PHPで四捨五入を使う方法5選!初心者でもすぐにマスターできる!

初心者向けPHP四捨五入チュートリアルのイメージPHP
この記事は約4分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPでの四捨五入の使い方を習得することができます。

初心者の方でも、基本的な使い方から応用的な使い方までを学ぶことができるようになります。

●PHPにおける四捨五入の基本

PHPでは「round」関数を使用して四捨五入を行います。

これは、指定した数値を最も近い整数に四捨五入する関数です。

○round関数の基本的な使い方

基本的には、round(数値)という形で使用します。

ここで、数値には四捨五入したい値を入れます。

○サンプルコード1:基本的な四捨五入

例えば、3.6を四捨五入したい場合のコードは次の通りです。

<?php
$number = 3.6;
echo round($number);
?>

このコードは、3.6を四捨五入して4と出力します。

●PHPでの四捨五入の応用例

基本的な使い方を理解したら、次はより応用的な使い方を見てみましょう。

○サンプルコード2:小数点以下の桁数を指定して四捨五入

round関数には、第二引数として小数点以下の桁数を指定することが可能です。

この引数を設定することで、小数点以下何桁までを考慮した四捨五入を行うことができます。

<?php
$number = 3.456;
echo round($number, 2);
?>

このコードでは、3.456を小数点以下2桁までを考慮して四捨五入しています。

したがって、出力結果は3.46となります。

○サンプルコード3:特定の条件下で四捨五入

PHPでは、特定の条件下でのみ四捨五入を行うようなコードも書くことができます。

例えば、ある数値が5以上なら四捨五入を行うという条件を設けることが可能です。

<?php
$number = 4.6;
if($number >= 5) {
    echo round($number);
} else {
    echo $number;
}
?>

このコードでは、$numberが5以上の場合のみ四捨五入を行っています。

今回の数値4.6は5未満なので、そのままの値が出力されます。

○サンプルコード4:配列の各要素を四捨五入

複数の数値に対して四捨五入を行いたい場合、配列とforeach文を利用します。

<?php
$numbers = [1.2, 2.7, 3.4, 4.6, 5.8];
foreach($numbers as $number) {
    echo round($number)."\n";
}
?>

このコードでは、配列$numbersの各要素を四捨五入し、結果を一行ずつ出力しています。

○サンプルコード5:四捨五入を活用した計算処理

四捨五入は、計算結果を整数に近づけたり、特定の精度で表現したりするためにも使われます。

<?php
$price = 299.99;
$quantity = 3;
$total = $price * $quantity;
echo round($total);
?>

このコードでは、商品の価格と数量から合計金額を計算し、その結果を四捨五入しています。

これにより、端数のない整数の金額を表示することができます。

●注意点と対処法

四捨五入を行う際の注意点として、PHPのround関数は、”5″を最も近い偶数に四捨五入することがあります。

つまり、1.5を四捨五入すると2になりますが、2.5を四捨五入すると2になります。

これに対処する方法として、次のようなコードを利用することができます。

<?php
function custom_round($number) {
    return floor($number + 0.5);
}

$number = 2.5;
echo custom_round($number);
?>

このコードでは、独自の四捨五入関数custom_roundを定義し、引数として与えられた数値に0.5を加えた後、floor関数で小数点以下を切り捨てています。

これにより、2.5を四捨五入すると3になります。

まとめ

本記事では、PHPにおける四捨五入処理の実装方法について、さまざまなシチュエーションに対応したサンプルコードを紹介しました。

基本的な四捨五入や、小数点以下の桁数を指定して四捨五入、特定の条件下で四捨五入、配列の各要素を四捨五入する方法などが解説されています。

また、round関数が持つ注意点と対処法についても説明しました。

これらの知識を活用して、PHPでの四捨五入処理を効果的に使いましょう。