PHP初心者必見!文字列置換の究極ガイド10選

PHP初心者が文字列置換を理解するための究極ガイドPHP
この記事は約8分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、PHPで文字列置換を使いこなすことができるようになります。

●PHPの文字列置換とは

PHPの文字列置換とは、文字列内の特定の部分を別の文字列に変更する機能のことを指します。

これは、データの加工や整形、特定の文字のフィルタリングなど、多岐にわたる場面で活用されます。

○文字列置換の基本

PHPで文字列置換を行うには、主にstr_replacepreg_replacesubstr_replaceという3つの関数が使われます。

それぞれ異なる用途と特性を持つため、目的に応じて適切な関数を選びます。

●文字列置換の使い方

PHPで文字列置換を行うための具体的な手法とサンプルコードを見ていきましょう。

○サンプルコード1:str_replaceを使う

最も基本的な文字列置換関数であるstr_replaceの使用例を紹介します。

この関数は、指定した文字列を別の文字列に置き換えるためのものです。

<?php
$original = "Hello, world!";
$replaced = str_replace("world", "PHP", $original);
echo $replaced; // "Hello, PHP!"
?>

上記のコードでは、”Hello, world!”という文字列の”world”を”PHP”に置き換えています。

その結果、出力される文字列は”Hello, PHP!”となります。

○サンプルコード2:preg_replaceを使う

preg_replaceは、正規表現を用いて文字列置換を行う関数です。

具体的な使用例を見ていきましょう。

<?php
$original = "I have 3 apples and 4 oranges.";
$replaced = preg_replace("/[0-9]+/", "many", $original);
echo $replaced; // "I have many apples and many oranges."
?>

上記のコードでは、数字が1つ以上続く部分(”[0-9]+”という正規表現)を”many”に置き換えています。

その結果、出力される文字列は”I have many apples and many oranges.”となります。

○サンプルコード3:substr_replaceを使う

substr_replaceは、文字列の一部を別の文字列に置き換える関数です。

具体的な使用例を見てみましょう。

<?php
$original = "The quick brown fox.";
$replaced = substr_replace($original, "red", 10, 5);
echo $replaced; // "The quick red fox."
?>

上記のコードでは、文字列の10文字目から5文字分(“brown”)を”red”に置き換えています。

その結果、出力される文字列は”The quick red fox.”となります。

○サンプルコード4:複数の文字列を置換する

複数の文字列を一度に置換する方法を見ていきましょう。

そのために、str_replace関数を使用します。

<?php
$original = "I like apples and oranges.";
$replaced = str_replace(array("apples", "oranges"), array("bananas", "grapes"), $original);
echo $replaced; // "I like bananas and grapes."
?>

このコードでは、配列を使って複数の文字列を一度に置換しています。

具体的には、”apples”を”bananas”に、”oranges”を”grapes”に置き換えています。

その結果、出力される文字列は”I like bananas and grapes.”となります。

●文字列置換の応用例

次に、より高度な文字列置換の応用例を紹介します。

○サンプルコード5:配列を使った文字列置換

PHPでは、配列を使って一度に複数の文字列を置換することもできます。

具体的な使用例を見てみましょう。

<?php
$original = "I like apples, oranges, and peaches.";
$replaced = str_replace(["apples", "oranges", "peaches"], ["bananas", "grapes", "pineapples"], $original);
echo $replaced; // "I like bananas, grapes, and pineapples."
?>

上記のコードでは、文字列内の”apples”、”oranges”、そして”peaches”をそれぞれ”bananas”、”grapes”、そして”pineapples”に置き換えています。

その結果、出力される文字列は”I like bananas, grapes, and pineapples.”となります。

○サンプルコード6:文字列の一部を取り出して置換する

substr_replace関数を使って文字列の一部を取り出し、その部分を別の文字列に置換する方法を見てみましょう。

<?php
$original = "Hello, world!";
$replaced = substr_replace($original, "PHP", 7, 5);
echo $replaced; // "Hello, PHP!"
?>

このコードでは、7文字目から5文字分を取り出し(“world”)、その部分を”PHP”に置き換えています。

その結果、出力される文字列は”Hello, PHP!”となります。

○サンプルコード7:正規表現を使った文字列置換

PHPの正規表現関数preg_replaceを使用して文字列置換を行う方法を見てみましょう。

<?php
$original = "The prices are $100, $150, and $200.";
$replaced = preg_replace('/\$[0-9]+/', '$X', $original);
echo $replaced; // "The prices are $X, $X, and $X."
?>

このコードでは、正規表現を使ってドル記号に続く数字(例:$100)を全て$Xに置換しています。

この例では、”The prices are $100, $150, and $200.”という元の文字列が、”The prices are $X, $X, and $X.”という新しい文字列に置換されています。

○サンプルコード8:大文字小文字を区別しない文字列置換

PHPには、大文字小文字を区別しない文字列置換を行うstr_ireplace関数も用意されています。

次の例を見てみましょう。

<?php
$original = "I love PHP. PHP is the best!";
$replaced = str_ireplace("php", "JavaScript", $original);
echo $replaced; // "I love JavaScript. JavaScript is the best!"
?>

上記のコードでは、大文字小文字を区別せずに”PHP”を”JavaScript”に置換しています。

その結果、出力される文字列は”I love JavaScript. JavaScript is the best!”となります。

○サンプルコード9:HTMLタグ内の文字列を置換する

次に、HTMLタグ内の文字列を置換する例を見てみましょう。

<?php
$original = "<h1>Hello, world!</h1>";
$replaced = str_replace("Hello, world!", "こんにちは、世界!", $original);
echo $replaced; // "<h1>こんにちは、世界!</h1>"
?>

このコードでは、<h1>タグ内の”Hello, world!”を”こんにちは、世界!”に置換しています。

その結果、出力される文字列は”<h1>こんにちは、世界!</h1>”となります。

○サンプルコード10:マルチバイト文字の置換

最後に、マルチバイト文字の置換方法を見てみましょう。

PHPではmb_ereg_replace関数を使うことで、マルチバイト文字の置換が可能です。

<?php
$original = "こんにちは、世界!";
$replaced = mb_ereg_replace("世界", "ワールド", $original);
echo $replaced; // "こんにちは、ワールド!"
?>

上記のコードでは、”世界”というマルチバイト文字列を”ワールド”に置換しています。

結果として、”こんにちは、世界!”という元の文字列が、”こんにちは、ワールド!”という新しい文字列に置換されています。

●注意点と対処法

文字列の置換を行う際、いくつか注意点があります。

  1. 元の文字列に置換したい文字列が存在しない場合、何も置換されません。
    この場合でもエラーは発生しないため、注意が必要です。
  2. 置換したい文字列が大文字小文字を区別する場合、str_replaceではなくstr_ireplaceを使用すると便利です。
  3. マルチバイト文字列の置換を行う場合、str_replacepreg_replaceではなく、mb_ereg_replaceを使用する必要があります。

これらの注意点を理解し、適切な関数を選択することで、文字列置換を効率的に行うことができます。

まとめ

この記事では、PHPで文字列置換を行うさまざまな方法について説明しました。

str_replacepreg_replacesubstr_replacestr_ireplace、そしてmb_ereg_replaceなど、様々な関数が用意されており、それぞれ異なるシチュエーションで活用できます。

これらの関数を使いこなすことで、文字列操作の幅が広がり、より柔軟なプログラミングが可能になります。

これらの関数を活用し、より効率的なコードを書くことを目指しましょう。