JavaScript再読み込みの方法10選!初心者でも分かる徹底解説

JavaScript再読み込み方法10選 JS
この記事は約6分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptでページを再読み込みする方法が10種類も身につくようになります。

これからJavaScriptを使い始める初心者の方でも、サンプルコードを参考にすれば、すぐに実践できるようになるでしょう。

それでは、さっそくJavaScriptでの再読み込み方法を見ていきましょう。

JavaScript再読み込みとは

JavaScriptで再読み込みとは、Webページのコンテンツやスクリプトを更新し、最新の状態にするために行う操作です。

特に、データの更新が頻繁に行われるようなWebアプリケーションでは、再読み込みが必要となることがあります。

再読み込みの方法10選

○リロードボタン

ブラウザのリロードボタンをクリックすることで、ページを再読み込みできます。

これは最も一般的な再読み込み方法です。

○ショートカットキー

ブラウザでは、ショートカットキーを使ってページを再読み込みすることができます。

Windowsでは「Ctrl + R」、Macでは「Command + R」を押すことで、ページが再読み込みされます。

○location.reload()

JavaScriptでページを再読み込みする方法のひとつに、location.reload()メソッドを使う方法があります。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function reloadPage() {
  location.reload();
}

document.getElementById("reloadButton").addEventListener("click", reloadPage);

○ページ遷移による再読み込み

ページ遷移を利用して、同じページに戻ることで再読み込みを実現する方法もあります。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function reloadPage() {
  location.href = location.href;
}

document.getElementById("reloadButton").addEventListener("click", reloadPage);

○setInterval()を使った自動リロード

setInterval()関数を使って一定時間ごとにページを自動的に再読み込みすることができます。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function autoReload() {
  location.reload();
}

setInterval(autoReload, 30000); // 30秒ごとに再読み込み

○イベントリスナーを使ったリロード

イベントリスナーを使って、特定のイベントが発生した際にページを再読み込みすることができます。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function reloadPage() {
  location.reload();
}

document.getElementById("reloadButton").addEventListener("click", reloadPage);

○Ajaxを使った部分的な再読み込み

Ajaxを使って、ページ全体ではなく特定の部分だけを再読み込みすることができます。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function updateContent() {
  // Ajax処理を記述
}

document.getElementById("updateButton").addEventListener("click", updateContent);

○ページの更新日時を比較してリロード

ページの更新日時を取得して、前回の更新日時と比較してリロードする方法もあります。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

let lastUpdateTime = new Date(document.lastModified);

function checkForUpdates() {
  let currentUpdateTime = new Date(document.lastModified);

  if (currentUpdateTime > lastUpdateTime) {
    location.reload();
  }

  lastUpdateTime = currentUpdateTime;
}

setInterval(checkForUpdates, 10000); // 10秒ごとに更新をチェック

○ウィンドウのリサイズでリロード

ウィンドウがリサイズされた際にページを再読み込みする方法もあります。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function reloadOnResize() {
  location.reload();
}

window.addEventListener("resize", reloadOnResize);

○ページのスクロール位置でリロード

特定のスクロール位置に達した時にページを再読み込みする方法もあります。

下記のサンプルコードを参考にしてください。

function reloadOnScroll() {
  const scrollThreshold = 1000; // スクロール位置のしきい値

  if (window.pageYOffset > scrollThreshold) {
    location.reload();
  }
}

window.addEventListener("scroll", reloadOnScroll);

注意点と対処法

JavaScriptでページを再読み込みする際には、下記のような注意点があります。

  1. ページの再読み込みによって、ユーザーの入力データが失われる可能性があります。
    データを失わないように、適切なタイミングで再読み込みを行うことが重要です。
  2. セッションやクッキーに依存する機能がある場合、再読み込みの度にセッションやクッキーがリセットされることがあります。
    適切な対処法を用意することが必要です。
  3. 無駄な再読み込みにより、サーバーへの負荷が増加することがあります。
    適切な間隔で再読み込みを行うように注意してください。

カスタマイズ方法

再読み込み方法によっては、カスタマイズが可能です。

例えば、setInterval()関数を使った自動リロードでは、リロード間隔を変更することができます。

また、イベントリスナーを使ったリロードでは、発火するイベントをカスタマイズすることができます。

まとめ

この記事では、JavaScriptでページを再読み込みする方法を10選ご紹介しました。

初心者の方でも、サンプルコードを参考にすれば、すぐに実践できるようになるでしょう。

注意点やカスタマイズ方法も押さえておくことで、より効果的な再読み込みが実現できます。

是非、ご自身のWebアプリケーションに活用してみてください。