初心者でも簡単!HTMLで年賀状を作る7ステップ

HTMLで作る年賀状のサンプルイメージHTML
この記事は約4分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、HTMLを使って年賀状を作成することができるようになります。

年賀状のシーズンが近づいてきたけど、どうしてもオリジナリティを出したいと考えている初心者の方に向けて、HTMLを使って年賀状を作成する方法を徹底解説していきます。

基本的なテンプレートの作り方、使い方、対処法、注意点、カスタマイズ方法を分かりやすく説明し、サンプルコードも交えてご紹介します。

では早速、HTMLで年賀状を作成するための7ステップを見ていきましょう。

●ステップ1:HTMLファイルを作成する

まずはじめに、年賀状用のHTMLファイルを作成しましょう。

テキストエディタを開いて、新しいファイルを作成します。

その後、ファイルの拡張子を.htmlに変更して保存します。

例えば、「nengajo.html」という名前で保存してみましょう。

●ステップ2:基本的なHTML構造を記述する

次に、HTMLファイルに基本的なHTML構造を記述していきます。

下記のコードを参考に、DOCTYPE宣言や<html>、<head>、<body>タグを追加しましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>HTMLで作る年賀状</title>
</head>
<body>

</body>
</html>

●ステップ3:年賀状のレイアウトを作成する

年賀状のレイアウトを作成するために、<body>タグ内に<div>タグを使って要素を配置していきます。

下記のコードを参考に、年賀状のタイトルや本文、画像を追加していきましょう。

<body>
  <div class="nengajo">
    <h1>新年あけましておめでとうございます</h1>
    <p>昨年は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。</p>
    <img src="images/newyear.jpg" alt="新年のイメージ画像">
  </div>
</body>

●ステップ4:CSSを追加してデザインを整える

次に、<head>タグ内に<style>タグを追加して、CSSを記述していきます。

下記のコードを参考に、年賀状のデザインを整えていきましょう。

<head>
  ...
  <style>
    body {
      font-family: 'Hiragino Kaku Gothic ProN', Meiryo, sans-serif;
      background-color: #f0e4d1;
    }
    .nengajo {
      width: 600px;
      margin: 0 auto;
      padding: 30px;
      background-color: #ffffff;
      border: 2px solid #000000;
      text-align: center;
    }
    h1 {
      font-size: 24px;
      margin-bottom: 20px;
    }
    p {
      font-size: 16px;
      margin-bottom: 20px;
    }
    img {
      width: 100%;
      height: auto;
    }
  </style>
</head>

●ステップ5:レスポンシブデザインに対応させる

年賀状をスマートフォンやタブレットで見やすくするために、レスポンシブデザインに対応させましょう。

下記のコードを<head>タグ内に追加します。

<head>
  ...
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
</head>

●ステップ6:カスタマイズを楽しむ

これで基本的な年賀状のデザインが完成しました。

ここからは、自分だけのオリジナルな年賀状を作成するために、カスタマイズを楽しんでください。

例えば、フォントや背景色、画像などを変更することができます。

●ステップ7:保存して配信する

最後に、作成した年賀状を配信しましょう。

HTMLファイルを保存して、メールやSNSで友人や家族に送信してください。