Kotlinでの部分一致判定の12選!実践サンプルコード付き徹底解説!

Kotlinのロゴと部分一致判定のイメージ図Kotlin
この記事は約19分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Kotlinは現代の開発者にとって非常に重要なプログラミング言語の一つです。

特にAndroidアプリの開発を行う場合、Kotlinの知識はほぼ必須といっても過言ではありません。

この記事を読めば、Kotlinでの部分一致判定をマスターすることができるようになります。

部分一致判定は、文字列の中に特定の文字やフレーズが含まれているかどうかを調べる際に使用されます。

例えば、ユーザーからの入力をチェックする場合や、ある文章の中に特定のキーワードが何回含まれているかを調べたい場合など、さまざまなシチュエーションで部分一致判定のテクニックは役立ちます。

そこで、この記事ではKotlinでの部分一致判定の方法を12のサンプルコードを交えて徹底的に解説していきます。

初心者の方はもちろん、既にKotlinに慣れている方でも新しい発見があるかと思います。

●Kotlinと部分一致判定の基礎知識

○Kotlinの文字列操作の基本

Kotlinにおける文字列操作は非常にシンプルで直感的です。

Kotlinでは、Stringクラスを用いて文字列の操作を行います。

文字列の連結、部分文字列の取得、文字列の長さの取得など、基本的な操作はJavaと同じように行えますが、Kotlin独自の便利な関数も多数提供されています。

○部分一致判定とは

部分一致判定とは、ある文字列が別の文字列の中に含まれているかどうかを判断する操作のことを指します。

具体的には、"Kotlinは素晴らしい"という文字列の中に"素晴らしい"という文字列が含まれているかを調べる場面で使用されます。

部分一致判定は、Webサイトの検索機能の実装や、入力値のバリデーション、ログの分析など、多岐にわたる場面で使用される重要な技術です。

特に、大量のデータを扱う場合や、ユーザーの入力をリアルタイムでチェックするような場面で、部分一致判定の速度や正確性が求められることがあります。

●部分一致判定の実践サンプルコード12選

Kotlinを使用して文字列の部分一致を判定する方法は多々あります。

ここでは、それらの方法を12の実践的なサンプルコードとともにご紹介します。

これらのコードを理解し、活用することで、さまざまな場面での文字列処理が一段とスムーズになります。

○サンプルコード1:基本的な部分一致の判定

最も基本的な部分一致の判定方法を見てみましょう。

contains関数を使用して、文字列に特定の文字が含まれているかを確認します。

fun main() {
    val text = "Kotlinは楽しい言語です"
    val keyword = "楽しい"
    val result = text.contains(keyword)
    println(result)  // trueが出力されます。
}

このコードでは"Kotlinは楽しい言語です"という文字列の中に"楽しい"というキーワードが含まれているかを判定しています。

結果としてtrueが出力されます。

○サンプルコード2:大文字・小文字を無視した判定

時として、大文字や小文字の違いを無視して部分一致を判定したい場面があります。

そのような場合にはcontains関数の第二引数にtrueを設定します。

fun main() {
    val text = "Kotlinは楽しい言語です"
    val keyword = "kotlin"
    val result = text.contains(keyword, true)
    println(result)  // trueが出力されます。
}

このコードでは、"Kotlinは楽しい言語です"という文字列の中に"kotlin"というキーワード(小文字)が含まれているかを判定しています。

大文字小文字を区別せずに判定したい場合、contains関数の第二引数にtrueを設定することで、大文字小文字の違いを無視した部分一致判定が可能です。

結果としてtrueが出力されます。

○サンプルコード3:特定のキーワードを含む判定

多くの場面で、特定のキーワードがテキスト内に何度含まれているか、あるいはどの位置に存在するかを知りたいことがあります。

Kotlinでは、このような部分一致の判定を効率的に行う方法がいくつか存在します。

まずは、文字列に特定のキーワードが含まれているかどうかを判定する基本的な方法を見ていきましょう。

fun main() {
    val text = "Kotlinは楽しい。Kotlinは強力だ。"
    val keyword = "Kotlin"

    if (text.contains(keyword)) {
        println("「$text」は「$keyword」を含む")
    } else {
        println("「$text」は「$keyword」を含まない")
    }
}

