JavaScriptリファレンス完全攻略!初心者が分かる10選サンプルコード

JavaScriptリファレンスを初心者にも分かりやすく解説した記事のイメージJS
この記事は約16分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptリファレンスを初心者目線で完全に理解し、実践的なサンプルコードを活用することができるようになります。

JavaScriptをこれから学び始める方や、基本的な知識を身につけたい方にぴったりの内容です。

JavaScriptリファレンスの基本から、使い方、カスタマイズ法、注意点、さらには応用例まで、幅広く解説していきます。

●JavaScriptリファレンスの基本

JavaScriptリファレンスを学ぶ前に、まずはJavaScriptとリファレンスについて簡単に説明します。

○JavaScriptとは

JavaScriptは、ウェブページに動的な要素を追加するためのプログラミング言語です。

HTMLやCSSと組み合わせて、ウェブページの見た目や動作を制御することができます。

○リファレンスとは

リファレンスとは、プログラミング言語や関数の詳細情報をまとめたもので、言語の使い方や関数の仕様を確認する際に参照することができます。

JavaScriptリファレンスでは、JavaScriptの構文や関数、オブジェクトなどの情報が提供されています。

●JavaScriptリファレンスの使い方

ここでは、JavaScriptリファレンスを使って、基本的なプログラミング要素を学びましょう。

○変数の宣言と代入

変数は、データを一時的に格納するためのものです。

JavaScriptでは、varletconstの3つのキーワードを使って変数を宣言できます。

宣言した変数に値を代入するには、=を使います。

// 変数の宣言と代入
var num1 = 10; // varを使って変数num1を宣言し、10を代入
let num2 = 20; // letを使って変数num2を宣言し、20を代入
const num3 = 30; // constを使って変数num3を宣言し、30を代入

console.log(num1); // 10が出力される
console.log(num2); // 20が出力される
console.log(num3); // 30が出力される

○関数の定義と呼び出し

関数は、特定の処理をまとめたもので、必要に応じて呼び出すことができます。

関数の定義には、functionキーワードを使用します。

関数を呼び出すには、関数名に()を付けて記述します。

// 関数の定義
function greet(name) {
  console.log('こんにちは、' + name + 'さん!');
}

// 関数の呼び出し
greet('太郎'); // こんにちは、太郎さん!

○制御構造(条件分岐・繰り返し)

制御構造は、プログラムの流れを制御するための構文です。

条件分岐にはifelseelse ifがあります。繰り返し処理には、forループとwhileループがあります。

// 条件分岐
var age = 18;
if (age >= 20) {
  console.log('成人です');
} else {
  console.log('未成年です');
}

// 繰り返し
for (var i = 0; i < 5; i++) {
  console.log(i);
}

○オブジェクトと配列

オブジェクトは、キーと値のペアで構成されるデータ構造です。配列は、複数の値を順序付けて格納するデータ構造です。

// オブジェクト
var person = {
  name: '太郎',
  age: 25
};
console.log(person.name); // 太郎

// 配列
var fruits = ['りんご', 'バナナ', 'みかん'];
console.log(fruits[0]); // りんご

○イベントハンドラ

イベントハンドラは、ブラウザで発生するイベント(クリックやマウスオーバーなど)に応じて、特定の処理を実行するための機能です。

イベントハンドラを設定するには、HTML要素に対してJavaScriptで関数を割り当てます。

// HTML要素の取得
var button = document.getElementById('myButton');

// クリックイベントのハンドラを設定
button.onclick = function() {
  alert('ボタンがクリックされました!');
};

●JavaScriptリファレンスのカスタマイズ

○関数の拡張

JavaScriptの関数は、他の関数に引数として渡すことができます。

これにより、既存の関数をカスタマイズして新しい関数を作成することができます。

// 関数の拡張
function add(a, b) {
  return a + b;
}

function multiplyByTwo(func, num1, num2) {
  return func(num1, num2) * 2;
}

console.log(multiplyByTwo(add, 3, 4)); // (3 + 4) * 2 = 14

○プロトタイプの利用

プロトタイプは、オブジェクト指向プログラミングにおいて、オブジェクトが共通のプロパティやメソッドを継承する仕組みです。

JavaScriptでは、すべてのオブジェクトがプロトタイプを持っており、プロトタイプを利用して既存のオブジェクトに新しい機能を追加することができます。

// Stringのプロトタイプにhelloメソッドを追加
String.prototype.hello = function() {
  return 'Hello, ' + this + '!';
};

console.log('太郎'.hello()); // Hello, 太郎!

