初心者でもできる!PHPでボタンリンクを作る5つの手順

初心者向けPHPボタンリンク作成ガイドPHP
この記事は約8分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

これまでPHPについて全く経験がない方、あるいは少し触ったことがあるけどまだまだ自信がないという方へ、この記事がPHPのボタンリンク作成についての一助となれば幸いです。

PHPでボタンリンクを作成する具体的な手順と、それを理解するための基本的なPHPの知識、そしてそれらを活用した具体的なサンプルコードを紹介していきます。

これを読めば、あなたもPHPでボタンリンクを作ることが可能になります。

●PHPとは

PHPは、Webサイトのサーバーサイドで動作するスクリプト言語の一つです。

HTMLと組み合わせて使用され、Webページに動的な要素を加えることが可能になります。

データベースとの連携も容易で、情報の取得や更新、削除といった操作が可能です。

また、初心者にも学びやすいシンプルな構文が特徴となっています。

●PHPでのボタンリンクの作り方

ここからは、PHPでのボタンリンクの作り方について、具体的な手順を説明していきます。

○手順1:PHP環境の準備

まず初めに、PHPのコードを実行するための環境を準備する必要があります。

PHPの公式サイトからインストーラーをダウンロードし、指示に従ってインストールを行います。

また、PHPのコードを書くためのテキストエディタも必要となります。テキストエディタは多数存在しますが、初心者にはシンプルで使いやすいSublime TextやVSCodeがおすすめです。

○手順2:HTMLとPHPの基本的な組み合わせ

PHPはHTMLと組み合わせて使用されます。

PHPのコードは <?php ?> の中に記述します。例えば、次のように記述することが可能です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>PHPのテスト</title>
</head>
<body>
    <?php
    echo "こんにちは、世界!";
    ?>
</body>
</html>

ここで、echoはPHPで文字列を出力するための命令です。

このHTMLをブラウザで表示すると、「こんにちは、世界!」と表示されます。

○手順3:ボタンリンクの作成

次に、ボタンリンクを作成します。

ボタンリンクとは、ユーザーがクリックすると指定したURLに遷移するボタンのことです。

□サンプルコード1:基本的なボタンリンクの作成

PHPで基本的なボタンリンクを作るコードを紹介します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>ボタンリンクのテスト</title>
</head>
<body>
    <form action="destination.php" method="post">
        <button type="submit">クリックして遷移</button>
    </form>
</body>
</html>

このコードでは、formタグとbuttonタグを使ってボタンリンクを作成しています。

formタグのaction属性には遷移先のURLを、method属性にはHTTPリクエストの種類を指定します。

ボタンはbuttonタグで作成し、type="submit"とすることで、クリックするとformactionで指定したURLに遷移します。

このような形でPHPとHTMLを使い、ボタンリンクを作成することが可能です。

次に、ボタンリンクから情報を取得する方法について解説します。

□サンプルコード2:値を送信するボタンリンクの作成

さらに、ボタンリンクを押すことで特定の値を送信することも可能です。

そのためのサンプルコードを紹介します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>値を送信するボタンリンク</title>
</head>
<body>
    <form action="destination.php" method="post">
        <button type="submit" name="button" value="1">ボタン1</button>
        <button type="submit" name="button" value="2">ボタン2</button>
    </form>
</body>
</html>

このコードでは、二つのボタンリンクを作成しています。

それぞれのボタンには異なるvalue属性が設定されており、これが押されたボタンを識別するための値となります。

ボタンを押すと、そのvalueが”destination.php”へと送信されます。

○手順4:ボタンリンクから情報を取得する

それでは、ボタンリンクから送信された情報をPHPで取得する方法について見てみましょう。

□サンプルコード3:ボタンリンクから送信された情報の取得

送信された情報は$_POSTというスーパーグローバル変数を使って取得することが可能です。

<?php
if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST") {
    $buttonValue = $_POST["button"];
    echo "押されたボタンの値は" . $buttonValue . "です。";
}
?>

このコードでは、まず$_SERVER["REQUEST_METHOD"]でHTTPリクエストがPOSTかどうかを確認します。

POSTリクエストの場合、$_POST["button"]でボタンの値を取得し、その値を表示します。

○手順5:ボタンリンクのカスタマイズ

ボタンリンクの見た目や動作をカスタマイズすることも可能です。

例えば、CSSを使ってボタンの色や形を変えたり、JavaScriptを使って特定の動作をさせたりすることができます。

□サンプルコード4:見た目をカスタマイズするボタンリンクの作成

まずはボタンリンクの見た目をカスタマイズする例をご覧ください。

この例では、CSSを使用してボタンリンクの色や形を自由に変更します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>見た目をカスタマイズするボタンリンク</title>
    <style>
        button {
            background-color: #4CAF50;
            border: none;
            color: white;
            padding: 15px 32px;
            text-align: center;
            text-decoration: none;
            display: inline-block;
            font-size: 16px;
            margin: 4px 2px;
            cursor: pointer;
            border-radius: 12px;
        }
    </style>
</head>
<body>
    <button type="submit">カスタマイズされたボタン</button>
</body>
</html>

このコードでは、CSSを使ってボタンの背景色、枠線の有無、文字色、パディング(内側の余白)、文字の配置、テキスト装飾、表示方式、フォントサイズ、余白、カーソルの形状、丸みを持たせるためのボーダーラジウスを定義しています。

こうすることで、オリジナルでユニークなボタンを作ることができます。

□サンプルコード5:動作をカスタマイズするボタンリンクの作成

次に、JavaScriptを使用してボタンリンクの動作をカスタマイズする例を見てみましょう。

この例では、ボタンをクリックするとアラートメッセージが表示されるように設定します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <title>動作をカスタマイズするボタンリンク</title>
</head>
<body>
    <button onclick="alert('ボタンがクリックされました!')">クリックするとアラートが表示されるボタン</button>
</body>
</html>

このコードでは、onclickイベントハンドラを使ってボタンがクリックされたときの動作を定義しています。

具体的には、ボタンがクリックされるとalert()関数が実行され、指定したメッセージがアラートとして表示されます。

●PHPでボタンリンクを作る際の注意点と対処法

ボタンリンクを作る際には、いくつかの注意点があります。

特に初心者の方は、下記のポイントを押さえておくとスムーズに作業を進めることができます。

  1. 送信先のPHPファイルの存在とパス:action属性に指定したPHPファイルが存在し、正しいパスが指定されているかを確認してください。
    存在しないファイルや誤ったパスが指定されていると、ボタンリンクから情報が正しく送信されません。
  2. 送信方法の指定:method属性には、情報を送信する方法を指定します。
    一般的には、情報を送信するときはpostを、情報を取得するときはgetを指定します。
  3. ボタンリンクの値の指定:value属性に指定した値が、ボタンリンクから送信される情報です。
    必要に応じて適切な値を指定してください。

以上がボタンリンク作成における主な注意点とその対処法です。

これらを理解し、適切に対応することで、思い通りのボタンリンクを作ることができます。

まとめ

以上が、PHPでボタンリンクを作る5つの手順です。

サンプルコードを参考にしながら、自分だけのボタンリンクを作ってみてください。ボタンリンクの作成は、Web開発の基本的なスキルの一つです。

今回学んだ知識を活かして、さらにスキルを磨いていきましょう!