このコードは、"Kotlinは楽しい。Kotlinは強力だ。"という文字列に"Kotlin"というキーワードが含まれているかを確認しています。

実行すると、「Kotlinは楽しい。Kotlinは強力だ。Kotlinを含む」と出力されます。

続いて、テキスト内の特定のキーワードが何回含まれているかをカウントする方法を解説していきます。

fun main() {
    val text = "Kotlinは楽しい。Kotlinは強力だ。"
    val keyword = "Kotlin"

    val count = text.split(keyword).size - 1
    println("「$keyword」は「$text」内で$count 回現れます。")
}

このコードはsplit関数を利用してキーワードで文字列を分割し、その分割された部分の数から1を引くことで、キーワードが何回含まれているかをカウントしています。

実行すると、「KotlinKotlinは楽しい。Kotlinは強力だ。内で2回現れます」と出力されます。

○サンプルコード4:正規表現を用いた判定

文字列の部分一致判定をより柔軟に行いたい場合や、特定のパターンを検出したい場合は、正規表現が非常に有効です。

Kotlinには、正規表現を利用した強力な文字列操作の関数が用意されています。

ここでは、正規表現を用いて文字列の中から数字のみを抽出するサンプルコードを紹介します。

fun main() {
    val text = "Kotlin2023は進化している"
    val regex = "\\d+".toRegex()
    val result = regex.find(text)?.value ?: ""

    println("数字部分:$result")
}

このコードでは"\\d+"という正規表現を用いて、文字列の中から連続する数字部分を抽出しています。

結果として、「数字部分:2023」と出力されます。

○サンプルコード5:拡張関数を用いた判定

KotlinはJavaと比べてコードの量が減少し、読みやすく書けることで人気があります。

特に、Kotlinの拡張関数は、既存のクラスに新しいメソッドを追加することなく、そのクラスの機能を拡張することができる強力なツールです。

文字列の部分一致判定を行う際も、拡張関数を利用すれば、より簡潔かつ直感的にコードを書くことが可能です。

ここでは、Stringクラスに部分一致判定を行う拡張関数を追加するサンプルコードを紹介します。

fun String.containsWords(vararg words: String): Boolean {
    return words.all { this.contains(it) }
}

fun main() {
    val text = "Kotlinは楽しいプログラミング言語です。"

    println(text.containsWords("Kotlin", "楽しい"))  // true
    println(text.containsWords("Java", "楽しい"))    // false
}

上記のコードでは、containsWordsという拡張関数をStringクラスに追加しています。

この関数は、引数として複数のキーワードを受け取り、その全てのキーワードが文字列に含まれているかどうかを判定します。

このように拡張関数を用いることで、より直感的に部分一致判定を行うことができます。

○サンプルコード6:複数のキーワードでの判定

時には、文字列が複数のキーワードをすべて含んでいるかどうか、あるいはいずれかのキーワードを含んでいるかどうかを判定したいことがあります。

Kotlinでこれを実現する方法は、シンプルで直感的です。

ここでは、文字列が複数のキーワードをすべて含んでいるかどうかを判定するサンプルコードを紹介します。

fun main() {
    val text = "KotlinはJavaよりもシンタックスが簡潔で、読みやすいです。"

    val keywordsAll = listOf("Kotlin", "Java", "簡潔")
    val containsAll = keywordsAll.all { text.contains(it) }

    val keywordsAny = listOf("Python", "Java", "Go")
    val containsAny = keywordsAny.any { text.contains(it) }

    println("テキストはすべてのキーワードを含む: $containsAll")  // true
    println("テキストはいずれかのキーワードを含む: $containsAny")  // true
}

