PHPを活用したバックエンド開発!ゼロから始める5つのステップ

PHPでバックエンド開発を始める初心者が、サンプルコードを参照しながら学べる5つのステップPHP
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

こんにちは、PHPというプログラミング言語について興味があるという皆さん!

本記事を読めば、PHPを用いたバックエンド開発をゼロから始めることができます。

それはどういうことかというと、具体的なサンプルコードを通じてPHPの基礎から、データベースとの連携、さらにはセキュリティ対策まで、バックエンド開発に必要な知識を学ぶことができます。

それでは、早速見ていきましょう。

●PHPとは

PHPは、サーバーサイドで実行されるスクリプト言語の一つで、Webアプリケーションの開発に広く使われています。

HTMLと組み合わせて使うことが多く、データベースと連携して動的なWebページを生成することが可能です。

また、オープンソースであるため誰でも自由に使用することができ、多くのフレームワークやライブラリが存在します。

これらがPHPを使った開発が非常に効率的である理由の一つです。

●PHPを使ったバックエンド開発:基本的な概念

まずは、PHPを使ったバックエンド開発を理解するための基本的な概念について見ていきましょう。

○サーバーとクライアント

Web開発を理解するためには、「サーバー」と「クライアント」の関係性を知ることが大切です。

簡単に言えば、クライアントはユーザーのブラウザで、サーバーはそれらのリクエストを処理してレスポンスを返す役割を果たします。

PHPはサーバーサイドで動作する言語で、クライアントからのリクエストを受け取り、適切なレスポンスを生成します。

○HTTPとは

HTTP(HyperText Transfer Protocol)は、クライアントとサーバーが通信するためのプロトコル(規約)です。

具体的には、クライアントからサーバーへのリクエストと、そのリクエストに対するサーバーからのレスポンスがHTTPを用いて行われます。

○バックエンドとフロントエンドの違い

Web開発は大きく「フロントエンド」と「バックエンド」に分けられます。

フロントエンドは、ユーザーが直接触れる部分であり、HTML、CSS、JavaScriptなどを用いて開発されます。

一方、バックエンドはサーバーサイドで動作し、クライアントからのリクエストの処理やデータベースの操作を行います。

PHPはこのバックエンド開発に主に用いられます。

●PHPでのバックエンド開発:5つのステップ

では、PHPを用いたバックエンド開発を始めるための5つのステップを見ていきましょう。

○ステップ1:開発環境の準備

まずは、PHPを利用するための開発環境を準備しましょう。

PHPの実行環境を自身のコンピュータに設定するためには、PHPのインストールが必要となります。

□サンプルコード1:PHPのインストール

PHPのインストール方法は、使用しているオペレーティングシステムにより異なります。

WindowsとMacOSでのインストール手順の一例を紹介します。

【Windowsの場合】

# XAMPPのダウンロードとインストール
1. XAMPP公式サイトからダウンロード
2. インストーラを起動し、指示に従ってインストール

このコードでは、WindowsマシンにXAMPPをインストールする手順を説明しています。

XAMPPはApache、MySQL、PHPを一緒にインストールできるパッケージです。

【Macの場合】

# Homebrewを使用したPHPのインストール
1. /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
2. brew install php

このコードでは、MacOSにHomebrewを用いてPHPをインストールする手順を紹介しています。

HomebrewはMacOSのパッケージマネージャで、様々なソフトウェアのインストールを容易にします。

○ステップ2:基本的なPHPの文法

次に、基本的なPHPの文法を学びましょう。

ここでは、最も基本的な「Hello World」の出力を行います。

□サンプルコード2:Hello World

<?php
echo 'Hello, World!';
?>

このコードは、PHPの基本的な文法を用いて”Hello, World!”を出力するプログラムです。

“echo”はPHPの命令の一つで、引数として与えられた文字列を出力します。

○ステップ3:データベースとの連携

Webアプリケーションの多くはデータベースと連携しています。

ここでは、PHPからMySQLデータベースへ接続する基本的なコードを示します。

□サンプルコード3:MySQLとの連携

<?php
$dbh = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test', 'root', 'password');
?>

このコードは、PHPでMySQLデータベースに接続するためのプログラムです。

PDO(PHP Data Objects)はPHPでデータベース操作を行うためのクラスです。

引数には、使用するデータベースの情報(ホスト名、データベース名、ユーザー名、パスワード)を指定します。

○ステップ4:基本的なバックエンド機能の開発

ここでは、フォームからデータを受け取り、それをデータベースに保存する基本的なバックエンドの機能を開発します。

□サンプルコード4:フォームからデータを送信する

<?php
if ($_SERVER['REQUEST_METHOD'] === 'POST') {
    $name = $_POST['name'];
    $email = $_POST['email'];

    // データベースにデータを保存する処理(省略)
}
?>

このコードは、フォームから送信されたデータを受け取り、それをデータベースに保存する機能を提供しています。

ここでは送信方法を確認し、POSTであれば、送信されたデータを取得しています。

○ステップ5:バックエンド開発の一般的な課題と解決策

最後に、バックエンド開発における一般的な課題とその解決策について説明します。

ここでは、PHPでのセキュリティ対策について解説します。

□サンプルコード5:セキュリティ対策

<?php
$name = htmlspecialchars($_POST['name'], ENT_QUOTES, 'UTF-8');
$email = htmlspecialchars($_POST['email'], ENT_QUOTES, 'UTF-8');

// データベースにデータを保存する処理(省略)
?>

このコードでは、htmlspecialchars関数を用いてユーザーからの入力をエスケープしています。

これは、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を防ぐための基本的なセキュリティ対策です。

安全なWebアプリケーションを開発するためには、このようなセキュリティ対策が不可欠となります。

まとめ

この記事では、PHPを用いたバックエンド開発の基本的なステップを解説しました。

初めてPHPでバックエンド開発を行う方にとって、これらのステップは学び始めの良い指針となるでしょう。

まず、ステップ1では開発環境の準備について説明しました。

これはプログラミングを始めるための最初のステップであり、PHPのインストール方法を学びました。

次に、ステップ2では基本的なPHPの文法を紹介しました。

ここでは最もシンプルな”Hello, World!”を出力するプログラムを用いて、PHPの基本的な文法を学びました。

ステップ3では、データベースとPHPの連携について学びました。

データベースはWebアプリケーション開発において非常に重要な役割を果たします。

このステップでは、PHPからMySQLデータベースに接続するための基本的なコードを学びました。

ステップ4では、基本的なバックエンド機能の開発について解説しました。

ここではフォームからデータを受け取り、それをデータベースに保存するという基本的なバックエンドの機能を開発しました。

そして最後のステップ5では、バックエンド開発における一般的な課題とその解決策について説明しました。

具体的には、PHPでのセキュリティ対策について解説しました。

これらのステップを踏んで、PHPによるバックエンド開発を進めていきましょう。

始めは難しく感じるかもしれませんが、一つ一つ理解を深めていけば、少しずつ進歩を感じることができます。

そして、最終的には自分自身のアイデアを形にすることが可能となります。

この記事が、PHPでのバックエンド開発の道のりにおける一助となれば幸いです。