JavaScriptで合計計算!初心者も理解できる10のステップ

JavaScriptで合計計算を実行する初心者向けの解説記事JS
この記事は約11分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScriptで合計計算を実行できるようになります。

初心者の方でも理解できるように、基本から応用まで徹底解説し、サンプルコードを提供します。

●JavaScriptで合計計算を行う前の準備

まずは、JavaScriptで合計計算を行う前に、開発環境を整えましょう。

○開発環境の構築

JavaScriptの開発には、テキストエディタ(例:Visual Studio Code)とウェブブラウザ(例:Google Chrome)が必要です。

インストールがまだの方は、それぞれの公式サイトからダウンロードしてください。

○HTMLファイルの作成

次に、テキストエディタで新しいHTMLファイルを作成し、下記の基本構造を記述してください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>合計計算サンプル</title>
</head>
<body>
  <!-- ここにコンテンツを記述 -->
  <script>
    // ここにJavaScriptコードを記述
  </script>
</body>
</html>

●JavaScriptで合計計算の基本

JavaScriptで合計計算を行う前に、基本的な概念を理解しましょう。

○変数と配列

JavaScriptでデータを扱う際には、変数と配列を使います。

変数は、データを一時的に保存するためのものです。

配列は、複数のデータをまとめて扱うためのものです。

下記の例では、変数sumと配列numbersを使っています。

// 変数の宣言
let sum = 0;

// 配列の宣言
let numbers = [1, 2, 3, 4, 5];

○ループと条件分岐

合計計算では、配列の要素を一つずつ取り出して加算していくためにループを使います。

また、条件分岐を使って特定の条件を満たす要素だけを加算することもできます。

下記の例では、forループを使って配列numbersの要素を順番に加算しています。

for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
  sum += numbers[i];
}

●サンプルコード1:簡単な合計計算

下記のサンプルコードでは、配列numbersに含まれる数字の合計を計算し、結果を変数sumに格納しています。

// 変数と配列の宣言
let sum = 0;
let numbers = [1, 2, 3, 4, 5];

// 配列の要素を順番に加算
for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
  sum += numbers[i];
}

// 結果を表示
console.log("合計:", sum);

●サンプルコード2:入力フォームからの合計計算

下記のサンプルコードでは、入力フォームに入力された数字を合計して、結果を表示します。

HTMLファイルの<body>タグ内に下記のコードを追加してください。

<form id="calcForm">
  <input type="number" id="inputNumber" placeholder="数字を入力してください">
  <button type="button" onclick="calculateSum()">合計を計算</button>
</form>
<p id="result"></p>

続いて、<script>タグ内に下記のJavaScriptコードを追加します。

// 合計を計算する関数
function calculateSum() {
  // 入力された数字を取得
  const inputNumber = document.getElementById('inputNumber').value;
  
  // 文字列を配列に変換
  const numbers = inputNumber.split(',').map(Number);
  
  // 配列の要素を順番に加算
  let sum = 0;
  for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
    sum += numbers[i];
  }
  
  // 結果を表示
  document.getElementById('result').textContent = '合計: ' + sum;
}

このサンプルコードでは、入力フォームから取得した文字列をカンマで分割し、配列に変換しています。

その後、forループを使って配列の要素を合計し、結果を<p>タグ内に表示しています。

●応用例:JavaScriptでの合計計算

合計計算を応用した例として、平均値、最大値・最小値、割合などの計算が挙げられます。

下記では、それぞれの計算方法をサンプルコードで説明します。

○サンプルコード3:平均値の計算

平均値を計算するには、合計値を配列の要素数で割ります。

下記のサンプルコードでは、配列numbersの平均値を計算しています。

// 配列の宣言
const numbers = [1, 2, 3, 4, 5];

// 配列の要素を順番に加算
let sum = 0;
for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
  sum += numbers[i];
}

// 平均値を計算
const average = sum / numbers.length;

// 結果を表示
console.log('平均値:', average);

○サンプルコード4:最大値・最小値の計算

最大値と最小値を計算するには、配列の要素の中で一番大きい値と一番小さい値を取得します。

下記のサンプルコードでは、Math.max()Math.min()を使って配列numbersの最大値・最小値を計算しています。

// 配列の宣言
const numbers = [12, 45, 23, 78, 37];

// 最大値・最小値を計算
const max = Math.max.apply(null, numbers);
const min = Math.min.apply(null, numbers);