○カスタムイベントの作成

カスタムイベントは、開発者が独自のイベントを定義し、それに対応する処理を実行できるようにする機能です。

CustomEventコンストラクタを使用してカスタムイベントを作成し、addEventListenerメソッドでイベントハンドラを設定します。

// カスタムイベントの作成
var myEvent = new CustomEvent('myEvent', {
  detail: { message: 'カスタムイベントが発生しました!' }
});

// イベントハンドラの設定
document.addEventListener('myEvent', function(e) {
  console.log(e.detail.message);
});

// カスタムイベントの発火
document.dispatchEvent(myEvent);

●JavaScriptリファレンスの注意点と対処法

○ブラウザの互換性

ブラウザによっては、一部のJavaScript機能がサポートされていない場合があります。

対応ブラウザを確認し、必要に応じてポリフィル(旧ブラウザ向けの代替機能)を利用することで、互換性の問題を解決できます。

○エラーの対処法

JavaScriptのエラーは、コンソールで確認することができます。エラーメッセージを参考に原因を特定し、適切な修正を行いましょう。

また、try-catch文を利用することで、エラー発生時の処理をカスタマイズすることができます。

○パフォーマンスの最適化

JavaScriptのパフォーマンスを向上させるためには、次のような方法があります。

  1. 不要な処理を削除する
  2. 遅延読み込み(lazy loading)を利用する
  3. キャッシュを活用する
  4. 関数のメモ化(結果をキャッシュして再利用すること)を行う

●サンプルコードと応用例

○サンプルコード1:アラート表示

// アラート表示
function showAlert() {
  alert('ボタンがクリックされました!');
}

document.getElementById('alertButton').onclick = showAlert;

○サンプルコード2:画像の切り替え

画像をクリックすると別の画像に切り替わる処理を実装しています。

// 画像の切り替え処理
function changeImage() {
  var img = document.getElementById('myImage');
  img.src = '新しい画像のURL';
}

// 画像にクリックイベントを設定
document.getElementById('myImage').onclick = changeImage;

○サンプルコード3:フォームのバリデーション

フォームの入力値に対して簡単なバリデーションを行い、エラーメッセージを表示する処理を実装します。

// バリデーション処理
function validateForm() {
  var input = document.getElementById('myInput').value;
  var message = document.getElementById('errorMessage');

  // 入力値が空の場合、エラーメッセージを表示
  if (input === '') {
    message.textContent = '入力が空です。入力してください。';
    return false;
  } else {
    message.textContent = '';
    return true;
  }
}

// フォームにサブミットイベントを設定
document.getElementById('myForm').onsubmit = validateForm;

○サンプルコード4:クリックイベントの実装

ボタンをクリックした際に特定の要素の表示・非表示を切り替える処理を実装します。

// 表示・非表示の切り替え処理
function toggleVisibility() {
  var target = document.getElementById('targetElement');
  if (target.style.display === 'none') {
    // 非表示の場合、表示に切り替え
    target.style.display = 'block';
  } else {
    // 表示の場合、非表示に切り替え
    target.style.display = 'none';
  }
}

// ボタンにクリックイベントを設定
document.getElementById('toggleButton').onclick = toggleVisibility;

○サンプルコード5:アコーディオンメニュー

クリックするとコンテンツが展開・収縮するアコーディオンメニューを実装します。

// アコーディオンメニューの切り替え処理
function toggleAccordion(event) {
  var targetContent = event.target.nextElementSibling;

  // コンテンツの表示・非表示を切り替え
  if (targetContent.style.display === 'none') {
    targetContent.style.display = 'block';
  } else {
    targetContent.style.display = 'none';
  }
}

// 各タイトルにクリックイベントを設定
var accordionTitles = document.getElementsByClassName('accordion-title');
for (var i = 0; i < accordionTitles.length; i++) {
  accordionTitles[i].onclick = toggleAccordion;
}

○サンプルコード6:タブ切り替え

タブをクリックすることで、関連するコンテンツを表示し、他のコンテンツを非表示にするタブ切り替え機能を実装します。

// タブ切り替え処理
function switchTab(event) {
  var tabId = event.target.dataset.tab;

  // すべてのタブとコンテンツを非アクティブにする
  var tabs = document.getElementsByClassName('tab');
  var contents = document.getElementsByClassName('content');
  for (var i = 0; i < tabs.length; i++) {
    tabs[i].classList.remove('active');
    contents[i].style.display = 'none';
  }

