5ステップで理解する!PHP Artisan Serveの活用法とカスタマイズ

「PHP Artisan Serve」の使い方を学ぶ初心者のプログラマーがコードを書いているイメージ PHP
この記事は約5分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

初めて「PHP Artisan Serve」について学ぶあなたへ、この記事を読めば、Artisan Serveの基本的な使い方から、自分だけのカスタマイズ方法まで理解できるようになります。

5ステップで手取り足取り解説しますので、まずは気軽にチャレンジしてみてください。

●PHP Artisan Serveとは何か?

LaravelはPHPで書かれた人気のあるフレームワークで、「Artisan」はその中に組み込まれた便利なコマンドラインツールの一つです。

「Artisan Serve」はその中でも特に頻繁に使うコマンドで、Laravelの開発用サーバーを手元のコンピュータ上で立ち上げることができます。

つまり、「php artisan serve」とタイプするだけで、あなたが書いたコードをブラウザ上で確認することが可能となります。

●PHP Artisan Serveの詳細な使い方

それでは、「PHP Artisan Serve」の使い方を見ていきましょう。

ここでは2つの例を通じて、基本的な使い方とポート指定の方法を紹介します。

○サンプルコード1:PHP Artisan Serveの基本的な使い方

最初に、PHP Artisan Serveの一番基本的な使い方から見ていきましょう。

このコードでは、ターミナル(コマンドプロンプト)を開き、Laravelプロジェクトのルートディレクトリ(プロジェクトのフォルダー)に移動した上で、次のコマンドを打ち込むことで、Laravelの開発サーバーを起動します。

php artisan serve

このコードを実行すると、サーバーが立ち上がり、”Laravel development server started: http://127.0.0.1:8000″というメッセージが表示されます。

これは、開発用サーバーがhttp://127.0.0.1のアドレス、8000のポート番号で起動したことを意味します。

このURLにアクセスすると、作成中のLaravelアプリケーションをブラウザで表示することができます。

○サンプルコード2:ポートを指定したPHP Artisan Serveの使い方

次に、ポートを指定したPHP Artisan Serveの使い方を見てみましょう。

デフォルトでは8000番のポートを使用しますが、異なるポート番号で

サーバーを起動したい場合は、次のようにポート番号を指定して実行します。

php artisan serve --port=8080

このコードでは、「–port=8080」を使って8080番のポートでサーバーを起動しています。

この例では8080番のポートを指定しましたが、利用可能な他のポート番号を指定することも可能です。

このコードを実行すると、”Laravel development server started: http://127.0.0.1:8080″と表示され、http://127.0.0.1:8080にアクセスすることで、指定したポート番号でアプリケーションを表示することができます。

●PHP Artisan Serveのカスタマイズ方法

PHP Artisan Serveは基本的な機能以外にも、いくつかのカスタマイズが可能です。

例えば、開発サーバーのホスト名やポート番号をデフォルトで設定する方法などがあります。

○サンプルコード3:PHP Artisan Serveのカスタマイズ例

次のサンプルコードでは、’serve’コマンドのデフォルト設定をカスタマイズする方法を紹介しています。

この例では、’App\Console\Commands\ServeCommand’という新しいコマンドクラスを作成し、デフォルトのホスト名とポート番号を変更しています。

namespace App\Console\Commands;

use Illuminate\Foundation\Console\ServeCommand as OriginalServeCommand;

class ServeCommand extends OriginalServeCommand
{
    protected function options()
    {
        return [
            ['host', null, InputOption::VALUE_OPTIONAL, 'The host address to serve the application on.', '192.168.0.1'],

            ['port', null, InputOption::VALUE_OPTIONAL, 'The port to serve the application on.', '8080'],
        ];
    }
}

上記のコードをApp\Console\Commandsディレクトリ内にServeCommand.phpという名前で保存すれば、php artisan serveを実行したときに、デフォルトでホスト名’192.168.0.1’とポート番号’8080’が適用されます。

●PHP Artisan Serveの注意点と対処法

PHP Artisan Serveを使用する際の一般的な問題点とその対処法について見ていきましょう。

特に、ポートが既に使用されている場合に発生するエラーがあります。

○サンプルコード4:エラーが出たときの対処法

下記のコードでは、指定したポートが既に使用されている場合のエラー対処法を紹介しています。

lsof -i :8000

このコードを実行すると、8000ポートを使用しているプロセスの情報が表示されます。

これにより、該当のプロセスを特定し、次のコマンドで停止することが可能です。

kill -9 [プロセスID]

ここで'[プロセスID]’は、前のコマンドで表示されたプロセスのIDを指します。

これにより、ポートが開放され、再度php artisan serveコマンドを使ってサーバーを起動できます。

まとめ

以上がPHP Artisan Serveの基本的な使い方とカスタマイズ方法、さらにはエラー対処法についての解説です。

この知識を身につけることで、PHP開発における生産性が向上し、よりスムーズな開発体験が可能になるでしょう。

これからも引き続き、ウェブ開発の学習を楽しんでいきましょう。