TypeScriptで四捨五入をマスターする究極のガイド10選! – JPSM

TypeScriptで四捨五入をマスターする究極のガイド10選!

TypeScriptのロゴと四捨五入の図解が描かれた画像TypeScript

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

近年、プログラミング言語の中で急速に人気を集めているTypeScript。

JavaScriptのスーパーセットとして登場し、型安全性を高めることができる特徴を持つこの言語は、多くのエンジニアに支持されています。

そして、日常のプログラム作成時には避けて通れない「四捨五入」の処理。

この記事では、TypeScriptを用いて四捨五入を行う方法を、初心者から上級者までわかりやすく網羅的に解説していきます。

四捨五入は、数字を簡単に扱いやすくするための手法として、日常生活から学問、業界に至るまで多くの場面で利用されています。

特にプログラミングにおいては、データの取り扱いや表示、計算など様々な場面で四捨五入の技術が求められます。

本ガイドでは、TypeScriptを用いた四捨五入の技術に焦点を当て、具体的なサンプルコードを交えながらその知識を深めていくことを目指します。

●TypeScriptの基礎知識

TypeScriptは、近年注目を浴びているMicrosoftによって開発されたJavaScriptのスーパーセット言語です。

JavaScriptの持つ動的な特性を保持しつつ、静的型付けのメリットを追加することで、大規模開発やチーム開発をサポートしています。

その特性により、エラーの発見やコードのリファクタリングが非常に簡単になっています。

○TypeScriptとは?

JavaScriptに静的型を導入し、開発の生産性や保守性を向上させることを目的とした言語がTypeScriptです。

コンパイル時に型のチェックが行われ、様々なエラーやバグを事前に検出することが可能となっています。

そして、TypeScriptは最終的にはJavaScriptにトランスパイルされるため、既存のJavaScriptのライブラリやフレームワークとの互換性も高いと言えます。

このコードではTypeScriptでの基本的な型宣言を表しています。

この例では変数を宣言し、それに対する型を指定しています。

let name: string = 'Taro';
let age: number = 25;
let isStudent: boolean = true;

// コメント:以下はエラーになる例
// name = 123;  // Error: Type 'number' is not assignable to type 'string'.

上記のサンプルコードの場面では、nameageisStudentという変数にそれぞれstringnumberbooleanの型を指定しています。

このため、間違った型の値を代入しようとするとエラーが発生します。

○四捨五入とは?

四捨五入は、数値を整数または特定の小数点以下の桁数に丸める際の手法の1つです。

特定の桁の数値が5以上の場合は、その桁の前の数を1増やし、4以下の場合はそのままとします。

この手法は、日常生活やプログラムの中でもよく用いられています。

四捨五入の基本的な使い方をTypeScriptで表現すると次のようになります。

let number: number = 123.456;
let roundedNumber: number = Math.round(number);
console.log(roundedNumber); // 123

このコードではMathのroundメソッドを使って数値を四捨五入するコードを紹介しています。

この例では123.456を四捨五入して123という整数に丸めています。

結果として、数値123.456が四捨五入され、123と表示されることが確認できます。

このように、TypeScriptを用いてもJavaScriptで使用されるMathオブジェクトのメソッドを利用することができ、四捨五入の処理も簡単に実装することが可能です。

●四捨五入の基本的な使い方

TypeScriptで四捨五入を扱う際、最も基本的に用いられる関数は、JavaScriptの組み込み関数「Math.round()」です。

TypeScriptはJavaScriptのスーパーセットであるため、JavaScriptで提供されている関数やメソッドをそのまま使用することができます。

○サンプルコード1:基本的な四捨五入の方法

このコードでは、Math.round()関数を使って四捨五入をするコードを表しています。

この例では、5.7を四捨五入して6にしています。

const num: number = 5.7;
const roundedNum: number = Math.round(num);
console.log(`四捨五入した結果:${roundedNum}`); //四捨五入した結果:6

実行すると、結果として「四捨五入した結果:6」と表示されます。

○サンプルコード2:小数点以下指定して四捨五入

四捨五入を行う際に、特定の小数点以下の桁数までを指定して四捨五入を行いたい場面も考えられます。

このコードでは、Math.round()関数と乗算・除算を使って、小数第2位までを四捨五入する方法を表しています。

この例では、5.678を小数第2位まで四捨五入して5.68にしています。

const num2: number = 5.678;
const decimalPlace: number = 2;
const factor: number = Math.pow(10, decimalPlace);
const roundedNum2: number = Math.round(num2 * factor) / factor;
console.log(`小数第${decimalPlace}位まで四捨五入した結果:${roundedNum2}`); //小数第2位まで四捨五入した結果:5.68