  // クリックされたタブと対応するコンテンツをアクティブにする
  event.target.classList.add('active');
  document.getElementById(tabId).style.display = 'block';
}

// 各タブにクリックイベントを設定
var tabs = document.getElementsByClassName('tab');
for (var i = 0; i < tabs.length; i++) {
  tabs[i].onclick = switchTab;
}

○サンプルコード7:スライドショー

画像が自動的に切り替わるスライドショーを実装します。

var slideIndex = 0;
var slides = document.getElementsByClassName('slide');

// スライドショーの表示を更新する関数
function updateSlideShow() {
  // すべてのスライドを非表示にする
  for (var i = 0; i < slides.length; i++) {
    slides[i].style.display = 'none';
  }

  // 次のスライドを表示する
  slideIndex = (slideIndex + 1) % slides.length;
  slides[slideIndex].style.display = 'block';
}

// スライドショーを開始
setInterval(updateSlideShow, 3000);

○サンプルコード8:モーダルウィンドウ

ボタンをクリックすることで、画面上にモーダルウィンドウを表示し、背景を暗くする機能を実装します。

// モーダルウィンドウを開く関数
function openModal() {
  document.getElementById('modal').style.display = 'block';
  document.getElementById('modal-overlay').style.display = 'block';
}

// モーダルウィンドウを閉じる関数
function closeModal() {
  document.getElementById('modal').style.display = 'none';
  document.getElementById('modal-overlay').style.display = 'none';
}

// ボタンにクリックイベントを設定
document.getElementById('open-modal').onclick = openModal;
document.getElementById('close-modal').onclick = closeModal;

○サンプルコード9:ドラッグ&ドロップ

要素をドラッグして、別の要素の上にドロップする機能を実装します。

// ドラッグ開始時の処理
function onDragStart(event) {
  event.dataTransfer.setData('text', event.target.id);
}

// ドラッグオーバー時の処理
function onDragOver(event) {
  event.preventDefault();
}

// ドロップ時の処理
function onDrop(event) {
  event.preventDefault();
  var draggedId = event.dataTransfer.getData('text');
  var target = event.target;
  while (target.className !== 'dropzone') {
    target = target.parentElement;
  }
  target.appendChild(document.getElementById(draggedId));
}

// 要素にイベントリスナーを設定
var draggableItems = document.getElementsByClassName('draggable');
for (var i = 0; i < draggableItems.length; i++) {
  draggableItems[i].ondragstart = onDragStart;
}

var dropzones = document.getElementsByClassName('dropzone');
for (var i = 0; i < dropzones.length; i++) {
  dropzones[i].ondragover = onDragOver;
  dropzones[i].ondrop = onDrop;
}

○サンプルコード10:AJAXを利用した通信

サーバーと非同期通信を行い、データを取得して表示する機能を実装します。

function fetchData() {
  var xhr = new XMLHttpRequest();
  xhr.onreadystatechange = function() {
    if (xhr.readyState === 4 && xhr.status === 200) {
      var data = JSON.parse(xhr.responseText);
      displayData(data);
    }
  };
  xhr.open('GET', 'https://api.example.com/data', true);
  xhr.send();
}

function displayData(data) {
  var list = document.getElementById('data-list');
  for (var i = 0; i < data.length; i++) {
    var listItem = document.createElement('li');
    listItem.textContent = data[i].name + ': ' + data[i].value;
    list.appendChild(listItem);
  }
}

document.getElementById('fetch-data').onclick = fetchData;

まとめ

本記事では、JavaScriptのイベントハンドラ、カスタムイベント、関数の拡張、プロトタイプの利用などの基本的な概念を紹介しました。

また、ブラウザの互換性、エラーの対処法、パフォーマンスの最適化など、実際の開発で注意すべき点についても触れました。

さらに、実践的なサンプルコードを10個紹介しました。

これらのサンプルコードは、アラート表示、画像の切り替え、フォームのバリデーション、クリックイベントの実装、アコーディオンメニュー、タブ切り替え、スライドショー、モーダルウィンドウ、ドラッグ&ドロップ、AJAXを利用した通信といった、Web開発でよく使用される機能をカバーしています。

これらのサンプルコードを参考にしながら、実際のプロジェクトでJavaScriptを活用して、より効果的なWebアプリケーションやサイトを開発していただければと思います。