CSSでvw計算をマスター!使い方・カスタマイズ方法10選

CSSのvw計算を使いこなす方法を徹底解説CSS
この記事は約5分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSはウェブデザインに欠かせない技術で、特にvw計算はレスポンシブデザインにおいて非常に便利です。

しかし、初心者にとっては難しいと感じるかもしれません。

そこでこの記事では、初心者でもわかりやすくvw計算を使いこなす方法を徹底解説します。

使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法など、実際に使える10の具体例をサンプルコードとともに紹介していきます。

この記事を読めばCSSのvw計算を使いこなすことができるようになります。

●CSSのvw計算とは

CSSのvw計算は、ビューポートの幅に対する要素のサイズを決定する方法です。

1vwはビューポート幅の1%を表します。

これにより、画面サイズに応じて自動的にサイズが変わるレスポンシブデザインが実現できます。

○基本的なvw計算の指定

vw計算を使うには、対象となる要素に対して、幅や高さなどのプロパティにvwを指定します。

テキストのフォントサイズをビューポート幅に応じて変更するサンプルコードを紹介します。

h1 {
  font-size: 5vw;
}

●vw計算の適切な使用

vw計算は非常に便利ですが、使い方によってはデザインが崩れることがあります。

そのため、次の注意点を押さえておきましょう。

○最小値・最大値の指定

vw計算を使うと、画面サイズが非常に小さくなったり大きくなったりした場合、要素のサイズが適切でなくなることがあります。

そのため、min-widthやmax-widthなどを使って最小値・最大値を指定することで、サイズが適切な範囲内に収まるようにします。

テキストのフォントサイズに最小値と最大値を設定するサンプルコードを紹介します。

h1 {
  font-size: 5vw;
  font-size: clamp(16px, 5vw, 40px);
}

○単位の組み合わせ

vw計算だけではなく、他の単位(px, em, remなど)と組み合わせることで、より柔軟なデザインが可能です。

要素の幅をビューポート幅に応じて変化させつつ、左右に余白を持たせるサンプルコードを紹介します。

.container {
  width: calc(100vw - 40px);
  margin: 0 auto;
}

●vw計算を活用したデザイン例

vw計算を使ったカスタマイズ方法をいくつか紹介します。

○背景画像のサイズ調整

vw計算を使って、背景画像のサイズをビューポート幅に応じて変更することができます。

背景画像のサイズをビューポート幅の50%に設定するサンプルコードを紹介します。

body {
  background-image: url("background.jpg");
  background-size: 50vw auto;
}

○グリッドレイアウトの調整

vw計算を使って、グリッドレイアウトのカラム幅をビューポート幅に応じて変更することができます。

2カラムレイアウトの例を紹介します。

.column {
  width: calc(50vw - 20px);
  margin: 10px;
}

○アニメーションの動きを調整

vw計算を使って、アニメーションの動きをビューポート幅に応じて変更することができます。

要素を左から右へ移動させるアニメーションの例を紹介します。

@keyframes move {
  0% {
    transform: translateX(0);
  }
  100% {
    transform: translateX(calc(100vw - 100px));
  }
}

.box {
  animation: move 5s linear infinite;
}

●vw計算を利用した実践的なデザイン

vw計算を活用した実践的なデザイン例を紹介します。

○フルスクリーンのヒーローイメージ

vw計算を使って、フルスクリーンのヒーローイメージを実装することができます。

ビューポート幅と高さに応じたフルスクリーンのヒーローイメージのサンプルコードを紹介します。

.hero {
  background-image: url("hero.jpg");
  background-size: cover;
  background-position: center;
  width: 100vw;
  height: 100vh;
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
}

○可変サイズのカードデザイン

vw計算を使って、ビューポート幅に応じてカードデザインのサイズを変更することができます。

3カラムのカードデザインの例を紹介します。

.card {
  width: calc((100vw - 80px) / 3);
  margin: 20px;
}

○レスポンシブなタイポグラフィ

vw計算を使って、テキストのフォントサイズをビューポート幅に応じて変更することができます。

レスポンシブなタイポグラフィの例を紹介します。

h1 {
  font-size: clamp(24px, 4vw, 48px);
}

p {
  font-size: clamp(14px, 1.5vw, 18px);
}

まとめ

この記事では、CSSのvw計算を使いこなす方法を初心者目線で徹底解説しました。

使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法など、実際に使える10の具体例をサンプルコードとともに紹介しました。

これであなたもvw計算を活用して、レスポンシブデザインをマスターできるでしょう。

問題を解決できた理由は、vw計算の基本的な使い方から応用例まで、初心者にもわかりやすい形で解説したことです。

また、サンプルコードを多く取り入れることで、読者が実際に手を動かしながら学べるようになりました。

これからもvw計算を上手に活用して、魅力的なウェブデザインを作成しましょう。