このコードを実行すると、「小数第2位まで四捨五入した結果:5.68」と表示されることが確認できます。

●四捨五入の応用例

四捨五入の技法は単純な数字を整数に丸めるだけのものと思われがちですが、実際にはさまざまなシチュエーションで役立つ多様な応用例が存在します。

それでは、TypeScriptでの四捨五入の応用例をいくつか紹介し、実際のサンプルコードとともにその詳細な解説を行います。

○サンプルコード3:配列内の数字を一括で四捨五入

このコードでは、配列内のすべての数字を一括で四捨五入する方法を表しています。

この例では、map関数を使って配列内の各要素に四捨五入の処理を適用しています。

const numbers: number[] = [1.2, 2.7, 3.5, 4.9];
const roundedNumbers: number[] = numbers.map(num => Math.round(num));

console.log(roundedNumbers);  // [1, 3, 4, 5]

この例では、配列numbersの各要素が四捨五入された結果をroundedNumbersという新しい配列として取得しています。

結果として、コンソールには[1, 3, 4, 5]と表示されることが予測されます。

○サンプルコード4:条件を設定して四捨五入

このコードでは、特定の条件を満たす数字だけを四捨五入する方法を表しています。

この例では、3.5以上の数字だけを四捨五入し、それ以外はそのままの値を返す処理を行っています。

const number = 3.4;

const conditionalRounded = number >= 3.5 ? Math.round(number) : number;
console.log(conditionalRounded);  // 3.4

上記のコードの場合、numberが3.5未満なので、conditionalRoundedは3.4としてそのままの値が返されます。

○サンプルコード5:四捨五入と切り捨て、切り上げの違い

このコードでは、四捨五入だけでなく、切り捨てと切り上げの方法も表しています。

この例では、3つの異なる丸めの手法を同じ数字に適用して、それぞれの結果を比較しています。

const number = 4.6;

const rounded = Math.round(number);
const floored = Math.floor(number);
const ceiled = Math.ceil(number);

console.log(rounded, floored, ceiled);  // 5, 4, 5

この例の場合、roundedは5、flooredは4、ceiledは5として表示されることが期待されます。

○サンプルコード6:四捨五入を活用した計算処理

四捨五入は単に数値を整数や指定した小数点桁に丸めるだけでなく、実際の計算処理においても多くの場面で使用されます。

特に、金額の計算や統計データの処理など、正確性が求められる場面での四捨五入の適用は非常に重要です。

このコードでは、商品の価格とその数量を元に総額を算出し、四捨五入を適用して正確な金額を表示する例を表しています。

この例では、単価、数量、税率を使用して総額を計算し、その結果を四捨五入しています。

function calculateTotal(price: number, quantity: number, taxRate: number): number {
  // 税込み価格を計算
  let total = price * quantity * (1 + taxRate);
  // 四捨五入して整数として返却
  return Math.round(total);
}

// 使用例
const price = 298.75;     // 単価
const quantity = 3;       // 数量
const taxRate = 0.08;     // 税率8%
const result = calculateTotal(price, quantity, taxRate);
console.log(`総額は${result}円です。`);

上記のコードの中で、税込みの総額をtotalという変数に計算しています。

そして、Math.roundを使って四捨五入を適用しています。

この例で単価が298.75円、数量が3、税率が8%の場合、calculateTotal関数を通じて計算された結果、総額は971円として正確に四捨五入されることを確認できます。

TypeScriptを使用することで、数値の型を明確にすることができ、このような計算処理においても安全性を確保しながらコードを記述することができます。

四捨五入を適切に使用することで、ユーザーにとってわかりやすく正確な結果を返すことができるのです。

この例のように、四捨五入は計算処理の中で頻繁に使用されます。

特に金額を取り扱うシステムや、データ解析の際には正確な値を出力するための手段として、四捨五入の知識は欠かせません。

今回の例では税率を8%としていますが、異なる税率を適用する場合や、異なる割引率を適用する場面など、様々なシチュエーションに合わせて計算式をカスタマイズすることが可能です。

