【完全解説】PHP FPMの5つの詳細サンプルコードと使い方

PHP FPMの設定方法と使い方を解説した図PHP
この記事は約10分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

PHPという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

それは、Web開発に広く使用されるプログラミング言語の一つです。

しかし、PHPだけではなく、PHP FPMという言葉もしばしば出てきます。

この記事を読むことで、PHP FPMの設定方法、使い方、カスタマイズ方法についての知識が身につき、実際のプログラミングに生かすことができるでしょう。

また、5つの詳細なサンプルコードを通じて、具体的な操作方法を理解することも可能になります。

●PHPとPHP FPMについて

PHPは、Web開発に広く使用されるプログラミング言語です。

HTMLと組み合わせることで、動的なWebページを生成することが可能となります。

○PHPの概要

PHPは、「Hypertext Preprocessor」の略で、サーバーサイドで動作するスクリプト言語です。

この言語は、Webページの内容を動的に生成するために設計されています。

例えば、ユーザーからの入力に基づいてWebページの内容を変更したり、データベースから情報を取得して表示したりすることが可能です。

○PHP FPMとは何か?

PHP FPMは、「FastCGI Process Manager」の略で、PHPの実行環境の一つです。

これは、WebサーバーとPHPの間のインターフェースとして動作し、PHPスクリプトの実行を効率的に管理します。

大量のリクエストを高速に処理する能力があり、多くの高負荷環境で利用されています。

●PHP FPMの設定方法

PHP FPMを設定するためには、まずPHP FPMをインストールする必要があります。

○PHP FPMのインストール方法

PHP FPMのインストール方法は、使用しているOSやPHPのバージョンによりますが、ここではLinux(Ubuntu)の場合を基本として説明します。

まず、ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。

sudo apt update
sudo apt install php-fpm

これらのコマンドにより、PHP FPMがインストールされます。

“sudo apt update”コマンドは、パッケージリストを更新するためのもので、最新のソフトウェアをインストールするために必要です。

次に、”sudo apt install php-fpm”コマンドは、PHP FPMをインストールするためのものです。

以上のコマンドの実行結果として、PHP FPMがシステムにインストールされ、使用可能になります。

○PHP FPMの設定方法

PHP FPMの設定は主に、設定ファイルを通じて行います。

設定ファイルは通常、’/etc/php/[バージョン]/fpm’というディレクトリに保存されています。

sudo nano /etc/php/7.4/fpm/php.ini

上記のコマンドは、テキストエディタ(この例では「nano」を使用)を開き、指定した設定ファイル(この場合は、PHP 7.4のphp.iniファイル)を編集するものです。

このコマンドを実行した後、設定ファイルが開かれ、各種設定を調整することができます。

この設定ファイルでは、PHPの設定を管理します。

例えば、’memory_limit’設定を変更することで、スクリプトが消費できるメモリの量を制御することができます。

memory_limit = 128M

上記の設定は、PHPスクリプトが使用できるメモリの上限を128メガバイトに設定します。

PHP FPMの設定は主にプール設定ファイルに記述します。

sudo nano /etc/php/7.4/fpm/pool.d/www.conf

このコマンドを実行すると、テキストエディタが開き、’www’プールの設定ファイルを編集できます。

プールとは、PHP FPMがリクエストを処理するために使用するワーカープロセスの集合を指します。

それぞれのプールには、独自の設定が可能です。

設定ファイルを編集した後、PHP FPMを再起動することで、変更が反映されます。

下記のコマンドを使用します。

sudo systemctl restart php7.4-fpm

このコマンドにより、PHP FPMが再起動し、新しい設定が適用されます。

●PHP FPMの詳細な使い方

ここでは、PHP FPMの設定と使い方を具体的に示すために、いくつかのサンプルコードを用いて詳しく解説します。

○サンプルコード1:基本的なPHP FPMの設定

下記のサンプルコードは、PHP FPMの基本設定を行うものです。

この例では、PHP FPMの全体的な設定を管理するphp.iniファイルと、個々のプールの設定を管理するpool.dディレクトリ内のwww.confファイルを編集しています。

# PHP設定ファイルを開く
sudo nano /etc/php/7.4/fpm/php.ini
# メモリの上限を設定
memory_limit = 128M
# プール設定ファイルを開く
sudo nano /etc/php/7.4/fpm/pool.d/www.conf
# ワーカープロセスの設定
pm = dynamic
pm.max_children = 5
pm.start_servers = 2
pm.min_spare_servers = 1
pm.max_spare_servers = 3

上記の設定は、プールのプロセス管理モードを’dynamic’に設定し、さらにプロセスの上限と初期値、最小・最大空きプロセス数を指定しています。

# PHP FPMを再起動
sudo systemctl restart php7.4-fpm

このコマンドにより、PHP FPMが再起動し、新しい設定が適用されます。

ここではメモリの上限やプロセス数を設定していますが、必要に応じて他の設定も追加できます。

たとえば、’upload_max_filesize’を設定することで、アップロード可能なファイルの最大サイズを指定できます。

○サンプルコード2:特定のプールでのPHP FPMの設定

PHP FPMの設定はプールごとに行うことも可能です。

下記のサンプルコードは、特定のプールの設定を変更する例を表しています。

# 特定のプール設定ファイルを開く
sudo nano /etc/php/7.4/fpm/pool.d/myapp.conf
# 'myapp'プールの設定
[myapp]
user = myapp
group = myapp
listen = /var/run/php/myapp.sock
listen.owner = www-data
listen.group = www-data
pm = dynamic
pm.max_children = 10
pm.start_servers = 3
pm.min_spare_servers = 2
pm.max_spare_servers = 5

