JavaScript ピリオドをマスター!使い方・応用例10選

JavaScript ピリオドの使い方や応用例を解説するイメージJS
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

JavaScript ピリオドを使いこなせるようになると、プログラミングがさらに楽しくなり、効率的にコードを書くことができます。

この記事を読めば、JavaScript ピリオドの使い方や応用例、注意点、カスタマイズ方法を理解し、実践で活用できるようになります。

さあ、JavaScript ピリオドをマスターしましょう!

●JavaScript ピリオドとは

JavaScript ピリオド(.)は、オブジェクトやインスタンスのプロパティやメソッドにアクセスする際に使用される記号です。

○ピリオドの基本

オブジェクトのプロパティにアクセスする場合、オブジェクト名に続けてピリオドを記述し、その後にプロパティ名を記述します。

同様に、メソッドを実行する場合も、オブジェクト名に続けてピリオドを記述し、その後にメソッド名を記述し、引数を含むカッコを付け加えます。

●JavaScript ピリオドの使い方

○サンプルコード1:オブジェクトプロパティへのアクセス

このコードでは、オブジェクトのプロパティにアクセスしています。

この例では、オブジェクト「person」のプロパティ「name」と「age」にアクセスしています。

const person = {
  name: "山田太郎",
  age: 30,
};

console.log(person.name); // "山田太郎" を出力
console.log(person.age); // 30 を出力

○サンプルコード2:メソッドの実行

このコードでは、オブジェクトのメソッドを実行しています。

この例では、オブジェクト「person」のメソッド「sayHello」を実行しています。

const person = {
  name: "山田太郎",
  age: 30,
  sayHello: function () {
    console.log("こんにちは、" + this.name + "です!");
  },
};

person.sayHello(); // "こんにちは、山田太郎です!" を出力

○サンプルコード3:プロトタイプチェーン

このコードでは、プロトタイプチェーンを使ってオブジェクトのプロパティにアクセスしています。

この例では、オブジェクト「person」のプロトタイプオブジェクト「human」のプロパティ「gender」にアクセスしています。

const human = {
  gender: "男性",
};

const person = Object.create(human);
person.name = "山田太郎";
person.age = 30;

console.log(person.gender); // "男性" を出力

●JavaScript ピリオドの応用例

○サンプルコード4:DOM操作

このコードでは、ピリオドを使ってDOM要素にアクセスし、操作する方法を紹介しています。

この例では、idが「title」の要素のテキストを変更しています。

document.getElementById("title").innerText = "新しいタイトル";

○サンプルコード5:イベントハンドラの設定

このコードでは、ピリオドを使ってイベントハンドラを設定する方法を紹介しています。

この例では、idが「myButton」の要素にクリックイベントのリスナーを設定しています。

document.getElementById("myButton").addEventListener("click", function () {
  alert("ボタンがクリックされました!");
});

○サンプルコード6:APIからデータ取得

このコードでは、ピリオドを使ってAPIからデータを取得する方法を紹介しています。

この例では、JSON形式のデータを取得し、その中のプロパティ「title」を表示しています。

fetch("https://api.example.com/data")
  .then((response) => response.json())
  .then((data) => {
    console.log(data.title);
  });

○サンプルコード7:jQueryを使ったアニメーション

このコードでは、ピリオドを使ってjQueryを利用したアニメーションを実行する方法を紹介しています。

この例では、idが「box」の要素をフェードアウトさせています。

$("#box").fadeOut();

○サンプルコード8:モジュールのインポートとエクスポート

このコードでは、ピリオドを使ってモジュールをインポートし、エクスポートする方法を紹介しています。

この例では、「myModule.js」ファイルから「myFunction」関数をインポートして利用しています。

// myModule.js
export function myFunction() {
  console.log("これはmyFunctionです");
}

// main.js
import { myFunction } from "./myModule.js";
myFunction(); // "これはmyFunctionです" を出力

○サンプルコード9:クラスとインスタンスの生成

このコードでは、クラスを定義し、そのクラスからインスタンスを生成する方法を紹介しています。

この例では、「Person」クラスを定義し、そのインスタンスを作成し、メソッド「greet」を実行しています。

class Person {
  constructor(name, age) {
    this.name = name;
    this.age = age;
  }

  greet() {
    console.log(`こんにちは、私は${this.name}です!`);
  }
}

const person1 = new Person("山田太郎", 30);
person1.greet(); // "こんにちは、私は山田太郎です!" を出力

○サンプルコード10:Promiseチェーン

このコードでは、Promiseチェーンを利用して非同期処理を連続して実行する方法を紹介しています。

この例では、2つの非同期処理を順番に実行し、最後に結果を表示しています。

function asyncFunction1() {
  return new Promise((resolve) => {
    setTimeout(() => {
      resolve("非同期処理1が完了しました");
    }, 1000);
  });
}

function asyncFunction2() {
  return new Promise((resolve) => {
    setTimeout(() => {
      resolve("非同期処理2が完了しました");
    }, 1000);
  });
}

asyncFunction1()
  .then((result1) => {
    console.log(result1);
    return asyncFunction2();
  })
  .then((result2) => {
    console.log(result2);
  });

●注意点と対処法

ピリオドを使う際に注意すべき点は、存在しないプロパティやメソッドにアクセスしようとするとエラーが発生することです。

対処法としては、プロパティやメソッドが存在するかどうかを確認してからアクセスすることが推奨されます。

●カスタマイズ方法

ピリオドを活用することで、オブジェクトやインスタンスのプロパティやメソッドにアクセスし、様々な処理を行うことができます。

自分のニーズに合わせて、オブジェクトやクラスの定義をカスタマイズして、効率的にコードを書くことができます。

まとめ

JavaScript ピリオドを使いこなすことで、オブジェクトやインスタンスのプロパティやメソッドに簡単にアクセスでき、プログラムの効率を向上させることができます。

本記事で紹介したサンプルコードや注意点を参考に、ピリオドを活用してJavaScriptの開発をよりスムーズに進めることができます。

ピリオドを使ってオブジェクトやインスタンスにアクセスする方法や、DOM操作、イベントハンドラの設定、APIからデータ取得、非同期処理など、幅広い応用例を理解しましょう。

また、コードのカスタマイズやエラーへの対処法も押さえておくことで、より安全で効率的なコードが書けるようになります。

ピリオドをうまく活用し、JavaScriptのコーディングスキルを向上させていきましょう。