このコードでは、all関数を使ってすべてのキーワードが文字列に含まれているかを判定し、any関数を使っていずれかのキーワードが文字列に含まれているかを判定しています。

これにより、複数のキーワードでの部分一致判定を効率的に行うことができます。

○サンプルコード7:リスト内の要素の部分一致判定

多くのアプリケーションやシステム開発において、リストや配列といったコレクション内の要素に対して特定の条件を満たすものを探すケースは頻繁に見られます。

Kotlinを使用した場合、特定のキーワードがリストの各要素に部分一致するかどうかを効率的に判定することが可能です。

ここでは、Kotlinを利用してリスト内の文字列が指定されたキーワードを部分一致しているかどうかを判定する方法を詳しく解説します。

fun List<String>.containsKeyword(keyword: String): Boolean {
    return this.any { it.contains(keyword) }
}

fun main() {
    val sampleList = listOf("Kotlin入門", "Java基礎", "Python実践", "JavaScriptエッセンス")

    val result1 = sampleList.containsKeyword("入門")    // true
    val result2 = sampleList.containsKeyword("アドバンス") // false

    println("リストが'入門'を含む: $result1")
    println("リストが'アドバンス'を含む: $result2")
}

上記のサンプルコードでは、リストに対する拡張関数containsKeywordを定義しています。

この関数は、リスト内の要素が指定されたキーワードを部分一致しているかどうかを判定します。

結果として、リストがキーワード’入門’を含む場合はtrueを、’アドバンス’を含む場合はfalseを返しています。

○サンプルコード8:部分一致のインデックス取得

部分一致するキーワードが存在する場合、そのキーワードが存在するインデックス位置を取得することも多くのシチュエーションで求められるケースがあります。

下記のサンプルコードでは、部分一致するキーワードのインデックス位置を取得する方法を表しています。

fun List<String>.indexOfKeyword(keyword: String): Int {
    return this.indexOfFirst { it.contains(keyword) }
}

fun main() {
    val sampleList = listOf("Kotlin入門", "Java基礎", "Python実践", "JavaScriptエッセンス")

    val index1 = sampleList.indexOfKeyword("入門")       // 0
    val index2 = sampleList.indexOfKeyword("アドバンス")   // -1

    if (index1 != -1) {
        println("'入門'のインデックス位置: $index1")
    } else {
        println("'入門'はリスト内に存在しません。")
    }

    if (index2 != -1) {
        println("'アドバンス'のインデックス位置: $index2")
    } else {
        println("'アドバンス'はリスト内に存在しません。")
    }
}

このコードでは、拡張関数indexOfKeywordを使用して、部分一致するキーワードのインデックス位置を取得しています。

キーワード’入門’の場合、インデックス位置0を、’アドバンス’の場合、キーワードが存在しないため-1を返します。

このようにして、特定のキーワードがリスト内のどの位置に存在するかを確認することができます。

○サンプルコード9:部分一致の回数カウント

部分一致の検出だけでなく、特定のキーワードがいくつ存在するかをカウントするケースも考えられます。

例えば、文書内の特定の単語の出現回数を知りたい場合や、ユーザーレビューにおいて特定のキーワードがどれだけ使われているのかを知りたい場合など、実際のビジネスや研究のシチュエーションでの利用シーンは多岐にわたります。

