JavaScript orで簡単カスタマイズ!10選の作り方・サンプルコード

JavaScript orを使った簡単カスタマイズ方法の徹底解説 JS
この記事は約8分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、JavaScript orを使って簡単なカスタマイズができるようになります。

JavaScript初心者でも理解しやすいように、基本的な使い方や注意点、カスタマイズ方法を詳しく解説します。

さらに、実践的な応用例とサンプルコードを10個紹介しているので、すぐに試してみることができます。

●JavaScript orとは

JavaScript orは、論理演算子「||」を使って条件分岐やデフォルト値の設定などを簡単に行うことができる機能です。

また、複数の条件を組み合わせたり、配列の要素をまとめたりすることも可能です。

○JavaScript orの基本

JavaScript orの基本的な使い方は、「条件1 || 条件2」のように記述します。

条件1がtrueであれば、条件1が評価されます。条件1がfalseであれば、条件2が評価されます。

これにより、簡単な条件分岐やデフォルト値の設定が可能になります。

●JavaScript orの使い方

ここでは、JavaScript orを使った具体的な使い方を、サンプルコードとともに紹介します。

○サンプルコード1:条件分岐を簡単に書く

このコードでは、JavaScript orを使って簡単な条件分岐を書く方法を紹介します。

この例では、条件に応じて変数resultに代入する値を変更しています。

const condition = true;
const result = condition || 'デフォルト値';
console.log(result); // true

○サンプルコード2:デフォルト値の設定

このコードでは、JavaScript orを使ってデフォルト値を設定する方法を紹介します。

この例では、変数valueがundefinedの場合にデフォルト値を代入しています。

const value;
const defaultValue = 'デフォルト値';
const result = value || defaultValue;
console.log(result); // "デフォルト値"

○サンプルコード3:複数の条件を組み合わせる

このコードでは、JavaScript orを使って複数の条件を組み合わせる方法を紹介します。

この例では、いずれかの条件がtrueであれば、変数resultにtrueが代入されます。

const condition1 = false;
const condition2 = true;
const result = condition1 || condition2;
console.log(result); // true

○サンプルコード4:配列の要素を一つにまとめる

このコードでは、JavaScript orを使って配列の要素を一つにまとめる方法を紹介します。

この例では、reduce関数を使用して、配列内の要素がすべてfalseであればfalseを、そうでなければtrueを返すようにしています。

const array = [false, true, false];
const result = array.reduce((acc, cur) => acc || cur, false);
console.log(result); // true

●JavaScript orの応用例

ここでは、JavaScript orを使った実践的な応用例を、サンプルコードとともに紹介します。

○サンプルコード5:クリックイベントを使ったカウンター

このコードでは、クリックイベントとJavaScript orを組み合わせたカウンターの実装方法を紹介しています。

この例では、ボタンがクリックされるたびにカウントが増え、そのカウントが画面に表示されます。

const button = document.getElementById('counterButton');
const display = document.getElementById('countDisplay');
let count = 0;

button.addEventListener('click', () => {
  count++;
  display.textContent = count;
});

○サンプルコード6:フォームバリデーションの実装

このコードでは、フォームバリデーションを実装する方法を紹介しています。

この例では、入力された値が空欄でないことを確認し、空欄の場合はエラーメッセージを表示します。

const form = document.getElementById('sampleForm');
const input = document.getElementById('inputField');
const errorMsg = document.getElementById('errorMsg');

form.addEventListener('submit', (e) => {
  e.preventDefault();
  if (!input.value) {
    errorMsg.textContent = '入力欄が空です。';
  } else {
    errorMsg.textContent = '';
  }
});

○サンプルコード7:条件によるDOM操作

このコードでは、条件によってDOM操作を行う方法を紹介しています。

この例では、チェックボックスがチェックされているかどうかによって、表示内容を変更しています。

const checkbox = document.getElementById('toggleCheckbox');
const display = document.getElementById('displayText');

checkbox.addEventListener('change', () => {
  display.textContent = checkbox.checked ? 'チェック済み' : '未チェック';
});

○サンプルコード8:フィルタリング機能の実装

このコードでは、フィルタリング機能を実装する方法を紹介しています。

この例では、入力されたキーワードによって、リスト内のアイテムを表示・非表示に切り替えています。

const searchInput = document.getElementById('searchInput');
const listItems = document.querySelectorAll('.listItem');

searchInput.addEventListener('input', () => {
  const keyword = searchInput.value;
  listItems.forEach((item) => {
    if (item.textContent.includes(keyword)) {
      item.style.display = 'block';
    } else {
      item.style.display = 'none';
    }
  });
});

○サンプルコード9:条件によるAPI呼び出し

このコードでは、条件によってAPIを呼び出す方法を紹介しています。

この例では、入力されたユーザーIDに基づいてAPIを呼び出し、データを取得して表示します。

const userIdInput = document.getElementById('userIdInput');
const fetchButton = document.getElementById('fetchButton');
const userDataDisplay = document.getElementById('userDataDisplay');

fetchButton.addEventListener('click', async () => {
  const userId = userIdInput.value;

  if (userId) {
    const response = await fetch(`https://jsonplaceholder.typicode.com/users/${userId}`);
    const userData = await response.json();
    userDataDisplay.textContent = JSON.stringify(userData, null, 2);
  } else {
    userDataDisplay.textContent = 'ユーザーIDを入力してください。';
  }
});

○サンプルコード10:CSSプロパティの動的変更

このコードでは、CSSプロパティを動的に変更する方法を紹介しています。

この例では、ボタンがクリックされるたびに、テキストの色が赤と青に切り替わります。

const toggleButton = document.getElementById('toggleButton');
const textElement = document.getElementById('colorText');
let isRed = true;

toggleButton.addEventListener('click', () => {
  textElement.style.color = isRed ? 'blue' : 'red';
  isRed = !isRed;
});

●注意点と対処法

JavaScript orを使用する際は、予期せぬ結果を避けるために、条件の評価が明確であることが重要です。

また、デバッグが困難になる場合があるため、適切なコメントを残しておくことが役立ちます。

●カスタマイズ方法

JavaScript orを使用しているプロジェクトをカスタマイズする際には、機能やUIに合わせた条件式を作成し、コードの可読性やメンテナンス性を向上させることが重要です。

まとめ

JavaScript orは、コードの短縮や可読性の向上に役立つ機能です。

本文で紹介したサンプルコードを参考に、JavaScript orを活用して効率的なプログラミングを実現しましょう。

ただし、適切なコメントを残すことで、将来のメンテナンス性も向上させることが重要です。