴリズムを選択することが必要です。

また、不必要なデータのコピーを避け、メモリの使用を最適化することも重要です。

例えば、大規模なデータセットを扱う際には、下記のようなテクニックが有効です。

PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > LARGE-DATA-SIZE
   MOVE LARGE-DATA(I) TO WORKING-AREA
   PERFORM COMPLEX-PROCESSING ON WORKING-AREA
END-PERFORM.

このサンプルでは、大規模なデータセットを効率的に処理するために、一時的な作業領域を使用しています。

これにより、メモリのオーバーヘッドを減らし、パフォーマンスを向上させることができます。

まとめ

この記事では、COBOLを用いた2次元テーブルの基本操作から応用技術までを詳細に解説しました。

テーブルの初期化、データの挿入、読み出し、更新、ソート機能、集計機能、マトリクス計算といった具体的なサンプルコードを通じて、COBOLにおける2次元テーブルの扱い方を学ぶことができたかと思います。

これらの技術は、実務でのデータ処理やレポート作成に直接応用可能です。

また、エラー処理の重要性とパフォーマンス最適化のポイントについても触れ、効率的かつ堅牢なプログラミングのための基礎を解説しました。

この知識を活用することで、COBOLプログラミングの理解を深め、より実践的なスキルを磨くことができるでしょう。