TypeScriptの強力な型システムを利用しながら、四捨五入を活用して正確な計算結果を得ることができるのは、非常に大きな利点と言えるでしょう。

○サンプルコード7:ユーザー入力値の四捨五入処理

TypeScriptを使用して、ユーザーから入力された値を四捨五入するプロセスは非常に一般的なタスクの一つです。

ウェブページやアプリケーションで数値を取得して処理する際には、このような操作が頻繁に行われます。

ここでは、四捨五入を使ってユーザー入力値を処理する方法について詳しく見ていきましょう。

下記のサンプルコードでは、ユーザーがテキストボックスに入力した値を、ボタンをクリックすることで四捨五入する処理を表しています。

この例では、TypeScriptとHTMLを組み合わせて、実際の動作をシミュレートしています。

// TypeScriptのコード部分
const roundInputValue = (): void => {
    // HTMLのテキストボックスから数値を取得
    const inputValue: string = (document.getElementById('inputValue') as HTMLInputElement).value;

    // 数値に変換して四捨五入
    const roundedValue: number = Math.round(parseFloat(inputValue));

    // 結果を表示
    (document.getElementById('result') as HTMLDivElement).textContent = `四捨五入後の値: ${roundedValue}`;
}

document.getElementById('roundButton')?.addEventListener('click', roundInputValue);
<!-- HTMLの部分 -->
<input type="text" id="inputValue" placeholder="数値を入力してください">
<button id="roundButton">四捨五入する</button>
<div id="result"></div>

このコードでは、HTMLで数値を入力するテキストボックスと、四捨五入を実行するボタンを設定しています。

ユーザーがボタンをクリックすると、TypeScriptの関数が実行され、テキストボックスの値が四捨五入された結果が表示されます。

例として、ユーザーがテキストボックスに3.4を入力し、ボタンをクリックすると、「四捨五入後の値: 3」という結果が表示されるでしょう。

一方で、3.6と入力した場合は、「四捨五入後の値: 4」と表示されます。

しかし、この方法にも注意点があります。

ユーザーが数値以外の文字を入力した場合や、何も入力しない場合には、エラーが発生する可能性があります。

そこで、実際の応用例では、入力値のチェックを行い、数値以外の場合はエラーメッセージを表示するなどの処理を追加すると良いでしょう。

○サンプルコード8:四捨五入の結果をグラフで表示

TypeScriptを利用してプログラミングを行う際、データの視覚化は非常に役立つ技術となります。

特に、数値データの変動やトレンドを一目で把握するために、グラフの使用は欠かせません。

今回は、四捨五入を行った結果をグラフで表示する方法を学びます。

このコードでは、Chart.jsというJavaScriptライブラリを利用して、四捨五入したデータをグラフで表示しています。

この例では、ランダムな小数点データを生成し、それを四捨五入して、その結果をグラフにしています。

まずは、必要なライブラリのインストールから始めます。

// まず、npmを使用してChart.jsをインストールします
npm install chart.js

次に、四捨五入を行い、その結果をグラフで表示するコードを記述します。

// Chart.jsをインポートします
import { Chart } from 'chart.js';

// ランダムな小数点データを生成し、四捨五入する関数
function generateRoundedData(): number[] {
    const data = [];
    for (let i = 0; i < 10; i++) {
        const randomDecimal = Math.random() * 10;
        data.push(Math.round(randomDecimal));
    }
    return data;
}

// 四捨五入したデータを取得
const roundedData = generateRoundedData();

// グラフを表示するための基本設定
const ctx = document.getElementById('myChart').getContext('2d');
new Chart(ctx, {
    type: 'bar',
    data: {
        labels: ['1', '2', '3', '4', '5', '6', '7', '8', '9', '10'],
        datasets: [{
            label: '四捨五入データ',
            data: roundedData,
            backgroundColor: 'rgba(75, 192, 192, 0.2)',
            borderColor: 'rgba(75, 192, 192, 1)',
            borderWidth: 1
        }]
    }
});