Kotlinにおける部分一致の回数カウント方法を、サンプルコードを通じて解説します。

fun String.countMatches(keyword: String): Int {
    return this.split(Regex.fromLiteral(Regex.escape(keyword))).size - 1
}

fun main() {
    val sampleText = "KotlinはKotlinで書かれ、Kotlinのライブラリを利用できる魅力的な言語です。"

    val count = sampleText.countMatches("Kotlin")

    println("Kotlinというキーワードの出現回数は、$count 回です。")
}

このコードでは、Stringクラスに対する拡張関数countMatchesを定義しています。

この関数は、指定されたキーワードの部分一致回数をカウントするためのものです。

具体的には、文字列をキーワードで分割し、そのサイズから1を引くことで出現回数を計算しています。

上記のサンプルコードを実行すると、キーワード”Kotlin”の出現回数が3回であることが確認できます。

○サンプルコード10:部分一致判定を活用したフィルタリング

リストやコレクション内の要素を、部分一致の条件に基づいてフィルタリングする方法も非常に有用です。

Kotlinにおいては、そのようなフィルタリング処理を簡潔に記述することが可能です。

ここでは、部分一致を利用したフィルタリングの方法を表すサンプルコードを紹介します。

fun List<String>.filterByKeyword(keyword: String): List<String> {
    return this.filter { it.contains(keyword) }
}

fun main() {
    val sampleList = listOf("Kotlin入門", "Java基礎", "Kotlin実践", "JavaScriptエッセンス")

    val filteredList = sampleList.filterByKeyword("Kotlin")

    println("キーワード'Kotlin'を含む要素: $filteredList")
}

上記のコードでは、リストに対する拡張関数filterByKeywordを定義しています。

この関数を利用して、指定されたキーワードを部分一致する要素だけをフィルタリングして新しいリストを生成します。

上記のサンプルコードを実行すると、”Kotlin入門”と”Kotlin実践”の2つの要素を含むリストが出力されます。

○サンプルコード11:部分一致でのリプレース操作

部分一致を活用した文字列のリプレース操作は、文章やデータの修正、フォーマットの統一など、多岐にわたるシチュエーションで必要とされます。

Kotlinでは、replaceメソッドを利用して部分一致に基づいた文字列の置き換えが容易に実行できます。

ここでは、部分一致を基にした文字列のリプレース操作を表すサンプルコードを紹介します。

fun main() {
    var sampleText = "Kotlinは楽しいプログラミング言語です。Kotlinでの開発は効率的です。"

    // "Kotlin"という部分文字列を"Java"に置き換えます
    val replacedText = sampleText.replace("Kotlin", "Java")

    println(replacedText)  // 出力: Javaは楽しいプログラミング言語です。Javaでの開発は効率的です。
}

このコードを実行すると、sampleText内の”Kotlin”という文字列が”Java”に置き換えられます。

このように、replaceメソッドは部分一致の文字列を検出して、別の文字列に置き換えるという操作を効率的に行うことができます。

○サンプルコード12:部分一致の高度な活用例

Kotlinには、部分一致を活用したさまざまな高度な操作が可能です。

例として、正規表現を組み合わせた部分一致での検索や置換など、より複雑な操作を行うことも考えられます。

ここでは、正規表現を活用して、数字の部分一致を検出し、その数字を二倍にして置き換えるサンプルコードを紹介します。

fun main() {
    val textWithNumbers = "商品Aは100円、商品Bは250円です。"

    // 正規表現を使用して数字を検出し、その数字を二倍にする
    val doubledPriceText = textWithNumbers.replace(Regex("\\d+")) {
        (it.value.toInt() * 2).toString()
    }