// 結果を表示
console.log('最大値:', max);
console.log('最小値:', min);

このサンプルコードでは、Math.max()Math.min()を用いて、配列の要素の中で最大値と最小値を取得しています。

apply()を使って配列を引数に渡しています。

○サンプルコード5:割合の計算

割合を計算するには、各要素の値を合計値で割ります。

下記のサンプルコードでは、配列numbersの各要素の割合を計算しています。

// 配列の宣言
const numbers = [20, 30, 50];

// 配列の要素を順番に加算
let sum = 0;
for (let i = 0; i < numbers.length; i++) {
  sum += numbers[i];
}

// 割合を計算
const proportions = numbers.map(number => (number / sum) * 100);

// 結果を表示
console.log('割合:', proportions);

このサンプルコードでは、まずforループを使って配列numbersの要素を合計しています。

その後、map()を使って配列の各要素を合計値で割り、割合を計算しています。

●注意点と対処法

JavaScriptで数値計算を行う際には、浮動小数点数の誤差が発生することがあります。

誤差を回避するために、適切な精度で四捨五入することが推奨されます。

●カスタマイズ方法

サンプルコードをカスタマイズして、独自の計算や処理を追加することができます。

例えば、条件分岐を使って特定の範囲の値のみを計算対象にするなど、様々なカスタマイズが可能です。

○サンプルコード6:データの可視化

データの可視化を行うには、JavaScriptライブラリ「Chart.js」を利用する方法があります。

下記のサンプルコードでは、HTML内にグラフを表示するためのcanvas要素を設置し、Chart.jsを使って棒グラフを描画しています。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>データの可視化</title>
  <!-- Chart.jsの読み込み -->
  <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/chart.js"></script>
</head>
<body>
  <!-- グラフを表示するためのcanvas要素 -->
  <canvas id="myChart"></canvas>

  <script>
    // グラフに描画するデータ
    const data = {
      labels: ['赤', '青', '緑', '黄', '紫'],
      datasets: [{
        label: '色ごとの数量',
        data: [12, 19, 3, 5, 7],
        backgroundColor: ['red', 'blue', 'green', 'yellow', 'purple']
      }]
    };

    // グラフの設定
    const config = {
      type: 'bar',
      data: data,
      options: {
        scales: {
          y: {
            beginAtZero: true
          }
        }
      }
    };

    // グラフの描画
    const ctx = document.getElementById('myChart').getContext('2d');
    const myChart = new Chart(ctx, config);
  </script>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、まずChart.jsを読み込んでいます。

次に、canvas要素をHTMLに追加し、グラフを表示するための場所を確保しています。

最後に、JavaScriptでデータとグラフの設定を行い、Chart.jsのChartクラスを使ってグラフを描画しています。

○サンプルコード7:リアルタイムでの合計計算

リアルタイムで合計を計算するには、入力フォームの値が変更されたときに計算を実行するようにします。

下記のサンプルコードでは、入力フォームの値が変更されるたびに、合計がリアルタイムで計算され、表示されます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>リアルタイムでの合計計算</title>
</head>
<body>
  <!-- 入力フォーム -->
  <input type="number" id="number1" oninput="calculateSum()">
  <input type="number" id="number2" oninput="calculateSum()">
  <p>合計: <span id="sum"></span></p>

  <script>
    function calculateSum() {
      // 入力フォームから値を取得
      const num1 = parseFloat(document.getElementById('number1').value) || 0;
      const num2 = parseFloat(document.getElementById('number2').value) || 0;

      // 合計を計算
      const sum = num1 + num2;

      // 合計を表示
      document.getElementById('sum').textContent = sum;
    }
  </script>
</body>
</html>

このサンプルコードでは、まず2つの入力フォームを用意しています。

それぞれの入力フォームには、oninput属性を使ってcalculateSum関数を呼び出すように指定しています。

calculateSum関数では、入力フォームから値を取得し、合計を計算して表示しています。

まとめ

この記事では、JavaScriptを使った合計計算の基本から、応用例、データの可視化、リアルタイムでの合計計算まで、様々なサンプルコードを紹介しました。

これらのサンプルコードを参考に、自分のプロジェクトに応用してみてください。

また、注意点やカスタマイズ方法も押さえておくと、より効率的にコーディングができるでしょう。

これらの知識を活用して、JavaScriptでの計算処理をマスターしましょう。