上記のコードにより、ランダムに生成された小数点のデータが四捨五入され、それが棒グラフで表示されます。

具体的には、Math.random()を使って0から10の間のランダムな小数点数を10個生成し、それを四捨五入しています。

その後、Chart.jsを使用してこのデータをグラフに描画しています。

表示されたグラフを見ることで、どの範囲の数字がどれだけ四捨五入されたのかを直感的に理解することが可能です。

例えば、0.5より小さい数字は0に、0.5以上1未満の数字は1に四捨五入されるので、その結果を確認することができます。

グラフの色やスタイル、データ数などはカスタマイズ可能なので、プロジェクトの要件に合わせて適宜変更してください。

また、グラフの種類も棒グラフだけでなく、線グラフや円グラフなど、多様なタイプから選択することができます。

○サンプルコード9:エラー処理と四捨五入

プログラムを書いていると、想定外の入力やエラーが発生することはよくあります。

特に四捨五入の処理の際に、非数値のデータが入力されると、エラーが発生することが考えられます。

このような場合、適切なエラー処理を実装することで、ユーザーにフレンドリーなメッセージを表示し、プログラムのクラッシュを防ぐことができます。

このコードでは、try-catch文を使用してエラー処理を行い、非数値データが入力された場合にエラーメッセージを表示しています。

この例では、非数値のデータが入力されたときに例外をスローして、キャッチブロック内でエラーメッセージを表示しています。

function 四捨五入して表示(value: any, decimalPlaces: number): void {
    try {
        if (typeof value !== 'number') {
            throw new Error("入力値が数値ではありません");
        }

        const roundedValue = Math.round(value * Math.pow(10, decimalPlaces)) / Math.pow(10, decimalPlaces);
        console.log(`四捨五入後の値: ${roundedValue}`);
    } catch (error) {
        console.log(`エラー: ${error.message}`);
    }
}

四捨五入して表示(12.3456, 2);  // 期待される出力: 四捨五入後の値: 12.35
四捨五入して表示("文字列", 2);  // 期待される出力: エラー: 入力値が数値ではありません

上記のコードを実行すると、まず数値の12.3456を小数点以下2桁で四捨五入して表示します。

その結果、四捨五入後の値として12.35が得られます。

次に、非数値の”文字列”を関数に渡すと、エラー処理がキャッチし、「エラー: 入力値が数値ではありません」というメッセージが表示されることが確認できます。

このようなエラー処理を実装することで、ユーザーに正確な情報を提供するとともに、プログラムが予期しない動作をするのを防ぐことができます。

応用として、非数値の場合だけでなく、四捨五入する桁数が不正な値(例えば、負の数や非数値)だった場合のエラー処理も追加することが考えられます。

このような詳細なエラー処理を組み込むことで、さらに堅牢なプログラムを作成することができます。

○サンプルコード10:四捨五入をカスタマイズする方法

四捨五入の手法は一般的なものから、さらに高度なカスタマイズを必要とする場合までさまざまです。

特にTypeScriptでのプログラミングでは、関数やメソッドを使用して、独自の四捨五入の振る舞いを作成することが可能です。

ここでは、四捨五入をカスタマイズする方法を、具体的なサンプルコードを交えながらご紹介します。

このコードでは、TypeScriptを使って独自の四捨五入のルールを作成するコードを表しています。

この例では、0.5より大きい場合は次の整数に、0.5未満の場合は前の整数に四捨五入するという、一般的なルールをカスタマイズしています。

function customRound(value: number): number {
    if (value % 1 < 0.5) {
        return Math.floor(value);
    } else {
        return Math.ceil(value);
    }
}

// この関数を利用して数値を四捨五入
let result = customRound(3.2);  // 3となる
let result2 = customRound(3.8);  // 4となる

上記のサンプルコードでは、customRoundという関数を作成しました。

この関数は引数として数値を受け取り、その数値をカスタマイズした四捨五入のルールに基づいて四捨五入します。

具体的には、小数部が0.5未満の場合は前の整数に、0.5以上の場合は次の整数に四捨五入します。

コードを実行すると、resultは3、result2は4という結果を得ることができます。

応用例として、四捨五入を行う基準を動的に変更することも可能です。

例えば、ユーザーが四捨五入の基準を入力できるようにすることで、さらに柔軟な四捨五入のカスタマイズが行えます。

function dynamicRound(value: number, threshold: number): number {
    if (value % 1 < threshold) {
        return Math.floor(value);
    } else {
        return Math.ceil(value);
    }
}

