PHP命名規則の完全ガイド解説!理解から応用までの10ステップ

PHP命名規則のイメージ画像PHP
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

皆さん、こんにちは。

この記事を読んでいただければ、PHPの命名規則について基本から理解し、実際のコーディングに活用できるようになるでしょう。

プログラミング、特にPHPの世界では、良いコードを書くために「命名規則」が非常に重要となります。

そして、この命名規則を知ることで、より一層コードの可読性が向上し、効率的な開発を進めることが可能となります。

●PHP命名規則とは

PHPでの命名規則とは、変数、関数、クラスなどの名前を付ける際の規約のことを指します。

これらの命名規則を理解し、適切に利用することで、コードの読みやすさや保守性を向上させることができます。

○変数の命名規則

PHPにおける変数の命名規則は主に次のようになります。

変数名は”$”記号から始まり、その後に英字またはアンダースコアが続きます。数字から始まる変数名は許可されていません。

○関数の命名規則

関数の命名規則では、関数名は英字またはアンダースコアから始まります。

数字から始まる関数名も許可されていません。

○クラスの命名規則

クラスの命名規則では、クラス名も英字またはアンダースコアから始めます。

同じく、数字から始まるクラス名は許可されていません。

●PHP命名規則の使い方

次に具体的なコードを見ながら、PHPの命名規則を使った例を見ていきましょう。

○サンプルコード1:変数名の命名規則の例

このコードでは変数名の命名規則を示しています。

変数名は “$”記号から始まり、その後に英字またはアンダースコアが続きます。

<?php
$name = "John"; // 英字から始まる変数名
$age = 25; // 英字から始まる変数名
$_email = "john@example.com"; // アンダースコアから始まる変数名
?>

○サンプルコード2:関数名の命名規則の例

このコードでは関数名の命名規則を示しています。

関数名は英字またはアンダースコアから始まります。

<?php
function sayHello() { // 英字から始まる関数名
  echo "Hello, World!";
}

function _printName($name) { // アンダースコアから始まる関数名
  echo "Name: " . $name;
}
?>

○サンプルコード3:クラス名の命名規則の例

このコードではクラス名の命名規則を示しています。

クラス名も英字またはアンダースコアから始めます。

<?php
class Person { // 英字から始まるクラス名
  // ...
}

class _Product { // アンダースコアから始まるクラス名
  // ...
}
?>

●PHP命名規則の応用例

次に、PHPの命名規則を実際のコードに活用する例を見てみましょう。

一貫性を持たせた命名規則や、レガシーコードとの互換性を保つ命名規則について紹介します。

○サンプルコード4:一貫性を持たせた命名規則の活用例

このコードでは、一貫性を持たせた命名規則の活用を示しています。

すべての変数名が小文字とアンダースコアを使った命名規則に従っています。

<?php
$user_name = "John"; // 英字から始まる変数名
$user_age = 25; // 英字から始まる変数名
$user_email = "john@example.com"; // 英字から始まる変数名
?>

○サンプルコード5:レガシーコードとの互換性を保つ命名規則の活用例

このコードでは、レガシーコードとの互換性を保つための命名規則の活用を示しています。

過去のコードと互換性を保つために、変数名にはアンダースコアを頭に付けています。

<?php
$_oldVariable = "Legacy Code"; // 英字から始まる変数名
$_anotherOldVariable = 12345; // 英字から始まる変数名
?>

●注意点と対処法

PHPの命名規則を使う際には、いくつかの注意点があります。

まず、予約語を変数名、関数名、クラス名として使うことはできません。また、大文字と小文字は区別されます。

このようなことに注意しながら、自分自身の読みやすい、保守しやすいコードを書くように心がけましょう。

●カスタマイズ方法

PHPの命名規則は、基本的なガイドラインに過ぎません。

自分自身が理解しやすく、チームでの開発に適しているならば、独自の命名規則を作ることも可能です。

○サンプルコード6:命名規則を自分流にアレンジする方法

このコードでは、独自の命名規則を作成する例を示しています。

ここでは、変数名の先頭にデータ型を示す接頭辞をつけています。

<?php
$strName = "John"; // 文字列型の変数
$intAge = 25; // 整数型の変数
$arrColors = array("red", "green", "blue"); // 配列型の変数
?>

まとめ

以上、PHPの命名規則について解説しました。

変数名、関数名、クラス名に一貫性を持たせることで、コードの可読性や保守性が高まります。

レガシーコードとの互換性を保つための命名規則や、独自の命名規則を作ることも可能です。

自分自身の開発スタイルに合った命名規則を見つけ、質の高いコードを書きましょう。