    println(doubledPriceText)  // 出力: 商品Aは200円、商品Bは500円です。
}

このコードを実行すると、文章内の数字が検出され、その数字が二倍の値に置き換えられます。

このように、Kotlinの強力な正規表現の機能と部分一致の技術を組み合わせることで、高度な文字列操作を行うことができます。

●注意点と対処法

部分一致判定の技術を使う際、数々のベネフィットが得られますが、それに伴いいくつかの注意点や落とし穴も存在します。

適切に部分一致判定を行うためには、これらのポイントを理解し、適切な対処法を学ぶことが重要です。

○部分一致判定の落とし穴

部分一致の機能は非常に便利ですが、その性質上、予期せぬ文字列がマッチすることがあります。

例えば、「apple」というキーワードで部分一致を行うと、「pineapple」もマッチしてしまう可能性があります。

考えられる対処法は、部分一致の検索キーワードをより具体的にすることです。

例えば、文脈によっては「apple fruit」といった具体的なキーワードを利用することで、より正確なマッチングを期待できます。

○性能面での注意点

部分一致の検索は、全文検索に比べて処理が重くなる可能性があります。

特に大量のテキストデータに対して部分一致の検索を行う際には、パフォーマンス低下のリスクが考えられます。

この問題を解消するためには、部分一致の検索範囲を制限する、もしくはインデックスを利用するなどの方法を考えることができます。

○安全なコードの書き方

部分一致の機能を使用する際、意図しないマッチングによる不具合やセキュリティ上のリスクが生じることが考えられます。

特にユーザーからの入力をそのまま部分一致のキーワードとして使用する場合、コードインジェクション攻撃などのリスクが高まります。

このようなリスクを回避するためには、ユーザー入力を直接使用する前に、適切なバリデーションやサニタイズ処理を行うことが推奨されます。

また、部分一致のキーワードを固定するか、あらかじめ許可されたキーワードのリストを用意して、それに基づいて検索を行う方法も考えられます。

●Kotlinの部分一致判定のカスタマイズ方法

Kotlinはその柔軟性と拡張性により、部分一致判定のカスタマイズが容易に行えます。

特に拡張関数やライブラリの利用を駆使することで、より高度な部分一致判定を実現することが可能です。

ここでは、Kotlinでの部分一致判定をカスタマイズするための代表的な手法を2つ紹介します。

○拡張関数の活用

Kotlinの拡張関数は、既存のクラスに新しいメソッドを追加する機能です。

これを利用して、Stringクラスに新しい部分一致のメソッドを追加することができます。

例えば、特定の文字列で始まるかどうかを判定するメソッドを追加することが考えられます。

fun String.startsWithMatch(target: String): Boolean {
    return this.indexOf(target) == 0
}

fun main() {
    val text = "Kotlinプログラミング"
    println(text.startsWithMatch("Kotlin"))  // trueを返す
}

このコードでは、startsWithMatchという拡張関数をStringクラスに追加しています。

この関数は、指定した文字列で始まるかどうかを判定します。

コードを実行すると、KotlinプログラミングKotlinで始まるため、trueという結果が得られます。

○ライブラリの利用

Kotlinのコミュニティは活発であり、多くのライブラリが提供されています。

部分一致判定に関しても、高度な機能を持つライブラリが存在します。

これらのライブラリを利用することで、部分一致判定をより効率的、また高機能に実行することが可能となります。

例として、あるライブラリが提供する部分一致の高度な関数を利用してみましょう。

// この部分はライブラリのインポートを示しています。
import com.example.matchinglibrary.MatchFunction

fun main() {
    val text = "Kotlinでの部分一致判定のテクニック"
    val result = MatchFunction.advancedMatch(text, "Kotlin")
    println(result)  // 高度なマッチング結果を返す
}

このコードでは、MatchFunction.advancedMatchというライブラリ提供の関数を利用して、部分一致の高度な判定を行っています。

実際のライブラリの名前や関数は異なるかもしれませんが、このようにライブラリを利用することで、様々な部分一致の機能を手軽に利用することができます。

まとめ

この記事では、Kotlinでの部分一致判定のテクニックとその実践的な応用例、さらにはカスタマイズ方法について詳しく解説しました。

部分一致判定は、文字列を効率よく処理し、所望の結果を得るための重要な技術です。

これからも学び続け、新しい技術を取り入れることで、より質の高いコードを書く能力を高めていくことが大切です。

以上の内容を踏まえ、Kotlinでの部分一致判定のテクニックを有効に活用し、効率的で可読性の高いコードを書くスキルを磨いていただければと思います。

これからもKotlinを用いた開発が、より一層円滑で、生産的なものとなることを願っています。