// 基準を0.7にして四捨五入
let dynamicResult = dynamicRound(3.6, 0.7);  // 3となる

上記のコードでは、dynamicRoundという関数を使用して、四捨五入の基準を動的に変更しています。

ユーザーはthresholdという引数を通して、四捨五入の基準を指定できます。

この例では、基準を0.7に設定していますので、3.6は3に四捨五入されます。

四捨五入のカスタマイズは、特定のビジネスロジックや要件に応じて行うことが多いです。

このようにTypeScriptを活用することで、様々な条件やルールに基づいた四捨五入の処理を柔軟に実装することができます。

●四捨五入の注意点と対処法

プログラム上で数値を扱うとき、四捨五入の操作は一見シンプルに見えますが、実際にはさまざまな注意点や対処法が必要となることがあります。

特に、TypeScriptを用いたプログラムでの四捨五入の処理に関して、様々なトピックを網羅していきます。

○誤差の原因とその解決策

数値計算における誤差は、どの言語を使用しているかに関わらず、避けられない問題です。

これは、コンピュータが浮動小数点数を扱う方法に起因します。

特に四捨五入を行う際に、非常に小さい誤差が生じる可能性があります。

このコードでは、TypeScriptで四捨五入を実施する際の誤差を確認するコードを表しています。

この例では、0.1と0.2を加算し、その結果を四捨五入しています。

const number = 0.1 + 0.2;
console.log("四捨五入前の値:", number);  // 四捨五入前の値: 0.30000000000000004
const rounded = Math.round(number);
console.log("四捨五入後の値:", rounded);  // 四捨五入後の値: 0

上記のコードの実行を行うと、0.1と0.2の加算結果は正確に0.3ではなく、0.30000000000000004という微小な誤差が生じてしまいます。

そのため、このまま四捨五入を行うと、期待する結果と異なる結果が得られることがあります。

このような誤差を解消するためには、四捨五入を行う前に、適切な桁数まで数値を丸めることで対応することができます。

const fixedNumber = parseFloat(number.toFixed(2));
const fixedRounded = Math.round(fixedNumber);
console.log("四捨五入前の修正後の値:", fixedNumber);  // 四捨五入前の修正後の値: 0.3
console.log("四捨五入後の修正後の値:", fixedRounded);  // 四捨五入後の修正後の値: 0

○TypeScriptのバージョンによる違い

TypeScriptのバージョンによっては、四捨五入の処理方法や結果に微妙な違いが出ることが考えられます。

常に最新のバージョンを使用することで、予期せぬバグや問題のリスクを低減することができます。

このコードでは、TypeScriptのバージョンを取得して表示しています。

この例では、実行中のTypeScriptのバージョンを確認することができます。

console.log("現在のTypeScriptバージョン:", ts.version);  // 例: 現在のTypeScriptバージョン: 4.3.5

四捨五入の処理に関して、バージョンによる違いが生じる場合、そのバージョンのリリースノートやドキュメントを確認し、適切な対処を行うことが重要です。

●四捨五入のカスタマイズ方法

四捨五入は、数学やプログラムにおいて頻繁に使用される技術の一つです。

しかし、標準の四捨五入だけでなく、特定の条件やルールに基づいて四捨五入を行いたい場合もあります。

そこで、TypeScriptを使用して、四捨五入のカスタマイズ方法を紹介します。

○四捨五入のルールを変更する方法

標準の四捨五入では、0.5以上を1に、0.4以下を0にしますが、これを変更する方法をみていきます。

このコードでは、指定したしきい値を使って四捨五入をするコードを表しています。

この例では、0.3以上を1に、0.2以下を0に四捨五入しています。

function customRound(value: number, threshold: number = 0.5): number {
    return (value % 1 >= threshold) ? Math.ceil(value) : Math.floor(value);
}

let number = 2.3;
let roundedNumber = customRound(number, 0.3);
console.log(roundedNumber);  // 3

上記のコードでは、2.3という数字を0.3のしきい値で四捨五入しています。

その結果、3という値が得られます。

○複雑な計算処理での四捨五入の適用方法

次に、複数の数字を操作しながら、四捨五入を適用する方法を紹介します。

このコードでは、配列内の数字を合計してから、指定した小数点以下の桁数で四捨五入をするコードを表しています。

この例では、配列の数字を合計してから2桁の小数点以下で四捨五入しています。

function sumAndRound(numbers: number[], decimalPlaces: number = 0): number {
    let sum = numbers.reduce((acc, curr) => acc + curr, 0);
    let multiplier = Math.pow(10, decimalPlaces);
    return Math.round(sum * multiplier) / multiplier;
}

let values = [2.3, 1.4, 0.7];
let result = sumAndRound(values, 2);
console.log(result);  // 4.4

上記のコードを使用すると、valuesという配列内の数値を合計した結果、4.4という四捨五入された結果が得られます。

まとめ

この記事を通して、TypeScriptを用いた四捨五入のテクニックとその多岐にわたる応用例を詳細に学びました。

初心者から上級者まで、四捨五入の技術を網羅的にカバーする内容となっております。

このガイドがTypeScriptでの四捨五入の技術を向上させる一助となれば幸いです。

プログラミングの世界は日進月歩で進化していますので、常に最新の知識や技術を学び続けることが重要です。

この記事を参考に、更なる学びの旅を続けていきましょう!