上記の設定では、新しいプール’myapp’を作成し、その設定を定義しています。

プールはそれぞれ独立した設定を持つことができ、それぞれのプールについてユーザー、グループ、ソケットのパス、プロセス管理の設定などを行うことができます。

この設定を行った後、再度PHP FPMを再起動することで、新しいプールの設定が適用されます。

これにより、異なるアプリケーションやサイトが同じサーバー上で独立して動作することが可能になります。

○サンプルコード3:エラーログの設定

エラーログの設定は、PHP FPMの動作をトラブルシューティングするための重要な手段です。

下記のサンプルコードは、エラーログの設定を行う例を示しています。

# PHP設定ファイルを開く
sudo nano /etc/php/7.4/fpm/php.ini
# エラーログの設定
log_errors = On
error_log = /var/log/php7.4-fpm.log

この設定では、エラーログを有効にし、ログファイルのパスを指定しています。

このログファイルは、PHPスクリプトの実行中に発生したエラー情報を保存します。

これにより、何か問題が発生したときに、その原因を特定しやすくなります。

以上、PHP FPMの基本設定から特定のプール設定、エラーログの設定まで、具体的なサンプルコードを通じて解説しました。

この知識を活かして、PHP FPMを効果的に使用し、サーバーのパフォーマンスと安定性を向上させましょう。

●PHP FPMの詳細な対処法

PHP FPMを適切に利用するためには、その問題点に対処できる能力が求められます。

よく遭遇する問題とその対処法をご紹介します。

○PHP FPMの一般的な問題

一つ目の問題としてよく見られるのが「502 Bad Gateway」エラーです。

このエラーは、ウェブサーバーがPHP FPMプロセスと正しく通信できないときに表示されます。

これは通常、PHP FPMが起動していない、あるいは設定ファイル内のソケットパスが正しくない場合に発生します。

また、サイトのレスポンスが遅い、または一部のページが読み込まれない場合、これはPHP FPMのワーカープロセスが不足している可能性があります。

ワーカープロセスが少なすぎると、すべてのリクエストを同時に処理できなくなり、結果的にパフォーマンスに影響を及ぼします。

○サンプルコード4:問題解決のための設定変更

上述した問題を解決するための設定変更のサンプルコードを見てみましょう。

# プール設定ファイルを開く
sudo nano /etc/php/7.4/fpm/pool.d/www.conf
# ワーカープロセスの設定
pm = dynamic
pm.max_children = 10
pm.start_servers = 4
pm.min_spare_servers = 2
pm.max_spare_servers = 6

上記のコードでは、ワーカープロセスの上限を増やし、スタート時のサーバー数や空きサーバー数も増やしています。

これにより、大量のリクエストを同時に処理できるようになり、サイトのレスポンスが改善されます。

●PHP FPMの詳細な注意点

PHP FPMの設定を行う際には、いくつか注意点があります。

まず一つ目として、ワーカープロセスの数を増やすことでパフォーマンスが向上するかもしれませんが、その一方で、サーバーのメモリを大量に消費する可能性があります。

そのため、ワーカープロセスの数を増やす前に、サーバーのメモリ容量を確認し、適切な値を設定することが重要です。

二つ目の注意点としては、エラーログは定期的に確認し、問題が発生していないかをチェックすることです。

ログに表示されるエラーメッセージから、問題の原因を特定し、適切な対処を行うことができます。

●PHP FPMの詳細なカスタマイズ

PHP FPMの設定は高度にカスタマイズ可能です。例えば、各プールのリソース使用量を制御したり、特定のユーザーやグループとしてPHPプロセスを実行する設定を行うことができます。

これにより、複数のウェブサイトを同じサーバー上で効率的に運用することが可能となります。

○サンプルコード5:カスタム設定の例

下記のサンプルコードでは、ユーザーとグループを指定してPHP FPMを実行する設定を行っています。

# プール設定ファイルを開く
sudo nano /etc/php/7.4/fpm/pool.d/www.conf
# ユーザーとグループの設定
user = www-data
group = www-data
listen.owner = www-data
listen.group = www-data

この設定では、PHP FPMのプロセスを「www-data」ユーザーとして実行する設定を行っています。

これにより、ファイルの所有者やパーミッションを適切に管理することができます。

まとめ

本記事では、PHP FPMの基本的な設定方法から詳細なカスタマイズ方法まで、様々な側面を詳細に解説しました。

PHP FPMを利用することで、PHPのパフォーマンスを大幅に向上させ、サーバー資源の効率的な利用が可能となります。

特に、ワーカープロセスの数や、実行するユーザーとグループの指定など、設定の微調整によって、サーバー環境に最適化した運用が可能となります。

そのため、PHP FPMの設定は、ウェブサイトのパフォーマンスを最大化するための重要な要素となります。

また、本記事で紹介した詳細なサンプルコードを通じて、設定ファイルの書き方や、各設定項目の意味を理解し、実際の問題解決に役立てることができます。

エラーログの確認や、適切なワーカープロセス数の設定など、PHP FPMの適切な管理と運用方法を身につけることで、ウェブサイトの運営をよりスムーズに行うことができます。

この記事が、PHP FPMを使用する際の一助となれば幸いです。

今後もさらなる技術習得に向けて、学び続けることをお勧めします。